仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

話題のテーマ株の一覧

【4641】アルプス技研

(人材派遣関連銘柄・外国人労働者関連銘柄)

2/8(金)はアルプス技研が上昇している。

アルプス技研は技術者派遣を主力に展開しており、主要顧客は製造業大手が多い。7日取引終了後に発表した18年12月期連結経常利益は前期比10.1%増、続く19年12月期も前期比7.1%増と業績右肩上がりだ。これで同社は5期連続で過去最高益を更新する見通しとなる。

人手不足が大きな社会問題となっているが、アルプス技研は技術者の育成に注力して来た企業で、顧客の需要ニーズに応えられる強みがある。また主要顧客となる製造業大手は世界景気の減速による影響が懸念されていたが、それ以上に人手不足の方が深刻というのがあるのだろう。派遣要請は引き続き好調のようだ。

また2019年4月から外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法が施行されるが、アルプス技研は既に農業分野や介護分野へ外国人労働者を派遣する子会社アグリ&ケアを設立している。愛知県の「農業支援外国人受入事業」において、受入企業の認定を獲得。既に十数人のベトナム人を農家に派遣している。今後のビジネス拡大にも期待が出来そうだ。

海外情勢など、外的な要因で影響を受け易い株式市場だが、相対的に内需のテーマ株には物色人気は集まり易い。海外株式や為替の影響を受け難いセクターとして注目されるのが人材派遣業界だ。アルプス技研は「技術者派遣」や「外国人労働者」において今後も強い存在感を示して行く事になりそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4592】サンバイオ

(創薬関連銘柄)

2/7(木)はサンバイオが一時ストップ高まで買われ、大きな注目を集めている。

サンバイオが開発する再生細胞薬「SB623」は、慢性期の外傷性脳損傷を対象とした治療薬で、脳内の神経組織に投与されると再生機能を誘発する効果があり、失われた運動機能の改善を促す事が期待される夢のような治療薬として大きな注目を集めていた。

昨年12月から、この「SB623」の臨床試験が順調と報告に挙がっていた事もあり、大きく株価を上昇させていたが、1月29日に慢性期脳梗塞を対象とした米国フェーズ2bの臨床結果が不調に終わった事を発表、これを受けて4営業日連続のストップ安となり、記録的な暴落となった銘柄だ。

そのサンバイオが今日は大きく上昇に転じている。
リバウンド狙いの買いが優勢となった事で、一時値幅制限一杯の3,325円まで買われる場面もあり、「株主入れ替わり」の様相となっているようだ。

サンバイオ社長は、「SB623」の開発は諦めていないと発言しており、これから詳細に、慢性期脳梗塞の米国第2相臨床試験のデータ解析を行うとしている。脳の再生薬はこれまでに全く存在していなかった分野の「夢の薬」だけに、その期待は大きい。

また、一度急騰した銘柄は再度短期資金流入し易い傾向にある。サンバイオの株価自体はマネーゲームのような様相となる可能性もあるが、再生細胞薬「SB623」の今後の動向には注目をしておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4395】アクリート

(インバウンド関連銘柄・通信関連)

2/6(水)はアクリートに大きな注目が集まっている。

海外の携帯電話番号向けにSMS配信を行う「SMSコネクトグローバルサービス」を開始する事を発表しており、これが好感されているようだ。

内容としては、国内の企業等からのSMS配信リクエストによりお、同社のSMS配信システムと直接、もしくは海外SMSアグリゲーター経由で接続している海外携帯電話事業者から、個人向けへSMS配信を行えるものとなる。200以上の国と地域、殆どの配信が可能となっている。

このサービスを導入すれば、これまで国内の携帯電話事業者の利用者しか利用する事が出来なかったサービスを全世界で利用する事が可能になるもので、海外在住者や訪日外国人(インバウンド)向けSMS配信の需要に応える事になる。また、訪日外国人へ向けたSMSによるセールスプロモーションなどの新しいインバウンド向けサービスとしても期待出来そうだ。

同サービスによる業績見通しについては2019年2月13日に開示予定としており、期待も高まりそうだ。引き続き注目しておきたい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3457】ハウスドゥ

(不動産関連銘柄)

2/5(火)はハウスドゥが大きく上昇している。

同社は4日に2019年6月期第2四半期の連結業績を発表、経常利益で前年同期比32%増と業績がかなり好調なようだ。

フランチャイズ事業では、新規加盟契約数が70件増加し、累計加盟契約数は569件となった。都市部の不動産業者への加盟促進とテレビなどによるメディアを使った広告宣伝効果で、不動産業界の中でも知名度が上昇しているようだ。

また同社が手掛ける「ハウス・リースバック事業」は、顧客が所有している住宅などの不動産を、あらかじめ住む期間を取り決めて同社が買い取り、売却後はリース契約をしてそのまま今までと同様に住む事が出来るシステムとなる。自宅を売却した後でも同じ環境で過ごす事が出来る為、例えば子供の居ない老夫婦の老後資金確保などに人気のようだ。

仕入れ契約件数283件、取得266件となり、160件を再売買、処分、不動産会社等へ売却し、キャピタルゲインによる収益拡大となっている。

現在日本では空き家率の増加が問題視されている。これは地方だけの話ではなく、都市部でも懸念が拡大しているが、こういったサービスが今後更に拡大して行く可能性は高そうだ。

 

【6930】日本アンテナ

(4K8K放送関連銘柄)

2/4(月)は日本アンテナが上昇しているようだ。

2/1取引終了後に19年3月期連結業績予想について営業利益を3億1000万円から7億5000万円(前期比5.2倍)へ、最終利益を1億6000万円から5億5000万円(前期比2.9倍)への上方修正を発表、これが大きな刺激材料になったようだ。

同社は通信や放送用のアンテナ工事を主力に展開している企業だが、2018年12月からスタートした「新4K8K衛星放送」が大きく業績に寄与する見込みとなりそうだ。

「新4K8K衛星放送」に「新」が付いているのは、既存の124/128度CS衛生による4K放送(有料サービス)との違いを明確にする為で、「新4K8K衛星放送」は国の基幹放送に位置付けられ、公共放送としての役割を担うことになる。新たに19チャンネルが加わり、民放5局は無料で視聴出来る点でも需要拡大を喚起しそうだ。

日本アンテナは、放送関連機器や工事受注などの需要が拡大、また通信事業者向け基地局アンテナや通信モジュール用アンテナが好調に推移した事が業績に大きく寄与する見込みとなる。

今後のテレビの主流は「4K/8K」が当たり前の時代となるだろうし、日本アンテナ始め、4K8K放送関連銘柄には注目をしておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3920】アイビーシー

(IoT関連銘柄・ブロックチェーン関連銘柄)

2/1(金)はアイビーシーに大きな注目が集まっている。

1日付の日本経済新聞で「総務省はあらゆるモノがインターネットに繋がるIoTの普及を踏まえ、端末機器に不正アクセスを防ぐ機能を設ける事を義務付ける」と報じた事で、IoTセキュリティ基盤サービス「kusabi」などを提供している同社に注目が集まったようだ。

アイビーシーが手掛ける「kusabi」は、IoTデバイスに最適な情報セキュリティーの3要素を提供している。CIAとは「機密性(Confidentiality)」、「完全性(Integrity)」、「可用性(Availability)」を表す頭文字の事だが、ブロックチェーン技術を電子照明サービスに応用して、IoTデバイスごとに高い機密性を取り入れる事に成功している。

IoTデバイス市場の急激な拡大を目前に控え、IoTデバイスに対するセキュリティ対策は喫緊の課題となっていたが、総務省が不正アクセスを防ぐ機能を義務化する事になれば、全てのIoT端末機器が対象となるだけに同社にとって大きなビジネスチャンスとなるだろう。

2019年、大きく躍進する可能性もあるかもしれない。IoT時代はもう目前、アイビーシーの動向には大きな注目が集まりそうだ。

 

【6754】アンリツ

(5G関連銘柄)

1/31(木)はアンリツが大きく上昇している。

1/30大引け後に第3四半期決算を発表し、累計営業利益が前年同期比で2.9倍、10-12月期も同2.0倍と収益の急拡大が続いている。更に通期予想は従来の70億円から110億円まで大幅な上方修正を発表し、併せて配当も5円増額するなど、好材料が次々と発表された。

アンリツはアジアを中心に次世代通信規格5Gのチップセットや携帯端末向け開発用計測器などを手掛けているが、半導体メーカーによる5G開発需要が想定以上に増加した事が業績に大きく寄与したようだ。また、5G用となるスマホメーカーの開発需要も立ちあがって来ているようで、次世代通信規格5Gへ向けた需要拡大は今後も続きそうな勢いだ。

5Gは商用化へ向けて米国や韓国など世界が一斉に動き出しており、日本も官民を挙げて注力する分野だ。グローバル規模でマーケットが創出される次世代通信規格への期待は相当大きい。IoT時代が本格的に到来する目前だが、それをインフラから支えるのが5Gであり、今後数年に渡って強力な存在感を示すテーマ株となる事が予想される。

アンリツは5Gのチップセットや計測器を企業向けに展開しており、BtoB需要の先駆けとして注目が集まる銘柄だ。本年は大きな飛躍とする可能性もある。引き続き注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ