仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6628】オンキヨー

(AIスピーカー関連銘柄・スマートスピーカー関連銘柄・音声認識関連銘柄)

オンキヨーが連騰しているようだ。オンキヨーはAIスピーカー・スマートスピーカー関連銘柄として物色されているようだ。

オンキヨーは21日に米アップルの人工知能(AI)「Siri」に対応しiPhoneなどと接続できるAIスピーカーとして使用できる「レイズ ラリー」をアップルストアで発売したと発表しており、これが引き続き買い材料視されている格好だ。

オンキヨーはすでにアマゾンの人工知能「アレクサ」を搭載するAIスピーカーを2017年夏以降にアメリカで発売する予定としている。アマゾンのアレクサに続き、アップルのSiri対応の製品も手掛けるということか。これはAIスピーカー関連銘柄としてはアタマ一つ抜けたか?

オンキヨーは値動きの軽い銘柄である点も面白い。今後の推移にも注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6658】シライ電子工業

(任天堂関連銘柄・ニンテンドースイッチ関連銘柄)

06/20(火)はシライ電子工業がストップ高になったようだ。任天堂関連の思惑か?と思ったら案の定。

任天堂が3月に発売したゲームハード「ニンテンドースイッチ」の売れ行きが好調なことで、部品を供給するメーカーの業績にも追い風が吹いていると一部メディアが報じたことがシライ電子の刺激になっている模様。

報道によると部品メーカーは関西に拠点を置くメーカーとのことで、シライ電子も京都に本社を置くメーカー。過去にも何度も任天堂関連の思惑で株価が動いたことのある銘柄であることから、シライ電子が急動意しているようだ。

任天堂のチャートをみると、03月にニンテンドースイッチを発売してから凄い勢いで株価を上げている。任天堂ほど時価総額の重い銘柄でさえ、+60%以上の値上がりとなっている点を考えると、シライ電子伸びシロにも期待してしまう。今後の推移にも注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2120】Lifull

(国策銘柄・空き家バンク関連銘柄・不動産関連銘柄)

06/19(月)は不動産情報サービスを手掛けるLifullが大きく株価を上げたようだ。Lifullは不動産情報サイト「ホームズ」のネクストが2017年04月01日に社名変更した会社だ。

Lifullは06/19(月)に国土交通省が主体となって推進する「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」の実施事業者として採択されたと発表している。この採択を受け、Lifullでは地方自治体が募集する空き家・空き地とそれらの利活用を希望するユーザーをマッチングするサービス「LIFULL HOME’S空き家バンク」の構築を目指し、自治体向けの相談窓口を開設したとのこと。

全国にある「空き地・空き家」を利活用したいユーザーにマッチングするというサービスだ。国土交通省が主体となり推進する事業であることから、国策銘柄とも言える。

民泊関連銘柄などと同じように、今後は空き地・空き家バンク関連銘柄として注目される可能性に期待したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7291】日本プラスト

(エアバッグ関連銘柄・インフレーター関連銘柄・タカタ関連銘柄)

06/16(金)は衝撃のニュースが報じられたようだ。
かねてよりエアバッグのリコール問題で経営悪化状態にあったタカタが、民事再生法の適用申請にむけて最終調整に入ったと報じられた。これによりタカタは売買停止、ストップ安気配の状況となった。タカタの負債総額は1兆円を超える見通しということだから凄い。製造業の倒産としては戦後最大のようだ。

タカタには厳しい状況だが、タカタの競合であるエアバッグ・インフレーター関連銘柄にとってはビジネスチャンスと言える状況だ。実際に16日(金)には、同じくエアバッグ関連銘柄の芦森工業、カネミツが大きく株価をあげる場面をみせた。

日本プラストもエアバッグ関連銘柄の一角だが、こちらは芦森工業やカネミツに比べ上昇幅は小さかった。今後の動きに注目したい。

【9734】精養軒

(上野パンダ関連銘柄)

最近は北朝鮮のミサイル問題や、イギリスでのテロ、また加計学園問題の報道など暗い話題ばかりだったが、久しぶりに明るいニュースだ。

06/12(月)に上野動物園のパンダ「シンシン」が赤ちゃんパンダを出産したことが報じられた。シンシンが出産するのはおよそ5年ぶりのことだが、以前に出産した時にもパンダ関連銘柄が動意づいた。今回もパンダ関連株として精養軒に注目するのも面白いかもしれない。精養軒は上野公園に旗艦店「上野精養軒」を構えるフランス料理の老舗。上野動物園が赤ちゃんパンダ効果で客足が増えれば、精養軒にも恩恵がありそうだ。精養軒のチャートをみるとここ半年はしっかりとしたチャートで右肩上がりを形成中。13週線に接近し、反発していることが多いので押し目を狙うのも面白そうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3968】ピクセラ

(Oakキャピタル関連銘柄)

ピクセラが連日株価を急騰させている。06/12(月)もピクセラはストップ高。

ピクセラはOakキャピタルの投資先企業だが、Oakキャピタルが06/17(水)に面白い発表をしていることが材料になっているようだ。Oakキャピタルはピクセラの次世代テレビ事業の進捗状況について開示し、ピクセラの開発力は米グーグルに評価されており、グーグルの新しいテレビ事業におけるパートナー10社のうちの1社として紹介されたと報告している。

天下のグーグルさんのパートナー企業となれば、確かにこれは面白い。特にピクセラは時価総額の規模も小さい値動きの軽い銘柄だ。面白い材料ではあるのかもしれない。

またピクセラの急騰につられ、Oakキャピタルの株価も急騰している。それどころか、その他のOakキャピタルの投資先銘柄であるパスにも物色が波及しているようだ。

まだOakキャピタルまわりの銘柄が物色されるようなら、KLabやレカム、ホットリンク、ウインテストなどのOakキャピタル関連銘柄にも注目すべきか。

【3968】セグエグループ

(サイバーセキュリティ関連銘柄・ランサムウェア対策関連銘柄)

ここ最近、セグエグループが連日大きく株価を上げている。
セグエグループはネットセキュリティ製品の輸入販売とソリューション関連を手掛ける銘柄でサイバーセキュリティ関連銘柄の一角とみられる。

世界的に身代金要求ウイルス「ランサムウェア」が横行しており、サイバーセキュリティ関連事業を行う銘柄にとってはビジネスチャンスとも言えそうだ。そうでなくとも、今後はあらゆる家電製品などがインターネットに接続されるIoT時代に突入していく見方が強い。IoTとサイバーセキュリティはもはやセットで考えなくてはならないだろう。

セグエグループのここ最近の急騰っぷりは投機的資金の流入も考えられるため、反落には注意したいが、引き続き株価推移に注目だ。また、他にもランサムウェア対策関連銘柄のアズジェントやデジタルアーツ、などにも注目したい。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ