仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

外食関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える外食関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【4287】ジャストプランニング

(外食関連銘柄・キャッシュレス決済関連銘柄)

4/11(木)はジャストプランニングが上昇している。

同社の子会社プットメニューは、モバイルオーダーシステムの「putmenu」を展開しており、イオンのフードコードや定食屋チェーンの大戸屋などへセルフオーダーやセルフ決済システムなど、外食産業向けに店舗管理ソフトを提供している。

そのプットメニューが、光洋が運営する社員食堂「みんなの社員食堂」で運用する事を開始した。このシステムを利用する事で、前日17時以降当日朝までの事前決済限定でのみ割引きを行うプランを採用し、当日朝の仕込み数調整を行う事で廃棄ロスなどを削減する仕組みも開始する。

注文はputmenu限定にし、キャッシュレス化をすることで、現金の取り扱いに関する人的コストは発生させず、売上管理もジャストプランニングが提供する飲食本部管理ASPサービスと連携して管理する仕組みのようだ。

今回プットメニューを導入する光洋本社のある横浜市金沢区は工業団地の為に飲食店が少ない反面、子会社である光洋スクエアが運営する横浜研修センターは220席規模の食堂を保有しており、食堂利用のムラによる廃棄ロスが問題となっていた。

横浜市と言えば、中学校などで給食の代わりとなる配達弁当、所謂「ハマ弁」が社会問題化しているが、プットメニューの仕組みを取り入れる事で、様々な問題を解決出来るかもしれない。今回のプットメニューの導入が成功すれば横浜市からも注目が集まる事だろう。

また光洋の子会社である光洋フードサービスは、全国の病院や施設内レストランへの飲食受託運営も行っている。今後も同社と連携を推進して行く方針としており、ビジネス拡大に繋がる可能性も大きそうだ。

 

【4286】レッグス

(旅行関連銘柄・外食関連銘柄)

4/4(木)はレッグスが大きな注目を集めている。

同社は食品や飲料向けを中心に販促グッズの企画など、マーケティング活動を中心に展開している企業だが、4/3取引終了後にウォルト・ディズニー・ジャパンとフード領域のライセンス契約を締結した事を発表、これが大きな刺激材料となっている。

同社はディズニーキャラクターを使用した商品の製造販売及びグッズ販売コーナーを併設した期間限定のスペシャルカフェをプロデュースする事も発表しており、その第一弾として【3387】クリエイト・レストランツ・HDと表参道に専用店舗を設置し、「シュガー・ラッシュ:オンライン」MovieNEX発売記念カフェを開催する予定としており、以降は「アラジン」「トイ・ストーリー」「アナと雪の女王」など人気コンテンツとのコラボカフェ展開も予定されている。

同社はかねてより、主力事業の一つとしてコラボカフェに代表されるような「コンテンツ」と「飲食の場」を掛け合わせたフードエンターテイメント事業に注力をしているが、これが世界中で長年愛され続けてきたディズニーのキャラクターを使えるというのは大きいのではないだろうか。日本のディズニーファンだけではなく、世界中の観光客からも人気スポットとして注目を集める可能性もありそうだ。

 

 

【3963】シンクロ・フード

(飲食関連銘柄・シェアリングエコノミー関連銘柄)

8/27(月)はシンクロ・フードに大きな注目が集まっている。

シンクロ・フードは飲食店の「出店」「物件」「求人」「インテリアデザイン」など、飲食店運営に関わる事業を展開している企業だが、8/24(金)取引終了後に、会議室やワークスペースのシェアサービスを展開するスペイシーの出資する事を発表している。

スペイシーは会議室などのオフィス空間だけではなく、飲食店には不足気味な会議室や休憩所として活用出来るサービス展開も行っている企業で、飲食店が手軽にアイドルタイム(客数の少ない時間帯)や遊休スペースを有効活用出来るように連携をして取り組んで行くとの事だ。

最近は様々な分野にシェアリングエコノミーが浸透して来たが、特に都市圏では、不動産の高値が相成り、会議室や休憩所などのスペースもシェアする時代が来ている。また、飲食店と貸し会議室が連携する事で、新たなビジネスやサービスを生み出す可能性も有るかもしれない。同社の今後の動向には注目しておきたいところだ。

 

【9828】元気寿司

(外食関連銘柄)

8/1(水)は元気寿司に大きな注目が集まっている。
元気寿司は7月31日大引け後に19年3月期第一四半期(4-6月)連結経常利益を発表、前年同期比99.2%増と大幅な上昇となっている。

元気寿司は元々は「回転寿司店」のチェーン展開を行っていた企業だが、近年は「回転しない寿司店」の拡大に注力し、これが大ヒットしているようだ。オールオーダー型の最大の利点は注文を受けてから寿司を握るので、食料廃棄ロスを削減出来る点。国内の既存店売上が2ケタ増収を達成した大きな要因だ。

飽食の時代、コンビニ店の米飯廃棄問題などが大きく取り上げられる事の多い昨今だが、「回転寿司店」も「回転しない寿司」へのシフトが求められているのかもしれない。

尚、元気寿司は「スシロー」ブランドでお馴染みの【3563】スシローGHと2017年9月に経営統合しているが、食材の仕入れ先についても再編を発表、回転寿司で人気の「スシロー」と同じ食材を提供する準備が整った形となる。今後更に業績上昇に期待出来るかもしれない。引き続き注目したい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2440】ぐるなび

(外食関連銘柄・キャッシュレス化関連銘柄)

7/31(火)はぐるなびが大きな上昇をしている。
7月30日取引終了後にぐるなびは通販大手の【4755】楽天と資本業務提携を発表している。今回の提携でぐるなび側の467万7600株を約40億円で譲渡、楽天が9.6%を保有する第2位の株主になる予定だ。

ぐるなびと言えば飲食店の情報を集めたポータルサイトを運営しているが、ぐるなび会員と楽天会員のIDやポイントプログラムの連携を進める狙いがあるようだ。楽天が運営するグルメサイト「Rakoo(ラクー)」の拡大にも寄与する事になりそうで、大きな注目を集めている。

楽天が全国で約50万の加盟店を抱えるぐるなびと提携した一番の狙いは、楽天が推進しているキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」などで決済出来る飲食店を拡大し、キャッシュレス化の浸透を促したい目的もあるのかもしれない。もし50万店の飲食店で「楽天ペイ」が利用可能となればインパクトは相当に大きそうだ。

他にも多様なサービス開発・販売促進を展開していく方針のようで、今後の事業展開にも期待が集まる。ぐるなびと楽天の提携には大きな可能性がありそうだ。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ