仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるデジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【4178】SharingInnovations

(DX関連銘柄)

SharingInnovations シェアリングイノベーションは今年2021年3月に上場したSI企業となる。幅広い業種・業態の企業を顧客とし、社内情報管理やリスク管理などの様々なシステム・アプリの設計・開発・導入・維持管理を手がける会社となる。面白いところは占いチャットなどもの運営をしている。

株価は上場後から下落。その後は横ばいの動きが続いていたが、この所持ち直しをみせている。マザーズが上場ラッシュにむけて資金がでたあとに戻りを見せている事やNASDAQが高値を更新している事でハイテクへの期待が再燃している事がも影響しているだろう。

さて、今回取り上げた理由は「金の四方山話」で先行して配信した理由以上の事はない。気になる方は、「金の四方山話」を見に来て欲しい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6862】ミナト

(DX関連銘柄)

ミナトHDはフラッシュメモリにデータを書き込むデバイスプログラマ開発に国内で初成功した中堅メーカーだ。M&Aに積極的で現在はメモリーモジュール事業、テレワークソリューション事業、デジタルデバイス周辺機器事業、デバイスプログラミング事業、ディスプレイソリューション事業、システムソリューション事業、インテリジェント・ステレオカメラ事業、システム開発事業・Webサイト構築、メモリー・モバイルアクセサリ販売事業、財務コンサルティング事業など事業の多角化を進めている。

非接触式のタッチパネル開発で新型コロナ対策としてもてはやされ一時期株価が高騰した事があり、名前を聞いた事がある人も多い銘柄だろう。4月には日本サムスン、トーメンデバイスと共同で、国内大手メーカー向け製品に搭載されるデバイスの供給プロジェクトを本格稼働すると発表し株価が急騰した。

その後は株価も元の位置に戻り冴えない動きが続いていたが、ここにきて戻りを見せている。現在株価水準でPER17倍、PBR1倍台と適温の状態である。短期的な動きを考えるのであれば、200日移動平均線となる470円ほどを超える事ができれば面白いかもしれない。

ただ、直近の株価の上昇は「金の四方山話」でリークした通り某アナリストの情報が出回った事が影響しているだろう。月曜の新聞にも掲載された。追撃で何かと各所でしゃべる可能性があるだけに今後見ておいても良いだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4058】トヨクモ

( デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄)

トヨクモは業務効率化ソフトウェアの開発を行うサイボウズの子会社として設立された会社だ。サイボウズはグループウェアとして人気の他、メールワイズは使った事がある人が多いのではないだろうか。同社はこのサイボウズのグラウドサービス展開を目的に設立され、その後安否確認サービスの提供を始めた。基本的にはサイボウズが提供する「キントーン」と呼ばれる業務アプリの拡張昨日を提案していると考えてもらえればわかりやすいだろう。

2014年には経営陣による株式取得、MBOでサイボウズから独立。2020年にはマザーズに上々した。売上は右肩上がりの成長を続けており、上々費用が嵩んだ年以外は順調に利益をあげている。

有利子負債0、自己資本比率が67%と高く、ROEは20%弱となり利益率が高い事でPER90倍という水準で推移している。長期的にみて、株価の一段高を目指すには海外展開が必要と個人的には考える。現在、導入がすすんでいる企業を足がかりにシェアを伸ばせるかが肝になるだろう。

さて、足元の株価を見てみると高収益体制とはいえPERが高く、上々以降株価は右肩下がりとなっている。ただし、上場後半年と日柄も経過、ここにきて戻り歩調を強めている。週足13週線上抜け、日足ベースでも幾度か跳ね返されている75日移動平均線を上回る推移となっている。2344円を超えてひければ、週足26週線も超える他、月足がこの水準であれば月足の短期戦も上抜ける。

テクニカル的には一旦底入れとなり、目標としては3分の1戻しの3000円、半値戻しであれば3500円程度まで見る事ができるだろう。本日と、来週末の月足確定の数値は確認しておきたい銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3913】sMedio

(DX関連銘柄・MtoM/IoT関連銘柄)

同社はワイヤレスにスマホや家電・パソコンを接続するソフトに強みを持つ会社だ。家庭内の接続のみならず、屋外からのリモート接続にも対応できるソフトのラインナップに特徴がある。

収益源は開発ソフトを搭載するデジタル家電機器の出荷台数に応じたロイヤルティと受託開発となる。

デジタルTV、スマートフォン向け組み込みブラウザで、小型家電での省リソース動作から、デジタルTV、スマートフォンなどでのフルスペック動作まで、独自の高速化技術により、限られたリソース環境でもハードウェアの性能を引き出し、ストレスの無い高速な操作性が可能とうたう「Tourbillon」と呼ばれる同社の製品が、2400万ライセンスを達成したとのこと。今後もライセンス数の拡大が見込まれさらなる収益の拡大に期待がかかる。

本日は1200円程度から一社配信があり後場に上昇。6.6%高の1260円で引けている。25日移動平均線・75日移動平均線・200日移動平均線を上回っての大引けとなったことで短期的には上値追いが期待できる格好だろう。

【4172】東和ハイシステム

(デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄・仕手株情報)

東和ハイシステム(4172)は歯科医院向けに電子カルテシステムを販売する会社。もともとはレジスターの販売会社として設立されたが、その後歯科医院向けに進出して成長し最近マザーズに上場した会社だ。

「歯科電子カルテ総合システムHiDentalSpiritXR−10i」を主力商品とし販売しているが、その後のサポートなどを無償としている事に強みをみを持っている。これにより3000件を超える顧客を抱えており、買い替えの更新率も9割を超えるなど安定した業績を残している。

今後の課題は7万件に迫ろうかという歯科医院でのシェアの拡大ができるかと、オンライン診療向けに開発した商品で売上を伸ばせるかという事になる。

また、安定配当をこころがけており、新規上場の会社ではあるが今期配当が55円となっているところも注目だろう。

株価は上場後のご祝儀相場から下落。その後は3000円~3500円のBOX相場となっている。この上限を抜ける事ができれば、半値戻しとなる4200円程が見えてくる可能性があります。

需給的には来週から動きがあってもおかしくないが、そのあたりは勉強会「金の四方山話」にて掲載しておくので気になる方は見ておいて欲しい。

ただし、本日は月末のポジション調整で全体相場が急速に悪化。月初に株価が戻れば良いが、地合いによってはリスクも高い事は頭に入れておいた方が良いだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」

【2987】タスキ

(仕手株情報・デジタルトランスフォーメーション関連)

タスキは東京23区を中心に投資用マンションを販売する会社で2020年10月に上場した。IoT対応家電を標準化したりと付加価値をつけ単価を上昇させるところに特徴がある。

また、何よりも販売手法が独特。営業先が富裕層向けとなり相続税対策として売り込む事を得意としている。売上の大半はこの富裕層・相続対策として販売するLiveMana(リブマナ)事業となる。

同社のその他の特徴としてデジタルトランスフォーメーションに力を入れている事にある。VRを活用した内見・営業や低稼働になりがちな1階部分をトランクルームにして稼働率を上げるなどの工夫を行っている。

その他の事業としては日払い等で給与を前払いする場合の仲介を行うDayPay(デイペイ)事業と呼ばれるクラウド型サービスも行っている。

上場前から年々増収増益を続けており、配当性向35%を目処に配当も出しており、新規上場・マザーズの銘柄ながら安定性のある財務内容というのは好感が持てるだろう。

チャート的にも上場後の高値から半値まで押しており、ここから反騰の可能性がある。マザーズという事や四季報によると主力のマンション販売が前期より単価増の上引き渡しも増えるとなれば、期待が持てるだろ。

【2335】キューブシステム

(デジタル庁関連銘柄・テレワーク関連銘柄)

【2335】キューブシステム(個人的おすすめ銘柄・テレワーク関連銘柄・巣篭もり需要関連銘柄)

上記にある通り、以前の記事でも注目していたキューブシステムが良い位置まで落ちてきている。前回紹介時が1170円から、高値1747円と約600円幅・株価1.5倍となった銘柄だ。

内容に関しては、以前の記事を参照して欲しい。今回、第2四半期の決算を10月28日に発表しているが、2Q累計連結経常利益は前年同期比51.9%増の6億円と好調なようだ。通期計画に対しても53.8%の進捗となっている。

現状は巣ごもり需要や企業のテレワーク需要などが旺盛。下期も業績は拡大すると予想している。通期計画はクリアすると考えるt、3Q辺りで上方修正が出てもおかしくないだろう。懸念は受注残高が減少している事だが、十分巻き返しはできると考える。

肝心の株価は10月21日をピークに下落基調となっている。長らくサポートとしていた25日移動平均線を割り込んでおり、短期的には下落基調だ。ただし、75日移動平均線にタッチしたあとに株価は反発を見せており、底打ちの可能性がたかい。業績自体は悪くない銘柄の為、今後の巣篭もり需要や流通系のシステム構築が挽回することで息の長い相場になる可能性があるだろう。

 

 

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com