仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【2882】イートアンド

(軽減税率関連銘柄・冷凍食品関連銘柄)

消費税増税まで残り2週間。いよいよカウントダウンといったところだ。

消費税増税に伴い導入されるのが「軽減税率」だが、外食は消費税10%に対して、持ち帰り(テイクアウト)は消費税8%の据え置きとなる。たかが2%と考えがちだが、いざ2%余計にお金を払う事になると、庶民の財布の紐が締まるのは間違いないだろう。そもそも日本人は節約志向の高い民族なのだ。

となれば厳しいのは外食産業。軽減税率の対応に関しては、マクドナルドなどでは統一価格で行う事を発表したものの、一部商品を値上げする事を発表した形だ。これが功を奏するのかは引き続き注視したいところだが、やはり外食の回数は確実に減って行くのではないかと個人的には予想している。

となれば追い風になりそうなのが冷凍食品業界。
女性の社会進出、夫婦共働き世帯の増加などにより、現在は家事の「時短」が求められている時代だ。冷凍食品は「長期保存可能」「低価格」「簡単」「必要な時に必要な分だけ利用出来る」などのメリットに加え、「軽減税率対象」というメリットまで加わる事になる。

冷凍食品の市場規模は2018年が1兆6425億円、2023年には1兆7298億円まで成長する見込みとなっている。今後も注目のテーマ株だ。

大阪王将ブランドを展開しているイートアンドは冷凍食品製造・販売部門にも注力している企業だ。12月には群馬県に関東新工場の操業を開始する予定で、新商品も続々と発表している。大手冷凍食品メーカーを脅かす新進気鋭として注目しておきたい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2882】イートアンド

(冷凍食品関連銘柄)

少子高齢化が進む日本で珍しく成長市場として注目を集めているのが冷凍食品業界だ。

女性の社会進出による共働き世帯の増加や、生涯未婚率の増加などのよる家事や食事への時短。これが社会的ニーズとして高まっている。

冷凍食品は「安い」「長期保存出来る」「必要な分だけ利用出来る」など、正に時短を求める今の時代に合った商品と言えそうだ。最近はコンビニやドラッグストアなどで冷凍食品を扱うスペースが大きくなっているのも、それだけ商品が売れているからだろう。

冷凍食品の市場規模は2018年見込みが1兆6425億円で、2023年には1兆7298億円まで増加する見通しとなっている。急成長という訳ではないが、手堅く成長を見込める市場として注目している投資家も多い。

イートアンドは餃子専門店「大阪王将」など外食チェーンを展開している企業だが、冷凍食品の製造も手掛けており、同社の2本柱として事業を拡大している。7/23には群馬県で関東新工場の操業開始を発表するなど、冷凍食品事業に更に注力する方針となる。

世界経済の外的要因に影響され難い内需株だし、個人的には冷凍食品市場は、食品が痛まない事もあり、亜熱帯化が進む日本において予想以上に成長するのではないかと考えている。イートアンドはその中でも成長する余地が大きいのではないだろうか。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp