仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

仕手株情報

仕手株情報についての記事を書いています。まだ噂段階のものから、仕手筋やファンドの動向、聞いた話などで短期的な相場が形成されそうな短期急騰株について。仕手株の一覧や仕手株リストとして見て頂ければと思います。

仕手株情報の一覧

【4563】アンジェス

(思惑関連銘柄)

昨日に引き続きのアンジェスとなる。もちろん、昨日の記事の通り増資に関しては注意が必要であり、資金管理をしっかりしていないと不意打ちの増資にやられてしまうのは留意していただきたい。

さて、昨日記事にしてから「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けDNAワクチン:大阪大学医学部附属病院でのP1/2臨床試験開始」「新型コロナウイルス感染症DNAワクチン開発:Brickell Biotech社との共同開発契約締結のお知らせ」と材料を発表した。ただし、私が耳にした噂はこれではない。噂の内容としては、「10月にも日本だけではなくフェーズ3に入るとのIRを発表する」というものだ。

ワクチン開発にはフェーズというものがある。日本だと、「相」と呼ばれる。第I相(フェーズ1)は数十人程度のボランティアに対して治験が行われる。第II相(フェーズ2)は感染症が発生している地域で数百人規模で行われる治験となる。ここまでで有効性と安全性が検証され、更に大規模な第III相(フェーズ3)と呼ばれる数千人規模の治験が行われる。統計的な誤差をなくし、更に安全性と有効性が確認されれば、当局の認可によって一般での使用となる。もちろん、その後も安全性の検証は続けられる。これはフェーズ4となるが、今回は一般使用までの道のりが大事なので割愛する。

それではこの事を踏まえて先程の噂を検証すると、まだアンジェスの治験は1/2相と呼ばれるごく少数に対する投与である。また、この安全性の検証にも一ヶ月程度はかかる。つまり、10月にⅢ相試験というのは現実的には無理だろう。場合によっては、先行するアメリカ企業と共同で行うという形で行うのかもしれないが…。

ここからわかる事は、複雑なワクチン開発の過程の説明をすっ飛ばして飛びつく人に買わせようとしている誰かがいるという事ではないだろうか。もちろん、噂によって株価は上昇するかもしれないし、ウルトラCでアメリカでのフェーズⅢの発表があるかもしれない。補助金をたんまり手にしたアンジェスがそうそうと増資に踏み切る事はないだろうという思惑もあるかもしれない。ただし、このような噂がでまわる事自体、本来よろしい事ではない。しつこい良いだが、注意されたし。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9424】日本通信

(仕手株)

日本通信はMVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者の先駆けとなった会社だ。データだけではなく、音声通話でも大臣裁定でドコモに勝利した事は記憶に新しい。

通信費用の引き下げは現在政権、特に菅官房長官が度々口にするものであり、いわば国策となっている。その通信費用の引き下げに貢献している同社は国策銘柄と言っても過言ではないだろう。

一方で、大手は3社はすでに系列に格安シムの会社を揃えている。日本通信が切り開いた道であり、その事は大きく評価されるべきだが独立系としては苦しい立場にある。売上も低迷し、赤字体質となってしまった現状からの巻き返しは容易ではないだろう。株価も290円どころが重くなっているのはこの現れだと思われる。

話は変わるが相場には「当たり屋につけ」という言葉がある。先日、日本通信に材料がでた際に売り抜けた当たり屋がプロルート丸光に手を入れたらすぐに材料がでたとの話がある。その当たり屋が再度日本通信を触っているらしい。

ことの真偽は不明だが、相場の格言取りいくなら当たり屋につくのも面白いだろう。今日の14時前からの上昇もこのような思惑を強くするものがある。今後の動きには是非期待していきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5199】不二ラテックス

(仕手株情報)

不二ラテックスはコンドームと精密機器が主力の会社だ。コンドームで有名な岡本から独立する格好で発足している。ゴムに強いことから販促のためのバルーン製造や家具の転倒防止ゴムなども製作。現在は精密機器の緩衝装置に注力しているようだ。

8月6日に発表した「2021年3月期 第1四半期決算短信」を見てみると、減収増益となっている。新型コロナの影響で売上は落ち込んだものの、コストの見直しや人材の適正配置などを昨期に行ったことで販管費を圧縮し増益となったとしている。

ただ、インバウンドが減退し海外、特に中国の需要が主力のコンドームで落ち込んでいることから、今後の売上計画に影響がある可能性があるのでその点は注意だろう。

さて、そんな同社だがPER81倍まで買われている。巣ごもりでコンドームの需要が増えるとの思惑やテーマ性と言えば聞こえは良いが、IRで業績の修正をだしていたりと巣ごもりの恩恵はさほど受けていないことは周知のはずだが、6月には4300円の高値をつけた。その後株価は大きく下落したものの再度上げ足を早め、4000円をみている状態だ。

同社はここまで株価が上昇した現在でも時価総額は50億円程度。大株主には創業家が並び浮動株は25%程度。市場に流通している株は10億程度となる。つまり、浮動株がすくなく、買い占めが起こると株価は急騰しやすい銘柄といえるだろう。

そんなこともあるのか、同社株の急騰の背景には、私もツイッターでかみつかれたとなる人の存在がささやかれている。売り抜けたがっているとの話も耳にしていることから、最後大きな上昇を見せることで、相場を作る可能性もある。

もちろん、この手の話は真偽はわからないが、ここまでの上昇をみると面白い動きになる可能性もある。エムティジェネックス(9820)のような急騰劇となるのか要注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

LIXILビ(3564)は見事にTOBが発表されてみんな利益になったと思う。

私の勉強会では、情報元別ごとに銘柄を提示しているが、次はLIXILビバ(3564)と同じところからの情報をお出しできると思う。

期待しておいて欲しい。

気になる方は必ず勉強会に参加しておいて欲しい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6343】フリージア・マクロス

(思惑銘柄銘柄)

断熱工事や防水、シロアリ駆除などの住宅関連工事を手掛ける会社。面白いところでは、ATM筐体や舗装試験機・掘削なども手掛けている。

5月20日の本決算では連結経常利益が前期比33.7%増の12.9億円に拡大と、減益予想(9億円)から一転して増益で着地し、これを好感して決算翌日に株価は急伸している。

ただ、その際は売り物に押され株価はもとの水準に戻っている。

ところが、先週末に急騰し、25日移動平均線からの反発及び、もみ合いを終値ベースで上抜けとなっている。また、投資顧問数社が配信してきている事から背後に思惑を感じるのは私だけだろうか。今後の動向に注目しておきたい銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

以前に予告していた一貫推奨銘柄が決定した。本日、勉強会にて公開した。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

 

以上

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2338】ビットワングループ

(思惑関連銘柄)

仮想通貨関連事業を手掛けている会社だったが、競合が多発したことで現在の主力はまつげサロンとなっている会社だ。

あまりこういう事は言いたくないが、継続疑義もあり、ボロ株と言える銘柄だ。

だが、それ故に思惑が広がっているのだろう、本日の決算発表を前に株価は大きく上昇した。

そして、本日の決算発表において代表の交代が発表され、また、仮想通貨事業等がうまくいかない為、5GやAI関連事業を海外にむけて開発するとしている。

ますます事業内容が見えなくなった格好だが、いわゆる箱企業としての動きを強めるのではないか。

となると、今後は増資などもでてくる事になると思うがそのためにはまずは株価を吊り上げかねない気もしている。このあたりは憶測の粋をでない話ではあるが、直近の株価の動きを考えるとおもしろい銘柄であるだろう。

 

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com