仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

仕手株情報

仕手株情報についての記事を書いています。まだ噂段階のものから、仕手筋やファンドの動向、聞いた話などで短期的な相場が形成されそうな短期急騰株について。仕手株の一覧や仕手株リストとして見て頂ければと思います。

仕手株情報の一覧

【4172】東和ハイシステム

(デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄・仕手株情報)

東和ハイシステム(4172)は歯科医院向けに電子カルテシステムを販売する会社。もともとはレジスターの販売会社として設立されたが、その後歯科医院向けに進出して成長し最近マザーズに上場した会社だ。

「歯科電子カルテ総合システムHiDentalSpiritXR−10i」を主力商品とし販売しているが、その後のサポートなどを無償としている事に強みをみを持っている。これにより3000件を超える顧客を抱えており、買い替えの更新率も9割を超えるなど安定した業績を残している。

今後の課題は7万件に迫ろうかという歯科医院でのシェアの拡大ができるかと、オンライン診療向けに開発した商品で売上を伸ばせるかという事になる。

また、安定配当をこころがけており、新規上場の会社ではあるが今期配当が55円となっているところも注目だろう。

株価は上場後のご祝儀相場から下落。その後は3000円~3500円のBOX相場となっている。この上限を抜ける事ができれば、半値戻しとなる4200円程が見えてくる可能性があります。

需給的には来週から動きがあってもおかしくないが、そのあたりは勉強会「金の四方山話」にて掲載しておくので気になる方は見ておいて欲しい。

ただし、本日は月末のポジション調整で全体相場が急速に悪化。月初に株価が戻れば良いが、地合いによってはリスクも高い事は頭に入れておいた方が良いだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」

【3956】国際チャート

(仕手株情報・キャッシュリッチ関連銘柄)

国際チャートは工業用の記録紙を扱う会社だ。工業計器や環境計測に使われる記録紙、食品のパッケージや身近な所では粗大ごみシールなどのラベル関連、心電図などの医療関連、電気ガスの検診や郵便振替などの情報端末製品、温湿度記録用紙などがある。

一時、ICタグ分野に進出をはかり失敗。これにより財務が悪化し親会社の横河電機の元で再建。その後、企業再編の過程で東芝テックの傘下となり、現在はナカバヤシのTOBにより同社が51%を持つ連結子会社となっている。この時のTOB価格は258円となる。

同社の現在の時価総額は23億円程度ながらも、現金保有が10億円とキャッシュリッチな会社としても知られている。

一時、新型コロナワクチンのラベル需要などで関連銘柄が物色されたが、同社も影響を受けた。その後の3Q決算発表では対前年比売上高17.6%減の28億円、営業利益19%増の8.8億円、純利益32%増の7億円を発表し人気化した。

新型コロナワクチンのラベル需要というものはなかった上に逆にコロナの影響で主力の工業用紙が振るわなかったが、巣篭もりで食品関連が好調だった他、外注していたラベル生産の内製化などの経費削減が功を奏した格好だ。

株価はその後軟調に推移したものの戻りを見せている。現在は390円と半値戻りをクリアしている。背景には短期筋が入っている可能性があるだろう。株価高騰後に売り叩かれていた400円台定着となれば高値更新が見えてくるだろう。下げたら拾っておきたい銘柄だと考えている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2788】アップル

(自動車関連銘柄・仕手株情報)

同社は中古車買い取り・販売の「アップル」を運営する会社だ。車好きなら一度は聞いた事のある会社だろう。中古車買い取り・販売のアップルはフランチャイズ展開となっている。

一方で東南アジアや中国などへの中古車輸出やベンツの販売代理なども行っている。事業規模としては知名度のあるアップル事業よりもアジアへの輸出販売の方がわずかに大きいなど、意外な面もある。

新型コロナの影響で輸出事業の伸び悩み・停滞を予測していたが、想定超の回復を見せている。これにより、今期も前記並の利益となる事が見込また事で株価は急騰。刺激材料の1つとして株式新聞に取り上げられたのも1つの要因だ。

その後は株価は下落せず保ち合いを形成。本日25日移動平均線との乖離が縮まった段階で、再度動意となっている。このままもみ合いを上抜けとなれば一段高も期待ができるだろる。

一方で、同社はいわゆるワンマン経営である。内部統制に課題が残っており、たびたび問題なる。この点はリスク要因といえる。そのため、長期投資には向かない銘柄であるという事には留意しておきたい。

一応、他にも嘘のような本当の話があるがそれは勉強会「金の四方山話」にて記載しておく。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2987】タスキ

(仕手株情報・デジタルトランスフォーメーション関連)

タスキは東京23区を中心に投資用マンションを販売する会社で2020年10月に上場した。IoT対応家電を標準化したりと付加価値をつけ単価を上昇させるところに特徴がある。

また、何よりも販売手法が独特。営業先が富裕層向けとなり相続税対策として売り込む事を得意としている。売上の大半はこの富裕層・相続対策として販売するLiveMana(リブマナ)事業となる。

同社のその他の特徴としてデジタルトランスフォーメーションに力を入れている事にある。VRを活用した内見・営業や低稼働になりがちな1階部分をトランクルームにして稼働率を上げるなどの工夫を行っている。

その他の事業としては日払い等で給与を前払いする場合の仲介を行うDayPay(デイペイ)事業と呼ばれるクラウド型サービスも行っている。

上場前から年々増収増益を続けており、配当性向35%を目処に配当も出しており、新規上場・マザーズの銘柄ながら安定性のある財務内容というのは好感が持てるだろう。

チャート的にも上場後の高値から半値まで押しており、ここから反騰の可能性がある。マザーズという事や四季報によると主力のマンション販売が前期より単価増の上引き渡しも増えるとなれば、期待が持てるだろ。

【5199】不二ラテックス

(仕手株情報)

同社に関しての記事はまずは以前の記事を見てほしい。

【5199】不二ラテックス(仕手株情報)

さて、このときから大きく上昇。その後はやはりエムティジェネックのような下落となった。

今後の動きだが、何やら再度やるかもしれない。ただ、前回のような高値まで戻るのは難しい。提灯を使った花火のような感じになるので、安いところで拾った人は1回転くらいにしておいたほうが良いだろう。

私から言えるのはここまで。あまり言うとまた噛みつかれたらかなわん。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1757】クレアホールディングス

(仕手株情報)

THE仕手株。仕手株キング。高杉建設からキーイングホーム、千年の杜、東邦グローバルアソシエイツなど社名をコロコロ変えている。

明日には臨時株主総会を開き、役員交代と新規事業展開の是非が問われる事となる。

話によると、色々な大人達が仕手戦をやりたがっているようだ。東光の筋の人などが入っているという話もるが、噂は噂。

とはいえ、話に効く大人たちの中にはいわゆる解体屋と呼ばれる人達もいる。解体屋はその属性的に煽りが得意な事から、現在は上昇に転じている。

この辺りの話はあくまでも噂であると強調しておくが、いくつかの投資顧問も関わってきているので登録して推移を見てみるのも面白いだろう。おすすめの投資顧問を載せておく。

 

入っておくべき投資顧問会社5選

現在の私の票読みだと、仕掛けているほうが優勢の模様だ。勝負は下駄を履くまでわからないが、見ておいて見るのも面白いだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5341】アサヒ衛陶

(仕手株情報)

衛生陶器や水栓金具などの会社。簡単に言えば、トイレ関連という事になる。同製品関連のトップは言わずとしれたTOTO。更にはLIXILなどが続くが、LIXILは中国の衛生陶器会社の買収でやらかし。TOTOが一強と言っても良いが、新型コロナによる需要の増大をさばききれず、同社も恩恵を預かる展開となっている。

同社は赤字体質であり、資本増強のために第三者割当を行うなど経営的には苦しい展開であり、継続前提に疑義がある。一方で、時価総額基準への抵触を上記恩恵で株価が上昇した事によってクリアし、思惑買いが先行している。

近く材料という噂があり、少しづつ集めているという人がいるが何の材料なのかも、いつ出るのかも、そもそも本当に出るのかも不明。

ただし、現在の株価は長期足的には上昇波動の下限。日足としても75日移動平均線がサポートになるかと言った位置となっている。同線を割り込んだ場合に撤退とすれば損失も少なくなるので、投資妙味はあるだろう。割り切りで勝負できる人にはおすすめをしておく。

とはいえ、現在の相場は仕手株などを触っている必要はない。ワクチン開発に目処ができた事でしばらく大型株中心の相場になる可能性が高い。今週で決算が出尽くす事になるので、好決算・来期見通しの良い出遅れ銘柄を中心に買い進めて行くことを基本的にはおすすめする。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com