仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:教育×ICT関連銘柄(edtech)

毎日更新!今すぐ使える教育×ICT関連銘柄(edtech)の仕手株情報を無料でお教えします!

【4699】ウチダエスコ

(教育×ICT関連銘柄)

同社はPCネットワーク保守サービスが主力の企業で、OA消耗品とソフト運用も手掛ける内田洋行の子会社。2020年7月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.0倍の10.1億円に急拡大。通期連結業績に関しても売上高を143億円から前期比16.1%増の159億円へ、営業利益を8億3,000万円から同58.6%増の13億円へ、純利益を5億7,000万円から同49.9%増の8億5,000万円へ上方修正済み。

PERは現在16倍台。時価総額118億円ながら、手持ち現金が57億円と豊富。その意味では割安といえるだろう。

先日、東京都が政府の緊急事態宣言を受けて、オンライン学習環境整備のために450お公園の補正予算を取りまとめた事かれら、PC関連・教育ICT関連として内田洋行やハイパー、MCJなどが話題になった。

その中でも同社に注目するのはやはり上述の通り手持ち現金が豊富である点だ。更にチャートの形の面白い。

新型コロナウイルスの影響の下落から底を打って以降、10日移動平均線に沿って上昇を続けてきた。そこに東京都の補正予算のニュースがあり株価は急騰。出来高が膨らんだものの、そこで掴んだ売り物でいってこいという動きにはなっていない。

そうこうするうちに日柄が経過し、10日移動平均線が切り上がり株価との乖離が0になった。

今後の投資の一例としては、現値で購入し上を目指すし、逆に株価が下落した場合には長くサポートとして機能していた10日移動平均線を割り込む事になる為、すぐにロスカットの判断ができる。そういう意味で取り組みやすい銘柄なだけに注目しておきたい。

なお、同銘柄については株エヴァンジェリストが推奨している。内容については下記から参考にしていただきたい。

株エヴァンジェリストはコチラから登録

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6096】レアジョブ

(ポスト新型コロナ関連銘柄)

レアジョブはオンライン英会話の最大手だ。安価な人件費で雇えるフィリピン人を講師とする事で低価格での英会話学習を提供している。安価とはいえ、フィリピンの公用語に英語は採用されており、英会話能力は非情に高い。

新型コロナの問題で在宅学習・在宅ワーク、更には遠隔医療など、様々な事がICTを活用して家で行われている。そして、それぞれにおいて市場では銘柄の物色が行なわれている。

これらに共通する必要インフラとして、ネット回線はもちろんだが、カメラ需要というものがある。ビデオ通話をするにあたりカメラは必須なのだ。最近のノートパソコンやタブレットにはカメラがついている事が多いが、サラリーマンに支給されるノートパソコンや自宅のデスクトップ型のPCで仕事をせざる得ない人はカメラが必要になる。

このカメラが現在品薄となっている。それだけ需要が高いのだろう。ただ、カメラ単体で銘柄を物色したとしても一過性のものとなりそうだ。

だが、レアジョブの場合はオンライン学習であり、もともと需要の高い英会話のサービスを手掛けている。これまで、スマホの小さな画面での学習に躊躇していた層に響く可能性がある。もともと、この層は年齢が高く、そもそもオンラインでの学習・ビデオ通話での学習という体験自体がないため、これらのICTの活用自体にハードルが高い。

しかしながら、半強制的にこのICTをを体験した事で、入会へのハードルが低くなり、今後の会員獲得に好影響を及ぼすのではないかと考える。

これらを踏まえた上で、今回は英会話学習に注目したが、今後は他の銘柄にも言及していきたい。。

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【3933】チエル

(教育×ICT関連銘柄)

学校教育向けのICT事業が中心の会社だ。授業の支援システムなどを手掛けている。特に双方向の授業に強みを持っている。

本年買収などで費用がかさんだことで大幅な減益となるが、来期は正常化する予定だ。それにより、ROEは10%弱まで回復する予定であり、高い収益が評価される可能性があるだろう。

また、ご存知の通り新型コロナが広がりを見せるなか、休校となる学校もでてきている。政府も民間企業に対してテレワークを推奨している。同じくICT関連として先日記事を上げたブイキューブが本日ストップ高となっている通り、ICT分野は今後注目する必要があるだろう。

そんな中、同社の時価総額は60億円程度と小さく、市場の注目が集まるようなことがあれば値動きは軽いものとなるだろう。ICT関連の二番煎じとしては期待がもてる。

テクニカル的には75日移動平均線を底に反発している。ここから25日線上で定着できれば急騰も見込めるだろう。今後の株価はよくチェックしておいて欲しい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3681】ブイキューブ

(教育×ICT関連銘柄(edtech))

WEB会議などのコミュニケーションサービスを提供する会社だ。テレワークやwebセミナーのコンサルなども行っており、働き方改革関連としても注目された会社だ。PERは37倍、PBRは4倍とやや割高と感じるが、ROEが13%、来期は22%と資本効率の良さから評価されている点を考えればPERの高さは妥当だろう。

政府はICTの活用を国策としており、「ICT成長戦略」を掲げている。また、最近では子供一人にパソコンを一台提供すると首相が答弁し、プログラミング教育を含めたIT教育が株式市場の中では大きなテーマとなっている。

それに対し、同社は「ICTを活用した代表的な教育形態であるアクティブラーニングは、「実際に行動しながら思考する」「意見交換をしながら解決策を生み出す」「応用問題に取り組む」「情報を再構築してより理解しやすくする」」として、積極的に事業化している。

上記リンクでも確認できるかと思うが、一人一台のパソコンを持つ事で、1対Nの一斉授業をオンライン化したモデルなどが今後伸びる可能性がある。

直近決算は冴えない内容だったものの、このような新分野が業績に寄与する事になれば大きな動きを見せるのではないだろうか?

ブイキューブ(3681)チャート画像

チャートを見ると、教育ICT関連が市場のテーマとなると共に株価は上昇している事がわかる。本日は小安い状態となったものの、直近高値でネックとなりそうな614円まであと10円強まで迫っている。

現状からテーマ性に乗り、この高値を超えるような事があれば追随買いする事で投資妙味もあるだろう。

一方で、底打ち反転から急ピッチに株価が上昇した事や7月高値からのやれやれ売がでる可能性もある。この場合は押しを入れる事になるだろう。追随買いに備えつつも差し込んだところは拾いたい銘柄だ。いずれにしても注目はしておきたい。

株マイスターの登録はこちらから

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6835】アライドHD

(Wi-Fi6関連銘柄・教育ICT関連銘柄)

7/12はアライドHDが大きく上昇している。

次世代通信規格「5G」の存在が大きい為、出遅れ感のあるテーマ株として「Wi-Fi6」がある。これは同じ通信分野で、新しい無線LAN規格の事だ。主に自宅や飲食店、公共交通金や観光地などで活用が拡がっているWi-Fiの次世代規格という事になる。5Gの本格普及が2021年以降とされる中で、「Wi-Fi6」は2019年度中にも製品が出揃う予定で、株式市場でも徐々に注目を高めているようだ。

気になる性能面では、電波の利用効率を高め、最大転送速度を約4割向上させるという。現在、多くの家庭でWi-Fiを設置していると思うが、市場は相当大きいのではないだろうか。

また公共施設などでも、文科省が策定した教育ICT化に向けた環境整備において、普通教室への無線LAN整備や、東京五輪関連施設への無線LAN整備など、「Wi-Fi6関連銘柄」は大きなビジネスチャンスになる事が予想される。

アライドHDはネットワーク機器専業で、自治体や医療機関などとの取引に強みのある企業となっているだけに、この分野で大きく飛躍する可能性があるかもしれない。

引き続き注目しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3933】チエル

(教育ICT関連銘柄・エドテック(EdTech)関連銘柄・デジタル教科書関連銘柄)

2019年4月には「新元号の発表」や「働き方改革関連法」、「改正出入国管理法」が施行される為に、少し影の薄い存在となっているが、学校教育法の改正により「デジタル教科書」が小中学校で解禁される事をご存知だろうか。

義務教育に音声や動画といったコンテンツを交えながら教育を行う事が出来るようになる。最大のメリットとしては、文字の拡大や音声読み上げなどの機能も加えられる為に学習障害や視聴覚障害がある子供も学び易い環境を整える事が出来る点だろう。

2019年4月からのデジタル教科書の解禁に伴い、再度注目を集めそうなのは教育とテクノロジーを融合させる「エドテック(EdTech)」関連銘柄。

その中でもチエルは教育ICT事業を柱として展開しており、デジタル教科書を始めとしたデジタル対応教材を手掛けている。また、チエルは【3998】すららネットと学校向けデジタル教材を共同開発している点も強みとなりそうだ。

2019年4月からは様々な分野で新制度がスタートする事となるが、「デジタル教科書」の解禁は世間の関心も高いだろうし、テレビやニュースでも大きく取り上げられる事が予想される。先回りしておくのも面白いテーマ株かもしれない。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3627】ネオス

(ICT関連銘柄・フィンテック関連銘柄)

先月末に取り上げたネオスが再度大きな注目が集まっているようだ。

ネオスはICTサービスやフィンテック、クラウドソリュージョンなど多分野で事業を展開しているが、直近で好材料を立て続けに出している事で物色人気が高まっているようだ。

2018年5月末に配信した知育アプリ「クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦」英語・中国語版が配信1カ月弱で100万ダウンロードを突破し、大きな話題も集めたが、他にも5月21日に【3994】マネーフォワードと業務提携を発表、5月31日はMILIZE(非上場)と業務提携を発表してフィンテック事業に注力。更に6月20日にはIOTデバイスの開発を手掛けるミラ(非上場)と業務提携を発表するなど、業容拡大に積極的な動きを見せている。

ネオス自体は時価総額も小さい銘柄だけに、今後のIR情報次第では更に大きく値動きする可能性もありそうだ。引き続き注目したい銘柄だ。

 

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com