仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【2402】アマナ

(スマート農業関連銘柄)

5月末に来日したトランプ米大統領が、農業と牛肉の分野で8月に大きな発表が出来ると発言した事で、大きなを集めている。米国側が求めるのは、農産物の関税引き下げだろう。日本の農家にとっては気が気ではない状況かもしれない。

現在の株式市場では農業分野にも熱視線が集まっている。7月に予定される参議院選挙では、自民党は公約に農業分野のIT化推進などを掲げるという報道もある。農業関連には今後大きな注目が集まる事が予想されるだけに先回りしておきたいところだ。

特に農業分野の人手不足は深刻な状況だ。外国人労働者に関連した銘柄にも物色人気が集まるだろうし、生産性を向上させるドローンや人工知能(AI)を駆使した「スマート農業」には特に注目したいところだ。

スマート農業の具体例としては、ドローンやセンサーを活用した画像解析技術の活用や、直接的な農薬の散布、または農機の自動走行など、農業人口の減少に大きな貢献が期待されている。特にドローンは多くの農業家にとって希望の技術になるだろう。

【2402】アマナは広告写真の企画や撮影をメインに手掛けている企業だが、スマート農業の分野ではドローン撮影に特化したサービスを開始している。また小回りの利くドローンを開発している【3694】オプティムなども併せて注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3694】オプティム

(農業次世代化関連銘柄)

11/19(月)はオプティムに大きな注目が集まっている。

オプティムは情報端末管理ソフトをクラウドで提供するなど、ソフトシステム開発を主力に展開しているが、特に遠隔操作のソフトに強みがある企業だ。

同社が注力するのは製造・医療・水産など様々な分野における次世代化、スマート化への取り組みだ。その中でも農業とITを組み合わせた「スマート農業」に大きな注目が集まっている。AIやIoT、ロボットを有効活用出来るプラットフォームと連携する事で、農業の効率化を測る取り組みとなる。

具体的にはドローンやスマホで撮影した圃場の画像をAIで分析し、異常検知箇所を表示したり、ハウス内のセンサーから作物の収量・収穫期予測、病害虫リスクの診断。またドローン遠隔操作に拠る農薬散布など、農業の人手不足問題を解決する為にも喫緊の課題となる農業次世代化へ向けて注力している。

オプティムは11/15にAIやドローンを使い農薬使用量を抑えた「スマート米」の販売を開始する事を発表している。スマート米は生育管理にドローンを活用し、AIで病害虫が検知された箇所のみ農薬を散布するなど、前述した農業次世代技術を駆使して作られたお米となる。削減対象農薬の使用量は50%から100%減と、現代の健康志向の高まりに合った商品となりそうだ。

オプティムが注力するスマート農業の分野は、地方の過疎化や農業人口の減少など様々な問題を解決する可能性が高い。また短期目線でも2018年12月に発効する「TPP11」に関連して注目される可能性が高い。引き続き注目したい銘柄となる。

 

仕手株・国策銘柄

【3694】オプティム

主要銘柄の動きに鈍りもでそうなので新興市場から、同セクターの連れ高期待から、一時はFFRIと比べられることもあったオプティム社に注目したい。
佐賀県初のマザーズ上場企業で、東証1部市場を視野に入れていると言われる。
スマホやタブレットに強く、ローソンやドスパラと業務提携したり、自社開発したプラットフォームをすかさず流行りのiWatchに対応したり、大手とのタイアップが絶えないのは、技術力の賜物だろう。
さらに、コマツ・SBI証券と遠隔操作技術提携、自動車や医療など産業分野を開拓中と材料豊富。
このタイミングで来てもおかしくないと思う。

【6616】トレックス・セミコンダクター

2つ目は、カーナビ、ETC車載機器や スマートフォン、デジカメ、パソコンといった身近なモバイル機器、それからロボット産業機器まで、幅広い分野の電源ICを手掛けるトレックス社を。
隠れ出遅れ国策銘柄として注目している同社だが、分割後、業績予想を下回ったことでずっと売られ続けてきたが、ゴールデンクロス目前で面白くなってきたか。
まだ若干チャート的に入り難いかもしれないが、本日は有力筋が同社について少し言及しただけで急騰を演じた。
往って来いとなったが明日以降どうなっていくのか見物である。

仕手株・国策銘柄

【3694】オプティム

昨年上場したばかりのオプティム社。本日は4分割で前日比-5%株価を下げたのだが、この会社は有利子負債ゼロ、特定株が99.6%で浮動株が1%未満である。
時価総額は370億円と、マザーズ市場では小さくないが、浮動株1%未満は多少の買いが入っただけで値が大きく動きそうである。
とは言え、目先25日線を早目に上抜けてることが課題。
指標的には割安とは言い難いが、同社の保有している特許技術には注目で、コマツやNTTと業務提携のIRなどが出ている。
業績も右肩上がりなので、早めに一部上場となるという話も。

【6656】インスペック

新しいiphoneの生産となれば、インスペック社の株価が騰がるといった勝手な印象。
なんでも中国の生産工場では人件費が跳ね騰がっていて、同社のような検査装置へ「人から機械へ」切り替えの動き。
今日は寄りからインスペック社をトレードしようと思っていたが、みるみる株価を上げたので結局ノートレ。
オススメのGMOペパボも取り損たし、今日はダメだったな。

仕手株&国策銘柄

【3694】オプティム

このところ、米アップルやウェアラブル機器開発企業などへサービス提供が報じられているオプティム社。
マザーズ上場で浮動株0.6%と、値が軽そうであるが時価総額は354億円と確りし。
PER221倍、PBR57倍と、既に人気のある銘柄だが、こういった指標では測れない材料の豊富さだ。
短期的には高いと感じる人も多いかもしれなが、ここ6営業日は15分足単純移動平均線(50)を割り込むことはなかった。
丁度本日引け頃にこの平均線に当たって取引を終えているので、来週が楽しみな銘柄である。
値がさ株なので、割り切りは必要だが、来週も強いようなら面白そうだ。

【3692】FFRI

来週は外資が動かないことを想定して、個人投資家に人気があり、物色対象になりやすい銘柄に注目しておきたい。
FFRI社は大きな材料(NTTコミュニケーションズ社、日本マイクロソフト社と協業を発表)を出したことから、年末年始の相場で注目を集めそうだ。
丁度この材料が出た後に新高値を取って、現在は一服中なので、押し目を狙っていきたい。
サイバーセキュリティー関連は今物色対象となりうるセクターではないだろうか。
ソニー子会社へのハッキング問題で米捜査当局は北朝鮮が関与していると報道。
こちらもPERやPBRなどの投資指標はあてにならん。株価と共に急成長を期待したい。

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp