仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

巣ごもり関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える巣ごもり関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【7513】コジマ

(踏み上げ期待銘柄)

郊外型の家電量販店大手。今は四季報には中堅と呼ばれてしまっているが、同業他社に先駆けて出店攻勢を行い、全国展開。家電量販店一位となっていた会社だ。

その後はヤマダ電機との出店勝負により低迷。経営不振に陥り、ビックカメラの傘下に入り経営を立て直し中だ。ビックカメラが50%の株式を握る親会社となっている。

経営再建は順調で2019年8月期には復配を達成した。今期もコロナ禍はあるものの配当は継続する予定だ。

今回は踏み上げ期待の銘柄という事でチャートも掲載しておく。

ご覧の通り、決算発表後に株価は上昇。復配を果たしたとはいえ、コロナの影響等を勘案したのかかなりの売りが入っている。信用買残70,700株に対して、売残237,100株。逆日歩は0.05円。信用倍率は0.3倍とかなりの売長となっている。

チャート的には売り方が踏ん張っていた事で650円から700円のBOXとなっていたが、昨日上放れ。本日は小幅安となっているが、出来高は膨らんでいない。後場、売り増しによる出来高が膨らまない場合は、今後の踏み上げが期待できるだろう。端的に言えば中段保ち合いからの上放れ狙いのチャート+需給という事になる。

PER15倍、PBR1倍と過熱感のない水準だけに、踏まれるときついだろう。逆に売り方が踏ん張った場合には700円割れ撤退。25日線までの下落で再度エントリーというのも考えられ、節目に位置しているこの水準は投資計画が立てやすく面白いだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3635】コーエーテクモホールディングス

(巣ごもり関連銘柄・ゲーム関連銘柄)

歴史シュミレーションゲーム「三国志シリーズ」や「信長の野望」などに代表されるコーエーと、アーケードゲームや格闘ゲーム「デッド・オア・アライブ」などが有名なテクモの経営統合で生まれた持ち株会社だ。

新型コロナウイルスの拡大により、巣篭もり商品からゲーム事業は好調。同社もご多分に漏れず業績好調で10月26日に「令和3年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表。また、これまで非開示だった業績予想も開示した。これによると、第2四半期累計で売上高231億41百万円(前年同四半期比39.7%増)、営業利益84億47百万円(同145.6%増)、経常利益152億89百万円(同151.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益118億45百万円(同99.7%増)と過去最高の業績となっている。また、通期の見通しも増収増益。ただし、株価は既に織り込まれており、新たに公表された通期業績を元にPERを計算した場合35倍台となっており、大きく買われるには至っていない。

業績予想とともに「株式分割及び令和3年3月期配当予想に関するお知らせ 」も発表している。来年3月31日を基準日として1対1.3の株式分割を行うとの事。また、配当性向50%を目処としている事から、増配も発表している。前期61円配当に対して今期は55円(分割前換算で71.5円)と実質10.5円の増配となっている。株式分割に関しては投資単位あたりの最低投資額を引き下げる事による投資家層の拡大を図っており、東証の意向にそうものだろう。50万円以下を基準に考えている為、会社側としては、この株高が続く≒業績好調が続くと見ているのかもしれない。

さて、同社の業績を支える中にあって外してはならないのが、創業者の一人で女傑・襟川恵子氏だ。同氏はコーエーテクモの財テクを握っており、相場運用の巧者として知られている。今回の過去最高益についても営業外収益が占める部分が大きいが、それは同氏の資産運用によるものである。同氏の才覚が営業収益を押し上げている反面、会社という組織のガバナンスとしてはリスクファクターでもある。

ごく短期の株価の動きを見て見ると、本日は朝方の地合いの悪化と材料出尽くしから安く始まりその後リバウンドを見せており、25日移動平均線の攻防となっている。上述のように業績好調は織り込み済みであり営業外収益の大半を資産運用が占める不確実性と見る売り方が存在している為、信用倍率は0.89倍と売り長となっている。枚数的には大きく無いが、売り方が勝つのかどうかの目安となるだろう。

テクニカル的にも25日移動平均線は今回の下落が押し目となるのか?それとも、25日線までの戻りがアヤ戻しで終わるのかの節目となる。同線を上回ってくるようであれば買い方の勝利となり短期的な踏み上げ期待で高値更新があるやもしれない為、株価動向には注目しておきたい。

【6058】ベクトル

(巣ごもり関連銘柄・思惑銘柄)

ベクトルはSNSなどのネット媒体を得意とするPR会社だ。インフルエンサーを活用した企業PRに強みを持ち、独立系のPR会社としては最大手となる。

7月15日に発表「2021年2月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」にて第1四半期の赤字転落を発表。その後は株価は軟調に推移したが、みんかぶで「第2四半期以降の業績は回復基調に」と特集されると戻り歩調となった。

これに呼応するようにマクアケとの提携やアンダーアーマーの販売代理店契約などの材料がでた事で株価は上昇。また、人気化必須となった新規IPOのヘッドウォータースの株を6万4000株保有している事も人気に拍車をかけた。ヘッドウォータースの株価は初値で2万8560円をつけ、同社の試算を約20億円ほどお仕上げている。

これらの要因から株価は一旦75日線までの押しが入ったものの、10月15の決算に向けて株価は高値圏で推移している。

現在株価は高値中段保ち合いを形成。75日移動平均線と200日移動平均線がゴールデンクロスする間近となっている。直近高値1137円を超えてくるような事があれば空売りの買い戻しも相まって短期的な上昇基調が強まるだろう。特に、決算においてみんかぶの指摘のようにダイレクトマーケティング商品が回収期にはいるような事があれば、会社想定の大幅な上振れとなる可能性がある。今後に注目しておいた方が良いだろう。

思惑に関しては勉強会「金の四方山話」にてお伝えする。気になる方は参加してみてくれ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7036】イーエムネット

(思惑関連銘柄・テレワーク関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

イーエムネットはディスプレー広告やSNSに向けた広告を得意とする会社だ。上場は2018年。上場後も売上・利益ともに堅調に伸びているが、マザーズにしては評価されずPER16倍と割安で放置されている。

また、無借金経営を続けており、財務体質も良好。配当も出しており、堅実な経営姿勢が評価できる会社だ。テレワーク関連や巣篭もり関連を中心に広告がのびてている事から今期も増収を予想している。

現在デジタル・トランスフォーメーションを中心に、ネット中心系の銘柄に資金が流入しており同社は割安性や安定性から見直し買いが期待できるだろう。

ただ、いかんせん人気がない。つまり出来高が少なかった。ところが、本日200日線を超えて上昇。出来高も徐々に増加傾向にある。また、本日の上昇の前に不自然とも言える形で株価が固定されている。

これが、自然発生なのかどうかはわかりかねる。確かめようがない。ただ、今後この銘柄が何らかしらのメディアで取り上げられるようであれば、先回り買いがあったのかもと考えてしまう。

ちなみに、勉強会「金の四方山話」ではこの銘柄が今後待っている内容については既に話してある。うまく乗れた人も多い事だろう。利益がでた方はおめでとう。

 

【2722】アイケイ

(巣ごもり関連銘柄)

アイケイは通信販売が主力の会社だ。雑貨や食品を、生協向けに販売するという安定した売上があるのが強みだ。その他にも韓国コスメの販売やコールセンター向けの通話録音事業、テレビ通販などの会社を子会社化している。生協向けの安定事業を基盤として事業の多角化を行っている。

先日発表した2020年5月期決算では増収増益。通販事業において、「スピードヒート温熱ベスト」などのヒット商品がでたことなどで売上高は前年同期比4.9%蔵の184億83百万円)、営業利益は36.9%増の5億90百万円、経常利益は42.5%増の6億23百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は61.3%増の3億84百万円となっている。

更に先月の月次速報も好調なものとなっている。8月の月次速報も好調なものがでるとの思惑も広がっており、株価は高値圏の推移。今週中にも月次がでる可能性が高く、材料視されれば一段高も見込めるだろう。

同銘柄については株マイスターの秋山社長が注目しており、本日12%高と気を吐いている。背景には上記のような思惑がある。気になる人は相談してみると良い。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2335】キューブシステム

(個人的おすすめ銘柄・テレワーク関連銘柄・巣篭もり需要関連銘柄)

キューブシステムはソフト開発、システムアウトソーシングサービスを手掛ける会社だ。金融や情報通信向けが強い。これは、富士通や野村総合研究所、イオンみずほ総研などの大口顧客を獲得し成長してきた経緯による。

現在はシステム構築以外にも、AIやブロックチェーン技術にも進出している。

先週末でほとんどの企業が決算を発表した。決算発表時には出尽くしで売られる向きもあったが、決算が出揃ったことで上場企業の今後の見通しが判明し、投資家の物色の矛先が見えようとしている。結局は好決算なものが買われていくだろう。

そんな中、同社は消費税対策や製造業向けの大口案件が剥落したことで売上こそ微減となったが、第1四半期は大幅な増収となっている。新型コロナウイルスによる巣篭もり需要の増加で宅配が増加。配送業向けの需要が伸びた他、テレワークが浸透したことによる営業その他のデジタル環境の構築の需要が増加したことが要因だ。

もっとも、「出張旅費等のコストを抑制」したことも増益の要因となっており、このような人の交流が途絶えたことが将来の受注に影響がでるかを見極める必要もある。ただ、巣ごもり需要やテレワークというものは市場のテーマになるほど企業の業績に影響を与えているのは周知の通りであり、システムインテグレーターである同社の売上は今後も安定するだろう。

チャートを見てみると25日移動平均線をサポートに堅調な上昇を見せてきた。決算発表直後は出尽くし感で売られたもののそこも拾われている。上値に関しては1100円が抵抗となり幾度となり跳ね返されてきたが本日上抜け高値引けとなっている。都合4度跳ね返された上値抵抗を抜けての上昇でありテクニカル的に今後の上昇を示唆することになるだろう。

上場来高値は1336円であるが、株式分割を行っており現在株価が上場来高値となる。1336円を更新し、名実ともに上場来高値更新となるか今後の株価に注目だ。

 

【3191】ジョイフル本田

(巣ごもり関連銘柄)

ジョイフル本田はホームセンターを展開する大手だ。関東地盤で北関東中心に20店舗ほどを展開している。DIY用の商品や資材を中心に、日用品など40万点の品揃えを誇る。この品揃えを可能にしているのは、5万平方メートル以上の超大型店を展開しているという同社の特徴によるものだ。

8月3日に決算を発表。DIY関係の商品が巣ごもり需要の恩恵を受けて好調となっている。発表した内容は以下の通り。

2020年6月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)

2020年6月期 通期個別業績予想と実績値との差異に関するお知らせ

配当方針の変更及び剰余金の配当(増配)に関するお知らせ

増配も発表しており、かなりの好決算発表となった。ただ本日の株価は下落している。

直近25日移動平均線に沿った上昇となっており、昨日には1616円まで急伸した事から、決算にはかなりの期待が持たれていたようだ。いわば、材料出尽くしとして売られた。

ただし、下落は25日移動平均線上で終了。多少の乱高下はあったものの、本日の終値は25日移動平均線を10円上回っている。信用回転日数が7.2日であり買い残も多かった事から上記の通り決算期待の短期が投げたのだろう。

一方でもう少し長い目で見てみれば今回の下落は良い押し目に見える。25日移動平均線との乖離がなくなり過熱感がない。現時点でPERは11倍台と割安でもある。新型コロナの感染は続いており、今後も巣ごもり需要が続く事が考える事からこの下落は拾っておきたい水準だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com