仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:人工知能(AI)関連

人工知能(AI)とは、人工的にコンピュータで人間同様に考えたり実行させようとする事、そのための一連の技術を指します。近い将来普及していくであろうロボットや車両の自動運転、工場の自動化などに活用される見込み。またインターネットにおけるビッグデータを元にユーザーが求めている答えを導き出すビッグデータ解析などを行う上場企業に関しての記事を書いていきます。

【3906】ALBERT

(人工知能AI関連銘柄・自動運転関連銘柄)

5/16(水)はALBERTが急上昇を見せている。
ALBERTはビッグデータを利用したマーケティングや、AI技術の研究などを主軸にしているが、何と【7203】トヨ自動車と資本業務提携を発表した。

トヨタ自動車は自動運転開発に今後注力する為に、データ分析やアルゴリズム、人工知能AI開発などの分野でALBERTに業務を委託するそうだ。更にトヨタを引き受け先とする16万5800株の第三者割当増資の実施も発表。つい先日、トヨタの決算発表が話題になってばかりだが、ALBERTは自動車最大手と提携を結ぶ事になる。これは相当な刺激材料となりそうだ。

自動運転技術の発展には人工知能AIの技術は必須の項目となる。トヨタ自動車と提携する事で、ALBERTはこの分野で一気に躍進する可能性もある。今後も注目したい銘柄だ。

 

【6482】ユーシン精機

 (予知保全関連銘柄・AI関連銘柄)

「予知保全」という言葉をご存知だろうか。
生産工場などでは常に機器を稼働させている訳だが、連続的に機器の状態を計測、監視をして異常発生の前ぶれを察知する事を指す言葉だ。つまりは故障する一歩手前で部品交換や修理を行う事で、生産ライン全体のストップなどを防ぐ事にあたる。

似た言葉に定期的にメンテナンス作業などを行う「予防保全」があるが、常に計測、監視して状態の変化を察知する「予知保全」の方がより効率的だ。

今後、IoTの拡大が予想されている。総務省の試算では2020年には約300億個の「モノ」が「インターネット」に繋がると予測されているらしい。工場などの生産ラインなどでは特に「予知保全」サービスの需要は高まる事が予想されるが、例えば家で利用する家電なども今後「予知保全サービス完備」が当たり前の時代が到来するかもしれない。

予知保全関連銘柄に注目しておきたいところだが、まずは工場などの生産ラインへの普及が「先」と考える。ユーシン精機は今春からAI技術を活用した稼働トラブル原因の推定が可能なシステムを社内向けに運用を開始した。特にロボットなどに強みのある同社のシステムは、今後「予知保全」の需要が一気に拡大すれば中核を担う可能性が高い筈だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3996】サインポスト

(AI関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

直近IPO銘柄はかなり買われているようだ。年の瀬が近付いてきて、材料難の相場となってきているため資金の逃げ場となっているのだろうか。

直近IPO株ではサインポストに注目だ。サインポストは11月にマザーズに上場した直近IPOで、金融期間や公共向けのシステム開発コンサルなどが主力の企業だ。AI事業も展開していることから、今もっとも旬なAI関連銘柄のIPOとして注目される。

またサインポストは無人レジ関連銘柄としても注目されているようだ。サインポストは「設置型AIレジ(ワンダーレジ)」を製品化しており、また2017/12/18には流通小売業のレジ無人化を目指しSCSKと協業を発表している。この協業ではワンダーレジをさらに改良することや、さらにAI技術・画像認識技術を活用した完全スルー型レジ「スーパーワンダーレジ」の製品化を目指すとしている。

かなり旬なテーマ性を内包するIPO株だけに注目が集まるのも納得だ。すでに過熱感は感じるが、どこまでいくか見もの。引き続き注目。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3906】ALBERT

(人工知能(AI)関連銘柄・自動運転関連銘柄)

12/05(火)は人工知能(AI)関連銘柄のALBERTがストップ高となったようだ。買い材料となったのは05日付けの日経新聞電子版で「単眼の可視光カメラで撮影した物体までの距離を推定できるソフトウェアを開発した」と報じられたことのようだ。

このソフトウェアではコンピューターと市販のカメラがあればカンタンに自動運転車で前を走る車などとの距離を測定できるとのこと。自動運転車では多くのセンサーで周辺の状況を確認する必要があるが、ALBERTの開発したソフトでは大掛かりなセンサーなどが必要なく安価で設置することが可能とのこと。

ALBERTといえば人工知能(AI)関連銘柄として注目されていた銘柄だが、今回の材料によって自動運転関連銘柄としても台頭した格好となったようだ。AI関連銘柄に自動運転関連銘柄と、非常に旬な次世代テクノロジーテーマに絡んでいる新興株ということで、物色人気を集めるのも頷ける。引き続き注目したいテーマ株だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6629】テクノホライゾン・ホールディングス

(AI関連銘柄・エヌビディア関連銘柄)

10/17(火)はエヌビディア関連銘柄がストップ高になった。前日16日に連結子会社タイテック グラフインカンパニーが、米エヌビディア社の人工知能(AI)スーパーコンピュータモジュール「Jetson TX1&TX2」に対応した組み込みプラットフォーム「GT-X1・X2」を販売したと発表した件が刺激材料になったようだ。

この新製品は高度な画像処理が可能な組み込みプラットフォームで、ディープラーニングを用いたユーザシステムの開発や検証が可能とのことだ。

テクノホライゾンは時価総額も小粒で、まだPER、PBRも過熱感はないため、新たにエヌビディア関連銘柄、人工知能(AI)関連銘柄の一角として物色されているなら継続して短期資金を集める可能性もあるか?!引き続き注目したい銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6171】土木管理総合試験所

(インフラ関連銘柄・ビッグデータ関連銘柄・人工知能(AI)関連銘柄)

土木管理総合試験所が大きく株価を上げている。

土木管理総合試験所は06/22に道路・軌道の路面下ビッグデータ共有システム「ロードス」というものを開発したと発表。これはAIとビッグデータを活用し地中情報の超高速診断を地図データと同期させて保存・共有するシステムとのこと。

ビッグデータとAIを活用しインフラ老朽化に対応できる手段を開発したというのはなかなか面白い材料ではある。ビッグデータ関連・AI関連とも言えるとすれば、個人投資家が群がるのもわかる気がする。ただ、すでに大幅に上がってしまっているため、今から入るのは怖いが。

【3323】レカム

(人工知能(AI)関連銘柄・中国関連銘柄・Oakキャピタル関連銘柄)

06/27(火)はレカムが大幅に株価を上げ年初来高値を更新したようだ。これはレカムの中国子会社レカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司が会社形態を「有限公司」から「株式有限公司」へと変更することについて中国当局からの認可が得られたと発表したことが買い材料になったようだ。

中国では株式市場へ上場する時、会社形態を有限公司から株式有限公司へと変更するのが一般的のようで、今回の発表によりレカムビジネスソリューションズが中国の新興市場へと上場する準備が最終段階に入った見通しとされる。なかなか面白い材料だ。

ちなみにレカムはOakキャピタルの投資先であることから、Oakキャピタルも株価を上げているようだ。また、Oakキャピタル繋がりでその他のOakキャピタル投資先にも物色が向かう可能性もあるか?!引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ