仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3547】小野薬品工業

(がん・IPS細胞・バイオ関連銘柄・材料株/IR・JPX日経400組み入れ銘柄)

12/27(火)には小野薬品工業が大きく株価を伸ばした。

27日の日経新聞が小野薬品工業の免疫活用型抗がん剤「オプジーボを2017年度中に胃がん治療向けでも国内販売を始める方針」と報じたことが刺激材料になった格好だ。

小野薬品のオブジーボといえば08月08日に「幅広い肺がんに対する有効性を示せなかった」と発表され大きく窓を開けて下落。その後もジリジリと株価を調整し下降トレンドにも見えるが、見方によっては、そろそろ手を出しやすい水準になってきているとも言えるか?!再び小野薬品がオブジーボにより反転するか見ものだ。

01/06(金)追記

小野薬品には引き続き注目だ。

上記の通り、2016年末に日経新聞が小野薬品のオプジーボ関連の材料を報じ、一時的に株価を上げる場面を見せたが、その後は大きく動いていないようだ。小野薬品は昨年4月に高値を付けてからは株価を調整しており、今の株価ならば反転を見込むのも面白いかもしれない。

以下の画像は、小野薬品の株主宛にきた報告書。

小野薬品 報告書の画像
小野薬品 報告書の画像②
注目したいのはオプジーボ関連の製品だ。開発ステージが「申請」となっているものに関してはすでに材料として出ているものだと思うが、その下にと開発ステージPⅢ~PⅠのものがズラリ並んでいる。これらは今後、小野薬品の刺激材料になる可能性をもっているということだろう。

特にPⅢ段階まできているものに関しては、いつIRが出るか期待してしまう。2016年後半は小野薬品はあまり見せ場がなかったが、2017年はオプジーボ関連で面白い材料を出す可能性もあるかもしれない。引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4974】タカラバイオ

(バイオ関連銘柄・がん関連銘柄・iPS細胞関連銘柄)

ここ最近、バイオ関連銘柄に物色が集まっているようだ。
日経平均も非常に堅調で主力株が一服場面との見方から、流動性の高いバイオ関連に短期資金が集まっている模様。

バイオ関連銘柄ではタカラバイオに注目だ。タカラバイオは5日にヒトiPS細胞から作製した研究用血管内皮細胞製品を日本国内向けに発売したと発表しており、また15日の大引け後には大塚製薬と腫瘍溶解性ウイルス「HF10」の国内における開発・販売に関する独占的ライセンス契約を締結したとも発表している。いずれも刺激材料となり株価が動いている。

引き続きバイオ関連が物色される展開となれば。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8732】マネーパートナーズグループ

(モバイル/スマホ/フィンテック決済関連銘柄(fintech)・ビットコイン関連銘柄)

12/15(木)はマネーパートナーズグループが動意づいた場面があった。14日の大量保有報告で金融機関収益業務のシステムコンサルを手掛けるシンプレクスがマネーパートナーズグループの大株主に浮上したことが刺激材料になったようだ。

シンプレクスは世界の金融ITサービス企業ランキング「2016フィンテックフォワードランキング」で65位にランクインしているフィンテック関連企業だ。

元々マネーパートナーズグループは大手ビットコイン取引所「クラーケン」と業務提携を検討することで合意しているビットコイン関連銘柄・フィンテック関連銘柄だが今回シンプレクスが大株主として浮上したことにより、さらにフィンテック関連銘柄としての存在感が高まった格好か。

マネーパートナーズグループはここ最近株価をグングン上げてきているが、この先の推移はどうなるか?!再びフィンテック関連銘柄が注目される流れとなれば面白そうだ。

【2158】FRONTEO

(人工知能(AI)関連銘柄・医療関連銘柄)

FRONTEOに注目だ。(FRONTEOは元UBIC)

FRONTEOは5日に人工知能(AI)エンジンKIBITを搭載した転倒転落予測システムのベータ版が完成したことを発表し株価を上げている。この「転倒転落予測システム」とは医療現場での稼働を目指すAIシステムだ。

また13日の大引け後には中国でのeディスカバリー事業の拡大を目指し、中国のIdea Capital Groupと提携に関する覚書を締結したと発表。これにより再び動意づくか。医療関連+人工知能(AI)関連銘柄というだけでも注目だが、立て続けに材料が投下されているため注目される可能性に期待。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4616】川上塗料

(ロシア関連銘柄)

週明け12/15(木)には安部首相とロシアのプーチン大統領の会談が控えている。このことから、来週は再びロシア関連銘柄が物色される可能性に期待したい

川上塗料は塗料の中堅でロシア向けの売上比率がたかいことで知られる銘柄だ。またロシア国営のガスプロム社に天然ガスパイプライン用の塗料を納入した実績もあり、このこともロシア関連銘柄としての位置づけを高めている格好だ。

同社はロシア関連銘柄のなかでも時価総額が小さく、株価が動きやすい点にも注目。9日(金)は売り込まれているが、週明けももし売り込まれるようであれば、反発のタイミングを見計らうのも面白そうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8518】日本アジア投資

(君の名は。関連銘柄)

11月の後半以降、日本アジア投資が大幅に株価を上げる場面を見せた。日本アジア投資は映画「君の名は。」の関連銘柄として物色を集めたようだ。

日本アジア投資の投資先「アクセスブライト」が「君の名は。」の中国での配給・配信権利を取得していることから関連銘柄として買われた格好だ。「君の名は。」は中国で公開3日時点で興行収入42億円を突破したとのニュースも入っているし、まだまだ伸びる可能性もある。日本アジア投資は12/07は大きく株価を落しているものの、押し目とみれば再び買いが入る可能性もあるか。引き続き君の名は。関連銘柄として注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6656】インスペック

(人工知能(AI)関連銘柄・半導体関連銘柄)

12/06(火)はインスペックがストップ高。インスペックは5日の取引終了後に人工知能(AI)技術を用いた病理診断支援ツール開発の取り組みを開始したと発表しており、これが刺激材料となった格好だ。人工知能(AI)×医療関連というテーマを併せもった新規事業ということなので市場の関心が集まっている。

インスペックといえば半導体関連銘柄や医療機器関連銘柄という認識だったが、これに旬なテーマである人工知能(AI)関連銘柄という側面が加わったかたちとなるので、確かに面白い。

ここ最近は1,000円~1,200円のあたりで揉み合っていたが、今回の材料で上値抵抗線となっていた13週線、75日線を勢いよく上抜け。この先の推移にも注目。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ