仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

新型コロナ関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える新型コロナ関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【7689】コパ・コーポレーション

(新型コロナ関連銘柄・巣ごもり関連銘柄)

コパ・コーポレーションは日用品などの卸売を行う会社で、6月末にマザーズに上場した会社だ。販売士が実演販売を行い、そこで得た知見を商品にフィードバックしている事に特徴がある。わかりやすい処で言えば、ジャパネットたかたをイメージすると良いだろう。

事業内容は商品の企画開発・店頭での卸売販売・イベントやテレビへの実演販売・デモカウ事業となる。デモカウ事業は実演販売の専門店として営業しており、公式ECサイトの運営も行っている。このデモカウ事業の公式ECサイトは、国内唯一の実演販売動画を視聴して購入できるサイトという事で話題を集めている。

昨今ではYOUTUBEなどが浸透した事で動画視聴には抵抗がなく、実演販売の特徴を捉えた販売戦略が取れる事は強みだろう。また、新型コロナによる巣ごもり需要で売上も好調なようだ。

業績面を見てみると、7月22日に第2四半期業績予想及び通期業績予想の修正に関するお知らせを発表。売上高32%増の36億円、営業利益77%増の5.5億円、純利益は84%増の3.7億円と上方修正を発表した。通期に関しても、売上高14%増の64億円、営業利益27%増の8.9億円、純利益は30%増の5.9億円と修正した。通期のEPSは220.5円となり、本日の終値5850円で考えるとPER27倍となる。売上・利益ともに順調に伸びているマザーズ企業としては割安といえるだろう。

株価の動きをテクニカル面で見ると、上場後は換金売りにおされた。その後は新型コロナの影響による売上減が懸念され軟調な展開となっていた。そこに上記上方修正が発表されストップ高2連となり、本日ようやく寄り付いている。寄り付き後は高値6380円まであったものの、その後は押されている。ただし、上場直後の高値を更新した事で、セカンダリー狙いで抱えてしまったような人の売り圧力はなくなっている事が考えられる。

そのため、今後の株高に期待が持てる銘柄と言えるだろう。ただし、直近急騰しているだけに売り物が出てくる可能性はある。つっこんだ処を買うか、日柄調整して相場が落ち着きを見せてからのエントリーも良いだろう。

 

【2342】トランスジェニック

(新型コロナ関連銘柄・思惑関連銘柄)

トランスジェニックはバイオベンチャーの一角だが、一般的にイメージする創薬ベンチャーではない。山村研一・熊本大シニア教授(元社長)が開発した可変型遺伝子トラップ法により遺伝子改変マウスを作製する会社だ。創薬に必要なマウスの提供という事で、ゴールドラッシュの際に金を掘るのではなく金を掘る道具を売る側と言えるだろう。

また、赤字が状態化しているバイオベンチャーとは違い、収益を安定化させる事にも注力している。事業の多角化を行っており、投資事業としてガラス製品加工販売やアウトレット、ビジネススクールなども運営している。

新型コロナの巣ごもりの影響でアウトレット・通販は好調なようで、PCR検査の受託も始めるなど新型コロナによる新たな需要も捉えている。これは事業の多角化が良い方向に進んでいるとみる事もできるだろう。ただ、本業の治験支援はコロナの影響で苦戦しており、見通しは未定となっている。

さて、四季報の来期予想をもとにするとPERは72倍となり割高な水準と見えるが、22年度予想を適用するとPERは36倍となる為、極端に高いといえる水準ではない。ただし、上述の通り新型コロナの影響で本業の見通しが未定であり、22年度予想を適用して割安・割高を考えるには不確定要素が大きすぎるだろう。となると、必然的に短期投資を前提に考える事になる。

注目したいのは6月18日に決算と同時に発表した「臨時報告書」だ。これによると、減資を行うとなっている。実施予定日は8月28日となる。これにより繰越赤字を解消し、配当を行う下地ができあがる事になる。もちろん、会社側が配当を行うというアナウンスを行っている訳ではないが、配当への期待が高まる事になるだろう。新型コロナの影響があある程度見渡せるように、業績見通しを出すとともに配当のお知らせでもでればサプライズとなる。

テクニカル的に見れば「炎症可視化マウス作製とその応用」が、米国特許庁から特許査定を受けた事による株価急騰から日柄も経過し、飛びついた向きが投げた頃だろう。その中で本日急伸し、25日移動平均線を上抜けてきた。495円を抜けてくれば面白い動きを見せてくるかもしれない。某投資顧問が推奨した事も考えると、何か話が出回ってる可能性もあるが、基本的には配当期待と私は見るが、今後の株価の動きに期待が高まる。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6298】ワイエイシイホールディングス

(新型コロナ関連銘柄)

ワイエイシイホールディングスは自動化機器の中堅メーカーだ。取り扱うのは、クリーニング機器、半導体製造装置、メモリディク関連機器、液晶関連装置など多岐にわたる。現在の主力は液晶関連装置となるが、事業の多角化に意欲を出している。

またアジア圏へも進出しており、上記事業の多角化をすすめるにあたって、上海に現地法人を設立したり、中国に合弁会社を作ったりしている。

時価総額は69億円に対し、現金等は64億円と手持ち資金が豊富な会社でもある。この資金を使って買収などを行っている。

株価に影響を与えそうな材料としては、「空気清浄機」がある。同社が販売している空気清浄機「BLUEEZE(ブルーゼ)」は光触媒を使い脱臭・除菌を行うものとなる。強力な活性酸素を作りだし、ウイルスや最近を酸化分解する効果が見込まれており、新型コロナ関連として注目を集めている。

このきっかけとなったのが、日経新聞や日刊工業新聞。同新聞によると「BLUEEZE(ブルーゼ)」の集荷台数10万台を目指しているとの事。会社側は現在需要動向を見極めながら販売体制の構築をすすめるとしているが、これが真ならば売上は260億円となる。2020年3月期の同社の売上は219億円である事から、売上が倍増する水準だ。

先に記載した通り時価総額が69億円と小さい会社だけに、流石に10万台の販売といかないまでも十分にインパクトがある数字である事は疑いようがない。

チャートを見てみると「BLUEEZE(ブルーゼ)」の期待からストップ高となった。一過性のものであれば、その後株安に沈むのだが、25日移動平均線との乖離を埋めた後に切り返しを見せ高値を更新している。この事からまだ上昇波動は継続しているとみられる。本日は10日移動平均線割れの水準から長い下ヒゲをつけて回復しており、今後のひと伸びに期待したい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4215】タキロンシーアイ

(水害対策関連銘柄・新型コロナ関連銘柄)

タキロンシーアイはプラスチック加工を営む会社で、建築資材事業・環境資材事業・高機能材事業・機能フィルム事業を展開している。今期は減収減益となった事から物色が向かず、PER12倍台・PBR0.8倍台と株価は沈んでいる。

特に減収幅が大きかったのは環境資材事業となる。これは、増税前の駆け込み需要の反動減や昨年度の台風災害の復旧特需が剥落した事にある。ところが、今夏も既に南九州で水害が発生しており、近く激甚被害に認定される見込みだ。剥落した水害復興需要は回復する事が想定される。また、気温の上昇傾向により今後も水害対策は必要となってくるだろう。その差に水害対策の同社商品は活躍を見せるかもしれない。

また、高機能材については3Qにて、工業用プレートの売上が半導体設備投資復調の兆しを受け増加している。挽回まで至らなかったものの、現在の半導体関連株の上昇を考えれば、20201年度1Qで挽回できている可能性も十分にある。

その他に思惑としては、新型コロナ対策がある。飛沫感染防止の為のアクリル板の需要は大きいものがあろうし、塩化ビニールなどは小売店の感染防止の為にレジに垂らされているのを皆さんも見るだろう。

直近高値の748円を抜ける事ができれば上昇波が見てとれる。昨年来高値となる762円を抜ければ、次に852円。ここを抜ければPER的には1000円と大台になる可能性もある。ひとまずは、748円を抜ける事ができるかに注目してもらえたらと思う。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4563】アンジェス

(新型コロナ関連銘柄)

アンジェスは大阪大学医学部の森下竜一教授が創業した創薬ベンチャー企業である。重症虚血肢遺伝子治療薬など、遺伝子医薬の開発・実用化を目的している。

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発において耳目を集めている事からご存知の方も多いだろう。株式投資が長い方なら知らない人はいないと思われる。

タカラバイオや塩野義、ダイセル、EPSなど大手企業が相次いで同社のワクチン開発にあいのりしてくるなど、ワクチン開発への期待が強く、それにより株価も大きく上昇している。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けDNAワクチン:第1/2相臨床試験開始のお知らせ」にもあるように、治験が前倒しで進捗しているだけに期待したい気持ちもわからないでもない。

が、アンジェスである。いつ増資がきてもおかしくない事は頭の片隅にいれていただきたい。投資歴が長い人であれば知らない人はいないと先程記載したが、それは同社が頻繁に増資を繰り返し、その度に新薬に期待した投資家に悲鳴をあげさせ続けているという意味だ。

また、私の耳には「昨日6月30日の大きな下げ拾ったのは10年来の大株主であり、非常に力を持ったところだ」という怪しげな話も入ってきている。このような話がでてくるというのはあまり良い兆候ではないだろう。

もっとも、チャートとしても崩れている。25日移動平均線を割り込んでおり、ここから挽回するには新薬を開発を成し遂げるしかないだろう。先程の怪しい話が本当だとしても、短期的なつっこみどころを買う事はできても、時価総額2000億円を下支えできるものではない。

個人投資家に人気がある銘柄故に、夏のボーナスで買われる可能性もあるが、見切りは早い方が良いだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3386】コスモ・バイオ

( 新型コロナ関連銘柄)

コスモ・バイオはバイオ専門商社となる。研究用の試薬や実験機器、臨床検査薬を販売している。その特性上、大学関係などに強みを持つ会社となる。

本日はオンコリスバイオファーマが「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)治療薬の開発着手について」を発表してストップ高となった。また、テラも大幅安からテクニカル的に25日移動平均線での反発をみせストップ高。引け後には疑惑を払拭するように「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)治療新薬開発共同事業に関するメキシコでの臨床試験実施についてのお知らせ(経過開示)」を発表しており、このところ元気のなかった新型コロナウイルス関連のバイオ株が盛り上がりを見せる可能性がある。

そんな中で、同社は出遅れとして期待している。同社は「GenomeCov19 IgM/IgG Rapid Test キット」を提供しており、特別な機器が必要なく15分未満で抗体検査を可能としている。これらに注目が集まれば1段高が期待できるだろう。

また、業種としても大手がこぞって新型コロナウイルスのワクチン等の開発を目指しており、公的資金を含めて資金が潤沢になった研究機関が機器の新調などを考えるかもしれない。そうなれば、同社の売上に貢献する事になるだろう。

バイオベンチャーと違い、もともと売上・利益ともに安定しており時価総額61億円に対し有利子負債はほぼ0。手元資金は24億円と優良な企業と言える。

PER23倍台、PBR1倍台と過熱感もなく、本日25日移動平均線上に株価は復活している。今後の株価の伸びに期待したい銘柄といえるだろう。特に、今週一週間の不自然な株価形成には何か思惑を感じるのだが、私だけだろうか。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3902】メディカル・データ・ビジョン

(思惑関連銘柄・ビッグデータ関連銘柄)

メディカル・データ・ビジョン(MDV)は病院などの医療機関や製薬会社向けに医療データや医薬品データの提供を行う会社だ。医療機関向けには病院経営支援システムなどを提供し、製薬会社などには診療データベースで処方量などを解析したものを提供している。

先日、「547万人健保データ提供し、多様なニーズに対応」というものを発表した。同社は既に国内最大規模の診療データベースを持っているが、これに547万人の健康保険組合のデータも加えるとしている。これにより、多様な研究ニーズに応える事ができるだろう。

医療ビッグデータの活用は、以前であれば膨れ上がる医療・社会保険料を抑えるために必要されてきた。今は、新型コロナが蔓延している事から、特に病院実態の把握などで必要になる可能性がある。もちろん、新型コロナが落ち着いたあとも日本は高度高齢化社会であり、医療費や社会保障費用を抑える事は必須の課題の為、息の長いテーマのある銘柄である。

テクニカル面を見ていくと、ポケットカルテを運営する日本サスティナブル・コミュニティ・センターと、新型コロナウイルス感染拡大に伴い規制緩和されるオンライン診療を推進するために連携強化と発表されて以降、堅調な株価推移を見せている。10日移動平均線に沿った上昇のまま、75日移動平均線も超えてきており、短期的な妙味はあるだろう。

また、上記の健保データの際に動意づいたものの、上髭となってしまった。ところが、そこでしこったはずが株価は堅調な推移を見せている事から、何やら思惑を感じる。

思惑については「金の四方山話」にて案内済みだが真偽は不明。ただ、テクニカル的には各種移動平均線も収束しており、損切りラインも設定しやすいことから取り組み易い銘柄といえるだろう。

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com