仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【5816】オーナンバ

(再生可能エネルギー関連銘柄)

オーナンバはワイヤーハーネスや太陽光発電配線ユニットを手掛ける会社だ。

ただ、太陽光発電ユニットに関しては減収減益となっているが、今後伸びるとの思惑があるらしい。らしいとしたのは、みんかぶで「再生可能エネルギー関連穴株としてマークしてみたい銘柄だ。ワイヤーハーネスの大手メーカーであり産業用機器向けで強みを発揮する。太陽光発電配線ユニットへの展開が注目ポイントだ。」と取り上げられている事や某投資顧問にて特別に推奨されている事などから判断している。

もともと、私のところにはJESCOなどに注目していたところがとの話があったが、ここにきて提灯記事などが散見される事から何やら思惑がある可能性がある。

株価の動きを見てみると3月24日に75日移動平均線あたりまで下落したのちに反転。以降は右肩上がりが続いている。出来高も徐々にできている事から2月高値602円を超える事ができれば面白い動きとなりそうだ。

実際には出来高も増えてきている言っても今日で43万株程度。板も薄いので、出来高が減少すれば身動きが取れない。落ちたら拾うか、高値更新で追随で買ってみる程度が良いだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2749】JPホールディングス

(こども庁関連銘柄)

JPホールディングスは独立系子育て支援の最大手企業だ。主に認可保育園運営を行っている。創業者と経営陣の対立など懸念材料もあったが、業績は好調。特に幼児保育の無償化の影響で売上は右肩上がりとなっている。経常利益も2017年には落ち込んだもののその後は回復し最高益を達成している。

今後も保育施設の増加を狙っている。一方で課題は保育士の確保となっている。今後も需要が伸びるとなると保育士の人件費増が課題となる。現状の処は需要の方が上回り人件費増もこなしている。

更に最近は事業の拡大を図っており、学研と提携を発表。「株式会社学研ホールディングスとの業務提携契約の締結に関するお知らせ」にある通り、体操教室やリトミック、英語教育へ進出しようとしている。筆頭株主である、マザーケアが学研に対して株式を365円で売却しており資本提携でもある。

上で軽くふれた業績を見てみると「業績予想の修正(営業利益の上方修正および特別損失の計上)に関するお知らせ」を発表している。経常利益は上方修正したもの、新規参入業者との競争などの関係で土地などの保有資産の減損を行った事で純利益は低下している。

直近の株価は菅総理のこども庁発言で急騰しているが、基本的には企業利益が増えるというよりは監督官庁の一元化による行政改革色がつよく株価は落ち着きをみせるだろう。ただし、同テーマは衆議院選挙の公約でこども庁がでると再度テーマになる可能性がある為、今後に注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4766】ピーエイ

(こども庁関連銘柄)

ピーエイは信越地方を中心に東北・北陸地方で広告掲載型の求人誌である「ジョブポスト」を発行する会社だ。スマホの普及とともに「ジョブポストWEB」も開設。地方中心からの脱却を目指し首都圏への進出を模索しており、その足がかりとして千葉の広告会社を買収するなど事業拡大に積極的だ。

また本業の拡大だけではなく、事業の多角化もすすめている。求人だけではなく人材派遣業も行っており、製造業や医療・介護向けとして長野で手始めに展開。更には成長著しいベトナムに代理店を開設し通関手続きの代行なども行っている。2016年には保育施設運営の会社を買収し子会社化している。

現在株式市場では菅総理の肝いりの施策として「こども庁」創設が報じられ関連銘柄への物色が広がっている。こども庁の創設とは幼保一元化を始め、配偶者の虐待や子供虐待など監督官庁が多岐にわたる問題を一元化し安心安全な子育て環境を作ろうというものだ。自民党部会の設立や今度の衆院選挙の公約に掲げる予定と報じられており、その期待は高い。

菅総理が過去に肝いりとした脱炭素は大きな市場のテーマとなった。一方でこども庁に関してはその効果や企業利益が見えづらい事から関連銘柄への物色は今のところ保育施設運営の会社にとどまっている。

そんな中、時価総額20億円程度の同社には短期資金が向かい株価は急騰しストップ高。本日も大きな動きをみせている。ただし、2月には「営業外収益の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ」の通り下方修正し赤字転落。さらに保育事業の売上は前期で16億円の売上のうち、3億2400万円となっており構成比率はそこまで高くない。現在の株価の動きは短期の値幅取りの動きが続いている状態と考えるのが通常である。枚数を大きくしすぎて下落に巻き込まれないように注意したい。

方でこども庁に関する報道が続けば思惑で今後の上昇する可能性があるものの、上記の理由でやはり短期の値幅取りは難しだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【5121】藤倉コンポジット

(思惑銘柄)

藤倉コンポジットはフジクラ(5803)と同じルーツを持つ会社だ。他にも藤倉化成(4620)などが上場している。

ゴム製品から派生して各種産業用資材を製造している。業績を見てみると、2月12日に「2021年3月期通期業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせ」を発表している。同社が手掛けるゴルフシャフトは高い市場シェアを誇っており、三密を避けるスポーツとしてゴルフが注目。更に、アフターコロナでもこの流れが続くと思われ、利益を押し上げている。

また、コロナ禍により自動車関連の産業用資材が不振だったものの、戻り基調。半導体不足による減産の影響は懸念されるものの、今朝方発表された3月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は15ポイント上昇し新型コロナ前の水準まで回復している。自動車い限らず、各種生産活動が活発となれば同社の業績に更に貢献する事になるだろう。

更に追い風となるのは円安だ。同社の想定為替レートは105円。3月31日現在の為替レートは110円であり、為替差益も生まれる可能性がある。指標面を見るとPBRは0.55倍、PERは18倍台と割安な水準だ。上述の通り今後も業績好調となればファンダメンタルの観点から訂正水準が進む可能性もあるだろう。時価総額133億円に対し現金保有が50億円以上あるのも注目だろう。キャッシュリッチ企業はバリュー株優勢の現状の相場では注目される可能性が高い。親会社のフジクラ(5803)の動向にも注目だろう。

株価を見てみるとジリジリと上げてきてから、ここ数日で上に走り始めた。十字線からの反落で本日は厳しい展開だが、5日移動平均線での反発を見せる事ができれば今後大きく動く出す可能性は十分だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4777】ガーラ

(思惑銘柄・NFT関連銘柄)

ガーラはネットサービスの低時価総額企業。継続前提に疑義のあるいわゆるボロ株だ。

四季報では柱のオンラインゲームが持ち直し、広告費の見直しにより黒字浮上。PCから移植したスマホゲーム「フリフレガシー」のライセンス売却など資産の切り売りでなんとか持っていると思っていいだろう。

また、3月29日には「PCオンラインゲーム「Rapplez Online」(ラペルズオンライン)東南アジアにおける「LINE POD」サービス提供開始についてのお知らせ」を発表。IRがでるというその事自体で株価が上昇するなど思惑が走る状態となっている。

さて、同社に思惑が走る理由はNFT関連としてだ。非代替トークンと呼ばれるイーサリアムベームのブロックチェーン技術がある。これを用いる事で、デジタルコンテンツの希少性を担保しあらゆるデジタルコンテンツに価値を生み出そうという試みがある。3月18日には大手ゲーム会社のスクエニが同部門への進出を発表し一斉に関連銘柄が買われた。シンワワイズ(2437)なども同じ目論見だ。

同社に目を向けると、「GALA GAMES」という会社がやはりNFTを使ったゲームを販売しており、またNFT関連の取引所との提携を発表するなど注目を集めている。これはNFT関連銘柄として検索するとすぐに記事がでてくると思う。この関連から同社株も買われている訳だが株式会社ガーラの子会社はGala LabやGala Mixであり、「GALA GAMES」は同じGALAという名前でゲーム開発を行っているだけで関係がない。

しかしながら株価は急騰している。株式市場とは面白いもので、短期の値幅取りとなった場合は材料は関係なく思惑だけで乱高下する事がある。まっとうに考えれば現在の株価はバリエーションからしておかしい。テーマ性としてのNFTも関係もない。だとすると空売りが入る。だからこそ昨日引け前にはなかなか落ちてこない株価にしびれをきらしたのか空売りの買い戻しとなる買いが入り株価を押し上げた。

また、裏を返せばNFTと関係ないにもかかわらず「ガーラ(4777)も関連銘柄として意識される」と記載した株式新聞は何なのだろうか?無理くり関連づけて株価の動きを狙っているのだろうか?真意を確認する術はないが気になる所ではある。

ここからは純粋に需給勝負になるだろう。貸借銘柄であれば長い目で空売りしていれば問題ないだろうが、そうもいかず。思惑が思惑を呼び急騰となる可能性は否定できないだけに、今後の株価には注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2351】ASJ

(思惑銘柄)

ASJはサーバー会社の中堅。機器設備や施設などを自社で開発している事が強み。創業は1984年でPC用ソフト開発・販売が祖業。その後、開発能力を生かしてサーバー関係に進出した。現在はネットショッピング支援や決済代行なども行っている。顧客基盤は商工会議所などで、中小企業が多い。

2019年にIFRS制に以降、これに合わせた減損損失を計上。新規ゲームの配信中止など構造改革を行った事で、4億円を超える赤字となった。これを受けて、2020年に資本増強の為、行使価額修正条項付き新株予約権を発行。相手はSMBC日興証券となる。

第三者割当による第回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行及びファシリティ契約(行使停止指定条項付)の締結関するお知らせ

詳細は上記となるが、重要な点は下記の通り。

  • 前日の加重平均株価の90%で行使可能
  • 上限行使価格はなし。下限行使価格は772円。
  • 行使は202311月6日まで
  • 総数は910,000株

さて、この発表が行われて以降株価は低迷。下限行使価格となる800円割れまで売り込まれた。その間に行使されたのはその後、行使されたのは24,000株のみでまだ886,000株ほど残りがある。

行使価額修正条項付きの新株発行は、割当先が行使すれば企業にはお金が入り、割当先も市場価格より有利に株を発行できるというものになる。市場でさばく事ができれば、発行企業と割り当て先にとっては有利なものだ。そのため、ボロ株で使われがちな資金調達方法であり負の側面にスポットが当たる事が多く悪名は高い。株価は戻りを見せてカプコンは家庭用のゲームソフト開発を行う大手だ。ストリートファイターシリーズやバイオハザードシリーズなど有名なタイ

他方で、企業側の資金調達を容易にするというプラスの側面ももちろんある。現在、ASJは構造改革が功を奏し黒字に転換した。新たな資金を調達して業績拡大を狙うために新株を発行している訳であり、この資金調達により新規データセンターの開設やサービスが軌道にのれば将来価値は増大するだろう。

そのためには、日興証券側新株予約権を行使しないければならない。下限行使価格が決まっている以上、自らの重みにより行使価格よりも株価が下がるような事があればSMBC日興証券は損をする事になる。となると、行使のために必要な事は当然株価の上昇となる。

SMBC日興証券に新株を行使してもらい資金を手に入れたい企業側と株価の上昇過程で売りさばきたいSMBC日興証券の思惑が重なれば面白い事になるかもしれない。折しも株価は底練りから上昇過程にはいっている。最近は出来高が増加し概ね5日移動平均線に沿った上昇となる。25日移動平均線と75日移動平均線のミニゴールデンクロスとなり短期的には買いの格好だ。現在は配当取りで大型株有利だが、一服した来週以降の動きに注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9697】カプコン

(モンスターハンター関連銘柄)

カプコンは家庭用のゲームソフト開発を行う大手だ。ストリートファイターシリーズやバイオハザードシリーズなど有名なタイトルを複数抱えている。

巣ごもりの影響で増収増益となり、最高益を達成している。これを背景に株価は上昇を続けていたが、市場の注目は高い。みずほ証券は3月11日のレーティングで目標株価を7800円まで引き上げている。東海東京もニュートラルからアウトパフォームに引き上げた上で目標株価を4900円から8500円まで一気に引き上げている。

7800円となると時価総額は1兆円に達する事になるが、そこは会社としても意識する水準だろう。3月末を基準とする株式分割を発表しており、流動性の向上から商いが活発になる事が予想される。この勢いで株高に動く可能性がある。また、現状の株価水準では配当利回りは1%弱。株主還元が弱い事を考えれば、増配や自社株買いがあるのではと個人的には考えている。

また、今週末には同社の人気タイトルの一つである「モンスターハンター」シリーズの最新作が発売となる。事前予約が好調な事から、発売開始となれば話題を集めるだろう。その話題性も相まって株価も上昇する可能性はある。

足元の株価推移を見てみると、75日移動平均線までの下落から反発。現在は7000円を巡る攻防となっている。このラインを抜けると7310円高値が見えてくる事になる。ココを抜ければ時価総額1兆円まで走っていく事を想定している。

一方で、全体相場はやや軟調になる可能性がある。日本株としては配当取りが終わったあとは買う材料がなくなる為、時期決算予想がでるまでは足踏みの可能性もある点には注意が必要だろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com