仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

光通信関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える光通信関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3727】アプリックス

(光通信関連銘柄)

7/25はアプリックスが大きく上昇している。

同社はソフト基盤技術分野から撤退し、IoT関連事業や水処理関連などに経営資源を集中し再建を図っている企業だ。

7/24取引終了後に【9435】光通信の子会社であるスマートモバイルコミュニケーションズを株式交換で完全子会社化し、併せて光通信とも資本・業務提携することを発表した事で、大きく買いが集まっているようだ。

光通信は同社株式の16%を保有し、筆頭株主となっている。

光通信と言えば、社内に投資専門の部署があり、値上がり益を目的とした資産運用を行っている事でも有名な企業だ。昨年は光通信が投資をしたエムティジェネックスが大きく急騰した経緯もあり、投機的な思惑から短期資金が流入しているのではないだろうか。

光通信関連の銘柄は急騰し易い傾向にある。引き続き注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3562】No.1

(情報セキュリティ関連銘柄・光通信関連銘柄)

6/10はNo.1が大きく上昇しているようだ。

同社はOA機器やサーバーなどの販売を主軸に展開しているが、最近は大きく業績を押し上げているのが、自社企画の情報セキュリティー商品だ。19年2月期は営業利益段階で前期比19%増、20年2月期も6%増を見込んでおり、上振れする公算は大きくなりそうだ。

また大きく株価を上昇させている他の要因としては、同社子会社のNo.1パートナーを【9435】光通信に譲渡するとともに、光通信とWebマーケティングによる各種情報通信端末の販売事業に関する業務提携を行うと発表した事が大きいだろう。

光通信のストック型ビジネスのノウハウを取り込む事でNo.1の業容拡大に繋がる可能性は高そうだが、それだけで株価を押し上げたとは考え難いところ。

光通信と言えば、社内に投資専門の部署があり、値上がり益を目的とした資産運用を行っている事でも有名な企業だ。昨年は光通信が投資をしたエムティジェネックスが大きく急騰した経緯もあり、投機的な思惑から短期資金が流入しているのではないだろうか。

いずれにしろ、No.1は大幅高で4連騰中だ。どこまで上昇するのか興味深く見ておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6307】サンセイ

(光通信関連銘柄・ビルメンテナンス関連銘柄)

12/5(水)はサンセイが大きく上昇している。

サンセイはビル用ゴンドラメーカーで舞台装置なども手掛ける機械メーカーだ。東京五輪特需で首都圏を中心に受注が拡大するなど、相当景気が良いようだ。

また昨日、JR東日本が山手線の新駅名を「高輪ゲートウェイ」に決定した事を受けて、近辺のビル開発など活発化するかもしれない。ビルのメンテナンスにゴンドラは必須だけに同社への受注拡大は更に続く可能性も有りそうだ。他にも2025年に大阪万博の開催が決定した事も同社には大きな追い風材料になりそうで、長期に渡って成長が見込めそうな状況だ。

サンセイ自体は時価総額50億程の小型株であるが、今年に入ってから、【9435】光通信が同社株を一貫して買い増し続けている点にも注目したい。

光通信といえば社内に投資を専門にする部署があり、運用の専門家たちで銘柄を選定をしているそうだ。投資に投じている資金は1090億円にも上るらしい。また光通信は先月、【6064】アクトコールと業務提携を発表した事で、アクトコールが一気に動意付いた経緯がある。

サンセイは光通信関連としても注目しておきたい銘柄だ。

【6064】アクトコール

(アウトソーシング関連銘柄・光通信関連銘柄)

11/22(木)はアクトコールに大きな注目が集まっている。

同社は賃貸物件における水回りトラブルなどに対応する「生活サービス事業」を展開しているが、他にも2018年2月に大手ガス事業者ニチガスと提携し、賃貸物件における家賃とガス料金の一括決済サービスなども手掛けており、正に「暮らし」に密接したサービスを展開している企業だ。

同社は2018年10月に発表した決算で最終赤字・無配転落・優待廃止などが嫌気され、大幅に株価を落としていたが、21日の取引終了後に【9435】光通信との資本業務提携を発表、これにより光通信が同社株192万株を取得し、筆頭株主となった。

光通信は中小企業向けに事務機や携帯などを販売しており、ソフトバンクやKDDIの代理店運営なども展開している企業だが、他にも電力販売やウォーターサーバー販売などの事業も展開しており、アクトコールの顧客ターゲットである「暮らし」に関わる需要、駆け付けサービスなど住生活関連サービスの販路拡大を強く見込めそうだ。

アクトコールは10月に発表した決算から半値近くまで株価を大幅に下げていた事もあり、割安感もあるし、今回の光通信との資本業務提携は大きな刺激材料として短期資金が集中するかもしれない。引き続き注目したい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ