仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

国策銘柄:インバウンド(訪日外国人)関連

インバウンド関連銘柄とは、入ってくる、内向きという意味を指します。最近株価上昇が目立つインバウンド関連株は、海外から日本に観光に来ている外国人数が莫大に増え、円安の影響もあって日本製の家電や医薬品などを爆買いしていることによって家電メーカーや観光地の宿泊施設などの関連銘柄が物色されている。訪日外国人がインバウンド消費をしてくれることで潤う企業のことを書いた記事まとめ。訪日外国人倍増は安部首相が掲げる成長戦略でもあり、国策銘柄と言えるカテゴリーだろう。

仕手株・国策銘柄

【3843】フリービット

(MVNO・WIFI関連・国策銘柄・インバウンド関連・格安SIM関連銘柄)

MVNO支援サービス(総務省)や独自スマホを今秋に発売予定など話題を集めそうな材料が控えるフリービット社。
カルチュアコンビニ社やU-NEXT社との協業も同社となら様々な案件が出てきそうである。
総務省では、モバイルビジネス市場の一層の活性化を実現することにより、利用者利益の向上等を図る観点から、「モバイルビジネス活性化プラン」(平成19年9月21日)に基づき、MVNOの新規参入の促進に向けた各種施策を展開しています。とある。
東京オリンピックや訪日外国人増加によって国策となったジャンルである。
また最近のスマホでは格安SIMなどに乗り換えるという選択技も一般ユーザーに出てき始めたと思う。
日経次第ではあると思うが、短期的にはゴールデンクロスを形成しており、ボラリティーは高いがすぐ下に支持線がある点も。

【1820】西松建設

(リニア関連銘柄・増配・好決算期待銘柄)

四季報によると官公庁向け土木中心に高水準の手持ち工事を順調消化。
リニア関連として山岳トンネルの掘削時に汎用機のドリルジャンボを使用し前方の地山状態を把握できるボーリングシステムを開発。とある。
単純に移動平均線をキッチリ抜いてきてからで良いと思うが、ボリンジャーも一旦は+2σあたりまではいきそうな…。
またPER13倍、PBR1倍割れ、配当も良く今期も増配の可能性が大きいそうな点も。
ゼネコン各社が良いから、という理由だけでなく、実態のあるテーマ株(同社ではリニア・増配割安株)をチョイスして監視しておきたいところ。

仕手株・国策銘柄

【9900】サガミチェーン

(インバウンド関連銘柄)

中国での爆食いが止まらない。笑
サガミチェーンは中国でフランチャイズに成功している上場企業で、
他にもモスバーガーや吉野家なども中国に進出しているものの、和食処と言ったらサガミの方が有力だろう。
株価は堅調な右肩上がりのチャートから大きく値を崩したが、日経平均が割と下げ止まってからは反転している。
ほとんどの銘柄がそうだが、目先25日線などの指標を上抜くことが出来るかが課題となる。
実態のある株式テーマが値を戻しやすいのではないかと思っているので同社には注目。
爆買い関連銘柄ではなく、爆食い関連銘柄が流行れば尚面白いw

【8202】ラオックス

(インバウンド関連銘柄)

有力筋がラオックスはロングランで狙えると言及。
中国の相場が多少荒れたところで、日本製品の品質は低下しないし円安状況も大して変動しない。
中国人の金持ちの数も変わらん。

長期チャートで見れば、上昇トレンドは継続中のように見えるが、
まあこれも日経平均20000円を奪還するような流れになれるかどうかな気がするな。

追加緩和発表で20000円を取りに行くと言う人も多いので、是非とも黒田バズーカを期待したい。

仕手株・国策銘柄

【3741】セック

(ロボット関連・RTミドルウェア)

国策銘柄としてロボット関連銘柄のセックに再注目。
サイバーダインが上場する前はロボット関連銘柄が物色されてセックを触った方も多いだろう。
官邸資料において、オリンピック開催までにやるべき課題、発展させていく分野が公表されている。
その内容は、おもてなしロボット(空港・市街地での翻訳や道案内、清掃や警備などを行う)を配置し、
世界一のロボット利活用社会を目指すというところに同社は該当。

自律移動型のロボットにはOSが必要である。
このOSはRTミドルウェアと呼ばれ国際標準化団体OMGにロボット用ソフトウェアのモジュール化に関する標準仕様として採択。
現状ではRTミドルウェア関連としてはセック社が国内で有力のようだ。

また隠れZMP関連として連れ高になった過去もある。
再物色となる日がきそうなので、気長に持てる人は事前に安いところを拾ってみても面白いと思う。

【4316】ビーマップ

(デジタルサイネージ関連・インバウンド関連・オリンピック関連・翻訳関連銘柄)

デジタルサイネージとは電子看板のことで、ナビゲーションを行ったり、広告を表示させているもので、最近駅や繁華街でよく見るアレである。
上にも書いた官邸資料でサイネージの分野を強化していくとのことで、なるほどビーマップ社か、と思った。
四季報には外国人観光客増と東京五輪に向け無線LAN設置が順調拡大。タブレット向け通訳システム開発、交通案内などを行っているようだ。
自律移動型ロボットのデモンストレーションでは液晶タブレットのような物がついている。
近い将来、訪日外国人が必要としていて国も課題でもある、無料WIFI環境、翻訳通訳システム、それらを映し出すタッチパネルやデジタルサイネージ。
国が推進しているし、オリンピックまでに必ず必要になってくるであろう分野なので、この記事を書いてビーマップ社はかなり国策本命な気がしてきた。

参照官邸資料

 

仕手株・国策銘柄

【1926】ライト工業

(リニア関連・オリンピック関連銘柄)

リニア関連銘柄にストップ高が多い。
ライト工業は地盤改良・法面など特殊土木会社。耐震補強にも注力している会社だ。
1月に付けた高値ももうすぐ抜きそうであり、ダブルトップの形にならなければ、高値更新は取ってきそうである。
チャート的にもこの相場の中ゴールデンクロスを形成するなど強さが窺える。

【7315】IJTテクノロジーホールディングス

(次世代交通システム関連・オリンピック関連銘柄)

政府の出しているローカル・アベノミクス推進に沿うのではないかと。
オリンピック開催までにインバウンド関連のインターネットインフラ整備や次世代交通システム、
ロボットやIoTなど未来的な社会になっていきそうである。

その中で同社はバスの部品などを作っている会社のようだが、バスの受注が伸びていることに加え、
オリンピックに向けて関東のバスも進化・一新してゆくのではないか。

今の都バスでは、訪日外国人が近場を行き来するのに対応できなそうなので、様々な交通システムや決済方法が導入されそう。
ここ最近の株価は急落は喰らっているものの、戻りが遅く割安な状態だ。
売上も好調なだけに、少し拾っておきたい気持ちに。

仕手株・国策銘柄

【3043】モジュレ

あのF氏が注目しているというモジュレ社に注目したい。
チャート的にも反発してきそうなタイミングである。
1Qの決算発表では増収増益、それも営業利益と経常利益は前年同期比3ケタ成長であった。
発表後に株価は急伸したが、現在株価は発表前の水準まで落ちてきている。
丁度1100円下に25日線や50日線、75日線が存在し、強力な下値支持線となりそう。
急騰株は急騰前株価までしっかりと調整すると見直されるというアノマリーも。

【2159】フルスピード

(インバウンド関連)

インバウンド関連が今日は息を吹き返したように思える。
フルスピード社は中国大手動画サイト「愛奇芸(アイチー)」と提携を発表し、日本の観光名所などをPRしている。
興味を示す企業が増えることが予想されており、そろそろ数字面で表れてきても良い頃だろうか。
インバウンド関連の決算発表がかなり良い状況なので、再度インバウンド関連が物色対象となれば…。
19日(水)に訪日外国人の客数発表も予定されているようだ。

仕手株・国策銘柄

【1893】五洋建設

(アベノミクス・黒字転換)

ゼネコン各社の業績がかなり良い。
五洋建設もこのところ上方修正や増配などの発表が多く、ここ5年で一番高い株価水準だ。
2006年のITバブル当時に迫る勢いである。
チャートを日足週足で見れば高いように見えるが、市場関係者が口をそろえて言う「失われた20年を取り戻す」ことを考えて月足チャートを見れば、まだまだ最安値から反転を開始したばかりに見える。
業績も付いてきており、建設関連はオリンピックやリニア、建て替えなど需要本格化は継続するだろうし、思い切ってみても面白いかもしれないな。

【3945】スーパーバッグ

(インバウンド関連銘柄・黒字転換)

百貨店や免税店などに紙袋や透明袋を生産卸しを行っているスーパーバッグ社。
この前も書いたが、消費税増税後は苦しんだが、訪日外国人の増加によって黒字転換である。
チャートも荒い動きはするが、割りたくない支持線まで株価下落すれば下髭を付けて反発するのでかなり良い子。
今後の株価にも注目したい。

仕手株・国策銘柄

【5715】古河機械金属

(先読み作戦指令室・インバウンド関連銘柄)

本日先読み作戦司令室に取り上げられた古河機金。
8月5日に決算発表が控えているので、なんとも言えないが、見通しは良さそうだ。
既に内容は織り込み済みっぽいので決算ギャンブルをする気はない。
最近は先読み作戦で急騰パターンよりは急騰しないパターンの方が面白いとの話もある。
南アルプストンネルや東京オリンピック、話題のインバウンドでの需要を見込む。

【5987】オーネックス

(先読み作戦指令室)

以前上方修正を発表して高値圏を推移しているオーネックス。
先読み作戦司令室にも掲載されて株価はぶっ飛ぶかと思いきや、飛ばない。
しかし、漏れ漏れの先読み作戦だと大量の売りが出るはずだが、オーネックス社は出来高自体が膨らんでいない。
先読みの記事項は本当に良い銘柄を書いているので、こういった株価が飛んでいない銘柄こそ、後に高値更新するパターンが多い。
とある関係者の飲み会に参加したが、先読みの動かなかったものに妙味ありと満場一致であった点も。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ