仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:中国関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える中国関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【6310】井関農機

(中国関連銘柄)

11/14(火)は井関農機が大きく株価を上げたようだ。井関農機は農業機械の専業企業でコンバインや田植え機に強みを持つ企業だ。急騰の刺激材料となったのは前日13日の大引け後に発表した決算だ。

17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比3.4倍の54.4億円に急拡大し、通期計画の41億円に対する進捗率が132.8%とすでに上回り、さらに前年同期の98.5%も超えたとのこと。

井関農機は東南アジア向けなど海外で高水準の需要を捉え業績は好調に推移しているようだ。テーマ性としては井関農機は欧州や北米、中国の4本柱に東南アジアへのグローバル展開を加速するとしていることから、中国関連銘柄としても注目される。

直近で同じく中国関連銘柄のタカキタやナガオカが大きく株価を上げている。決算ラッシュがひと段落すれば、これらの中国関連の急騰をきっかけにその他の中国関連銘柄にも物色人気が波及するかもしれない。引き続き注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7859】アルメディオ

(中国関連銘柄)

10/25に中国で習近平氏の2期目の指導部が始動したことにより、中国関連銘柄が動意づいている。11/01には中国関連銘柄の一角として中国において不動産賃貸事業・不動産開発事業・投資事業などを手掛ける宮越ホールディングスがストップ高となった。

中国関連銘柄への物色が継続するならば、出遅れ株としてアルメディオにも注目したい。アルメディオは中国でカップ式自動販売機オペレーション事業に参入すると発表している中国関連銘柄だ。過去には中国関連銘柄として動意づいたこともあるし、また時価総額規模が小粒で値動きが軽い点も面白い。隠れ中国関連銘柄として動意づくか、注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7859】アルメディオ

(中国関連銘柄)

アルメディオに注目したい。アルメディオはCD等の規格テストを手掛ける企業で普段はあまり目立つ銘柄ではないが、07/20の大引け後に興味深い発表をしている。

中国でカップ式の自動販売機オペレーションに参入するために上海に子会社を設立すると発表したのだ。中国では近年、高品質の嗜好品に対する消費者の需要が高まってきているらしく、そのニーズにこたえるべくカップ式の高品質のコーヒーなどを販売する自販機事業に乗り出す模様。これは立派な中国関連銘柄と言えるのではないだろうか。

ケアサービスやロングライフHDなどの中国関連銘柄も大きく株価を上げた経緯もある。アルメディオは時価総額の規模も小粒で値動きも軽い銘柄だ。中国関連銘柄として人気化すれば短期的な妙味があるかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3323】レカム

(人工知能(AI)関連銘柄・中国関連銘柄・Oakキャピタル関連銘柄)

06/27(火)はレカムが大幅に株価を上げ年初来高値を更新したようだ。これはレカムの中国子会社レカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司が会社形態を「有限公司」から「株式有限公司」へと変更することについて中国当局からの認可が得られたと発表したことが買い材料になったようだ。

中国では株式市場へ上場する時、会社形態を有限公司から株式有限公司へと変更するのが一般的のようで、今回の発表によりレカムビジネスソリューションズが中国の新興市場へと上場する準備が最終段階に入った見通しとされる。なかなか面白い材料だ。

ちなみにレカムはOakキャピタルの投資先であることから、Oakキャピタルも株価を上げているようだ。また、Oakキャピタル繋がりでその他のOakキャピタル投資先にも物色が向かう可能性もあるか?!引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2160】ジーエヌアイグループ

(中国関連銘柄・バイオ関連銘柄)

ゴールデンウィークのなか日にあたる05/01(月)はケアサービスやナガオカなど中国での事業を手掛ける中国関連銘柄の動きが堅調だった。

中国関連銘柄への物色が続くならば、ジーエヌアイグループにも注目したい。ジーエヌアイグループはアジアに多い疾患をターゲットにした創薬バイオベンチャーで、中国に研究開発・製造の拠点をおく中国関連銘柄。中国の疾患といえば、PM2.5などがあるが、PM2.5による疾患の治療薬なども手掛ける。中国関連銘柄としては知名度もあるし、バイオベンチャーということで外部環境を受けにくい側面もあるので、地政学リスクの緊張感が抜けない現状だと物色されてもおかしくなさそうだ。

チャートをみてもここ最近で大きく調整しており下値支持線とみられる26週線に接近中。反発を狙うタイミングとしても面白そうだ。

【6239】ナガオカ

(中国関連銘柄)

04/27(水)は石油プラントを手掛けるナガオカがストップ高となった。

ナガオカの子会社である中国の那賀日造設備(大連)有限公司がスクリーン・インターナルを大口受注したと発表したことが買い材料視された格好だ。

スクリーン・インターナルとは石油精製、石油化学、肥料プラントの心臓部である反応塔内で原料の原油や天然ガスを変化させ、反応、抽出、分離を行う触媒をサポートする内部装置とのことだ。

受注金額は日本円にして7.46億円とのことで、この案件による17年6月期通期業績への影響は現行の業績予想に織り込み済みとのこと。それでもストップ高になってしまうのだから凄い。

最近は中国関連の材料で介護関連銘柄のケアサービスやロングライフホールディングが大きく株価をあげる場面をみせたが、ナガオカも中国関連銘柄というテーマ性によって物色されたのかもしれない。引き続き中国関連銘柄として継続して物色されるかどうか見ものだ。

【5341】アサヒ衛陶

(中国関連銘柄・ミャンマー関連銘柄・介護関連銘柄)

ここ最近、アサヒ衛陶が大幅に株価を伸ばしているようだ。アサヒ衛陶は衛生陶器、水栓金具の中堅で介護関連製品などの開発にも力を入れている企業だ。

同社が注目されているのは03/31付けで公式ツイッターで、ミャンマーにおける総代理店ライオンファミリー社が同社の商品を本格的に販売開始したと発表していることが要因の一つだ。アサヒ衛陶は中国向けに温水洗浄便座などを手掛けていることも注目だが、今後はミャンマー市場にも積極的に展開していくとのことで、中国関連銘柄にくわえミャンマー関連銘柄としても物色されている格好だ。

アサヒ衛陶は普段それほど目立つ銘柄ではないが、ここ最近でケアサービス・ロングライフホールディングなどの介護関連銘柄が中国での事業拡大という期待材料で大きく株価をあげたことも、アサヒ衛陶の海外展開の期待感を後押ししているのかもしれない。

東証2部の低位寄りの銘柄なので、値動きが軽い点も面白い。引き続き注目したい銘柄だ。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ