仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

話題のテーマ株の一覧

【2467】バルクホールディングス

(サイバーセキュリティ関連銘柄)

6/11(月)はバルクホールディングスに大きな注目が集まっている。バルクホールディングスは2018年6月8日に、サイバーセキュリティ分野でビーオービー(非上場)と業務提携を発表した。

ビーオービーは人工知能(AI)を活用したサイバーセキュリティと、内部情報漏えいなどを自動的に防ぐ仕組み、更に独自のブロックチェーン技術などを活用した高度な「ジュピターセキュリティー」を開発・提供を行っている企業だ。今回の提携で、バルクホールディングスと開発・販売面で協業するほかにも、経営資源の相互活用も視野に新規事業などを立ち上げる予定だ。

2015年5月に日本年金機構がサイバー攻撃を受けた事で125万件の個人情報流出となった事件を覚えている方も多いだろう。日本へのサイバー攻撃は増加が止まらないそうだ。今後、サイバーセキュリティの分野は需要が高まるだろうし、今回この分野で業務提携を発表したバルクホールディングスには引き続き注目をしたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3645】メディカルネット

(がん医療関連銘柄・遺伝子関連銘柄)

6/8(金)はメディカルネットに注目が集まっている。
メディカルネットは歯科中心の医療情報やエステ向けのポータルサイトを展開している企業だが、2018年6月8日に遺伝子検査事業などを展開しているミルテルとの資本業務提供を発表した。

ミルテルは広島大学発のベンチャー企業で、「未病検査」と「疾患の早期発見」を組み合わせたミルテル検査の業務を主軸にしている。今回の提携で口腔領域での未病や疾患の早期発見を目的とした検査を、メディカルネットが独占的に販売する狙いがあるようだ。

歯の矯正など審美部門での歯科需要は増えている。また最近は健康志向の高まりから、歯の噛み合わせ矯正なども注目度が高まっている。歯の噛み合わせが悪いと顔や身体が歪むなどの悪影響が判明して来たからだ。

また最近は若い女性などに舌がんや歯肉がんなどの「口腔癌」が増えているらしい。口腔領域内の疾患の早期発見の分野で需要が高まる可能性がある。今回の提携でメディカルネットはこの分野で大きなシェアを取るかもしれないし、引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4586】メドレックス

(バイオ関連銘柄・創薬関連銘柄)

6/7(木)はメドレックスに大きな注目が集まっている。
メドレックスが米国で開発している帯状疱疹後の神経疼痛治療薬「MRX-5LTB」の第1相臨床試験結果を発表し、先行指標製品、つまりは競合製品の「リドダーム」と比べて、皮下組織により早くリドカインを浸透させる事に成功したと6日取引終了後に発表した。

リドカインテープ剤は皮膚に直接貼るタイプの局所麻酔薬の一種で、神経末端の「痛み」の信号を遮断する事で痛みを軽減する事が出来る。皮膚にレーザーを照射する際などに痛みを大幅に緩和出来るし、皮膚安全性が高い事も期待されている新薬となる。

メドレックスが開発した「MRX-5LTB」はイオン液体を利用した独自技術を活用しており、今回の臨床実験結果を受けて2020年に新薬承認申請を行う計画だ。

メドレックスは創薬分野のベンチャー企業であり、時価総額も比較的小さめの銘柄となるだけに、今回の発表は大きな材料となりそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6836】ぷらっとホーム

(エッジコンピューティング関連銘柄・IoT関連銘柄)

6/6(水)はぷらっとホームが大きく上昇している。
ぷらっとホームはLinux搭載サーバーや周辺機器販売などを主軸にしている企業だが、IoT製品にも注力している。

そのIoT分野で6/5(火)取引終了後に日立システムズと工場向けIoTソリューションの拡販で協力すると発表。これには相当大きな注目が集まっている。

日立システムズは、「日立グループ」のICT分野の中核企業であり、システム構築事業・システム運用、監視、保守事業、ネットワークサービス事業、情報関連機器の販売など4つの事業を主軸に展開しているが、工場など製造業のIoTの分野でぷらっとホーム製品と協調して拡販を狙う方針らしい。

具体的にはぷらっとホームが提供するIoTマネジメント製品を活用する事で、工場やプラント、生産設備をはじめ、商業施設、農業施設等のIoTのシステム導入のハードルを大幅に下げる事が可能になり、且つ今後新しく開発される人工知能(AI)などのサービスに対しても拡張性を備える事が出来るとの事。

ぷらっとホームは時価総額も低く、比較的小粒な銘柄だが、「日立グループ」との協力発表は相当インパクトが大きい刺激材料となりそうだ。今後も注目すべき銘柄となるだろう。

 

【2307】クロスキャット

(金融向けシステム関連銘柄・ブロックチェーン関連銘柄)

6/5(火)は金融向けシステムなどを主軸に展開するクロスキャットに注目が集まっている。

クロスキャットは6/4(月)取引終了後に、東京証券取引所の承認を受けて、6/11付で東証ジャスダックから東証2部へ市場変更となる事を発表した。

クロスキャットはビッグデータの活用で経営をサポートする独立系SIで、特に金融関連で強みのある企業だ。また、ブロックチェーン技術に優れたカウラ社と提携し、仮想通貨やブロックチェーン技術者の人材養成にも力を入れている。

最近何かと話題に挙がるテーマ性も絡んでいるだけに、複数のテーマ性や刺激材料から上昇を見込めるかもしれない。東証2部に市場変更となれば、知名度も上がるし株式の流動性も高まる事が予想されるだろう。今後注目したい銘柄となりそうだ。

 

【8473】SBIホールディングス

(仮想通貨関連銘柄)

6/4(月)はSBIホールディングスに大きな注目が集まっている。

同社は米国Ripple社と合弁会社「SBI Ripple Asia」を設立するなど、仮想通貨事業参入への準備を進めていたが、2018年6月4日に子会社であるバーチャル・カレンシーズが仮想通貨の交換事業に参入したと正式に発表。まずは昨年10月に先行予約で口座開設を申し込んだ2万人を対象に、サービスを開始するそうだ。

現時点ではリップル(XRP)と日本円ペアの現物取引のみを扱うが、ビットコインやビットコインキャッシュも順次取り扱う予定となっている。

今回の発表はニュースなどでも大きく取り扱われている。SBIホールディングスは時価総額も大きく値動きは重たそうだが、大手企業の仮想通貨事業参入は仮想通貨関連銘柄にとって大きな刺激材料となりそうだ。他の仮想通貨関連銘柄と併せて注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9424】日本通信

(金融関連銘柄・通信関連銘柄)

6/1(金)は日本通信が大きな上昇を見せている。
日本通信が開発を進めるスマートフォンを用いたフィンテックプラットフォーム「FPOS(エフポス)」が金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件として決定された事を受けて、買いが集中しているようだ。

スマートフォン端末は金融取引を行う際にセキュリティの面で不安があったが、「サブSIM」と呼ばれるICカードを用いる事で、安全な金融取引が出来るようになるらしい。何より日本通信が開発する「FPOS(エフポス)」は、全てのスマートフォン利用者、具体的にはドコモ、KDDI、ソフトバンク、そして全てのMVNO事業者にサービス展開が可能な間口の広さを持つプラットフォームとなるそうだ。

金融庁が支援する実証実験には【8334】群馬銀行、【8331】千葉銀行、【3994】マネーフォワードなど6社共同で行うそうだ。実証実験が成功すれば、一気に普及拡大するかもしれない。実証実験の動向込みで、関連銘柄には注視しておく必要がありそうだ。

 

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ