仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【7048】ベルトラ

(旅行関連銘柄・インバウンド関連銘柄)

2/18(月)はベルトラが大きく上昇している。

同社は18年12月期の営業利益は海外旅行部門やインバウンド部門の好調を受け、365.7%増と大幅アップ。更に19年12月期の営業利益予想を前期比43.9%増と発表している。

同社はグローバル規模での人員配置を最適化し、効率的な収益体制の構築に注力している点で収益に大きく寄与したようだ。また旅行関連企業との連携強化により、販売チャネルの拡大や外国人旅行者向けの「現地体験ツアー」展開による訪日向け商品の拡大なども大きく寄与している。今後は47都道府県で「現地体験ツアー」を展開し、様々なインバウンド需要に応える方針だ。

近年の訪日観光客は、より「体験型」の旅行にシフトしているし、日本のアニメなどの影響で、従来の観光地以外への旅行需要も増して来ているそうだ。例えば今年は「ダイヤモンドルート」と呼ばれる東京を起点とした南東北・北関東を巡回するコースが人気らしい。47都道府県対応型の「現地体験ツアー」は今後、更に伸びシロを見込めるかもしれない。

また2019年はゴールデンウィーク10連休や、有給休暇義務化による余暇の増加、またラグビーワールドカップの開催など、旅行関連銘柄にとって大きなビジネスチャンスとなる事が予想されている。

その中でも、ベルトラは国内向け・海外向け共に「体験型ツアー」に強みがある企業だけに、近年の需要ニーズに応えられる体制が整っている。今年大きく飛躍が期待される銘柄の一つとなりそうだ。

 

【6071】IBJ

(ブライダル関連銘柄・元号関連銘柄)

2/15(金)はIBJが大きく上昇している。

同社は婚活サイトを主軸に結婚相談所や新生活支援などを展開している企業だが、2/14取引終了後に発表した19年12月期の連結業績予想で、純利益が前期比19.5%増と2期ぶりの営業最高益更新を見込んでいる事を発表している。

多くのメディアなどで「婚活」を目にする機会が増えたように、近年は晩婚化が進んだ事で、婚活需要が拡大している。厚生労働省が発表した2018年の国内婚姻件数は59万組で過去最少を更新する中、IBJは2018年の成婚数は6132組を突破したそうだ。つまり現在の日本で結婚をした夫婦の1%はIBJから生み出された計算になる。これは中々凄い数字なのではないか。業績が右肩上がりなのも頷けるところだ。

同社は結婚相談所を運営するサンマリエを今期から連結子会社化する事で大きく業績に寄与する見通しとなっているが、今年は天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う改元があり、縁を担ぐ文化が根強い日本では改元に伴う「あやかり婚」の特需にも期待出来そうだ。引き続き注目しておきたい銘柄だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2586】フルッタフルッタ

(ヴィーガン関連銘柄)

2/14(木)はフルッタフルッタが大きく上昇している。

同社はブラジル産のフルーツ「アサイー」などの輸入販売を主力にしているが、他にも店舗事業も展開している。

「フルッタフルッタ アサイーカフェ」は首都圏を中心に、砂糖・香料・着色料・保存料不使用の天然のジュースを販売しており、近年の健康志向の高まりや流行のインスタグラムなどSNSの追い風も大きく、業績が好調なようだ。

また2019年1月には海外進出第一号店として台湾に出店したが、これが連日行列が出来る程の大盛況となっている。オープン1カ月間で約13,000人が来店し、月間売上目標を36%上回ったそうだ。売上好調の背景としては、やはりSNSなどの情報拡散が大きいようで、現地テレビメディアでも大きく取り上げられている。

この盛況な状況を受けて、同社は2/13に「アサイーカフェ」海外多店舗展開を発表、台湾にセントラルキッチン機能を設置し、業務提携先である台湾KFS社にアサイー加工品の生産を依頼する事で、海外における多店舗展開の早期実現を目指す方針だ。

また、近年は動物性食品を一切食べない「ヴィーガン」が増加しているが、同店舗メニューはヴィーガン対応メニューとなっている点も注目だ。同社は多店舗化と並行し、台湾をはじめとするアジアにおけるカフェ、レストランに対する当該加工品の業務用販売に取り組む方針となっている。

世界へ展開する上でヴィーガン・ベジタリアン市場は大きいだろうし、「宗教上の理由」や近年の「食の多様性」、「健康志向」は世界的な流れでもある。同社の今後の世界展開には注目しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4563】アンジェス

(バイオテクノロジー関連銘柄)

2/13(水)はアンジェスに大きな注目が集まっている。

同社は2/12取引終了後に、重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬のイスラエルにおける独占的販売権許諾に関する基本合意を現地イスラエルのカマダ社と締結した事を発表している。

HGF遺伝子治療薬は、アンジェスが設立以来に手掛けて来た主力プロジェクトであり、2018年1月に厚生労働省に対し再生医療等製品の製造販売承認申請を行っており、現在は審査中となっている。

今回の基本合意により、イスラエルにおいて日本での製造販売承認取得及び、同国内での承認獲得後にカマダ社が重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬を独占的に販売する事になる。

イスラエルでは、日本など先進国で薬事承認された場合は、同国で追加臨床試験を行う事無く承認されるケースが多い為、早ければ2020年に発売する事を見込んでいるそうだ。

今回の基本合意でw、イスラエルにおいて薬事承認及び保険償還が承認された場合は、アンジェスに一時金として最大125万ドル、発売後の累積売上及び年間売上に応じた一時金として最大285万ドル及び製品供給による売り上げ金を得る事になる。

勿論、現在はHGF遺伝子治療薬は当局による審査中となっており、サンバイオショックの例もあるだけに全幅の信頼を寄せる事は出来ないが、今後の動向には注視しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8111】ゴールドウイン

(アパレル関連銘柄)

2/12(火)はゴールドウインが大きく上昇している。

同社はスポーツウェア用品の製造販売を手掛けているが、8日大引け後に発表した19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が前年同期比72.2%増の115億円に急拡大している。

今年は世界中で寒波が襲来するなど、防寒への意識が高まっている。本格的なアウトドアブランドへの需要も高まっているし、また近年のファッションには機能性も強く求められる傾向にある為、スポーツウェアなどへの関心がとても強い。

同社が手掛ける主力のアウトドア関連ブランド「ザ・ノース・フェイス」が春夏に続き、秋冬商品で販売が好調だった。特に同ブランドのダウンウェアは若者の間で絶大な人気で、販売後即完売の商品も珍しくはない。多くのメディアやSNSなどでも取り上げられた事で、人気に拍車が掛かっているようだ。

併せて通期の同利益を従来予想の95億円から121億円へ27.4%上方修正、これで従来の6期連続過去最高益予想を更に上乗せした形となる。業績好調に伴う年間配当の増配実施も大きな支援材料となっており、今後更に上昇を見込めそうな勢いだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4641】アルプス技研

(人材派遣関連銘柄・外国人労働者関連銘柄)

2/8(金)はアルプス技研が上昇している。

アルプス技研は技術者派遣を主力に展開しており、主要顧客は製造業大手が多い。7日取引終了後に発表した18年12月期連結経常利益は前期比10.1%増、続く19年12月期も前期比7.1%増と業績右肩上がりだ。これで同社は5期連続で過去最高益を更新する見通しとなる。

人手不足が大きな社会問題となっているが、アルプス技研は技術者の育成に注力して来た企業で、顧客の需要ニーズに応えられる強みがある。また主要顧客となる製造業大手は世界景気の減速による影響が懸念されていたが、それ以上に人手不足の方が深刻というのがあるのだろう。派遣要請は引き続き好調のようだ。

また2019年4月から外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法が施行されるが、アルプス技研は既に農業分野や介護分野へ外国人労働者を派遣する子会社アグリ&ケアを設立している。愛知県の「農業支援外国人受入事業」において、受入企業の認定を獲得。既に十数人のベトナム人を農家に派遣している。今後のビジネス拡大にも期待が出来そうだ。

海外情勢など、外的な要因で影響を受け易い株式市場だが、相対的に内需のテーマ株には物色人気は集まり易い。海外株式や為替の影響を受け難いセクターとして注目されるのが人材派遣業界だ。アルプス技研は「技術者派遣」や「外国人労働者」において今後も強い存在感を示して行く事になりそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4592】サンバイオ

(創薬関連銘柄)

2/7(木)はサンバイオが一時ストップ高まで買われ、大きな注目を集めている。

サンバイオが開発する再生細胞薬「SB623」は、慢性期の外傷性脳損傷を対象とした治療薬で、脳内の神経組織に投与されると再生機能を誘発する効果があり、失われた運動機能の改善を促す事が期待される夢のような治療薬として大きな注目を集めていた。

昨年12月から、この「SB623」の臨床試験が順調と報告に挙がっていた事もあり、大きく株価を上昇させていたが、1月29日に慢性期脳梗塞を対象とした米国フェーズ2bの臨床結果が不調に終わった事を発表、これを受けて4営業日連続のストップ安となり、記録的な暴落となった銘柄だ。

そのサンバイオが今日は大きく上昇に転じている。
リバウンド狙いの買いが優勢となった事で、一時値幅制限一杯の3,325円まで買われる場面もあり、「株主入れ替わり」の様相となっているようだ。

サンバイオ社長は、「SB623」の開発は諦めていないと発言しており、これから詳細に、慢性期脳梗塞の米国第2相臨床試験のデータ解析を行うとしている。脳の再生薬はこれまでに全く存在していなかった分野の「夢の薬」だけに、その期待は大きい。

また、一度急騰した銘柄は再度短期資金流入し易い傾向にある。サンバイオの株価自体はマネーゲームのような様相となる可能性もあるが、再生細胞薬「SB623」の今後の動向には注目をしておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ