仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

アベノミクス銘柄

毎日更新!今すぐ使えるアベノミクス銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【8890】レーサム

(黒田バズーカ・不動産銘柄・マイナス金利恩恵銘柄)

昨日に引き続き、不動産関連銘柄に注目しておきたい。
寄り付きこそ不動産業種の株価は高くなかったが、ジリジリと値を上げてプラス10%以上の銘柄までチラホラと。
やはりマイナス金利の恩恵を考えて外人さんが買ってきているのかな?
アベノミクスと黒田バズーカ第1弾を受けてレーサムの株価は10倍高にで膨らんだが、今見ればPERは5倍台、配当利回りは4%弱にまでなっている。
早速大手メガバンクが個人預金の利子を引き下げることを発表したが、こうなってくると業績が良くて割安、かつ配当利回りの良い銘柄が買われてくるだろう。
個人的には東証2部銘柄の中から低位株で上記の通り好業績割安銘柄、高配当なものも欲しいところだが、今は素直に自分の好きな不動産銘柄を選択したい。
不動産流動化銘柄はローンの金利も下がっているので恩恵が大きそう。
物件だけでなく土地に投資する企業や人も出てきそうだ。
現に東京23区は年間10%程度の地価上昇が2年連続で続いているところも多い。

【3231】野村不動産

(黒田バズーカ・不動産銘柄・マイナス金利恩恵銘柄)

個人の住宅ローン金利が実際に下がるニュースが出ている。
黒田バズーカ第1段では、軒並み不動産関連が高くなったが長期金利が上がってしまってなかなか上値が重い展開が続いた。
今は長期金利はマイナスになり、不動産購入には欠かせない住宅ローン金利が安いという状態に。

さらに国策として日銀はリートに金を入れまくっている。
日本株もそうだが、地価や不動産を上げにかかっていることが覗える。
また、不動産財閥三社の決算は軒並み良い。
野村不動産はというと、以前も書いたが販売が非常に上手で即日完売が多い。
俺はわからないけど、業界人の話では同社の土地仕入れも上手らしい。先何年分かの仕入れも終わっているようだ。

三菱UFJモルガン証では新中期計画は前倒し達成を期待し、レーティング「Buy」(買い)を継続。
目標株価は3570円から3630円に引き上げている。 今は2000円を割り込んでいるのでバリュー感も。

【1869】名工建設

(黒田バズーカ・リニア関連銘柄・上方修正)

今回は旬なテーマ株から少し逸れて名工建設に注目してみたい。
リニア関連銘柄として何度か取りあげたことはあるが、実際その受注をこなして数字に反映してきている。
「通期業績予想は、営業利益を27億円から46億円(前期比1.26倍)へ、純利益を17億円から30億円(同1.24倍)に引き上げた。おもに完成工事高が予想より微増することと、作業効率等による工事利益率の改善が寄与した。同時に発表した16年3月期第3四半期(15年4-12月)連結業績は、営業利益33億8200万円(前年同期比2.54倍)、純利益23億9900万円(同2.45倍)だった。  」とある。
チャートも上抜けてきて、週足月足で見ると、この日経暴落時に下髭を付けていい形に。
相場が安定してくればこういう好業績銘柄は買われるのではないかと思う。

ただし今回の上方修正で日足窓開け上昇を見せている為、一旦落ち着いてからで良さそうである。
また時価総額が小さく、出来高も多い銘柄では無いため注意が必要だ。

【8892】日本エスコン

(先読み作戦指令室・民泊・インバウンド関連銘柄)

去年末に先読み作戦指令室に掲載された日本エスコン社を再度見てみよう。
直近の株価はどれも同じく大きく下落したものばかりだが、同社は業績もよく上方修正や増配を発表した銘柄であるのにも叩き売られて昨日はここ1年で一番安い水準に。その反動もあり今日は大幅高である。
事業内容もオフィスビルを買取り、訪日外国人(インバウンド消費)やオリンピック開催に向けてホテルに改修したり、流行りの民泊を取り入れたりと面白くなってきている。
中国経済は不透明な部分もありインバウンド関連銘柄の物色は控えられた感があるが、政府発表の訪日外国人数は増大し続けているし、爆買いも今なお続いている。
深刻化するホテル不足に目を付けている日本エスコン社。某師も注目しているようだ。

【8830】住友不動産

(黒田バズーカ関連銘柄)

日経平均の続落が止まらない。単純移動平均線では週足月足も支持線を割り込み、一目均衡表でも雲を大きく下抜けてしまった。
こうなると何処が底なのかわからない。各キャスティクスは売られすぎを示しているが、少しでも上向きになってからじゃないとテクニカルでトレードしている投資家は手が出ないだろう。
そしてここで安いといって難ピンはしてはいけない。資金管理をしてちゃんと落ち着きを取り戻してから買い向かえば良い。
そういった局面になれば、住友不動産などの値が荒く現在大きく売られ込んでいる銘柄に乗ってみたいと思う。
日経平均寄与度も高く、市場関係者や投資家から期待される「黒田バズーカ」ではまず反応を見せるであろう銘柄である。
値がさ株であるが、どこかのタイミングで自立反発時は必ず来よう。
だから今いま買いをお勧めするものではなく、あくまでも相場が落ち着いて反転を始めてからで良い。
半値戻しとよく言われるが、アベノミクスで上げた分を鑑みれば最高値から半値(6000円くらい?)下落する可能性もここまできたらある。
となれば15000円どころで踏ん張れるか…。

【8202】ラオックス

(インバウンド関連銘柄)

インバウンド関連銘柄の筆頭として株価を10倍を演じたラオックス社に注目してみたい。
中国経済の不信感から株価も売り込まれており、高値の半値以下で取引がされている。
また悪材料として法定時間を超える中国人留学生の長時間労働との容疑で社長が書類送検されている。
ただしこの件の対象は大阪店のみに限り、売上高でみれば極一部のようだ。
ドイツ証券のレーティングはホールドと維持したが、目標株価は380円から320円に引き下げられている。
現在下降トレンドとなっているが、移動平均200日線へのタッチは必ず来るので、転換期を見極めたい。
流石に売られすぎだと再注目を始める人もチラホラ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株・国策銘柄

【5233】太平洋セメント

オリンピック関連・震災復興関連銘柄

セメント各社の決算が良いようで太平洋セメントにも目が向けられそうだ。
同社はセメント業界首位であり、日本国内需要は横ばいだが、五輪やリニア、復興と今後も底堅い需要があるだろう。
また輸出が伸びていたり、米セメント工場を買収したりと好感できる材料も。
傘下のデイ・シイや埠頭などの土地も含み益として大きい気がする。
単純移動平均線も上抜けてきているので、今後大きく変動というよりは手堅い銘柄としてチェックしておきたい。

【5391】エーアンドエーマテリアル

(オリンピック関連・震災復興関連銘柄・先読み作戦指令室)

太平洋セメント傘下のA&Aマテリアル社。こちらも内容良く、移動平均線や一目均衡表で上抜けてきた。
先月末に先読み作戦指令室に掲載され、前期まで停滞していた原発向けメンテナンス工事が今後回復とある。
前期赤字だったが、今期は黒字スタートと出だし好調のようだし、テクニカル面もファンダメンタルズ面も良さそうだ。
小型の低位株なので思わぬ買いが入って株価急伸もあり得そうな。
某有力筋も小型でちょこちょこ打診していくような言及をしているので、同社もチェック、突っ込み買いしておきたいようなところも。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ