仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

リサイクル関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるリサイクル関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【6255】エヌ・ピー・シー

(リサイクル関連銘柄・太陽光発電関連銘柄)

1/24(木)はエヌ・ピー・シーが大きく上昇している。

24日付の日本経済新聞が「太陽光パネルの再利用義務化」と報道した事で、太陽電池製造装置を手掛ける同社に物色人気が集まった形だ。

日経新聞の報道によると、環境省は太陽光パネルのリサイクルを利用者などに義務付ける方針を固めたとされている。太陽光発電自体は、2012年に始まった固定価格買取制度(FIT)で急速に普及が始まったが、パネルの耐用年数は20年程度とされている為、2030年頃から大量の廃棄が見込まれていた。

具体的には、現在のパネル廃棄量は千トン程度だが、2030年には3万トン、2039年には77万トンまで増加する見通しらしい。今回の義務化で、不法投棄を防ぎ、資源回収、再利用へ繋げる方針だ。

エヌ・ピー・シーは太陽光パネルのリユースやリサイクル事業も手掛けており、今回の義務化報道で一気に関心が集まったのだろう。尚、同社が出資するPVテクノリサイクルは、2月27日から開催される「資源リサイクルEXPO」で、割れた太陽光パネルのガラスを他の部材と分離する技術を出展する予定だ。

資源リサイクルは今後、世界中で注目を集める分野となるだけに、エヌ・ピー・シーの注目度は今後も増して行く事が予想される。引き続き注視したいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6531】リファインバース

(リサイクル関連銘柄)

1/11(金)はリファインバースに大きな注目が集まっている。

同社は10日取引終了後に、自動車用エアバッグや漁網などの製造工程で大量に排出されるナイロン製廃棄物のリサイクルを量産化する技術を確立、事業化を進める事を発表して買いが集中しているようだ。

元々、リファインバースは使用済みのタイルカーペットから合成樹脂素材を高効率で取りだす技術を有しており、タイルカーペットや遮音シート、建材、床材、自動車部品など様々な用途に活用出来るリサイクル事業に注力をしていた。資源ゴミの再資源化は世界中から注目が集まるテーマとなっている。

近年は特にプラスチックごみの問題などが環境保全の観点からも大きな注目を集めている。世界の機関投資家が環境問題への取り組みに注目していると言われている中で、リファインバースのリサイクル技術力は今後更に大きな注目を集める事になるだろう。

今回、量産化を進める事を発表した新事業は、愛知県一宮で遊休となっている繊維関連工場に新たな製造拠点を設けて事業化を進める方針だ。同設備からは年間10億円程度の売り上げ高を想定しているらしく、これは株価的にも期待出来そうだ。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ