仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

国策銘柄:水素関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える水素関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【9101】日本郵船

(海運業)

海運大手3社の一角で海運では国内首位の会社。「高出力燃料電池搭載船の実用化に向けた実証事業を開始」「世界初、水素を輸送する国際実証試験を本格開始」とあるように、一応は水素関連や再生可能関連の銘柄である事は以前触れた通り。ただ、今回は業績の上方修正について注目したい。

同社は昨日12月24日に「当年度通期業績予想及び特別損失の計上に関するお知らせ」を発表。新型コロナの影響で航空運送事業が好調な上、定期船も好調な事から業績を上方修正するとしている。ドライバルク(ばら積み船)については特損を計上するとしているが、損失を上回る利益となると想定しているようだ。

正確な上方修正の数字は来年の2月3日に公表予定としており、それまでは思惑が膨らむ展開となる。チャートもきれいな右肩上がりである事から25日線にそった動きに期待が持てるだろう。

また、バルチック海運指数がこの所上昇に転じている。足を引っ張っているばら積み船の特損が減るような事があれば更に好感される可能性がある。業績を引っ張っているのは定期船や航空便となるが、不定期船の売上比率は50%近い事からバラ積み船などの不定期船の市況の上昇とともに採算性が向上すれば業績のさらなる上振れに期待が持てるだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6378】木村化工機

(水素関連銘柄)

同社は1924年創業と歴史あるプラントエンジニア。化学プラントの設計・製作・据え付けなどを一貫して行う会社だ。化学だけではなく、原子力などの事業も手掛けており総合プラントメーカーとして名門である。

先日記事にした同業の三菱化工機と同業であり、プラント事業を考えた場合にはこちらの名前を思いつく人も多いだろう。本日急騰している新日本理化の記事内でプラントの本命として上げていた。

【4406】新日本理化(水素関連銘柄)

仕手株まとめとしては、やはり新日本理化を先に掲載したかったので、記事にするのが後回しになった。だが、本日一時10%超の上昇とようやく出遅れてきた所だ。

同社が本命ながら株価の反応が遅れた理由は、原子力発電所の稼働停止や廃炉がある。原子力事業については稼働停止のニュースなどがあり、業績に見通しが不透明なのだ。とはいえ、水素プラントを設営するなどする場合には同社にも商機がある。

水素関連が引き続きテーマとなる場合には高値更新した事もありもう一伸びはあるかもしれない。

ただ、今回は特に伝えたいのは銘柄という事ではなく、市場のテーマが剥落した場合のリスクだ。テーマに乗るのは非常に大事な事だが剥落した場合には期待感も遠ざかり株価は下落する。どこで買って、どこで売るのか?その想定が崩れた場合にはどこで損切りを行うのか?全てを事前に決めた上で投資行動を行う事をオススメする。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6361】荏原製作所

(再生可能エネルギー関連銘柄・水素関連銘柄)

ポンプメーカーとして祖業し、現在は風水力事業や精密・電子事業を手掛ける会社だ。風水力事業の売上高比率が60%を超え、祖業のポンプやコンプレッサー・タービンなどの機械に強みを持つ。最近では力を入れている精密分野が利益を牽引している。特に風水力などの設備投資が新型コロナの影響を受けて横ばいからやや減少するなか、巣ごもり需要の発生でデータセンター向けなどが伸びている。

売上高は上述の通り伸び悩みを見せているが、販管費の抑制や利益率の改善、また精密分野が伸びた事で11月27日発表の第3四半期決算では売上高は3,693億78百万円(前年同期比0.8%増)、営業利益は222億55百万円(前年同期比9.8%増)、経常利益は205億15百万円(前年同期比2.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は123億57百万円(前年同期比4.2%増)となっている。売上高も若干伸びてはいるが、受注高が3,660億81百万円(前年同期比3.6%減)と若干減少している点が将来反映されてくるのでその点は注意だ。

とはいえ、現在株価水準でPER17倍、PBR1.1倍と特に過熱感はない。風水力事業が主力という事で再生可能エネルギーの一角として株価が上昇、それに伴い空売りも呼び込んでいる。信用倍率は0.4倍、逆日歩が0.05円ついており売り方は苦しい展開。昨年来から今年にかけて3500円が意識されており、本年高値も3570円となっている。この2月高値をとった後にコロナショックとなっており、高値奪還できれば売り方の踏み上げが加速する可能性がある。丁度現在水準が節目といえるだろう。

また、水素関連や再生可能エネルギーとしてどこかで取り上げる事があれば需給面が大きく偏り一段高があるかもしれない。今後の株価の動向に注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7727】オーバル

(水素関連銘柄)

同社は流体計測機器の最大手企業だ。センサーやそれに付随するシステム、そしてサービスを一貫して行う事に強みを持つ。LNGガスの流量計や石油備蓄基地向けのバルブなどに実績があり、石油プラントには必須とも言える企業だ。

近年は水素燃料向けの商品に力を入れている。工場などで用いる大流量から家庭用、燃料電池向けなど各種ラインナップを揃えており今回の菅総理の脱炭素の流れを受けて株価は高騰している。同社の水素計測用流量計ラインアップはコチラ

昨日紹介した三菱化工機は株価が割安な事や水素ステーションなどの今後のインフラ整備で売上増大が狙える事から今回の水素関連としては一番手で記載した。ただ、オーバルに関しては流量計という水素を活用する上で必須のものを扱っている事から、二番手で紹介する。

脱炭素、水素社会を実現するために必要な事を水素自動車を元に考えてみよう。水素の生成→運搬→ステーション→使用となる。生成事業については大型株になるし、運搬については日本郵船が代表になる事から短期で値動きを狙うという意味では旨味が少ないだろう。

ステーションについては先程述べた三菱化工機となり、使用の場面で必要なのは車という事になるがこれは車メーカーとなる。

この全般において行わなければならないのが計測となる。どのくらい生成したのか、運搬している流量、ステーションでの備蓄量、どれをとっても必要となる。ここが狂ってしまうと、全てが機能しなくなってしまう。

ここまでは当たり前の事だが同社の一番の魅力は時価総額100億円未満と小型故に値動きが軽い点だ。PBRも0.6倍と割安。更にPERを見ると今期こそコロナの影響で1株益2.9円予想となっている事から100倍超えと割高に見えるが、22年度想定の1株14円であれば25倍程度と現在水準でも過熱感とは言えない水準だろう。

この数日で株価は大きく上昇した事から一服となっているが、再始動した際には値動きがよくなる点には注目しておきたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6331】三菱化工機

(水素関連銘柄)

現在の株式市場は菅総理の発言でテーマを探すのが流行りとなっている。本日は婚活サイトが上昇したが、やはり本テーマはEVや水素という事になるだろう。昨日は新日本理化を取り上げたが、本日はこの中でも割安本命となりえる三菱化工機となる。

同社は石油や化学プラントのエンジニアリング会社となる。製造・据え付け、修理まで一貫して手掛ける事に強みがある。石油化学が中心だが、機械全般を扱っており食品や電子部品の実績もある。今回のテーマである水素にも強く、燃料電池車用の水素ステーションも製品化している。

新型コロナウイルスの影響で景気先気懸念や顧客となる企業の設備投資が慎重になるとの見方から株価は割安で放置されていた。ところが、「2021年3月期第2四半期連結業績予想と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正に関するお知らせ」を発表。売上に関しては伸び悩みを見せるものの、出張などの販管費の抑制により利益は増加している。

さらには11月30日に「水素吸蔵合金を用いた水素高圧化の実証に成功 ―コスト面に優れた吸蔵合金水素圧縮機の商用化に期待―」というIRを発表。再生可能エネルギーや脱炭素が市場のテーマとなっていた事から株式市場が反応していた所に、このニュース及び菅総理の水素発言で一気に株価は上昇している。

現在株価は2899円と高原に位置しているように見えるが、それでもPER12.22倍、PBR0.98倍と特に過熱感はない。水素関連が今後も市場のテーマとなる場合には一段高の可能性は十分にあるだろう。

他にも水素関連としては【7727】オーバルや【6497】ハマイ、【6391】加地テック、【5974】中国工など多数ある。監視を続けた上で下落場面では押し目買いを入れたいところだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4406】新日本理化

(水素関連銘柄)

先日菅首相が脱炭素社会に向けて水素の活用に言及した。新たな水素運搬方法を開発するとまで発言している。これまで菅首相の脱炭素発言で市場はEVや電池といった銘柄が反応していたがこれで本日は一躍水素関連が急浮上している。そんな中の1つとして新日本理化を取り上げる。

同社は1919年祖業。水の電気分解による酸素と水素を製造する会社として出発している。まさに水素はテーマのど真ん中といえるものだ。もっとも現在の主力商品は石油化学製品や油脂ベースのオレオ誘導体となっており直接的な水素生成が業績に影響を与えるという事は少ないだろう。

ただ、この石油化学商品群は簡単に乱暴に言えば石鹸なのでコロナ関連の銘柄とも言えるかもしれないが、それはまた別としておきたい。

さて、同社が急騰している理由はおそらくは四季報に選択水素や水素添加に強みと書いてあるからだろう。ただ、残念か事に水素化とは「色々なものから水素を取り出す」のではなく「化合物に水素を添加する還元反応」の事であり、水素を作り出すものではない。

とうい事で、今回の相場の原因は思惑という事になる。いわざ仕手化というものだ。これは加藤先生が1相場起こした事が猛烈に皆さんの記憶にあるが所以だろう。だからこそ、木村化工機(6378)などのまっとうな水素関連の銘柄ではなく本銘柄を取り上げている。

同銘柄に関しては話題・思惑先行の相場が続く事になるだろう。正直空売りで良いくらいだが、そんな野暮な事は言いたくない。私は仕手株が好きだ。水素相場という事にしてどこまでも天高く登っていって欲しいものだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7715】長野計器

(水素関連銘柄)

未確認レポートより

長野計器は圧力計の大手で、車載向け電装品などを扱う会社だ。機械式圧力計では世界首位。その他、世界最大の電子圧力センサーを持つなど、圧力計ではトップ。

ただ、直近では中国の景況悪化設備投資意欲が減退。「2020年3月期第2四半期業績予想値と実績値との差異及び通期業績予想の修正に関するお知らせ」を発表するなど業績面は芳しくない状況が続く。

これを受け、株価は下落。一方でPER10倍台、PBR0.6倍台と値頃感もあったことから11月21日に安値677円をつけたあとは出来高を伴った切り返しを見せている。

直近のチャートは下記の通り。日足ベースでは直近高値でダブルトップとなっている818円に迫っている。ここはテクニカル的には大きく抵抗ラインとなると考えられる。逆に言えば、この水準を終値ベースで抜けたあとは、株価は大きく花開くのではないだろうか。

長野計器(7715)チャート画像

続いて週足ベースで見てみよう。週足ベースで見た場合も1500円が将来的には抵抗ラインになることがわかる。ただ、これは将来的な話。

目先の動きを見てみると、本年一年に渡って続いた右肩下がりのBOX相場から上抜けしている。となれば、まずは年初来となる874円の奪還が目安となるだろう。

現行からみても10%弱の値幅と考えると投資妙味がでてくる。続いて半値戻しの1067円と言ったところだろうか。

長野計器(7715)週足チャート画像

また、材料が出やすい状況にあるのも市場から注目されている理由の一つではないかと考えている。

同社は現在12月6日まで開催されている「社会インラテック2019」に出展している。同社の圧力計の技術は今後社会インフラとして整備されるであろう水素ボンベの管理維持に使われるのは必至の情勢だ。このようなテックで何か面白い技術が公開されれば買いが集まるかもしれない。

株マイスターの登録はこちらから

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com