仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:MtoM/IoT関連銘柄

MtoMとは、(machine to machine)の略で、機械と機械が通信ネットワークを介して互いに情報をやり取りすることにより、自律的に高度な制御や動作を行うこと。機械の制御、ビル空調やエレベーターの運用管理、スマートグリッドによる電力供給制御など。 IoTとはモノのインターネット(Internet of Things : IoT)の略で、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う。今後様々な機器がインターネットを介して通信するようになり、2020年には210兆円規模に、インターネットに繋がる機器は281億台になると予測されています。

【3902】メディカル・データ・ビジョン

(IoT関連・Healthtech関連・健康×ICT関連銘柄)

遠隔医療に関連する銘柄の調子が良い。
本命とされる6034MRTは調整基調だが、新たな株式テーマ性がない今、やはりマザーズ市場で個別手掛かり材料のある銘柄に資金が入りやすい気がする。

メディカルデータビジョン社は現時点でも1400万人の患者データを有しており、今後も病院から提供されるようだ。このビッグデータを活用する動きは安倍首相の推進する「医療情報のネットワーク化」にも沿う。
2020年には市場規模26兆円を目指すとも書かれているし、少子高齢化で且つ健康への注目が高い昨今、伸びていきそうなカテゴリーである。
ただ、MRTもメディカルデータビジョンも指標的には高値警戒も必要そうだ。
まだまだ株価上昇するようなら順張りで、手仕舞は早めが良さそうだ。

【3666】テクノスジャパン

(AI人工知能・自動運転(ZMP)関連銘柄・株式分割・増配)

フィンテック・人工知能・自動運転などに資金が向かう流れ。
テクノスジャパン社は増配と株式分割を発表済みで、上記のテーマ株にも沿う事業内容のため買われている。
人工知能関連銘柄の中でも最新の人工知能技術である深層学習(ディープラーニング)は脚光を浴びており、株価は年初来高値を形成しているが、ここで落ちるようでは押し目買いをしてみたい。
個人的には中期ゴールデンクロスも発生しているので、一旦調整を挟んで再度バンドウォークして欲しいと思う。
材料株とテーマ株に短期資金が集中しているので、この流れが継続なら素直に順張りでも。

【3858】ユビキタス

(IoT関連・自動運転・ドローン関連銘柄)

昨日の材料になるが、政府は生産性の向上や高齢化社会によって農業人手不足を解消する為、自動運転農機に関わるシステム開発支援を発表した。
ユビキタス社は前回の決算で下方修正したことから株価は軟調であったが、現在は悪抜けして25日線を奪還。
同社はセンサーやモジュールなどで有名な企業でIoT関連では本命でないかと個人的に思っている。
またこの農機自動運転支援の材料に関しては、同社は昨年末に高精度位置測位(GNSS)を得意とするマゼランシステムズジャパン社と資本業務提携。
GPSでは十数メートルずれるのに対し、GNSSでは数センチ程度しかズレが生じないらしい。
自動運転の農機もそうだが、ドローンや自動車の自動運転にも欠かすことの出来ない技術だろう。もちろんそこも狙っているとのこと。
ユビキタス社は赤字だが、赤字縮小してきているし、有利子負債はなし。時価総額も大きくない企業だ。
材料と好決算で急騰しそうなので、安いところを拾っておきたい。

【2158】UBIC

(AI・人工知能関連銘柄・ロボット関連銘柄)

人工知能関連銘柄と言えばUBIC社と連想する人も多いだろう。
今までのUBIC社の持つAIと言えば、特許関連の調査や訴訟などのビックデータを高速調査するような仕事効率化的な意味合いが強い人工知能であったが、これに違和感を覚えた人はいないだろうか。俺には違和感があった。
人工知能といえば映画などで見るコミュニケーションがとれるロボットの脳みたいな、そんなイメージがあったからだ。
ロボットとAIという未来の世界を思い描いて関連銘柄の相場は大変な賑わいを見せたわけだが、
落ち着いてみれば5倍以上騰がった株価は2倍~3倍程度の水準まで下落している。

だがここに来て日本企業の唯一の人工知能関連銘柄とされていたUBICが人の思考や行動を解析する行動情報科学の研究を宣言。
UBIC とヴイストン、人工知能により、知識だけでなく、好みや感覚を理解する生活密着型ロボット「Kibiro」を開発。
短期的な投資家が想像した人工知能とはこういうモノではないだろうか。
インターネットを通じて様々な情報を吸収し、所有者の興味のあることに詳しくなっておいてくれる。
また普段のコミュニケーションから考え方など自動反復
学習。株のシステムトレードもインスコ!
そうなれば、今何の銘柄を買うべきか、自分でネットサーフィンしまくることもなくなるなw

近々で映画のようなAIやロボットを期待している訳ではないが、3年後5年後を楽しみにしたい。

【6981】村田製作所

(スナックワールド・スマホアプリ関連銘柄)

妖怪ウォッチの映画と共に、スナックワールドの映画が2本立てで公開される。
スナックワールドとは「第2の妖怪ウォッチ」と言われており、任天堂3DSやスマホアプリでRPGゲームとしてリリースされる。
また映画化、アニメ化も決定済みでかなりの予算をかけてPRしていくのだろう。
以前の記事でも取り上げたスナックワールドにおいて恩恵を受けるであろう銘柄。
村田製作所はタカラトミー社が発売する「ジャラ」(ゲーム上に登場する武器やアイテムのキーホルダー)にNFCチップを提供する。
タカラトミー社は現在スターウォーズグッズ関連として物色されているようだ。
スナックワールドも妖怪ウォッチのように子供の爆買い状態になるか。

【3858】ユビキタス

(スナックワールド・スマホアプリ・自動運転・IoT関連銘柄)

こちらも以前の記事で任天堂と親密と書いたユビキタス社。
村田製作所とは資本業務提携している。
任天堂DSですれ違い通機能を担当していた。
チャートもいい形になってきているし、テーマ性の強い関連株としていくつも期待できる。
IoTや自動運転関連、電力自由化(省エネ関連)としても見られる。
村田製作所は時価総額3兆以上で1単元190万円が必要。ユビキタス社は時価総額91億円で1単元11万円で買える。

 


【3776】ブロードバンドタワー

(IoT関連銘柄・POSレジ関連銘柄・仕手株)

以前発表した材料でIoT事業への進出を発表したBBタワーに再注目したい。
今や都内の飲食・アパレル等はクレジット決済にPOSレジを導入している場合が多く、
今後は非接触型クレジットカードの決済が普及していきそう。

決済関連はセキュリティーも万全でなくてはいけない。
カード自体に指紋認証や生態認証が付くだろうと予想する人もいる。

【7911】凸版印刷はオリコやvisaに「NFC対応スマートフォンを使用した非接触IC決済サービス」が採用されているようだ。
マスターカードも指紋認証クレジットカードの普及を目指していて、ノルウェーのZwipe社と提携開発をしており、本年中にリリースを予定しているとの話も。
BBタワーはIQの数字が悪く、IoTのテーマも旬が過ぎて株価は急騰前の状態に戻りつつある。
ただ160円台の底値は堅そうに見える。
株式テーマは関連銘柄の何れかが材料視されると波及して株価が釣り上がる。
IoTと決済システムが紐付くのはそう遠くないような気がするので底値を買って待ち伏せしておきたい。
関連銘柄に材料が出れば短期資金流入で仕手化することも

仕手株・国策銘柄

【3858】ユビキタス

(IoT関連・自動運転関連銘柄・材料)

株式会社ユビキタスとエナジー・ソリューションズ株式会社、サイバートラスト株式会社、ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、2015年10月29日に、セキュアIoTプラットフォームの開発・構築及びサービス化を共同で実施することに合意。
センサー、モジュールはユビキタス社の得意分野で、特許も多数保有していそう。
今後500億個以上のデバイスがインターネットへ繋がる時代に突入する訳だが、デバイスから何かしらのデータ受信をするのだから特需が発生しそうだ。
また同社はIoTに関して拡張性を持たせており、ガラパゴス化はしなそう。
広範な分野におけるサービス提供の基盤となることを掲げている。

【3843】フリービット

(IoT関連銘柄・材料)

モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」において、音声通話機能付きSIMカードの提供を開始。業界最安値を実現した新プラン“音声プラン”登場と材料。
株価はまだ動いていないので、狙い目かもしれないな。
IoTの分野においても昨日イオンハウジングと資本業務提携を発表している。
住宅・マンションなどにおいてIoTを活用ネットワークインフラ、システム開発力、不動産関連業務ノウハウ等を活用し、HomeIT事業における新たな市場を創造し、今後“イオンハウジング”事業における不動産ビジネスをサポートし、サービスプロバイダーとして様々なサービスを提供。
いろいろと話題性のあるテーマ株だし積極的なM&A戦略なども面白い。

仮想通貨が仕手相場?ビットコインや仮想通貨が市場最高値更新中!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin握力あれば勝てる相場っぽい!急落時の逆張りに備えよ!

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ