仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【9101】日本郵船

(海運業)

海運大手3社の一角で海運では国内首位の会社。「高出力燃料電池搭載船の実用化に向けた実証事業を開始」「世界初、水素を輸送する国際実証試験を本格開始」とあるように、一応は水素関連や再生可能関連の銘柄である事は以前触れた通り。ただ、今回は業績の上方修正について注目したい。

同社は昨日12月24日に「当年度通期業績予想及び特別損失の計上に関するお知らせ」を発表。新型コロナの影響で航空運送事業が好調な上、定期船も好調な事から業績を上方修正するとしている。ドライバルク(ばら積み船)については特損を計上するとしているが、損失を上回る利益となると想定しているようだ。

正確な上方修正の数字は来年の2月3日に公表予定としており、それまでは思惑が膨らむ展開となる。チャートもきれいな右肩上がりである事から25日線にそった動きに期待が持てるだろう。

また、バルチック海運指数がこの所上昇に転じている。足を引っ張っているばら積み船の特損が減るような事があれば更に好感される可能性がある。業績を引っ張っているのは定期船や航空便となるが、不定期船の売上比率は50%近い事からバラ積み船などの不定期船の市況の上昇とともに採算性が向上すれば業績のさらなる上振れに期待が持てるだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1606】日本海洋掘削

(レアアース関連銘柄)

7/02(月)は日本海洋掘削が大きく上昇している。
日本海洋掘削といえば、先月東京地方裁判所に会社更生手続きが受理された事を発表していた筈だ。7/23(月)には上場廃止が決定している銘柄でもある。

どうやら今回大きく上昇している理由は、経営破綻した日本海洋掘削の支援企業に【9101】日本郵船が有力候補に浮上している事を日本経済新聞などが報じた事が原因のようだ。

支援企業の有力候補となっている日本郵船は明治18年に創立された三菱財閥系の中核企業で、【7011】三菱重工と共に三菱グループの源流企業。日本の3大海運会社の一つであるし、戦後の株式特定銘柄12社でもある。今回支援へ向けて手を挙げたのは、日本海洋掘削が持つ資源掘削船などの技術を取り込む狙いがあるようだ。

日本海洋掘削は間もなく上場廃止される銘柄ではあるし、投機的な短期資金が流入しているのだろう。マネーゲームの側面もあるだろうし、少しリスクを伴う上昇かもしれない。今後のチャートの動きには注視した方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com