仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

【6191】エボラブルアジア

(民泊関連銘柄・インバウンド関連銘柄)

昨年末からエボラブルアジアがきれいなチャートで描き右肩上がりを形成している。エボラブルアジアは民泊関連銘柄の中でも本命視される一角だ。昨年末から立て続けに材料を発表しており、その都度都度で市場で好感され株価を上げている格好だ。

01/25の大引け後には「AirTrip(エアトリ)民泊」を26日にプレオープンすると発表しており、年初来高値を更新。民泊関連銘柄としてさらに存在感を増した格好だ。

エボラブルアジアは民泊関連銘柄だが、同時にインバウンド関連銘柄としても注目される。そろそろ春節(旧正月)の時期だし、インバウンド関連銘柄としての物色も入ればさらに面白い。高いところで掴むのは考えものだが、ちょうど良い押し目がくれば…。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7717】ブイ・テクノロジー

(有機EL関連銘柄)

01/23(月)はブイ・テクノロジーが大幅に株価を上げ、年初来高値を更新した。

ブイ・テクノロジーは有機EL関連の中核銘柄。同社は有機EL装置や部材を手掛けており、現在中国のメーカーと有機EL製造の一括請負契約の交渉中とのこと。この交渉に成功すれば500億円規模の売り上げが見込めると一部で報じられたことにより物色人気が高まっているようだ。ブイ・テクノロジーの昨年度の総売上高は390億円強ということなので、この交渉がまとまるかどうかに注目が集まる。交渉が成功すればかなりインパクトが大きい。

ブイ・テクノロジーの人気にあやかり、ケミプロ化成や保土谷化学工業など、その他の有機EL関連銘柄に物色が波及する可能性もあるかもしれない。引き続き有機EL関連銘柄に注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4644】イマジニア

(LINE関連銘柄・アプリ関連銘柄)

01/19(木)はイマジニアがストップ高となったようだ。
イマジニアは18日に子会社のSoWhatがスマホアプリゲーム「LINE アキンド星のリトル・ペソ」を製作し、LINEが展開する「LINE GAME」上でサービス提供すると発表したことが買い材料となり株価を上げたようだ。

イマジニアはこれまでもLINE関連銘柄として注目された銘柄だが、今回の発表でさらにLINE関連銘柄として注目度が高まった格好だ。イマジニアのチャートをみると13週線の下で揉み合っていたのが、今回の急騰で上値抵抗線となっているラインを大幅に上抜けている。今後の動きにも注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7818】トランザクション

(電子たばこ関連銘柄・禁煙関連銘柄)

トランザクションに注目だ。トランザクションは電子たばこの専門ショップ「ベイプスタジオ」を展開する企業で電子たばこ関連銘柄の中でも特に注目される一角。

昨今ではも禁煙化・分煙化の流れになりつつあるし、日本でも2020年の東京五輪にむけたばこのないオリンピックを目標にした動きがある。政府も健康増進法で「受動喫煙」への対策を練りこんだ改正案の概要を01/16に明らかにしている。これによりさらに禁煙関連銘柄が注目される可能性はあるだろう。

トランザクションの手掛ける電子たばこは禁煙グッズになる可能性もあるので、注目しておきたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4726】ソフトバンク・テクノロジー

(IoT関連銘柄・ビッグデータ関連銘柄・トランプ関連銘柄)

ソフトバンク・テクノロジーに注目。
社名からも一目瞭然だが、ソフトバンクテクノロジーはソフトバンクの子会社。IoTやビッグデータなどテクノロジー分野のテーマに関わる銘柄だ。ソフトバンクは時価総額が莫大で、値動きが重いがこちらはさほど重くない。

2016年12月にソフトバンクグループの孫社長がトランプ氏と会談し、アメリカのビジネスに500億ドルを投資することが明らかになった時にはソフトバンクテクノロジーは大きく株価を上げた経緯もある。

週明け20日にはトランプ氏が正式に米国大統領に就任する。同銘柄はトランプ関連銘柄としても注目だし、テクノロジー分野のテーマに関わっている銘柄でもあるので、そちらの面でも注目したい。

【3665】エニグモ

(越境EC関連銘柄・C2C関連銘柄)

ここ数日、アライドアーキテクツやTOKYO BASEなど越境EC関連銘柄の動きが目立つ気がする。TOKYO BASEは先日発表された決算内容が評価されて株価を上げているようだが、アライドアーキテクツは特に目立った材料があるわけでもなく、チャートがゴールデンクロスを形成中という理由でかなり堅調な推移だ。新年相場で、材料難から短期資金が流入しているのか?!越境EC関連銘柄というテーマ性に注目されているなら、同じく越境EC関連銘柄のエニグモにも注目。エニグモはアライドアーキテクツほど目立った上昇はしていないものの、チャートは切り返し中。そろそろ5日線が50日線を上抜けるか?といった形でもあるのでテクニカル面からも注目だ。

【3547】小野薬品工業

(がん・IPS細胞・バイオ関連銘柄・材料株/IR・JPX日経400組み入れ銘柄)

12/27(火)には小野薬品工業が大きく株価を伸ばした。

27日の日経新聞が小野薬品工業の免疫活用型抗がん剤「オプジーボを2017年度中に胃がん治療向けでも国内販売を始める方針」と報じたことが刺激材料になった格好だ。

小野薬品のオブジーボといえば08月08日に「幅広い肺がんに対する有効性を示せなかった」と発表され大きく窓を開けて下落。その後もジリジリと株価を調整し下降トレンドにも見えるが、見方によっては、そろそろ手を出しやすい水準になってきているとも言えるか?!再び小野薬品がオブジーボにより反転するか見ものだ。

01/06(金)追記

小野薬品には引き続き注目だ。

上記の通り、2016年末に日経新聞が小野薬品のオプジーボ関連の材料を報じ、一時的に株価を上げる場面を見せたが、その後は大きく動いていないようだ。小野薬品は昨年4月に高値を付けてからは株価を調整しており、今の株価ならば反転を見込むのも面白いかもしれない。

以下の画像は、小野薬品の株主宛にきた報告書。

小野薬品 報告書の画像
小野薬品 報告書の画像②
注目したいのはオプジーボ関連の製品だ。開発ステージが「申請」となっているものに関してはすでに材料として出ているものだと思うが、その下にと開発ステージPⅢ~PⅠのものがズラリ並んでいる。これらは今後、小野薬品の刺激材料になる可能性をもっているということだろう。

特にPⅢ段階まできているものに関しては、いつIRが出るか期待してしまう。2016年後半は小野薬品はあまり見せ場がなかったが、2017年はオプジーボ関連で面白い材料を出す可能性もあるかもしれない。引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ