仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

個人的オススメ銘柄

毎日更新!今すぐ使える個人的オススメ銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

個人的オススメ銘柄の一覧

【4011】ヘッドウォータース

(個人的オススメ銘柄)

ヘッドウォータースはAIの組み込みや開発、保守運用を行う会社だ。特徴としては、AIの導入提案からシステムの開発、データとの連携、追加学習といった一連のプロセスをワンストップで提供する事にある。

最近ではIPOの銘柄のセカンダリーが人気だが、同銘柄もかなり人気化した過去がある。2020年IPO銘柄は同社に限らず軒並み底練りをしているが、同社はここに来て反発を見せてきている。

テクニカル的には節目として意識されそうな20,000円で一度跳ね返されたが、その後概ね25日移動平均線を目処に反発。今度は節目を抜いてきた。先日一旦1/3戻りの21,603円で一旦休み。昨日と今日は売り物がでてきたが本日のこの株価を上抜けてきた。終値でこのままこの水準を抜けるようなら半値戻しの24,400円までの戻りがあってもおかしくないだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5009】富士興産

(材料・IR TOB関連銘柄)

富士興産はエネオス系の会社となる。灯油や軽油などの中間商品が主体で、トラック業者や工業などの業者向けが多い。今は太陽光発電事業も手掛けておりある意味再生可能エネルギー関連の銘柄でもある。今回はその観点ではなく別な観点で見ていきたい。

その前に背景を解説する。バイデン大統領や菅総理の発言などで分かる通り化石燃料から脱却し再生可能エネルギーを活用する流れとなっている。もちろん、経済面だけみれば再生可能エネルギーより化石燃料の方が割安で経済性ははるかに高い。しかし、世界的な流れに逆らう訳にはいかず再生可能エネルギー活用のための補助金などが出される事になるだろう。

これにより再生可能エネルギーの株価が上昇している訳だが、一方で割を食う旧来のエネルギー株。つまり化石燃料を扱う会社はどうなるのか?この流れのままだと、座して死を待つ他ない。そのため、生き残りを模索していく事になる訳だ。エネオスが石油小売に関しては撤退して老人ホームを作る計画があるとの話も聞こえてきた。もちろん、これはすぐすぐの話ではないだろうが、企業として生き残りの道を探っているからこそこのような話もでてくるのだろう。

さて、現実的に考えて一番の生き乗りの策は資本効率を高める事になる。規模の利を追求し利益率を高めるのが一番の方策となる。だからこそ、昨日記載した東亜石(5008)に出光がTOBをかけているのだろう。

この場合、常に規模の大きいほうが小さい方を吸収していく事になる。富士興産(5009)は時価総額が100億円程度の小規模な会社である。東証のルール変更で東証1部相当となる東証プレミア(流通時価総額100億円以上が想定されている)から漏れる事になれば投資家の魅力は下がる。さらには手元資金が30億超と時価総額に対してリスクをとった営業を行っているとは言えない事など、TOBをかけられる要素が豊富だ。

現在株価は1000円台と高値まで買われているのはこのような背景・思惑があるのではなかろうか。今後の株価の動きに注目である。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4054】日本情報クリエイト

(個人的オススメ銘柄)

日本情報クリエイトは宮崎に本社を置く不動産テックの会社だ。未だに主な通信手段はFAXと言われる不動産業界において、業務支援ITソリューションを手掛ける事から上場時より期待が高かった。

業者間の物件流通サービス「不動産BB」を無償で展開し、付随サービスを販売するというフリーミニアム手法で業績を拡大している。6000社を超える導入実績を誇り、不動産関係のテック企業としては最大手といえる。

旧態依然とした事業環境にITのを導入して業績を拡大した企業といえばエムスリーがある。再来となるまでは言わないが、イメージとしては長期成長が見込めるだろう。

実際、新型コロナの影響で業績は好調だ。テレワーク可能なクラウドサービスが伸長し、毎年8~10%の成長予測を出しているがこれにコミットしている。

1Q決算に合わせて株式分割を行った事も株価には好材料となりそうだ。単元当たりの投資金額が30万円以下になれば、手頃感から買いが膨らむ可能性がある。また、配当性向20%を目処に配当を行うっ場合、12円ほどの初配当がでる可能性がある。利回り事態は大きくはないが、初配当は好感されて買われる場合が多いので先回り買いも良いだろう。

何より、不動産周りのテック企業はあるようでなかった事業となっている。唯一無二の会社であれば、将来にあるのは成長かその事業を取り込もうとする大手の買収と相場は決まっているだろう。

テクニカル的にも持ち合いを形成している。6000円を超えてくるような事があれば持ち合い上抜けとなる為、本日の上昇が初動となる可能性があるだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2335】キューブシステム

(個人的おすすめ銘柄・テレワーク関連銘柄・巣篭もり需要関連銘柄)

キューブシステムはソフト開発、システムアウトソーシングサービスを手掛ける会社だ。金融や情報通信向けが強い。これは、富士通や野村総合研究所、イオンみずほ総研などの大口顧客を獲得し成長してきた経緯による。

現在はシステム構築以外にも、AIやブロックチェーン技術にも進出している。

先週末でほとんどの企業が決算を発表した。決算発表時には出尽くしで売られる向きもあったが、決算が出揃ったことで上場企業の今後の見通しが判明し、投資家の物色の矛先が見えようとしている。結局は好決算なものが買われていくだろう。

そんな中、同社は消費税対策や製造業向けの大口案件が剥落したことで売上こそ微減となったが、第1四半期は大幅な増収となっている。新型コロナウイルスによる巣篭もり需要の増加で宅配が増加。配送業向けの需要が伸びた他、テレワークが浸透したことによる営業その他のデジタル環境の構築の需要が増加したことが要因だ。

もっとも、「出張旅費等のコストを抑制」したことも増益の要因となっており、このような人の交流が途絶えたことが将来の受注に影響がでるかを見極める必要もある。ただ、巣ごもり需要やテレワークというものは市場のテーマになるほど企業の業績に影響を与えているのは周知の通りであり、システムインテグレーターである同社の売上は今後も安定するだろう。

チャートを見てみると25日移動平均線をサポートに堅調な上昇を見せてきた。決算発表直後は出尽くし感で売られたもののそこも拾われている。上値に関しては1100円が抵抗となり幾度となり跳ね返されてきたが本日上抜け高値引けとなっている。都合4度跳ね返された上値抵抗を抜けての上昇でありテクニカル的に今後の上昇を示唆することになるだろう。

上場来高値は1336円であるが、株式分割を行っており現在株価が上場来高値となる。1336円を更新し、名実ともに上場来高値更新となるか今後の株価に注目だ。

 

【3564】LIXILビバ

(思惑関連銘柄)

同社は過去にも記事した事があるので、当サイトをご覧の方は覚えている方も多いかと思う。

当サイトが主催する勉強会「金の四方山話」でも何度も取り上げてきた経緯がある。

本銘柄をその勉強会で公開し、堅調な上昇となっている。非情に喜ばしい事だ。

基本的に再度まわっている同社にまつわる思惑は過去のものと同様となっている。だからこそ、目標株価やその後の舵取りも行い易いと思うので、会員の方にはうまく立ち回ってもらえたらと思う。

意味がわからないという方は、「金の四方山話」の方で質問して欲しい。

また、新たに入会した方はTwitterのDMに「金の四方山話入会希望」と送って欲しい。余計な文言はいらない。

入会は無料。会費もない。完全に無料で運営している勉強会だ。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

この「金の四方山話」では不定期で、現物で握っておくことを個人的に薦める銘柄を配信しているのだが、遅くとも明後日には配信できると思う。

興味のある人は今の入会しておいてほしい。

以上

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6067】インパクトHD

(個人的オススメ銘柄)

小売や外食の覆面店舗調査、販売支援を行う。他にも新商品の販促サービスなどを手掛けているマーケティング会社だ。北海道から沖縄まで全国津々浦々を網羅する人材ネットワークを持ち、また、それらの人材との業務委託契約を結ぶ事で人材網だけでなくその質の高さに定評がある。旧社名はメディアフラッグ。

特に注目すべき事業はやはりインドでのコンビニ事業の進出だろう。インドの高い経済成長率に目をつけて、コンビニ事業の進出を図り現地のコーヒー王とあだ名されるシッダールタ氏率いるCoffee Dayとパートナーを組んだ。ところが、そのシッダールタ氏が憤死となり、出だしから暗雲が立ち込める事となる。

そのため、共同出資パートナー企業となっているCoffee Day Global Limitedへの貸付債権1,121,144千円に対して全額貸倒引当金を設定した上、持分法適用関連会社であるCoffee Day Consultancy Services Limitedに対する 投資持分のうち、のれん相当額である807,897千円を持分法による投資損失として計上。結果約20億円の特別損失を計上した。

ただし、同貸付債権についてはCoffee Day Global Limitedと交渉中であり、会計上この引当金は戻入となる可能性がある。戻入となれば、現在同社の時価総額は約70億円であることから、相応のインパクトはあるだろう。同社の資金繰りも幾分改善するはずだ。

この事自体で、同社のコンビニ事業の将来性が大きく変化する事はないかと思うが、株式市場の株価は思惑で動く事もままあるだろう。戻入れについては、現在継続して協議中である事を明言しており、3月26日には株主総会がある。総会に向けて、新たなアナウンスがあってもおかしくなく、今後に期待できる銘柄だろう。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com