仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6658】シライ電子工業

(任天堂関連銘柄)

07/31(月)はシライ電子工業が大きく株価を続伸。これは任天堂関連銘柄の出遅れ株としての物色が集まっているようだ。

任天堂といえば2017年に入ってから飛ぶ鳥を落とす勢いで株価を上げている。これは任天堂の新作ハード「ニンテンドースイッチ」が好調なことが大きな要因だろう。任天堂が07/26に発表した決算も好感されている。

シライ電子工業は任天堂の電子サプライヤーで、任天堂が大株主の銘柄。任天堂の人気が衰えず、シライ電子に物色が回ってきた格好だろう。2017年の任天堂の株価推移をみると非常に堅調な右肩上がり。シライ電子も上がってはいるが任天堂関連としてみると出遅れ感があるとみるのが妥当だろうか?シライ電子工業は時価総額の規模も大きくなく値動きも軽い銘柄。短期的なスタンスでも面白そうだ。引き続き注目する。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6658】シライ電子工業

(任天堂関連銘柄・ニンテンドースイッチ関連銘柄)

06/20(火)はシライ電子工業がストップ高になったようだ。任天堂関連の思惑か?と思ったら案の定。

任天堂が3月に発売したゲームハード「ニンテンドースイッチ」の売れ行きが好調なことで、部品を供給するメーカーの業績にも追い風が吹いていると一部メディアが報じたことがシライ電子の刺激になっている模様。

報道によると部品メーカーは関西に拠点を置くメーカーとのことで、シライ電子も京都に本社を置くメーカー。過去にも何度も任天堂関連の思惑で株価が動いたことのある銘柄であることから、シライ電子が急動意しているようだ。

任天堂のチャートをみると、03月にニンテンドースイッチを発売してから凄い勢いで株価を上げている。任天堂ほど時価総額の重い銘柄でさえ、+60%以上の値上がりとなっている点を考えると、シライ電子伸びシロにも期待してしまう。今後の推移にも注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2432】ディー・エヌ・エー

(ニンテンドースイッチ関連銘柄・スマホアプリ関連銘柄・自動運転(zmp)関連銘柄)

10/20(木)23時に、任天堂の新型ハード機 ニンテンドースイッチが発表された。
前日までは任天堂や関連銘柄は期待感で買われていたものの、発表後の金曜日には任天堂および関連銘柄も売り叩かれたようだ。どうやら市場ではニンテンドースイッチに失望感を覚えた模様。

ニンテンドースイッチは据え置きハードだが、コントローラー部分にもモニターを付けることができポータブル機としてもプレイすることができる。据え置き機・ポータブル機を「スイッチ(切り替え)」できることがコンセプトのようだが、市場ではこの特徴をゲーム機としてさほど目新しさがないという評価をしたということだ。

確かにVR/ARなどの最新技術がゲーム業界を賑わせているなかで、「据え置き機だが持ち運びもできる」がコンセプトではインパクトに欠けるのも事実だ。

とはいえ現時点で全てを判断するのは早計。今後リリースされるソフトなどが判明すれば、再び盛り上がりを見せる可能性はある。

ディーエヌエーはニンテンドースイッチのパートナー企業の欄に名を連ねている。また、2016年末にリリースされる任天堂初のスマホアプリ「スーパーマリオラン」でも協力関係にあるのはディーエヌエーだ。

他にも、ジャンルの異なる材料だが、自動運転関連企業で注目されるZMP社とロボットタクシー社を設立していることも面白い。今後ZMPが上場することになれば注目される可能性も高そうだ。

今後の材料も控えているし押し目で狙うのはアリか?!現状のチャートはサポートラインでもある13週線に接近しており、反発を狙うタイミングとしても面白い。

【7974】任天堂

(VR/AR関連銘柄・スマホアプリ関連銘柄)

「Pokmon Go」が全米で大ヒットしているようだ。
ARゲームの先駆「Ingress」と共同開発し、互いのノウハウを生かしているポケモンGO。
米国のアプリランキングでトップ、売上ランキングにも顔を出すようになってきたとか。
また、デイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態。

値嵩株で手が出せないという人も多いと思うが、値嵩株は上がりだしたら結構長丁場で騰がるってのを何度も見てきたからな。
8年前程前のDSバカ売れ状態の時は、730万円出さなきゃ1単元も買えなかった時もある。
ハードやソフトが売れる訳ではないので、日本だけでなく米国の売上ランキングをチェックしておくと良いだろう。
一日ストップ高で39万9000円ゲットは大きいなw
話題性を集めて株やってくれる人が多くなると良いな~!

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

 仕手株・国策銘柄

【3858】ユビキタス

株価が低迷中だったが、昨日の上方修正と赤字幅縮小発表によって今日の株価は高くなったユビキタス社。
下げ止まりのタイミングで、と同銘柄に関しては何度か書いたことがあるが、やっと底打ちだろうか。
ユビキタス社は2013年時点で2億を超えるライセンスを保持しており、IoTやMtoM関連の特許技術が凄い。

今後は「第二の妖怪ウォッチ」関連銘柄として注目を集めそうだ。
「第二の妖怪ウォッチ」とは「スナックワールド」という任天堂DSとスマホアプリで展開されるRPGゲームで、漫画やアニメ化、映画化も既に決定している。

【スナックワールド】
http://www.snack-world.jp/

また任天堂のインターネット通信技術はユビキタスの独壇場と思える。これまでにすれ違い通信システムやWi-Fiコネクションなどが採用されているようだ。
一時は3DSが売れればユビキタスの株価も騰がるといった状態であった。

任天堂と言えば、【2432】DeNAとスマホアプリへの参入を発表したばかりだ。
この時、ご存じの通り両社の株価は急上昇した訳だが、このスナックワールドは任天堂スマホアプリの大本命にならないだろうか。
制作も妖怪ウォッチやドラクエのレベルファイブ社である。
スナックワールドでは、ゲームの主人公たちが装備アイテムを「ジャラ」(キーホルダー)にして持ち歩く。
このキーホルダーは実際玩具としてタカラトミーが販売するのだが、キーホルダーにはNFCチップが付いている。
NFCチップは【6981】村田製作所(ユビキタスと資本業務提携)。

NFCチップをスマホや3DSにかざしたり、店頭の端末との連携させたり…。という感じらしい。
子供が欲しがること請合いである。

通信システムはIoTやMtoMに強く、任天堂と取引のあるユビキタス社を狙っていきたい。

極め付けは、北川精機やアンビションをドンズバのF氏がスナックワールドに大注目している点。
【7867】タカラトミーを推奨しているが、気付いたら値がすっ飛びそうなユビキタス社も良さそうである。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ