仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:VR/AR関連銘柄

VRとはVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略で、コンピューターの生み出した現実ではない3次元空間(仮想現実)を人工的に作り出す技術の総称です。市場規模は報道メディアによってまちまちだが、2020年までに8兆円規模にまで成長すると調査している会社もあるようだ。ゲームや医療に活用されると予想されていて、ゲームハード会社や制作会社及び関連会社、ミドルウェア会社などに注目が集まっている。参入企業はグーグル、マイクロソフトをはじめフェイスブックやノキア、日本勢ではソニーやDMMが有名どころ。関連銘柄としてはCRIミドルウェア、シリコンスタジオ、イマジカロボット等があげられそうだ。

【3907】シリコンスタジオ

(VR関連銘柄・スマホアプリ関連銘柄)

03/27(月)はシリコンスタジオが大きく株価をあげていたようだ。シリコンスタジオといえばゲーム用ミドルウェアが主力の銘柄で、VR用のミドルウェア開発にもチカラを入れていたことで、VR関連銘柄としても注目された銘柄だ。

シリコンスタジオの今回の買い材料とされたのは、スクウェア・エニックスの最新スマホゲーム「ブレイブリーデフォルトフェアリーズエフェクト」が好調にアプリランキングで上位になっていることのようだ。

この「ブレイブリーデフォルトフェアリーズエフェクト」はシリコンスタジオが開発に全面的に協力したようで、スクエニよりも株価の値動きが軽いシリコンスタジオが物色されているようだ。VR関連に加え、アプリ関連銘柄としても面白い銘柄だ。特にアプリ関連の材料で注目される場合、そのアプリで「○○万人DL突破」という発表をすれば、定期的に動意づく可能性もある。引き続きシリコンスタジオの推移に注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4334】ユークス

(カジノ関連銘柄・AR関連銘柄)

03/17(金)はユークスが一時ストップ高まで株価を上昇させた。ユークスは2017年1月に同社のARキャラクター「AR performers」がエイベックスからメジャーデビューすると発表し、AR関連の出遅れ銘柄として注目された銘柄だ。

今回の刺激材料となったのも、ユークスのARキャラ「AR performers」関連の材料だ。「AR performers」のライブ映像を上映する「1st A’LIVE REWIND」(4月15~16日)のプレイガイド先行抽選申し込みが16日にスタートしたことにより期待感から買われた格好だ。また、この「AR performers」のミニアルバムが03/29に発売する予定なのも買い材料とされたのかもしれない。

AR関連としてそれほど爆発するような材料には思えないが、やはり出遅れ感から買われているのか。ユークスはカジノ関連でも出遅れ気味な銘柄だったので、短期目線で注目するなら面白いかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3134】Hamee

(越境EC関連銘柄・VR関連銘柄・ポケモンGO関連銘柄)

09/14(水)はHameeが株価を伸ばしている。
Hameeは越境EC関連銘柄でも本命視されている銘柄だ。スマホやタブレット向けにアクセサリーなどの販売を手掛けているほか、クラウド型のEC事業支援システム「ネクストエンジン」というサービスも手掛けている。

同社は13日(火)の大引け後に、同じく越境EC関連銘柄のジェネレーションパスと越境EC事業の運用・拡大に関してそれぞれの経営資源の有効活用などに関する業務提携について基本合意したと発表しており、これが買い材料視されているようだ。

この提携に伴いHameeのネクストエンジンとジェネレーションパスが運営する越境ECサイト「洋桃派」とのシステム連携を行いEC事業者の中国越境EC進出を促進させるべく検討を開始したとのことだ。両社とも今期の業績に与える影響は軽微としているが、いずれも越境EC関連銘柄としての立位置は強まった格好だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4763】クリーク・アンド・リバー社

(VR関連銘柄・市場指定変更)

7月以降、クリーク・アンド・リバー社が非常に堅調に下値を切り上げていっている。

同社は7月7日にVR・AR、AIなど次世代テクノロジーの領域で60項目あまりの特許を保有する中国の「理想境界集団」の一つアイデアレンズ社と合弁会社を設立すると発表し、その後から急速に動意づいている。

新たに設立する合弁会社はAR・VRの分野で日本市場への進出や日本コンテンツの中国展開を図る目的。こちらは08月19日に設立したと発表している。また24日には31日付で東証1部への指定替えも発表。ここ最近、立て続けに材料が出ており注目度は高いと言える。

9月半ばに東京ゲームショウを控えており、また10月にはプレイステーションVRの発売も控えている状況でVR関連銘柄は引き続き物色される可能性は高そうだ。クリーク・アンド・リバー社は東京ゲームショウで2016年から新設されたVRコーナーに出展するらしいし、そこでも注目されるか?!

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3698】CRI・ミドルウェア

(遠隔医療・VR/AR関連銘柄)

リオオリンピックも閉幕し、8月も終盤に近付いていきている。
市場では政府が打ち出した事業規模28兆円の経済対策に絡む、ZMP関連銘柄や無電柱化関連銘柄が物色されているようだが、そろそろVR関連銘柄も再び物色されるのではないか?と密かに注目している。プレイステーションVRの発売はそろそろだ。(10月13日発売予定)。

VR関連銘柄で注目したいのはCRI・ミドルウェアだ。同社は音声・映像のミドルウェア開発で、VRコンテンツの開発にも力を入れている企業。プレイステーションVRに対応したムービー再生システムも手掛ける。

現在のチャートは3000~4000程度の値幅でレンジ相場となっているが、レンジの底値でならちょっと拾ってみたいかも。支持線を割ったところで損切りを徹底するならリスクも限定的。

またフィスコの出した銘柄カルテ(08/19号)ではファンダメンタル面97点、テクニカル面71.3点、総合24位となかなかの高評価を得ている点にも注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6879】イマジカ・ロボット ホールディングス

(VR関連・AR関連・教育×ICT関連銘柄)

本日引け後に材料を出したイマジカロボットHDを見てみよう。
世界初の4K HDR放送のオープニング番組をスカパーJSATと共同制作
世界初というタイトルは材料の大きさを期待させる訳だが、実際内容を見てみると大きな材料ではなさそうと窺える。

一週間前はポケモンのアニメ制作会社として爆発的な株価急騰を演じていて同社であるが、その後の急落によって現在の株価は急騰前の水準に近づいてきている。
ただしその前にVRへの参入を発表もしているので帳消しは無さそうな感じはするな。
チャートも急騰を演じたことによって移動平均線は上向き、売られすぎの指標も出始めている。

個人的に期待している点は、ポケモンGOによってARというものにみんなが触れて知った。
あれはまだまだ出始めのARな訳で、今後もっと発達していくだろう。
そうなってきた時に映像技術がもの凄く高いイマジカロボット社はVRだけでなくARでも急成長を迎えそうな気がする。
東京オリンピックでも活躍の場が沢山ありそうだ。
実際の建造物などに映像を投影するプロジェクションマッピングは同社の得意分野でオリンピックでも拡張現実の世界でも大活躍な予感がしてならない。
仮にVR=仮想現実・AR=拡張現実というものが流行したら、必ず至る処に広告が出てくるだろう。インターネットは流行っているって次元じゃなくなってきているが、広告の量は半端じゃないよな。
そんな広告をビル、建物全体に投影したら非常にマッチして面白いと思う。
VRもARも将来的にはウェアラブル端末のメガネになるって話だし、歩いているだけでIoTで色々ネットに繋がるだろう。広告は必ず広告主が予算上限を決める形になると思うので、出てくる広告もビックデータから個々にマッチしそうなものだけを配信するような仕組みだろうね。近未来を創造すると色々面白いな!

【7974】任天堂

(VR/AR関連銘柄・スマホアプリ関連銘柄)

「Pokmon Go」が全米で大ヒットしているようだ。
ARゲームの先駆「Ingress」と共同開発し、互いのノウハウを生かしているポケモンGO。
米国のアプリランキングでトップ、売上ランキングにも顔を出すようになってきたとか。
また、デイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態。

値嵩株で手が出せないという人も多いと思うが、値嵩株は上がりだしたら結構長丁場で騰がるってのを何度も見てきたからな。
8年前程前のDSバカ売れ状態の時は、730万円出さなきゃ1単元も買えなかった時もある。
ハードやソフトが売れる訳ではないので、日本だけでなく米国の売上ランキングをチェックしておくと良いだろう。
一日ストップ高で39万9000円ゲットは大きいなw
話題性を集めて株やってくれる人が多くなると良いな~!

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ