仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:ビットコイン関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるビットコイン関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄)

6/17はリミックスポイントが上昇している。

同社は子会社が仮想通貨の取引所「ビットポイント」を運営していることから、仮想通貨関連銘柄の代名詞的な存在として注目されている。仮想通貨ビットコイン価格が急騰し、約1年ぶりに100万円を突破した事で、同社へ思惑買いが集まっているようだ。

今回のビットコイン急騰の原因については、6/14に仮想通貨取引所大手バイナンスが米国ユーザーに対する利用規約変更を行った事が背景にあるようだ。この利用規約の内容は一部のアルトコインの取引が出来なくもので、ビットコインに資金が集中したのかもしれない。

また米国の仮想通貨取引所ビットトレックスがバイナンスに追従する形で、今後米国ユーザーが複数の仮想通貨を取引出来なくなると発表、この流れは当面続きそうだ。

また6月末にはG20大阪サミットが開催されるが、ここでも仮想通貨(暗号資産)の今後については議論される事が予想される。現在、ビットコインETFを巡っては承認の審査が行われているし、刺激材料は今後増加しそうな勢いだ。

日本の株式市場ではリミックスポイントが仮想通貨関連の代名詞的な存在となる。仮想通貨関連で注目が集まれば、まずこの銘柄に短期資金が流入し易い。G20大阪サミットで何か大きな進展があるかもしれない。先回りしておくのも面白そうだ。

 

【2307】クロスキャット

(金融向けシステム関連銘柄・ブロックチェーン関連銘柄)

6/5(火)は金融向けシステムなどを主軸に展開するクロスキャットに注目が集まっている。

クロスキャットは6/4(月)取引終了後に、東京証券取引所の承認を受けて、6/11付で東証ジャスダックから東証2部へ市場変更となる事を発表した。

クロスキャットはビッグデータの活用で経営をサポートする独立系SIで、特に金融関連で強みのある企業だ。また、ブロックチェーン技術に優れたカウラ社と提携し、仮想通貨やブロックチェーン技術者の人材養成にも力を入れている。

最近何かと話題に挙がるテーマ性も絡んでいるだけに、複数のテーマ性や刺激材料から上昇を見込めるかもしれない。東証2部に市場変更となれば、知名度も上がるし株式の流動性も高まる事が予想されるだろう。今後注目したい銘柄となりそうだ。

 

【8698】マネックスグループ

(仮想通貨関連銘柄・ビットコイン関連銘柄)

先日、マネックスグループが「コインチェックの買収・子会社を検討している」と一部で報じられ、株価を大きく伸ばす場面を見せたが、04/06(金)には報道が事実だったことが証明されたようだ。

04/06(金)の前場引けにマネックスグループは、コインチェックを完全子会社化することが決定したと発表。これにより、マネックスグループはストップ高に。コインチェックはネム不正流出事件により大きく信頼を失ってしまっている状況ではあるが、今後マネックスの子会社として経営を立て直すことができれば、国内ではかなり知名度のある仮想通貨取引所なので期待できるかもしれない。

また、マネックスグループは06日(金)の大引け後に会見を開いているが、その際に「今後コインチェックはIPOも目指していく」ともコメント。さらに面白そうだ。マネックスグループには引き続き注目したい。

【8698】マネックスグループ

(仮想通貨関連銘柄・ビットコイン関連銘柄)

04/03はマネックスグループが大きく株価を上げストップ高になった。どうやらマネックスグループが、ネムの不正流出を起こしたコインチェックの買収を検討していると報道があったようだ。マネックスグループは報道について「買収が決定した事実はない」とコメントを出しているが、これはつまり「まだ検討段階である」という意味だろう。したがって今後、買収が成立する可能性は十分にあり得る。

コインチェックは大きな不正流出事件を起こし、また2度に渡って金融庁に業務改善命令を出されていることから信用度は大きく低下させているものの、国内ではかなり知名度の高い取引所と言える。それにコインチェックは数年間、仮想通貨取引所を運営してきたベンチャー会社にも拘わらず「480億円の日本円を返還できた」ことは事実。つまり仮想通貨取引所事業がかなり儲かるという裏付けにも思えてしまう。

今後、もしマネックスがコインチェックを買収しマネックス主導のもと経営再建を図るとすれば面白そうだ。マネックスグループはネット証券大手の一角で、時価総額規模はそこそこ大きいが仮想通貨関連銘柄の出遅れ株として評価されればまだ上値はありそうか。

【4284】ソルクシーズ

(仮想通貨関連銘柄・ビットコイン関連銘柄)

ここ最近、仮想通貨関連銘柄の上昇が目立つ。と、いうのも12月に入ってからさらにビットコイン・アルトコイン自体が物凄く値上がりしている。

ビットコインやその他のアルトコインの上昇に伴い、株式市場でも仮想通貨関連銘柄が物色されている印象だ。

特に、ここ最近で大きな値上がりを見せているのがソルクシーズではないだろうか。ソルクシーズはSBI社の持分法のSIで、金融業界向けのシステムを手掛けている会社。仮想通貨取引所のシステム構築などにも関わっている点から、仮想通貨関連銘柄の出遅れ株として注目が集まっている模様。

ビットコインやその他の仮想通貨の値上がりがまだまだ続くようならば、株式市場においても仮想通貨関連銘柄が引き続き物色対象になるかもしれない。特にソルクシーズは仮想通貨関連のなかでも出遅れ的存在なので注目。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2315】カイカ

(仮想通貨関連銘柄・ビットコイン関連銘柄・ICO関連銘柄)

2017年に話題となったテーマ株の一つはなんといっても仮想通貨関連銘柄だろう。直近でも、ビットコインなどの仮想通貨は著しい値上がりをしている。特に年初に10万円前後を推移していたビットコインは12月には1ビットコイン=200万円を超えるダブルテンバガーとなったようだ。

最近の仮想通貨の話題っぷりをみていると、リスクを感じる半面まだまだ伸びるのでは…?とも思ってしまう。なにしろ「そろそろヤバい」「そろそろ末期」と言われてはや数カ月。不死鳥が如く、高値更新をしているところをみると2018年に向けても仮想通貨はまだまだ話題になるかもしれない。

株の世界では、仮想通貨関連銘柄に注目。特に低位株のカイカは面白そうだ。カイカは12/19の大引け後に決算を発表している。17年10月期の連結経常利益は前の期比5.6倍の7.2億円に伸び、18年10月期も前期比72.7%増の12.5億円に拡大する見通しとなった模様。仮想通貨関連というテーマ性と併せて、引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄・ビットコイン関連銘柄)

ここ最近でビットコインの上昇がとにかく目立っている。先日12/07(木)には1ビットコイン=180万円を超えたと記事に書いたが、その後は230万円を超える場面もみせている。どこまでいってしまうのか、気になるところだ。トヨタの時価総額を超えてしまったあたりからそろそろ危ないような気もしてしまうが…。

とはいえビットコインが異常な盛り上がりを見せているので、やはり株式市場でもビットコイン関連銘柄に注目しないわけにはいかない。先日はビットコイン関連銘柄としてファステップスを記事に書いたが、12/08はファステップスの株価は奮わず、リミックスポイントが大きく株価を上げたようだ。やはりすでに子会社がビットコインなどの取引所を運営している点が強いのだろうか。リミックスポイントはここ最近で株価を調整させていたこともあり、ここから反転するかどうか見もの。引き続き、リミックスポイント、ファステップス、フィスコなどビットコイン関連銘柄に注目したい。

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp