仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3784】ヴィンクス

(消費税増税関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

10/16(火)はヴィンクスに注目が集まっている。

安部首相は15日の臨時閣議で、2019年10月に消費税率を予定通り引き上げる事を表明、それに付随して「あらゆる政策を総動員し、経済に影響を及ぼさないように対応する」と発言。

その具体的な案として中小小売店での商品購入時にキャッシュレス決済を使った消費者にポイントを還元する他、自動車や住居などの大型耐久消費財の購入負担を減らすような税制を講じる考えを示し、増税で得られる税収の半分を国民に還元する考えを言明した。

消費税の増税が予定通り行われる事が明言された事で、複雑化しそうなのが軽減税率。例えば外食は10%の消費税となるが、持ち帰りの場合は軽減税率が適用となり8%となる。またキャッシュレス決済の場合はポイントが還元されるなど、小売店や外食産業の決済は複雑化しそうだ。

またレジ関連だけではなく、会計ソフトなども大きな需要が起きそうだ。ヴィンクスはソフト・システム開発の他にも決済サービスやセルフレジなどの開発・販売を手掛ける企業だ。またパナソニックが手掛けている「レジロボ」にヴィンクスのソフトウェアを組み込む予定となっており、消費税増税関連銘柄としても注目を集めそうだ。

 

【7420】佐鳥電機

(半導体関連銘柄)

6/22(金)は佐鳥電機に大きく上昇している。
佐鳥電機は半導体の分野でNEC製品をメインに事業展開を行っていたが、21日取引終了後に【6752】パナソニックとの資本業務提携を発表して大きな注目を集めている。

佐鳥電機の子会社である佐鳥SPテクノロジの株式1万500株をパナソニックに譲渡し、パナソニックグループが推進する半導体調達改革において、グローバルな調達業務を相互協力のもと行っていく方針だ。

佐鳥SPテクノロジは、佐鳥グループの戦略商材であるストレージ製品(データ貯蔵機器)を取扱う会社だが、海外市場への販路を拡大する為にも今回の業務提携はプラスに働きそうだ。また他の分野でも業容拡大に繋がるかもしれない。

何しろパナソニックは大企業だし、佐鳥電機にとってはインパクトの大きい材料となりそうだ。今後の動向にも注したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ