仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

半導体関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える半導体関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【9744】メイテック

(高配当関連銘柄・半導体関連銘柄・5G関連銘柄)

メイテックは技術者派遣の最大手の会社だ。

発祥は名古屋技術センターとして設立され、その後東京にも進出。

基本的には自社で雇用する正社員を派遣する形態を獲っており、労働者側の雇用が安定している。これにより高い技術力を持つ人材を多数抱える事に特徴がある。

創業者は関口房朗氏。名古屋らしい派手好きな人であり、競走馬の馬主としても有名だ。

さて、同社はリーマンショック時にも技術者をリストラせず乗り切るなど非常に社員を大事にする企業として知られている。また、株主への還元も重視しており、配当性向は60%、自己株式の取得を20%と、合計で80%の株主還元を行う企業だ。

当然、業績が好調であれば配当も増える事になる。今期は5Gや自動運転などの需要が旺盛なものの、コロナ禍の影響で新卒の稼働率が低下。また、企業の残業抑制などもあり業績は低迷。ただし、来期は稼働率が上向くと想定している。

配当も下がる事になるが、配当性向を70%まで引き上げ167円とする事で現在株価で利回り2.8%としている。来期は210円配当と想定されており、利回りは3.5%となる可能性があり高配当銘柄と言えるだろう。

株価の動きを見ると、昨年11月に底入れ後に概ね25日移動平均線にそった動きをしている事がわかる。本日は直近高値として2回意識されていた5880円を抜き、高値を更新。今後の株価上昇に期待が高まる格好となっている。

人材派遣自体もこのところTOPIXを上回る値動きを見せており、アフターコロナの世界を考えた場合に人材派遣・育成・求人といったところが今後のテーマとなる可能性があり、注目していきたい。

 

【4063】信越化学工業

(半導体関連銘柄・グローバルニッチ関連銘柄)

信越化学は化学肥料の生産を祖業とする会社だ。その後半導体材料に進出し、半導体シリコンウエハで世界首位。また、米国に設立した塩化ビニール会社のシンテックが全米最大の企業に成長。更に世界でもトップとなっている。また、同社は手持ち現金が7000億円を超えるキャッシュリッチな会社としても知られている。

株価は1月高値から決算を受けて下落。その後戻りを見せている段階だ。決算内容が減収減益となっている事が嫌気された。

信越化学工業の3Q決算

上記決算を見てみると、売上高は7%減の1兆900億円、営業利益は10%減の2850億円、純利益は13%減の2133億円となっている。

セクター別に見てみると

塩化ビニール事業が売上10%減、営業利益19%減

シリコン事業が売上11%減、営業利益32%減

と大きく足を引っ張っている。ただ、いずれも秋口から市況が回復しているとしており、今後の回復が見込まれる。また、世界的な半導体不足もあり今後も堅調な需要が見込まれる半導体シリコン事業は売上高5%減、営業利益0.5%増となっている。希土類を扱う電子材料は売上1.3%増、営業利益0.3%増となっている。

ココからわかるのは今後の売上の戻りは自動車などの生産回復にかかってくると思われる。自動車自体は顧客需要の落ち込みは見られないものの、半導体不足により減産が相次いでいる。この減産が収まれば市況の回復が見込まれ、また世界的にもコロナが落ち着いてきている現状を考えれば売上の戻りも早いと考える。

もう一点注意したいのは為替レートの問題となる。同社は1-9月の平均為替レートを元に連結子会社の損益を組み入れている。足元では長く続いた円高傾向が一服、円安が進行する可能性がある。為替の巻き戻しが続けば同社の利益を押し上げる要因にもなるのでそのあたりも注視しておきたい。

いずれにせよ、短期的には25日移動平均線までの戻りを見せている。この水準をクリアできれば高値更新も見えてくるだけに注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6890】フェローテックホールディングス

(半導体関連銘柄・中国関連銘柄)

フェローテックホールディングスはハードディスクへの異物混入を防ぐ電算機シールで祖業した会社だ。その後は、半導体や液晶製造装置への部品事業へ。特に真空状態での高回転を行う「真空シール」では世界のシェア7割を誇るグローバルニッチの会社だ。

2月10日には上方修正を発表「特別損益の発生ならびに連結業績予想および期末配当予想の修正のお知らせ

通期の業績を、売上高4.7%増の890億円、営業利益を38%増の90億円、純利益を366%増の70億円と大幅な増額修正となっている。また、配当も2円増配している。

背景には子会社を連結から外し持分法適用会社とする会計上のものがある。これは、子会社の中国市場への上場を目指しているものであり、上場後に株価が高騰すれば同社にも恩恵があるだろう。

もう一つの背景として世界的な半導体不足による設備投資需要がある。会計上の問題だけであれば一過性のものとなるが、連結子会社としていた場合でも営業利益75億円、純利益25億円への増額となっている。つまり、本業も好調だという事になる。

半導体関連として本業が好調であり、グローバルニッチの事業がある。更には中国市場への子会社上場の思惑など材料が豊富な会社と言っても良いだろう。

株価を見てみると、半導体関連として株高を享受してきたが、1月に高値2235円をつけた後に一服。その後は下落基調となり1600円をつけた後に切り返しを見せている。

昨日の上方修正を受けて高騰。25日移動平均線を回復している。一方で戻り待ちの売りに押されて金曜日は陰線。そして本日も陰線となって大引けを迎えそうだ。1月高値の戻り売りなのでこの出来高をこなすには大きなエネルギーが必要となるが、それでも窓埋めに至っていないのはそれだけ強いという事だろう。

個人的にはこの水準で値固めを行う事ができれば再度上昇基調に向かうと考えている。短期勝負の場合は25日線割れで一度撤退し、窓を埋めてから再度エントリーというのも一手となり、投資方針が立てやすいのも妙味だろう。

 

【7420】佐鳥電機

(半導体関連銘柄)

6/22(金)は佐鳥電機に大きく上昇している。
佐鳥電機は半導体の分野でNEC製品をメインに事業展開を行っていたが、21日取引終了後に【6752】パナソニックとの資本業務提携を発表して大きな注目を集めている。

佐鳥電機の子会社である佐鳥SPテクノロジの株式1万500株をパナソニックに譲渡し、パナソニックグループが推進する半導体調達改革において、グローバルな調達業務を相互協力のもと行っていく方針だ。

佐鳥SPテクノロジは、佐鳥グループの戦略商材であるストレージ製品(データ貯蔵機器)を取扱う会社だが、海外市場への販路を拡大する為にも今回の業務提携はプラスに働きそうだ。また他の分野でも業容拡大に繋がるかもしれない。

何しろパナソニックは大企業だし、佐鳥電機にとってはインパクトの大きい材料となりそうだ。今後の動向にも注したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6656】インスペック

(半導体製造装置関連銘柄・画像認識関連銘柄)

4/20(金)はインスペックが大きく上昇を見せている。
インスペックが手掛けるフレキシブル基板向け(略してFPC)ロールtoロール型検査装置が複数台、合計金額で6億円強の受注を獲得したと発表を行った。

これで単月における受注獲得額は過去最高額となる見込みで、昨年のピーク時に比べて安値圏にある銘柄だけに、割安感からも買いが先行しているようだ。

インスペックが開発の主軸に置く外観検査装置とは、製品の外観を検査する装置であり、製品の表面におけるキズや汚れ、欠陥などを製造ライン上で確認する装置の事。半導体及び各種IT関連デバイスの外観検査装置へのニーズは今後も拡大しそうで、注目したい銘柄の一つだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5310】東洋炭素

(パワー半導体関連銘柄)

東洋炭素に注目だ。東洋炭素はここ最近ジリジリ株価を上げているが、どうやらパワー半導体関連銘柄としてのテーマ性に注目が集まっているようだ。

パワー半導体とはさまざまな電子機器の省エネ化を可能にする電子部品であり、将来的にはEV(電気自動車)や、その他IoT機器へ搭載されることが期待され、大きな需要増を見込まれている電子部品である。

東洋炭素はパワー半導体の有力素材とされるSiC(炭素ケイ素)ウエハーの平坦表面技術などを開発するなど、SiC分野の技術力に定評のある銘柄として急速に注目を浴びているようだ。また、2020年にはSiCウエハーの量産を開始する方針であることも刺激となっている。

パワー半導体関連銘柄は今後、自動車のEV化の流れやIoT技術の発展によりさらに注目度が高まる可能性のあるテーマ株と言える。東洋炭素も引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7711】助川電気工業

(半導体関連銘柄・有機EL関連銘柄・原子力発電所関連銘柄)

ここ最近、助川電気工業の株価の伸びが著しい。12/13も一時ストップ高を付ける人気ぶりだ。

助川電気工業は温度測定技術や熱制御技術に強みをもつ銘柄で、同社の技術力は半導体や有機ELの製造分野において需要を集めていることから、半導体関連・有機EL関連銘柄の出遅れ銘柄として注目を集めている模様。

また、助川電気工業の技術は原子力発電所においても実績を誇るとのこと。先日の総選挙で第4次安倍政権が発足し、原発の再稼働の流れも意識されており、原発関連銘柄としても注目されているのかもしれない。助川電気工業ほど時価総額が小粒な銘柄が、旬なテーマ性を複数併せ持っている点は面白い。PER・PBRともにまだそこまで過熱している印象はないため、引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com