仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

顔認証関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える顔認証関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【6457】グローリー

(顔認証関連銘柄・生体認証関連銘柄)

硬貨や紙幣処理機で国内シェア5割を握る大手企業です。パチンコのカード装置やカジノ関連、たばこの自動販売機なども展開しているため、新紙幣がでた場合にやカジノ関連として頻繁に物色される為、眼にしたことがある人も多いあろう。

同社はそれだけでなく、顔認証技術の関連銘柄としても側面も持つ。法務省が実施した「日本人出帰国審査における顔認証技術に関する実証実験」に参加したのは、NEC・Panasonic・東芝・サクサホールディングス、そしてグローリーだ。

グローリー(6457)の顔認証

 

当サイトでは一貫して顔認証技術が次なるテーマになると予測している。そのために、早めに早めに該当銘柄を仕込む必要があるだろう。

NEC・Panasonic・東芝については大型株という事もあり顔認証技術だけで株価が上昇するとは考えにくい。昨日記載したサクサホールディングスについては多少ネタの要素が強い。もし今後市場のテーマに顔認証が目論見通り採用されるなら、本銘柄がその筆頭となるかもしれない。

グローリー(6457)チャート画像

株価は綺麗な右肩上がりを続けている。上のチャートは日足になるが、週足を見ても本年一貫して緩やかに上昇している事がわかるかと思う。ただ、それでもPER19倍と過熱感はない。むしろ売られすぎた水準から見直しが入っている段階といえるだろう。

顔認証がテーマに上がった場合は要注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6675】サクサホールディングス

(顔認証関連銘柄・生体認証関連銘柄)

情報通信機器やセキュリティ機器などを製造販売する会社だ。監視カメラやビジネスホンなどを販売しており、それらのノウハウを組み合わせたホームセキュリティー製品には定評がある。

急激な外国人訪日客の増加に対して入国審査の効率化の為、顔認証システムの導入を政府が決定した際には、関連銘柄として脚光を浴びた。ただし、この話には後述する余談があるので注意が必要だ。

事業者Bの誤拒否率

上記は、訪日外国人の急増に伴い法務省が発表した資料の中のものだ。「日本人出帰国審査における顔認証技術に関する実証実験報告」となる。この中で、誤拒否率の多い事業者Bこそが、サクサホールディングスではないかと掲示板でささやかれた。

この事でサクサホールディングスが貸借銘柄として採用されている事もあり「事業者Bを売れ」と5chで盛り上がりを見せた。つまり事業者Bと考えられるサクサホールディングスを売れという事だ。

サクサホールディングスは現在では顔認証技術の開発に進展がないが上記の経緯から、顔認証技術がテーマに上がるとしばしば物色される。

今後、顔認証が市場のテーマとなると考える当サイトとしてはチェックはしておきたい。

サクサホールディングスのチャート画像

チャートはご覧の通り、8月に底打ちをして依頼緩やかに右肩上がりとなっている。PER10倍台、PBR0.4倍台と投資妙味も高いと言えるだろう。決算発表が11月8日を予定しているので、安全にいくならここを通過してから買い向かうのも一手だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6627】テラプローブ

(顔認証関連銘柄・生体認証関連銘柄)

メモリやシステムLSI、ウエハなどのテストを行う会社だ。テストプログラムの開発やテストパターンの開発・請負を行う。また、その後の量産までを一貫して行う事に強みを持つ会社だ。

テラプローブ(6627)画像

また、その技術力を生かして顔認証ソフトも開発している。「髪形や表情、成⻑、⽼化、整形、病気、怪我によって⽇々変化しているため、これらに影響を受けず認証するための補正技術」も搭載しており、アルコールインターロック・ドアホン・入退室管理・電子辞書・医療・介護など様々な場面での導入を想定している。

テラプローブ(6627)のチャート画像

チャートはご覧の通り、+1σと+2σの間でバンドウォークをしている状態だ。更に直近高値となる829円に迫る勢いとなっている。今後、この高値を抜いてくるような事があれば、テーマ性もある事から株価の急騰も見込めるだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3653】モルフォ

(顔認証関連銘柄・キャッシュレス化関連銘柄・生体認証関連銘柄)

スマートフォンなどの組込み機器をはじめとして、様々なプラットフォームにおいて最先端の画像処理技術を駆使した各種ソフトウェアを製品化・販売する会社で、スマホの手ブレ補正やディープラーニングにも強みを持つ。

特に、ディープラーニングでは「SoftNeuro」という世界最速級のディープラーニング推論エンジンを開発しており、画像認識だけでなく音声認識・顔認識にも活用されている。

更に顔認識に特化した「FaceSolid」と呼ばれる製品もある。モルフォ(3653)独自の技術とノウハウを融合したソフトウェアで、顔の大小の変化や逆光等の環境下でも高い検出率を有している。

モルフォ(3653)顔認証画像

市場で顔認証技術がテーマとなった場合にはまっさきに物色される顔認証関連銘柄としての本命銘柄といえるだろう。顔認証系のニュースがでた場合にはまずチェックして欲しい。

20191029モルフォ(3653)チャート画像

チャートはご覧の通り、前回出来高を伴って依頼小動きとなっている。ボリンジャーバンドも収束しているのでそろそろ動きがあるかもしれない。25日移動平均線を超えてくるような事があれば打診でエントリーするのも良いだろう。

【6701】日本電気

(顔認証関連銘柄・キャッシュレス化関連銘柄・生体認証関連銘柄)

同社は言わずとしれたITサービス最大手だ。通信インフラでは国内首位で、官公庁や企業向けに強みを持つ。

生体認証技術にも力を入れており、特に顔認証技術については世界一の精度を自負している。

NEC顔認証画像

昨年買収したデンマークIT最大手のKMD社とのシナジー効果で成長を加速したい考えだ。国内外の空港で顔認証技術を活用した搭乗手続き技術が採用されるなど、実績もでてきている。

上記のKMD社やイギリスのNPS社の買収もこの流れの一貫だ。KMD社は世界で一番電子政府化が進んでいるとされるデンマークの元国策企業。中央政府のITシステムの17%と地方政府の43%のシェアを握っている。NPS社も同様にイギリスの政府や警察向けのセキュリティに強い会社であり犯罪管理の29%のシェアを持っている。

これらの犯罪や政府保有情報、税務情報は非常にセンシティブな情報のためのため、セキュリティ面において最大限の配慮が必要となるものである。そこで、強みを持つのがNECが持つ生体認証や顔認証技術となる。パスワードを破れにくく個人を特定できる顔認証技術ならばこれらの情報を安全に管理できる。同社はこのような政府関連や公共分野でのITシステムを「セーフティ事業」として今後の成長に期待している。

おりしも世界ではキャッシュレス化が進行。スマホひとつで決済ができるようになっているが、早くもその中国やアメリカではその先を行こうとしている。中国ではアリババが、アメリカでは「AMAZONGO」が代表するように顔認証決済がはやろうとしているのだ。中国ではすでに顔認証決済の登録者数が1億人を超えたとの報道もある。

今後この分野に注目が集まるようであれば、NECの株価にも影響がでてくるであろう。

20191028日本電気のチャート画像

現在の株価は4,600円前後での揉み合いとなっている。今後、顔認証が市場とテーマとなりこの揉み合いを上抜けるような事になれば、5,000円の大台を突破してくるかもしれない。

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp