仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【8914】エリアリンク

(トランクルーム関連銘柄)

近年、トランクルームが全国で続々と増加しているのをご存知だろうか。市場規模はこの10年間で約2.5倍にまで成長している。

かつてはコンテナ型のトランクルームが多かったが、近年はマンションの一室のような施設が増加、温度や湿度の管理に加えて防犯カメラまで完備されているので、女性でも安心して利用出来る。

トランクルーム増加の背景には、都市部を中心とした住宅の収納不足がある。例えば首都圏で部屋を借りる場合、広い収納を完備の物件となると相応に家賃が高くなる。季節柄不要なものは郊外のトランクルームに預け、必要なものだけを身近に置いておくと言うのが、大都市一極集中の続く現代の主流となりそうだ。

市場規模は10年前に比べ約2.5倍増の590億円へと成長したが、2025年には1000億円規模まで拡大すると予想する声も多い。少子高齢化の続く日本で、珍しく成長する市場としてトランクルーム関連銘柄には注目をしておきたいところだ。

エリアリンクは「Hello Storage(ハローストレージ)」のブランドでコンテナタイプや室内タイプのトランクルームを全国展開、間もなく総室数も10万室に迫る勢いだ。トランクルーム関連の本命株として注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3443】川田テクノロジーズ

(介護ロボット関連銘柄)

日本の高齢化社会は差し迫った状況だ。

2020年には女性の2人に1人が50歳以上になり、2025年には団塊世代が75歳以上の後期高齢者となり、日本人の3人に1人が65歳以上の超高齢化社会がやって来る。

世界のどの国も経験した事の無いレベルの超高齢化社会に日本が先駆けて突入する事になり、世界中の先進国がその対応に注目している。

そんな中、8/12付の日本経済新聞で、「厚生労働省は『パワーアシストスーツ』などの介護支援ロボットを公的保険制度の適用対象にする検討に入る」と報じており、株式市場でも介護ロボットがテーマ株として注目を集めているようだ。

記事によると2020年度に効果を見極め、2021年度の介護報酬改定で対象に加えるかを判断するらしい。

介護現場の人手不足や職員の高齢化は喫緊の課題となっており、介護者の腰に着けて作業を支援するパワーアシストスーツは今後更に存在感を増して行く事が予想されるだろう。現時点では都道府県の基金を通じて導入時に最大30万円程度の至急に留まっているが、保険適用となれば一気に普及する可能性が高そうだ。

川田テクノロジーズは介護ロボットの開発にも注力している企業だ。保険適用を追い風に大きなビジネスチャンスに繋がりそうだ。

 

【6425】ユニバーサルエンターテイメント

(カジノ関連銘柄)

横浜市がカジノを含む総合型リゾート施設(IR)を誘致する方針を固めた事が多くのメディアで報じられている。横浜市にカジノを誘致する事への市民を巻き込んだ議論が過熱しそうな勢いだ。

横浜市がカジノ含む総合型リゾート施設(IR)を誘致するのは47ヘクタールの敷地面積を持つ山下埠頭だ。カジノ=賭博場のイメージが強いだけに市民からの反発が大きそうだし、今後はメディアでも大きく取り上げられるだろう。株式市場でも大きな注目を集めそうだ。

既に大阪や北海道などで積極的な誘致合戦が始まっているが、横浜市もカジノ誘致へ舵を切るとなると状況は一変するかもしれない。何しろインバウンド客だけではなく、首都圏からの来客も強く見込めるからだ。

カジノ関連株として注目したいのはユニバーサルエンターテイメント。パチスロ機の開発・販売の他にもフィリピン・マニラで既に総合型リゾート施設「オカダマニラ」を運営している。日本のカジノ運営へ向けて積極的な企業の一つだ。

カジノ誘致を巡る自治体間の動きが今後さらに活発化することが予想されているだけに、どこが勝ちとるのかを予想した上で、地域密着型の関連企業に先回りしてみるのも面白いかもしれない。引き続きカジノ関連のテーマには注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6176】ブランジスタ

(電子書籍関連銘柄・旅行関連銘柄)

8/19はブランジスタが大きく上昇している。

同社は電子書籍やインターネット広告などを主軸に展開している企業だが、近年のスマートフォンやタブレットの普及が拡大している事をあり、電子書籍市場の拡大が続いている。

2019年上半期時点で電子出版は前年同期比22%増と市場が急拡大。それに対して紙の出版物が前年同期比5%減少している。紙媒体市場の縮小と電子書籍市場の急拡大は正に時代の移り変わりを示していると言っても過言ではないだろう。

ブランジスタが特に力を入れているのが旅行情報を扱う「旅色」だ。この電子雑誌は女性の旅をターゲットにした内容で、近年のインスタグラムやツイッターなどのSNS人気が大きな追い風にもなっているようだ。地方自治体との連携も厚く、ECサイト支援ビジネスも好調で収益に貢献しており、業績回復の色合いが強まっている。

ブランジスタと言えば秋元康関連銘柄として2016年に大きな注目を集め、テンバガーを達成した銘柄だ。過去に大化けした銘柄は再度注目を集め易い。引き続き動向には注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3457】ハウスドゥ

(不動産関連銘柄・人生100年時代関連銘柄)

8/16はハウスドゥが大きく上昇している。
同社の子会社フィナンシャルドゥが、【8541】愛媛銀行と提携し、同行が提供するリコース型リバースモーゲージ「あったか人生」フリーローンに対する債務保証業務を行う事を発表、これが刺激材料となっているようだ。

ハウスドゥが展開しているリバースモーゲージは、自宅を担保にそこに住み続けながら金融機関から融資を受けられるシニア世代向けの金融制度だ。毎月の返済は金利のみで、元金の返済は借入人の死亡後に持ち家を売却し返済に充てられる仕組みだ。

リバースモーゲージは利用期間が長期間と想定されるため導入に慎重な金融機関も多い傾向にあるが、愛媛銀行がこれをサポートする事になる。尚、同提携はリバースモーゲージ保証事業における第9弾となり、四国では初の提携だ。

近年は独身率の増加や、子供を持たない夫婦が増加している事もあり、高齢化社会が進めば進む程、ニーズが高まる事が予想される。

やはり年をとると住み慣れた環境を変える事は大きなストレスになるし、自宅に住み続けながら老後資金を確保出来るこのシステムは、老後資金問題を解決する方法の一つとして注目を集めそうだ。個人的には、今後長期的にこの市場は成長して行くと予想している。

 

【4062】イビデン

(フードテック関連銘柄)

世界700兆円市場として大きく注目を集めるのがフードテック市場だ。

人間が生きて行く上で絶対に必要な「食」の分野、食事に関わるサービスをテクノロジーの力で変えようとするのが欧米発の「フードテック」だ。

2050年には世界の人口は90億人に達すると予想されており、地球温暖化の影響もあり、世界的な食糧不足になるとされている。

英国ロイズ銀行のシンクタンクが発表した研究報告によると、2050年には世界の人口は90億人に達し、地球温暖化の影響もあり穀物価格が高騰。世界各国で食料を奪い合う暴動や騒乱、戦争などが起こる可能性が高いと予測されている。

国際連合食糧農業機関(FAO)は世界人口の増加に対応する為、2050年までに食糧生産を60%アップさせる必要があるとしているが、現状では難しいというのが実情のようだ。

そこで注目を集めているのが見た目も味をそっくりな植物肉の存在だ。米国大手ハンバーガーチェーンのバーガーキングでは、牛肉の代わりに植物由来の材料を使った代替肉を使用したハンバーガーを発売、大きな話題を呼んでいる。

また米国の代替肉メーカー「ビヨンド・ミート」が2019年5月に米国株式市場で新規上場し、売り出し価格の2.6倍まで急騰したのは記憶に新しいのではないだろうか。

このフードテックの波は日本にも押し寄せていて、2022年には1兆円規模にも成長する予測も立てられいる。将来的に700兆円規模まで成長するとしたら、とんでもなく巨大な市場まで成長するかもしれない。

注目はイビデン。約4億円を投じて専用設備を導入し大豆ミートの成型加工ラインを立ち上げている。カップ麺などに使われる材料を年間500トン製造すり計画となっている。異業種からの参入となるが、将来性が大きいだけに期待も大きい。引き続き注目しておきたい分野だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2882】イートアンド

(冷凍食品関連銘柄)

少子高齢化が進む日本で珍しく成長市場として注目を集めているのが冷凍食品業界だ。

女性の社会進出による共働き世帯の増加や、生涯未婚率の増加などのよる家事や食事への時短。これが社会的ニーズとして高まっている。

冷凍食品は「安い」「長期保存出来る」「必要な分だけ利用出来る」など、正に時短を求める今の時代に合った商品と言えそうだ。最近はコンビニやドラッグストアなどで冷凍食品を扱うスペースが大きくなっているのも、それだけ商品が売れているからだろう。

冷凍食品の市場規模は2018年見込みが1兆6425億円で、2023年には1兆7298億円まで増加する見通しとなっている。急成長という訳ではないが、手堅く成長を見込める市場として注目している投資家も多い。

イートアンドは餃子専門店「大阪王将」など外食チェーンを展開している企業だが、冷凍食品の製造も手掛けており、同社の2本柱として事業を拡大している。7/23には群馬県で関東新工場の操業開始を発表するなど、冷凍食品事業に更に注力する方針となる。

世界経済の外的要因に影響され難い内需株だし、個人的には冷凍食品市場は、食品が痛まない事もあり、亜熱帯化が進む日本において予想以上に成長するのではないかと考えている。イートアンドはその中でも成長する余地が大きいのではないだろうか。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ