仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【7083】AHCグループ

(介護関連銘柄)

みずほ主幹事で大時化の市場に上場した会社だ。

主力事業は福祉・介護・外食となる。福祉事業は、児童福祉法および障害者総合支援法に基づき、都道府県・市区町村からの指定を受けて行う「障害児通所支援・就労支援事業」。介護事業は、介護保険法を根拠に、都道府県・市区町村からの指定を受けて行う「高齢者向け通所介護事業」と、国保中心の固い事業となっているのが特徴。ひとつ毛色が異なるのが、外食事業で、居酒屋中心となる。

さて、福祉と介護といえばブラック企業から一転、今やホワイト企業となったワタミだ。居酒屋ワタミを軸に急成長を遂げ、その後は福祉事業や宅食事業に進出し成功を収めている。AHCグループも似た感じになるのだが、それもそのはず。同社の役員にはワタミ出身者が多いのだ。

事業内容としては、既知のノウハウをフル活用して急成長している。今後の成長性は規模の利を活かすしかなくなるので、ここからの成長は外食事業でヒットを生み出すしかなく難しいのではないかと考えるが、地合いが悪化していたこともありマザーズ市場でPER30倍台はそこまで割高感はないだろう。

上場後は処分売りがでているものの、引けにかけて買われる傾向がある。ロックアップで降ってくるような玉が見受けられない事から、値動きの軽さもあり思わぬ上昇を見せる可能性があることは頭にいれておいて欲しい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3933】チエル

(教育×ICT関連銘柄)

学校教育向けのICT事業が中心の会社だ。授業の支援システムなどを手掛けている。特に双方向の授業に強みを持っている。

本年買収などで費用がかさんだことで大幅な減益となるが、来期は正常化する予定だ。それにより、ROEは10%弱まで回復する予定であり、高い収益が評価される可能性があるだろう。

また、ご存知の通り新型コロナが広がりを見せるなか、休校となる学校もでてきている。政府も民間企業に対してテレワークを推奨している。同じくICT関連として先日記事を上げたブイキューブが本日ストップ高となっている通り、ICT分野は今後注目する必要があるだろう。

そんな中、同社の時価総額は60億円程度と小さく、市場の注目が集まるようなことがあれば値動きは軽いものとなるだろう。ICT関連の二番煎じとしては期待がもてる。

テクニカル的には75日移動平均線を底に反発している。ここから25日線上で定着できれば急騰も見込めるだろう。今後の株価はよくチェックしておいて欲しい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

金の四方山話で一貫推奨していた【4813】ACCESSがマザーズから東証一部へ指定替えとなった。

週明けの株価がどうなるかは神のみぞしるところだが、ひとまず好材料がでたことはおめでとうと伝えておきたい。

さて、同情報は 株エヴァンジェリスト 無料銘柄である。

このような情報を先取りしていたことに経緯を表したい。

 

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3161】アゼアス

(新型コロナ関連銘柄)

米国デュポン者製の防護服販売が主力の会社。新型コロナ関連銘柄の主力として当初より注目を浴びた会社だ。前回SARSのときにも急騰しており、今回は前回高値を超えている。

新型ウイルスが発見されるたびに注目される同社だが、今回は買いが集まって以降に、東京都が防護服を配布というニュースがでたことで、比較的息の長い相場になっている。

株価的には乱高下しており、1995円の天井をつけたあとストップ安となった。その後は25日移動平均線をサポートになっている。

このような銘柄に25日移動平均線だなんだとテクニカルのサポートは意味をなさないかもしれないが、増担保規制については意味を持つ。同線との乖離がなくなれば増担保規制が解除される。

現在株価は25日移動平均線上に位置しており、このままでいけば増担保規制が解除される可能性がある。その時にニュースがあれば急騰を狙える可能性がある。

 

※とはいえ、現在注力しているのはACCESSであることには留意いただきたい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4446】Link-U

(市場指定変更関連銘柄)

電子書籍関連の銘柄となる。小学館と連携し「マンガワン」をリリースし業容拡大。昨年上場した会社だ。

プラットフォームの開発ではなく、サーバー・アプリの開発保守運用をワンストップで行うことに強みを持つ。特に上記経緯から電子書籍関連が強く、小学館だけではなく漫画最大手であるジャンプの集英社とも提携したことで将来性を期待されている。

同社はここにきて、東証一部への指定替えを目指して具体的な準備を進めていると発表している。その準備として、一部指定替えの要件の一つである2,200人以上の株主数を満たすため、立会外分売を実施。これによる需給の悪化懸念から足元株価は冴えない動きをみせている。

分売実施日から株価が上昇したことで、持ちにしていた株主もいると思うが、直近の下落で投げ売りとなっている状態といえるだろう。チャート的には1800円が価格帯別出来高としては節目となるだろう。ちょうど75日移動平均線も1800円水準までせり上がってきている。

次、出来高を伴って下落するようなことがあれば、拾っておきたい銘柄だ。もちろん、早期に25日移動平均線を奪還する場合も、上昇波動継続となるため、期待が持てる。

同銘柄については株エヴァンジェリストも注目している。詳細を知りたい方は下記より登録の上、質問してみると良い。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4813】ACCESS

(市場指定変更期待)

情報機器向けソフトウェア開発を行う会社。モバイル端末向けの閲覧ソフトから情報家電向けにシフトしている。いわゆる、IoT関連といえる。その他には、電子書籍プラットフォームの開発もある。

これら主力業務以外にもネットワーク事業を育成しており、10月にはアメリカの通信大手AT&Tと業務提携を発表。AT&Tが提供するソリューションの販売も行っている。株価は当時一気に急騰した経緯を持つ。

ブラウザでは任天堂スイッチライトに採用されており、技術力の高さが伺える。

このように、同社はマザーズ市場に上場ながらも大手企業との取引実績があり、安定した企業と言える。業績も数年安定しており、有利子負債も0であり財務内容も安定。時価総額も400億円を超えており、マザーズとしては大型な銘柄とも言えるだろう。

同社が今後安定して取引を行い、知名度向上を狙うのであれば今後東証1部への市場変更も視野に入るかもしれない。株主数も多く、市場に流通している株式数の多さからもあながちない話とは言えないだろう。

もし、市場変更ともなればインデックス需要が見込めることになる。現在の株価位置は200日移動平均線まで下落しており、当面の底として意識されてもおかしくない水準だけに市場変更ともなれば、株価の上昇が見込めるだろう。特に頭を抑えている25日移動平均線を奪還できるようなことになれば、大きな上昇も見込めるようになるかもしれない。

※当記事は2月13日作成のもの。本日14日には既に25日を抜けている。後は、押さば買い。上がらば買い。踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら買わなきゃ損損。

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4※※※】※※※※※※

(市場指定変更期待)

情報機器※※※※※※※※※※※会社。※※※※※※※※※※※ソフトから※※※※※※※シフトしている。いわゆる、※※※関連といえる。その他には、※※※※※※※※※※※の開発もある。

これら主力業務以外にも※※※※※※※※※※※を育成しており、※月にはアメリカ※※※※※※※※業務提携を発表。※※※※※※※※※※※※※※※販売も行っている。株価は当時一気に急騰した経緯を持つ。

※※※※※では※※※※※※※※※※※※に採用されており、技術力の高さが伺える。

このように、同社はマザーズ市場に上場ながらも大手企業との取引実績があり、安定した企業と言える。業績も数年安定しており、※※※※※※※※であり財務内容も安定。時価総額も※※※※億円を超えており、マザーズとしては大型な銘柄とも言えるだろう。

同社が今後安定して取引を行い、知名度向上を狙うのであれば今後東証1部への市場変更も視野に入るかもしれない。株主数も多く、市場に流通している株式数の多さからもあながちない話とは言えないだろう。

もし、市場変更ともなればインデックス需要が見込めることになる。現在の株価位置は※※※※※※※※しており、当面の底として意識されてもおかしくない水準だけに市場変更ともなれば、株価の上昇が見込めるだろう。特に※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※、大きな上昇も見込めるようになるかもしれない。

銘柄名は当サイトが主催する「金の四方山話」で先行公開している。入会すれば見られる。

伏せ字なしの全文公開は週末予定。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com