仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3938】LINE

(インバウンド関連銘柄・キャッシュレス決済関連銘柄・保険関連銘柄・金融関連銘柄)

LINEが大幅高で4日続伸、大きな注目を集めている。

一部メディアで「中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)と提携し、2019年から訪日中国人客にスマートフォン用決済サービスを提供する」と報じられており、好感買いが集中しているようだ。

同社は12月中旬から決済サービス「LINEペイ」を導入していない中小店舗に「微信支付(ウィーチャットペイ)」も使用出来る専用端末を貸し出す方針としており、中小の小売や外食店などのキャッシュレス決済の囲い込みを図るようだ。

中小の小売や外食店におけるキャッシュレス決済といえば、2019年10月の消費税増税に伴うポイント還元施策があるが、LINEが中小の小売や外食店へ専用端末を貸し出す事で囲い込みに成功すれば、一気に普及する可能性がある。

これはインバウンド需要だけではなく、消費税増税に伴うキャッシュレス決済関連としても注目しておく必要がありそうだ。

またLINEは銀行業への参入を発表しており、みずほ銀行と新銀行「LINE BANK」の設立に向けた準備会社を共同出資で設立する方針を発表している。コミュニケーションアプリであるLINE上でスマート投資や保険サービスを提供すると共に、証券やローンなどの金融サービスを展開する方針だ。金融業界にまでLINEが進出するとなると相当なインパクトになりそうだ。

LINEに関してはインバウンド需要、そしてキャッシュレス決済。更に保険や金融関連銘柄としても今後は注目する必要がありそうだ。

 

【3938】LINE

(IoT関連銘柄・自動車関連銘柄)

6/26(火)にトヨタ自動車は新型「クラウン」と「カローラスポーツ」の発表を行い、ニュースでも大きく取り上げられたようだ。

クラウンと言えば古くから「いつかはクラウン」というキャッチコピーで有名なように、トヨタ自動車を象徴する一般向きフラッグシップセダンモデルだ。カローラも大衆車向きのメイン車種であるし、今回はスポーツタイプとなるが大きな注目を集める事となった。

今回のトヨタの発表で大きく注目を集める事となったのが、無料通信アプリの「LINE」で車と会話などコミュニケーションが取れる新機能だ。車の外から「LINE」で車に話しかける事で、目的地の設定やガソリンの残量、また事故や盗難などにも即座に対応が可能になるという。

トヨタ自動車の豊田社長は「これからの車には『つながる』という新しい性能が求められている」と発表し、自動車業界にもIoT時代の到来を印象付ける発表となった。

今回、トヨタ自動車がLINEを運用した事は大きな刺激材料になったようで6/27(水)は買いが集中している。「LINE」は色んな分野に事業を展開しているだけに今後も引き続き注目したい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3938】LINE

(LINE関連銘柄・IPO/新規上場)

先日28日に想定価格2,800円に対し仮条件は2,700-3,200円で決定。
仮条件が上ブレしたことで、OA分を含んで計算すると、吸収金額は最大1,288億、時価総額は最大6719.97億ほどとなる。
足元の市場環境等の諸般の事情を総合的に勘案し仮条件決定日を27日から28日に変更してきたが、ある程度の需要を確認出来ているのか、強気の設定となっている。
BB期間が昨日29日から7月8日迄だが、直近で大型IPOの【3543】コメダホールディングス【6197】ソラストが公募割れとなっていることから、抽選に申し込もうかどうか迷っている人もいるのではないだろうか。
東証と、ニューヨーク証券取引所で上場となるわけだが、なんで知名度が低そうなアメリカでも上場するのか?売上は伸びているが純利益が赤字なのは大丈夫なのか?といった点を不安に思う人もいるのではないだろうか。
しかし、海外分を除くと吸収金額は国内公募株式数13,000,000株で最大416億、国内OA分1,950,000株を足して最大478.40億ほどで、業容全然違うが同日上場となった【3543】コメダホールディングス【6197】ソラストの合算吸収金額より軽いと考えると、十分にこなせる水準と考えられるのではないだろうか。

LINE 業績

業績面はMixRadio事業買収が失敗したことによる特別損失込で純利益が赤字となっているが、上記画像をみると投資家からの関心は得られそうな水準と判断出来そう。
ホリエモンはLINE(ライン)の上場に関し「まだ投資フェーズであることを考えればまずまずの利益水準であると考える」とコメントしている。
上場後、フェイスブックの「ワッツアップ」や中国の「微信(ウィーチャット)」など大手競合がひしめく中でユーザー数を増やせるかなど、世界展開への課題はあるかもしれないが、初値形成に関しては話題性もあるので問題ないのではという見方が強い気がする。

【7860】エイベックス・グループ・ホールディングス

(LINE関連銘柄)

同社とエイベックス社とソニーは3社でLINE MUSICを去年から始めている。
CDの販売が絶望的になってきている中で、アップルMUSICやAWAなど、スマホで音楽聴き放題のサービスが展開されているが、どれもいまいちっぽいな。
LINE社はアジアで利用者数が莫大であり、何とか今回のIPOで得る調達資金(980億円)を上手く利用し、利益の出るサービスを展開したい筈だ。
関連会社の株を買うというよりも、LINE本体をIPOで申し込むのが良いと思うが…。まあ抽選で当たらないだろうな。
LINEの有料コンテンツといえば、ゲームかスタンプというイメージだが、若い世代を囲っているのだから音楽サービスも成功させられるかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ