仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【8704】トレイダーズホールディングス

(好決算・思惑関連銘柄)

トレイダーズホールディングスは「みんなのFX」を運営する会社だ。その他、バイオマス発電事業にも乗り出している。主力のFX業務では新型コロナウイルスによる影響で在宅勤務が広がり、「在宅トレーダー」が増えたことで好調。イメージギャラクターに鈴木奈々を起用するなど、顧客獲得の機とみて積極的な広告展開を行ったが、それでも増益となっている。

8月14日には第1四半期決算短信を発表。売上高にあたる営業収益は前年同月比62.8%増の16億6600万円円、営業利益は177.6%増の4億8800万円、純利益は300.7%増の4億9600万円となっている。通期見通しは据え置いており、PER8倍と割安な水準である。

ただ、同社株は決算発表後の初取引となる本日は小幅ながら反落。想定通りの好調な決算がでたことで出尽くしとなった格好だ。また、今後の不透明として足を引っ張っていたバイオマス発電事業の問題もあるのだろう。

同事業は、昨期3億円の赤字となるなど、足を引っ張ってきた。ただし、同社株式の51%を譲渡し、バイオマス発電の第一人者を招聘するなどして立て直しに着手している。この事業が起動にのるようなことになれば今後の見通しとしては明るくなるだろう。

チャート的には75日移動平均線や200日移動平均線といった主要線が90円前半にある。低位株故に1円の値動きの影響が大きい為注意が必要だが、現状の水準であれば乖離も少なく手を出しやすいだろう。当面は5月高値の127円奪還を目処に取り組みたい水準だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8893】新日本建物

(高配当)

新日本建物は関東中心で、主に首都圏でマンション販売や不動産流動化事業を行う会社だ。マンションはルネサンスブランドが主力。その他、新築戸建てのルネタウンや資産運用マンションのルネサンスコート、アパートのルネコートなどを手掛けている。新築以外にも、マンション管理やリノベーション、コンサルタントなども行っている。特徴的なのは不動産流動化や新築に特化しており、販売部隊を持たないことである。

先日決算を発表し、減収減益だったものの基本的には富裕層向けの販売が多く、都心で交通の便の良い物件などは引き合いが多いとのこと。流石に新型コロナでの営業活動の停滞が影響したものの、通期見通しは変更しなかったことから懸念払拭となり株価は反騰してきている。

また、同社は配当性向30%ほど目標にしており、配当を22円予想としている。配当利回りは6%を超えることから中長期的な投資対象としては魅力的だ。PER4倍台であり、値ごろ感もある。

チャート的には350円を超えてくるようであれば、ダブルボトム形成となりテクニカル体な買いサインが点灯することも好材料といえるだろう。短期投資としてもネックラインを割れたら撤退とすることで取り組みの目処を立てやすい。

また、複数の投資顧問が7月末からこぞって推奨しており、つい最近も新生ジャパンが推奨している。背景に何があるのかはわかりかねるが、投資顧問を通じて市場の注目があつまれば思わぬ値動きを見せる可能性もある為、今後の株価の動きには注目しておきたい。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9854】愛眼

(材料・IR)

愛眼はメガネの卸と小売を行う専業メーカーで、専業としては首位。関西や東海が地盤となっている企業だ。郊外型のショッピングモールなどへの出店が多い。

ただ、低価格帯のJINSやメガネ市場との勝負に劣勢となっている。そのため、価格帯をメガネの三城よりは安い、中価格帯にして勝負にでている。

さて、会社説明はこの程度として、同社に曲がり屋が投資をしていると話題になっている。これを材料・IRのカテゴリーにして良いのかわからない、くだんの人が投資をする銘柄は全て下落すると話題だ(笑)

その人が一昨日から投資をしているという事が判明したのだが、チャートを見て欲しい。本当に下げている。そんなアノマリーだけで投資をするのはどうかとは思うが、75日移動平均線まで下回ってしまうと支持線がなくなってしまう。

今回はあまり真面目な記事ではないが、話のネタにしてもらえたらと思う。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7545】西松屋チェーン

( 増収増益・猛暑関連銘柄)

西松屋チェーンはベビー用品や子供服を販売する「西松屋」を運営する会社だ。赤ちゃん本舗より割安で、利用した事がある人も多いのではないだろうか。

2021年2月期 第1四半期決算短信を6月18日に発表。これによると、第1四半期決算の売上高は前年比8.5%増の407億円、営業利益は45.6%増の36.6億円、経常利益は41.1%増の36.9億円、純利益は44.5%増の24.4億円と大幅増収増益となっている。

これを受けて併せて、 業績予想の修正に関するお知らせも発表している。年間で売上高を20億円増の1520億円、経常利益を20億円増の70億円、純利益を14億円増の42億円に変更している。これにより、1株益は69.17円予想となり、PERは16倍となっている。

夏物衣料の販売が好調だった他、新型コロナの影響もあってか衛生用品の売上も好調だったようだ。また、巷の声として自粛で子供が自宅にいる事から玩具や子供服を買い揃える家庭が多かったのではという事だ。

今年は猛暑になるとの予想もある。以前ワークマンを同様に掲載したが、同社も夏物衣料が更に好調になる可能性があるので、チェックしておくべきだろう。6月の月次販売速報も好調だったことからさらなる上方修正の可能性もあるだろう。

チャート的には上記決算を受けて急騰しているように見えるが、初動の可能性が高い。私の得意分野になる思惑のような銘柄ではないが、投資の基本としてこのような銘柄も抑えておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3288】オープンハウス

(キャッシュリッチ関連銘柄・ポスト新型コロナ関連銘柄)

オープンハウスは首都圏を中心に不動産業を行う会社だ。不動産の仕入れ、建築請負、引き渡しまで一貫して行う事に強みを持っている。また、狭小住宅に的を絞る事により、高騰マンション価格に手が届かない層や戸建て住宅にこだわる層の訴求し業績を伸ばしている。

同社の躍進については大手不動産・デベロッパー層と客層を分けた事は重要な要素の一つだが、もう一つはその営業力にあるといえるだろう。いわゆるオーナーワンマン経営の徹底した軍隊営業だ。オープンハウスのサンドイッチマンと呼ばれる人が広告を掲げるものを見ない駅はないだろう。この強い営業力により売上を拡大してきた。

最近では関西地盤でマンション販売に強みを持つ、同じくオーナー系企業だったプレサンスコーポレーション(3254)を傘下に収めた。オーナーの逮捕により体力が低下したところを救済した形だが、戸建て・関東中心のオープンハウスとマンション・関西中心のプレサンスは補完関係になりやすい。

今後、ポストコロナの間には不動産価格の低下などが見込まれるがひとまずこれまでの業績は堅調であり、本日中間決算を発表した。

2020年9月期 第2四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)

通期業績予想の修正(親会社株主に帰属する当期純利益の上方修正)に関するお知らせ

業績などはご覧の通りであり、特に記載はしないが、一つ注目したい点がある。同社はコロナによる業績の悪化は既に織り込んでいるのだが、「弊社は手持ち現金が豊富であり体力がある。他社が疲弊したのなら買う」と言っているのだ。

つまり、新型コロナウイルス感染症により売上が低迷し不動産が処分されるようであればそれは好機であると考えているのだ。ピンチはチャンス、そして人の不幸は私の幸せという事を堂々と表明しているその社風に私は一票を投じたい。

20200515オープンハウス

不動産営業はもろに社風がでる。この社風がある限り、強い営業力が続くだろう。東京のマンション・不動産価格が下がらないようであれば、株価は思わぬ高値まで戻るかもしれない。

 

【6030】アドベンチャー

(好決算)

スカイチケットを運営する会社。国内航空券主体ながらも、高速バスやパッケージ旅行に参入しており、業績は右肩上がりとなっている。また、金券ショップの運営なども行っている。

中間決算発表は好決算の発表が期待されたものの、子会社社員による着服が発覚。中間決算発表の延期を発表。期日は明日となる。決算自体は好決算が発表されると予測するものの、おりからの新型コロナウイルス問題で人の流れが阻害されており、下半期以降の見通しについては不透明感がのこる。

とはいえ、株価は底値を脱した動きを見せている。先日は底値圏で大陽線が出現。これが自然発生のものか、決算発表を前に大口が入ったのか、思惑が膨らむ格好だ。本日はトランプ米大統領のがっかり会見以降、大きく売り込まれたものの、朝方には高値を更新する動きを見せている。

おそらく午後からの下げに関しては、全体の下げに対して耐えきれなくなった個人の投げがでたものと思われる。当サイトが主催した勉強会では先日この銘柄を伝えていたが、この狼狽売りにより結果として会員以外の方が安く拾うチャンスがでてきた事は口惜しい限りだが、期間限定の思惑銘柄だけに本日公開しておく。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1431】リブワーク

(上方修正)

九州地盤の注文住宅メーカーだ。1974年に創業。注文住宅の企画、設計から販売まで手掛けている。主要顧客は25~44歳の第1次住宅取得層。設計自由度が高い注文住宅が主力商品となっている。ネットによる集客に特色があり、それを自社の住宅見学会に繋げる営業方式から、住宅展示場への出店も併用され、常設展示場数も増えている。2016年の熊本地震は地元に大きな打撃を与え、住宅メーカーも混乱を余儀なくされたが、復興需要に応える過程で業績も伸長した。18年に現社名に変更。営業エリアや事業の幅の拡大に取り組んでいる

2月3日発表の中間決算はでは上方修正を発表。20年6月期第2四半期累計(7-12月)の経常利益(非連結)を従来予想の2.5億円→3.2億円(前年同期は3億円)に26.2%上方修正し、一転して6.3%増益を見込み、3期連続で上期の過去最高益を更新とあります。1-6月期(下期)の経常利益は前年同期比40.1%増の3.7億円に拡大見通しとなっている。

株主優待の拡充も図っており、株主還元に積極的な姿勢も好感がもてる。コロナショックで軟調な相場つきのなか、3月に入り株価は反騰。25日移動平均線を超えてくるようであれば、一段高が見込めるだろう。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com