仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

アニメ関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるアニメ関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【4816】東映アニメーション

(アニメ関連銘柄)

7/30(月)は東映アニメーションが大きく上昇している。
27日取引終了後に発表した19年3月期第1四半期(連結経常利益)が前年同期比42%増だった事で買いが集中しているようだ。

前年同期比42%増に大きく寄与したのがスマートフォン向けゲームの「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」を始めとした版権事業だ。日本が世界に誇るアニメコンテンツは世界中で人気があり、東映アニメーションは日本のライセンスビジネスにおける草分け的な存在でもある。

同社は前述のドラゴンボールを始め、ワンピースなどの人気コンテンツの版権を持っており、スマホゲームを始め中国や北米などで映像配信権の販売なども好調だったようだ。最近では動画配信サイトが世界的に普及しており、映像配信権などの需要もどんどん拡大する事が見込まれている。

これで東映アニメーションは4期連続で過去最高益を更新する見通しで、つい先日ドラゴンボール超の新作映画タイトルを発表して世界中から大きな注目を集めたばかりだ。更なる飛躍に期待が集まりそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4644】イマニジア

(中国関連銘柄・アニメ関連銘柄)

イマニジアは中国企業のテンセントと共同でアニメ「兄に付ける薬はない!」の第2期作品を2018年7月から配信・放送すると発表をした事で注目が集まっている。

今回、共同でアニメ製作に携わる中国企業のテンセントが相当凄い。
売上高では世界最大のゲーム会社となっており、アプリ収益も世界一。仏国のユービーアイソフトや米国のアクティビジョン・ブリザードなど世界的に有名なゲーム企業の大株主でもある。2017年にはアジア企業で初めて5000億ドルを突破し、フェイスブックを超えて世界五大企業に入った大企業だ。創業者の馬化騰はアジア1位の富豪にもなっている。

注目なのはアニメを共同で製作した事ではなく、時価総額もそれ程大きくはないイマニジアがこの大企業と更に太いパイプラインを擁した事だろう。今回はアニメ第2期の製作となるが、これを足掛かりに今後アプリゲームなど事業拡大へ繋げていく可能性もある。今後の動向に注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ