仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

話題のテーマ株の一覧

【4575】キャンバス

(創薬関連銘柄)

3日連続で大幅な続伸をしている創薬ベンチャーのキャンバスに注目だ。

同社は米国特許庁から開発中の抗がん剤候補化合物「CBP501」が特許査定を受領した事を発表している。内容としては、CBP501と免疫チェックポイント阻害抗体などを併用投与する事に「特許性が存在する」と認められた事になる。

その効果については、現在米国で臨床試験を行っているが、これが医薬品として正式に承認された場合は、この投与方法が特許として認められる事になる。今後の抗がん剤投与方法のスタンダードとなるとすれば相当大きな刺激材料ではないだろうか。

CBP501と免疫チェックポイント阻害抗体を併用投与する事で起こる相乗効果を対象にした特許であり、その効果については現在米国で臨床試験が行われている。これが医薬品として承認された場合は、この「投与方法」自体に特許として保護される事となる。もし今後のがん治療における、抗がん剤投与のスタンダードな投与方法となるとすれば、相当大きな刺激材料ではんばいだろうか。

人類とがんの闘いは数千年単位と言われているが、近年では「免疫」に大きな注目が集まっている。丁度、時期的にノーベル賞も近いし、受賞内容によってはこの分野への注目度が高まる可能性もありそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4557】医学生物研究所

(ノーベル賞関連銘柄)

ノーベル賞関連銘柄は毎年この時期に物色人気が高まる傾向にあるが、今年一番の注目されそうなのはがん免疫療法ではないだろうか。特に今年は日本国内でもがんを患った著名人が多く亡くなった事で、その治療法は大きな注目を集める分野でもある。

がん免疫療法とは、患者の体内にある免疫細胞を活用する治療法の事で、副作用が少ない治療として大きな注目を集めている。がん細胞の増殖を上回る免疫細胞を体外で増殖、または強化してから体内に戻す事でがん細胞を攻撃する治療法だ。

この免疫分野では、京都大学の本庶佑名誉教授が受賞候補として注目されている。また同じく京都大学院の森和俊教授も14年にノーベル賞受賞への登竜門といわれる米国のラスカー賞を受賞しており、今回のノーベル賞候補として注目が集まっている。

京都大学と共同で研究を進めている医学生物研究所などはノーベル賞の結果次第では大きな注目を集める事となるかもしれない。免疫関連の分野は医学生理学賞となるので、ノーベル賞の発表は10月1日の予定となっている。

他にもノーベル賞関連銘柄として注目される銘柄は多数ある。併せて注目しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9424】日本通信

(フィンテック関連銘柄)

9/26(水)は日本通信に大きな注目が集まっている。

日本通信は25日取引終了後に【9831】ヤマダ電機及びサイバートラスト社とネット取引認証プラットフォーム事業で業務提携する事を発表、同事業を運営する合弁会社の設立も検討する方針だ。

スマホの普及拡大に伴い、インターネットを利用した金融取引や契約締結などの需要が年々高まって来ている。所謂フィンテックの分野だ。

フィンテックのプラットフォームで重要視されるのは厳格な本人確認と、本人確認に裏付けられた電子照明技術となる。これを安全・安心に行う事が出来るプラットフォームを商用化する事で提供する方針で今回の業務提携に至ったようだ。10月を目処に合弁会社の設立を目指し、出資比率51%を日本通信、ヤマダ電機が30%を予定している。

改正銀行法が2018年6月1日に施行された事で、銀行のAPIも開放され新たな金融サービスの登場も見込まれているし、今後フィンテックプラットフォームの分野は大きなビジネスチャンスとなるかもしれない。日本通信及びヤマダ電機の今後の動向には注目しておいた方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3765】ガンホー・オンライン・エンターテイメント

(スマホゲーム関連銘柄)

9/25(火)はガンホーに大きな注目が集まっている。
今年の東京ゲームショウは任天堂が初出展するなど話題性も高く、相当な盛り上がりを見せたようだ。

ゲームに関連した銘柄といえば、その任天堂の「ポケモンGO」の急騰や、中国市場でスマホゲームの配信を行ったエクストリームの急騰など、株の投資対象としても決して無視出来ない存在だ。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」の大ヒットで躍進した企業だが、最近は利用者の減少などで勢いを落としていた。しかし、ここに来て再度注目を集めているらしい。その起爆剤となりそうなのが「妖怪ウォッチワールド」というスマホゲームだ。

2018年6月に「妖怪ウォッチワールド」が配信されてからは累計200万ダウンロードを達成、位置ゲームで大ヒットした「ポケモンGO」と似た内容から「第二のポケモンGO」としての期待も集中しているようだ。

元々、ポケモンの後継と呼ばれる程「妖怪ウォッチ」は世界でも人気のあったコンテンツだけに、今後利用者が増加すれば大きな注目を集める事になるかもしれない。スマホゲーム関連銘柄は材料があれば急騰し易い傾向にもあるし、「妖怪ウォッチワールド」の今後の動向と併せて業界の情報にはある程度アンテナを張っておいた方が良さそうだ。

 

【3937】Ubicomホールディングス

(生体認証関連銘柄)

9/21(金)はUbicomホールディングスに大きな注目が集まっている。

同社はフィリピンの子会社を活用して自動車・金融・医療・製造などの分野でシステム開発を提供している企業だが、特に医療情報システムに強みを持っている。20日に生体認証による本人認証や決済サービスを手掛けるLiquid社との資本業務提携を発表した事で一気に注目されているようだ。

Liquid社は生体情報を活用した画像解析技術と機械学習を利用したビッグデータ解析技術により、高速処理を可能にした認証アルゴリズムを独自に開発している企業であり、世界初となる生体認証のみで行う本人認証や決済サービスの商用化に成功するなど、次世代の社会インフラに期待出来るインフラ技術の研究・開発を続けている。

今回の提携で、フィリピン市場向けの事業開発及び様々なソリューションプロバイターとしての事業展開に期待が持てる事となる。また日本国内でも生体認証技術の分野で存在感を示す事になりそうだ。

Ubicomホールディングス、覚えておいた方が良い銘柄の一つとなりそうだ。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3167】TOKAIホールディングス

(ブロックチェーン関連銘柄・人工知能(AI)関連銘柄)

9/19(水)はTOKAIホールディングスが興味深い発表をした事で注目を集めている。

同社の子会社にあたるTOKAIコミュニケーションズが、ブロックチェーンや人工知能(AI)などの先端技術に強みのあるトリプルアイズとの資本業務提携を発表した。

TOKAIホールディングスは東海地域を地盤にLPガスや宅配水ビジネスなどを主軸に展開している企業だが、他にもインターネット接続事業や介護関連など様々な分野への業容拡大に積極的だ。今回の子会社の業務提携で、次はブロックチェーンや人工知能(AI)分野へ参入かといった思惑から注目が高まりそうだ。

同社は今回の資本業務提携で、システム開発事業の拡大、新規事業・新サービスの実現、及び受託開発事業の安定確保などのシナジー効果を狙う構えだ。今後の動向にも注目が集まる。

 

【3990】UUUM

(YOUTUBE関連銘柄)

9/18(火)はUUUMが大きく上昇している。

グーグルジャパンの発表に拠ると、日本のネット人口の8割以上が人気の動画配信サイト「YOUTUBE」を視聴しているそうだ。また昨年は「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれたように、写真投稿サイト「インスタグラム」の人口も急拡大している。

今やメディアとしてテレビを超す勢いなのが「YOUTUBE」や「インスタグラム」であり、利用者増加と共にその広告効果に大きな注目が集まっている。

UUUMは「YOUTUBE」などで活躍するクリエイターのマネジメントや動画配信などを手掛ける企業であり、年々注目を高めている企業の一つだが、2018年9月14日取引終了後にインスタグラム特化型のインフルエンサーマーケティングプラットフォームである「influencer One」の運営を行うレモネードの全株式を取得し、11月1日付けで吸収合併を行う事を発表した事で大きな注目を集めている。

「YOUTUBE」と「インスタグラム」の人口拡大はただの流行りモノの域を超えているように感じる。双方のメディアから発信される経済効果はとんでもなく大きく、その双方でビジネスを拡大する事となるUUUMには今後注目しておくべきかもしれない。僅か数年で急拡大する世界だけに特にアンテナを張っておいた方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ