仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4063】信越化学工業(半導体関連銘柄・グローバルニッチ関連)

情報公開日:2021年2月16日

【4063】信越化学工業

(半導体関連銘柄・グローバルニッチ関連銘柄)

信越化学は化学肥料の生産を祖業とする会社だ。その後半導体材料に進出し、半導体シリコンウエハで世界首位。また、米国に設立した塩化ビニール会社のシンテックが全米最大の企業に成長。更に世界でもトップとなっている。また、同社は手持ち現金が7000億円を超えるキャッシュリッチな会社としても知られている。

株価は1月高値から決算を受けて下落。その後戻りを見せている段階だ。決算内容が減収減益となっている事が嫌気された。

信越化学工業の3Q決算

上記決算を見てみると、売上高は7%減の1兆900億円、営業利益は10%減の2850億円、純利益は13%減の2133億円となっている。

セクター別に見てみると

塩化ビニール事業が売上10%減、営業利益19%減

シリコン事業が売上11%減、営業利益32%減

と大きく足を引っ張っている。ただ、いずれも秋口から市況が回復しているとしており、今後の回復が見込まれる。また、世界的な半導体不足もあり今後も堅調な需要が見込まれる半導体シリコン事業は売上高5%減、営業利益0.5%増となっている。希土類を扱う電子材料は売上1.3%増、営業利益0.3%増となっている。

ココからわかるのは今後の売上の戻りは自動車などの生産回復にかかってくると思われる。自動車自体は顧客需要の落ち込みは見られないものの、半導体不足により減産が相次いでいる。この減産が収まれば市況の回復が見込まれ、また世界的にもコロナが落ち着いてきている現状を考えれば売上の戻りも早いと考える。

もう一点注意したいのは為替レートの問題となる。同社は1-9月の平均為替レートを元に連結子会社の損益を組み入れている。足元では長く続いた円高傾向が一服、円安が進行する可能性がある。為替の巻き戻しが続けば同社の利益を押し上げる要因にもなるのでそのあたりも注視しておきたい。

いずれにせよ、短期的には25日移動平均線までの戻りを見せている。この水準をクリアできれば高値更新も見えてくるだけに注目しておきたい。

 


この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

この仕手株情報のコメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

【重要】投稿に関する禁止事項

  • 事実と異なる内容の投稿
  • 誹謗中傷
  • 投資顧問会社の有料情報を公開する投稿
  • メールマガジンやサイト内文言などの転載
  • 営業妨害にあたる投稿

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com