仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【8462】フューチャーベンチャーキャピタル

(ZMP関連銘柄・自動運転関連銘柄)

今日は同社や【3663】アートスパークホールディングス【6632】ケンウッドなど、ZMP関連銘柄・自動運転関連銘柄とされる銘柄への物色が後場強まったな。
どうやらブルームバーグのアメリカ版の記事で「ZMP may hold IPO as soon as September, person familiar says.」と報じられたのが刺激材料となったようだ。
まだ先の話とされ短期急騰で終わる可能性もありそうだが、国内でもZMP上場に関する報道が近々出るのではという期待感もあるかもしれないな。
ただ、同社はZMP社に出資しているのでは?上場となれば凄まじい利益を上げるのでは?更にヴイストンも上場すればファンドとして完全に復活するのでは?という思惑で買われているようで、ソースを探してみても「たぶん保有しているだろう」って感じの情報しか出てこない。
なので出資している可能性もあるかもしれないってぐらいで上げているということを考えると、逆指値で対応できるならって感じではないだろうか。
明日も続くかどうかは微妙だが上へ行くようなら割切り。

【2323】fonfun

(仕手株・材料株・インサイダー情報漏れ?)

同社の株価がおかしい。
特買いが入っている状態で値がつかない状態だ。
色々調べてみたが、これといって材料も出ていない。
度々やってるという株価つり上げだろうか、それとも何らかの情報が漏れているのだろうか。
漏れているとすれば、ストップ高までいってしまいそうな買いは入れられないと思うんだが。。
謎だ。何か分かる人教えて~!!

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3776】ブロードバンドタワー

(人工知能AI関連・多言語翻訳)

本日材料が出ている。
なんでも、日本マイクロソフトと国立大学法人豊橋技術科学大学と協業して
AI・機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向け協働~2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における海外からの来訪者を対象にリアルタイム翻訳を提供~ だそうだ。
このサイトで様々なオリンピック向けの翻訳やデジタルサイネージが必要と書いてきたが、BBTの出した材料で株価があまり動いていない事を考えると、押し目は狙い所かもしれないと個人的に思う。
まあ日経も下げているのでというところはあるが…。

【3907】シリコンスタジオ

(VR/AR関連銘柄)

【6758】ソニーは10月にPSVRヘッドセットの発売を発表。
現状PS4でもの凄く綺麗なグラフィックを再現するにはミドルウェアが必要であり、多数のゲームソフトでシリコンスタジオのミドルウェアが採用されている。スマホゲームも然りである。
なんだかんだ、キラータイトルやソフト数を出せるのはプレイステーションだろうと思う。
選挙とイギリスの離脱問題が解決するまでは先物主導の売り仕掛けが入ると想定されるが、戻りはVR関連が早そうだ。
シリコンスタジオ社のチャートは50日線をかなり意識した動きをし、割れても直ぐに回復する。
最近の新興株続落を受けてはいるが、今回も50日線を維持できればリバウンドが期待できそうだ。

同業の3698CRI・ミドルウェアもVR関連銘柄が上げる時は連動するのでこちらも見ておいても良いかもしれない。

【6038】イード

(材料株)

本日場中に材料を出したイード社に注目してみたい。
全体の相場が先行き不透明感が出ているので、新規上場IPOや個別材料株に資金が集中しそうな流れだ。
開示ではなく、イード社ホームページでの材料なのだが、
「専門家メディア運営」のノウハウを活かしメディア開発支援を開始~ 第一弾はクレディセゾンの新規メディア~

最近のIR広報は「第一弾」という言い回をするw
継続的なIRを出しますよって事にも受取れるし、実際【3753】フライトホールディングスが最近材料を出した時も、この第一弾というワードに投資家は期待しストップ高を付けた。材料自体はそんなに大きなものでは無かったと思う。

また、材料株としては3909ショーケース・ティービーの本日の材料として
英国の有力AR/VR(拡張現実/仮想現実)エンジン提供企業 Kudan Limitedと業務提携

を発表してストップ高となっている。つい最近このサイトで書いた銘柄なので嬉しい。夜間取引(PTS)でもストップ高をつけている。
以前レオス・キャピタルワークスが買っているとの話で株価を大きく上げた銘柄である。

■業務提携の背景
当社は2016年1月に研究開発機関「Showcase Lab.」を設立し、Web情報の分析技術、Web端末認識技術、ビッグデータ解析と機械学習(ディープラーニング)をはじめ、AR/VR、O2O、 FinTech、ユーザ与信分析、IoT分野に関する研究を実施していますが、当社の顧客基盤の中でもAR/VRに関するニーズは高まりつつあります。

この一文を見れば、最近流行りのテーマ株を多く含んでいるw
テーマ株、個別材料株物色の流れは選挙とイギリスのEU離脱問題が解決するまで短期的な資金が入って乱高下しそうだ。

イード社に関しては材料が小さいと思われているのか、投資家が気づいていないのか、株価はそんなに上げていないので取り上げておく。連続増収銘柄だし。

【3909】ショーケース・ティービー

(仕手株・特許関連銘柄)

短期系の人達が言い始めた銘柄。
確かに、チャートはかなり良い形になってきており、5月の高値を試しそうではある。
今後も伸びていくであろうECサイトの最適化を行うソフトウェア開発をしていて、大手への導入実績も多いようだ。
WEBの仕事をしている人ならわかると思うが、検索エンジン最適化やランディングページ作成、ABテストなんかはもはや一般的になってきたマーケティング手法。が、まだ結果に至るまでの試行錯誤をしていない会社は全然あると思う。
ECサイトでリアルタイムな在庫数などが表示される特許も日米で取得している模様。
割り切りで5月高値までとしてなら面白そうである。

【7472】鳥羽洋行

(ロボット関連銘柄・国策銘柄)

政府は人工知能(AI)、ロボット、ITの活用を成長戦略の柱とし、AIなどによる「第4次産業革命」の実現に向け動いている。
「第4次産業革命」はドイツ政府が2012年から打ち出している「Industry 4.0」を日本語にしたもので、労働人口減で低迷する日本経済の生産性、成長力をAI、ロボット、IT技術を駆使し高めようって感じのようだ。
2020年までに30兆円もの関連市場を創出することを目標に掲げている。
日本の労働人口の49%がAI・ロボット等で代替可能になるみたいな調査結果を野村総合研究所が昨年12月に発表していたが、ロボット導入で職場を失う人が増えてくるのだろうか。

動画のロボットは【7472】鳥羽洋行の次世代産業用ロボットNEXTAGEだが、こうしたロボットが今後増えてくる感じだろうか。
【7472】鳥羽洋行は日頃の出来高が少なく、米国を除く世界的な景気減速を見込み、減収減益予想としていることから買いが入りにくそうではあるが、産業用ロボット分野等にも進出してきていることからテーマ性を強めてきたりしないものだろうか。
あらゆる製造業の生産現場における自動化・省力化の推進に向けた事業を行っているので、今後の成長性に期待し注目してみたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ