仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

材料/IR:高配当/増配/記念配

毎日更新!今すぐ使える高配当/増配/記念配の仕手株情報を無料でお教えします!

【3465】ケイアイスター不動産

(マイナス金利の恩恵・先読み作戦・好決算・増配)

3月中旬に決算発表をしたケイアイスター不動産を見てみよう。
昨年末に新規上場した銘柄だが、PERは6倍、PBR1.3倍、配当利回りは4.5%。
マンション竣工という大型案件がなくても営業利益を21億円から27億円(前期比78.8%増)、純利益を12億5000万円から16億円(同2.6倍)に上方修正。
2014年上場した3300】AMBITIONを彷彿させる。
アンビション社は「民泊」参入をきっかけに株価は急騰した訳だが、ケイアイスター不動産社も何かしらの材料とテーマが合えば急騰しそうな予感。
何せ浮動株が0.1%しかない。
業績も良く、先読み作戦指令室でも見通し明るいと記事に。
株価は上方修正時に値を伸ばしたが、今は調整ムード。25日線にタッチしたところなので拾いどころと言えばそう見えなくもない。
【8925】アルデプロなんかもチャート的には正念場だが東証2部低位株で面白そうではある。

【3666】テクノスジャパン

(AI人工知能・自動運転(ZMP)関連銘柄・株式分割・増配)

フィンテック・人工知能・自動運転などに資金が向かう流れ。
テクノスジャパン社は増配と株式分割を発表済みで、上記のテーマ株にも沿う事業内容のため買われている。
人工知能関連銘柄の中でも最新の人工知能技術である深層学習(ディープラーニング)は脚光を浴びており、株価は年初来高値を形成しているが、ここで落ちるようでは押し目買いをしてみたい。
個人的には中期ゴールデンクロスも発生しているので、一旦調整を挟んで再度バンドウォークして欲しいと思う。
材料株とテーマ株に短期資金が集中しているので、この流れが継続なら素直に順張りでも。

【4216】旭有機材工業

(資源関連銘柄・低位株・高配当)

資源が大変安くなっているのは皆さんご存じの通りだと思うが、長らく言われてきた「底打ち」も近いようだと関係者。
確かに原油も一時期の投げ売りは止んでいるし注意深く見ておいても良さそうだ。
実際資源を多く扱う商社の相次ぐ赤字転落ニュースも悪材料出尽くしだと言わんばかりに反転の様相。
旭有機材工業はプラスチックバルブで市場独占。樹脂なんかも強化していくようだ。原料安効果もあり業績面も心配なさそう。

旭化成クリーン化学株式会社の水処理事業を取得しており水処理・資源開発にも注力。
配当利回りは3%弱と魅力的。
出来高は薄いので注意が必要だが、資源関連などに注目が集まれば…と言ったところ。

【2428】ウェルネット

(電子決済関連銘柄・好業績銘柄)

スマホやモバイルでの電子決済、コンビニ決済、非接触型IC決済サービスなどを行っている企業で業績は増収増益を繰り返し、有利子負債もない財務健全な優良企業。
配当性向も自社株買いを合わせれば100%株主還元で増配。
株価も上昇トレンドを継続しており、年初来高値を更新し続けているので押し目を狙っていきたい銘柄に見える。
バスでの電子決済が好調なようで、東京オリンピックまでにアップルペイが日本に利用可能になり、同社の決済サービスが対応すればインバウンドの大きな需要を取り込むことも出来そう。
中長期でも面白い銘柄だと思う。

【1820】西松建設

(好決算・国土強靭化関連銘柄)

準ゼネコン西松建設の利益率大幅改善が凄い。
もちろん売上高も上がっているのだが…。
アベノミクス前の5年前と比較してみると、営業利益が約5倍、経常利益約7倍、純利益約9倍といった改善率。

今後も建物の老朽化改修案件やリニア関連の案件、オリンピック開催に向けての案件等盛り沢山。
国策でもある国土強靭化に関しては、現状あまり人気ではないテーマだが、同社は素材や技術の開発も抜かりない。

・コンクリートに混ぜるとコンクリート製造時におけるCO2 排出量を70%程度削減することができ、更に温度ひび割れ発生リスクが低い素材「低炭素型のコンクリート『スラグリート』を開発。

・あと施工せん断補強「サイトフィットネイリングバー」工法の建設技術審査証明取得。
「サイトフィットネイリングバー」は地中構造物(ボックスカルバートや擁壁など)のRC部材の片面からの補強施工に適用できるものであり、容易かつ迅速な施工が可能である、と。
良くわからないが、杭打ち問題があった建物を容易に補強できたりするのん?

といった日本を誇る技術力向上というか企業努力IRも頻繁に出していて凄い。
官公庁向け案件も多く獲得しているので直ぐに業績悪化することは考えづらい。

株価も5年前に比べたら4倍程度になっているが、業績や投資指標をみれば割高感もなく、むしろPER10倍割れは平均以下。長期トレンドで見ればチャートも大崩れしておらず、日経平均が再度上を目指すと読むならば好業績の中堅ゼネコンは良いような気がしてきた。

【8091】ニチモウ

(仕手株・低位株・好業績・配当利回り)

3Q連結決算で利益が通期予想を既に達成されている好業績銘柄のニチモウ社に注目してみたい。
25日線も奪還済みで短期ゴールデンクロスを形成。25日線も下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示しそうだ。
さらに配当利回りが良く、今の株価の水準では3月の配当取りもあり目先のリスクは大きくないように感じる。
11月に窓開け急落しており、その窓埋めもまだ済んでいない。
25日線が上向き、その上の50日線も突破出来れば窓埋めも現実的に。
マイナス金利の影響で低位株高配当銘柄ってのは買われる気がするな。

【6342】太平製作所

(仕手株・低位株・好業績・配当利回り)

同じく好業績で配当利回りの良い太平製作所も。
出来高や売買代金を見ると、かなり板が薄くて心配になるが、PER12倍、PBR0.6倍、配当2,5%といい感じ。
チャートはニチモウとほぼ一緒の年末窓開け急落。アベノミクス分を吹き飛ばす程株価は続落している。
だからこそ妙味がありそうだ。3Q決算ではこちらも営業利益と経常利益が通期予想を既に上回っている。
去年も東証2部低位株、好業績高配当銘柄がたびたび短期筋に仕掛けられたが、同銘柄もそのリストに入っていそうだな。

【3172】ティーライフ

(健康食品・栄養補助食品関連銘柄)

最近の健康食品ブームを知っているだろうか。
ダイエットに始まり、ウォーターやサプリ、お茶など。特にダイエット系やカロリーの吸収を抑える系がかなり売れているようだ。とある六本木の高級なお姉ちゃんがいる飲み屋さんにお邪魔した時、非上場会社だがカロリーカット系の「なかったコトに」を大絶賛していた。その後歌舞伎町に広まり追って全国にの流れ。
ティーライフ社は俺でも知っているような現在爆発的ヒットブランドは無いようだが、中身がかなり良い。
ダイエット系のお茶を扱う大手のようだ。
株価は2012年の上場から緩やかではあるが一本調子の右肩上がり。
長期投資ではオススメできそうだ。また連続増収が凄い。6期連続増配も右肩上がりの要因だろう。
超大手広告代理店も健康食品ブームに力を入れているようなので、今後まだまだ伸びてくるセクターかもしれないな。
またこの手の商品は品物が良ければリピーターによって売上が安定するようだし、大きく崩れることはなさそう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ