仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:MtoM/IoT関連銘柄

MtoMとは、(machine to machine)の略で、機械と機械が通信ネットワークを介して互いに情報をやり取りすることにより、自律的に高度な制御や動作を行うこと。機械の制御、ビル空調やエレベーターの運用管理、スマートグリッドによる電力供給制御など。 IoTとはモノのインターネット(Internet of Things : IoT)の略で、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う。今後様々な機器がインターネットを介して通信するようになり、2020年には210兆円規模に、インターネットに繋がる機器は281億台になると予測されています。

仕手株・国策銘柄

【4592】サンバイオ

サンバイオ社は本日既に急騰してしまったが、まだまだ初動かもしれない。
バイオ関連株は夢を期待感で買うのが普通だが、サンバイオ社は臨床試験を行い有効性が証明され、
量産化・製造プロセスも整っているようだ。

また同社が開発している脳梗塞の治療薬は全米で患者数680万人。
この内数%に投与されるだけで1兆円を超える売上が期待できるとか。
そして5月は新規IPO上場がない。こういう相場では直近IPOが物色されることが多い。
創薬ベンチャーは国策でもある。

【9419】ワイヤレスゲート

IoTやMtoMの本命と言ったらワイヤレスゲート。
1Qの決算で高く設定されたコンセンサス予想に経常利益が届かなかったことが原因で売られているのだろうか。
IoTもMtoMもインターネットで情報を飛ばす必要がある。
対抗銘柄として億を超える特許を持つ【3858】ユビキタス、ビーコンの【3727】アプリックスIPなどがある。
穴銘柄は…新興市場銘柄が多数存在する。この辺りは今度まとめるとする。
ワイヤレスゲートは通期良い感じの見通しなので、突込み買いを検討。
こちらの銘柄も国策銘柄である。

仕手株・国策株

【3666】テクノスジャパン

(人工知能AI関連)

この銘柄は朝書いておけば良かったなと後悔。
ゴールデンウィーク中に出た材料で株価に反応がありそうだったのが「経済産業省が人工知能研究開発に予算を割り当てる」と発表したことだ。
東京オリンピックまでに10種類のロボット開発を目指すそうだ。
人工知能はロボットがサービス市場に進出するための必須技術。人間とロボットの対話や意味の理解、感情推定などに使われる。あらゆるモノがインターネットでつ ながる「IoT」時代には家電や情報機器にAIが搭載されて持ち主に合わせたサービスを提案するようになる。
そこで産総研にAIの研究環境を整え、 NEDOの15年度「次世代ロボット中核技術開発」事業の予算10億円の8割をAI開発に投じる。

本日は寄付はマイナスからスタートながらも後場ではストップ高で取引を終えている。
まさに材料相場なのでこういった好材料を見逃さないようにしなければ、だな。

【6506】安川電機

(ロボット関連)

ロボット関連と言えば、サイバーダインや菊池製作所をイメージする人が多いだろう。
大本命ではあるのは間違いないが、そのロボットに必需の部品などを製造している会社はどうだろう。
上の記事でも書いたが、人工知能開発は今後国策として予算が振られる。

安川電機は産業用ロボットにおいて累積台数世界首位。
今後成長していくであろうロボットや自動運転などAIを組入れる技術に、それを「制御する部品」は必須だ。
車の運転で言うところの「ブレーキ」などがそれにあたる。
そういう部品を作っている会社で独自制御技術やサーボモーターとインバーターも世界首位。
もし同社に国策のAIが絡めばドッカーンいきそうだな。
時価総額は大きいので値は軽くないが、PER 17倍で連続増収、配当も出る。

また、同社と親密な【8137】サンワテクノスはPER7倍。ロボット系の株価が動いている時は先回りも。
物色対象になれば…であるが。

仕手株・国策株

【9674】花月園観光

某所で総攻撃だと息巻いている。
180円どころまで持っていきたいようだがはたしてどうなるやら。
チャートを見る限り、明らかに仕掛けていそうだが…
180円と言っているならば、170円程度から利確売りがいっぱい降ってきそうだなw

【6835】アライドHD

総務省の無線LAN周波数2倍計画発表からあまり値は動いていないアライドHD。
ワイヤレスゲートはかなり値を伸ばしている。
東証2部の低位株である同社にもWIFI関連銘柄として物色される可能性。
市場と株価を見るに、大人が入ればと言ったところ。
目先75日線突破が課題だが、上抜けられれば2月の窓開け急落を埋める展開にも期待。
インバウンド、MtoM関連としても。

仕手株・国策株

【3858】ユビキタス

何度かオススメしている銘柄ユビキタス社。
IoT関連銘柄として現状目立ってはいないが、特許技術の数を見れば、そろそろ底打ち期待も。
また有力筋も最近注目しているようで、以前書いたファイナンスの値まではどの道もっていくのではないか…と。
まあ株価はどうなるかは分からんが、暫く続いた下降トレンドもチャート上反転の兆し。
継続して注目である。

【7746】岡本硝子

2月にオススメしてからもうすぐ株価2倍になりそうな岡本硝子社。詳しくは過去記事を見て欲しいが、今年注目の技術(自動運転関やフロントガラスをナビ化)なので押し目では積極的な買いがみられる。
今日は一時10%を超える上げ幅をみせて年初来高値を更新。
現在は短期だが株式テーマや材料、国策銘柄が間違いない相場。
テーマ株は見逃さないようにしよう。

仕手株・国策株 【6835】アライドHD

無線LAN関連銘柄のアライドHDに注目したい。
総務省は無線LANを今よりもっと繋がるよう、無線LAN向けの周波数を2017年までに約2倍に広げいつでも快適に使えるようにすると発表。
訪日外国人のWIFI問題もあってのことだろうが、総務省の発表とのことで今後国策銘柄としても期待できる。
直感的にWIFI関連や無線LAN関連と言えば【9419】ワイヤレスゲートであり、本日株価に反応している。
アライドHDは東証2部の銘柄で低位株。浮動株も少ない。
以前無配継続を出した時だろうか、株価は窓を開けて大きく調整済み。
ネットワーク機器においては米国の公共案件や国内の自治体向け案件が強い銘柄なので相場好転を狙ってみたい。
一番の当たり屋さんも同社を注目銘柄としてピックアップ。

【3113】Oakキャピタル

先週仕込み時と書いたが、今日株価が動き出した。
今後も続くかどうかは分からない。
しかし、上値抵抗線への値幅はまだあるので、その程度までは期待が出来そうである。
もちろん出来高が減少しなければの話だが…。

仕手株・国策銘柄

【9706】日本空港ビルデング

公明党が事実上カジノ容認というような内容の記事が先週末に出たはずだが、カジノ関連銘柄の物色は微妙。
まだ正式に可決したものではないからだろうか。
日本空港ビルはカジノ関連銘柄としても、インバウンド関連銘柄としても昨今の株式テーマに沿う内容なので押し目は狙っていきたい。
最低投資金額は70万円以上と値がさではあるものの、こういった値がさは堅調に推移している。
中長期銘柄に向いていそうだ。

【4845】フュージョンパートナー

当たり屋さん推奨のフュージョンパートナー社。
このところ本当に良く当たる。
当たるというか、この氏が言ったから買いが入るような展開か。
同社はIoT技術を持ち、損害保険ジャパン日本興亜に技術提供。
その内容的にも自動運転関連銘柄として今後物色されそうだ。

また、6年連続増配で旬どころである。

 仕手株・国策銘柄

【3858】ユビキタス

株価が低迷中だったが、昨日の上方修正と赤字幅縮小発表によって今日の株価は高くなったユビキタス社。
下げ止まりのタイミングで、と同銘柄に関しては何度か書いたことがあるが、やっと底打ちだろうか。
ユビキタス社は2013年時点で2億を超えるライセンスを保持しており、IoTやMtoM関連の特許技術が凄い。

今後は「第二の妖怪ウォッチ」関連銘柄として注目を集めそうだ。
「第二の妖怪ウォッチ」とは「スナックワールド」という任天堂DSとスマホアプリで展開されるRPGゲームで、漫画やアニメ化、映画化も既に決定している。

【スナックワールド】
http://www.snack-world.jp/

また任天堂のインターネット通信技術はユビキタスの独壇場と思える。これまでにすれ違い通信システムやWi-Fiコネクションなどが採用されているようだ。
一時は3DSが売れればユビキタスの株価も騰がるといった状態であった。

任天堂と言えば、【2432】DeNAとスマホアプリへの参入を発表したばかりだ。
この時、ご存じの通り両社の株価は急上昇した訳だが、このスナックワールドは任天堂スマホアプリの大本命にならないだろうか。
制作も妖怪ウォッチやドラクエのレベルファイブ社である。
スナックワールドでは、ゲームの主人公たちが装備アイテムを「ジャラ」(キーホルダー)にして持ち歩く。
このキーホルダーは実際玩具としてタカラトミーが販売するのだが、キーホルダーにはNFCチップが付いている。
NFCチップは【6981】村田製作所(ユビキタスと資本業務提携)。

NFCチップをスマホや3DSにかざしたり、店頭の端末との連携させたり…。という感じらしい。
子供が欲しがること請合いである。

通信システムはIoTやMtoMに強く、任天堂と取引のあるユビキタス社を狙っていきたい。

極め付けは、北川精機やアンビションをドンズバのF氏がスナックワールドに大注目している点。
【7867】タカラトミーを推奨しているが、気付いたら値がすっ飛びそうなユビキタス社も良さそうである。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ