仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:仮想通貨関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える仮想通貨関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄)

6/17はリミックスポイントが上昇している。

同社は子会社が仮想通貨の取引所「ビットポイント」を運営していることから、仮想通貨関連銘柄の代名詞的な存在として注目されている。仮想通貨ビットコイン価格が急騰し、約1年ぶりに100万円を突破した事で、同社へ思惑買いが集まっているようだ。

今回のビットコイン急騰の原因については、6/14に仮想通貨取引所大手バイナンスが米国ユーザーに対する利用規約変更を行った事が背景にあるようだ。この利用規約の内容は一部のアルトコインの取引が出来なくもので、ビットコインに資金が集中したのかもしれない。

また米国の仮想通貨取引所ビットトレックスがバイナンスに追従する形で、今後米国ユーザーが複数の仮想通貨を取引出来なくなると発表、この流れは当面続きそうだ。

また6月末にはG20大阪サミットが開催されるが、ここでも仮想通貨(暗号資産)の今後については議論される事が予想される。現在、ビットコインETFを巡っては承認の審査が行われているし、刺激材料は今後増加しそうな勢いだ。

日本の株式市場ではリミックスポイントが仮想通貨関連の代名詞的な存在となる。仮想通貨関連で注目が集まれば、まずこの銘柄に短期資金が流入し易い。G20大阪サミットで何か大きな進展があるかもしれない。先回りしておくのも面白そうだ。

 

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄)

5/27はリミックスポイントが大きく上昇している。

同社は子会社が仮想通貨の取引所「ビットポイント」を運営していることから、仮想通貨関連銘柄の代名詞的な存在として注目されている。

仮想通貨ビットコイン価格がこの週末に再度急騰し、100万円目前まで急騰している事から、リミックスポイントにも大きな注目が集まったというところか。

仮想通貨市場は今年4月から急激に盛り返して来ている。仮想通貨市場に一体何が起こっているのか。

世界的な景気減速感に加え、米中貿易戦争の泥沼化で資金の逃げ場として仮想通貨が買われているのかもしれないし、6月に開催される「G20 大阪サミット」で仮想通貨が議題に挙がる事に期待が集まっているのかもしれない。またビットコインETF承認に期待が集まっているのかもしれない。

また米フェイスブックのマークザッカーバーグ最高経営責任者は2020年第1四半期までに、「GlobalCoin」と呼ばれている独自の仮想通貨を十数カ国で発行する予定である事を発表、これで仮想通貨市場が盛り上がっているのかもしれない。

何れにしろ、仮想通貨市場が盛り上がれば仮想通貨関連銘柄に注目が集まるのは間違いなさそうだ。特にリミックスポイントは短期資金が流入し易い銘柄だけに今後もマークが必要だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3688】カルタHD

(ネット広告関連銘柄・仮想通貨関連銘柄)

5/16はカルタHDが大きく上昇している。

同社は広告配信プラットフォーム運営や販促支援サイトを展開している企業だが、5/15大引け後に決算を発表、好内容だった事で買いが集中しているようだ。

19年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.2倍の21.3億円に急拡大、通期計画の25億円に対する進捗率は85.5%と上振れにも期待が出来そうだ。

同社は電通の100%子会社であるサイバー・コミュニケーションズと2019年1月に経営統合し、4月に新たなブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO(ポルト)」をリリース、更に業績に寄与しそうな勢いだ。

またカルタHDは金融事業を展開するカウンティアと合弁で、仮想通貨関連事業を展開する「カウンティアバンク株式会社」を設立している。今月に入ってから仮想通貨ビットコインの価格が急上昇している事からも、仮想通貨関連株への物色人気が高まりそうだ。引き続き注目しておきたい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄)

4/8(月)はリミックスポイントが大きく上昇している。

同社は仮想通貨交換所「ビットポイント」を運営しており、仮想通貨関連銘柄の代名詞的な銘柄となっているが、4月上旬からビットコイン価格が底入れ反転の動きにあり、同社株への物色人気が高まっているようだ。

仮想通貨に関しては、日本政府は3/15に仮想通貨から暗号資産へ呼び名を変更する規制強化策を金融商品取引法と資金決済法の改正案を決定している。主に仮想通貨交換業者に厳格な規制や、サイバー攻撃による流出に備えて顧客に弁済するための原資を持つ事を義務付けている。

また6月には日本で史上最大規模となるG20大阪サミットが開催される事となるが、ここで仮想通貨(暗号資産)の規制について議題に挙がるのではないかと予想されている。

米国では現在、SECが「ビットコインETF」の審査を行っており、もし審査が通るればビットコイン市場に機関投資家や大口投資家が参入し易い環境が生まれる事となり、仮想通貨市場が再度盛り上がる可能性もありそうだ。

いずれにしろ、まだ時期尚早に感じられるが、そういった期待からビットコイン価格も上昇に転じているのかもしれない。仮想通貨関連銘柄として短期資金が流入し易いリミックスポイントはビットコインETFの審査状況にもアンテナを張りつつ、引き続き注目しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2315】カイカ

(仮想通貨関連銘柄・暗号資産関連銘柄)

12/20(木)は仮想通貨関連銘柄に注目したい。

日本経済新聞が「金融庁は19日、仮想通貨交換業者のコインチェックを改正資金決済法に基づく登録業者に認める方針」であると報じた事で、注目を集めている。

コインチェックは2018年1月に約580億円分の仮想通貨が流出した事件で大きな話題となったが、ようやく内部管理体制が改善したと金融庁から判断されたようだ。

仮想通貨と言えば、2018年12月17日に菅官房長官が「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称変更を示唆した。これは「通貨」という呼び方が法定通貨との間で誤解を生みやすい点と、世界的に「暗号資産」の呼び方が主流である事から、日本でも足並みを揃えた呼び方に統一する方針としている。

現在金融庁の研究会が仮想通貨市場に関する新たな法整備へ向けた議論を進めており、一部報道では2019年の通常国会に提出される見込みとなっている。「仮想通貨」から「暗号資産」への呼称変更を含め、ICO規制やレバレッジ規制などの法整備を整える予定で、これが施行されれば、仮想通貨市場はようやく健全化される形となるかもしれない。

カイカはフィンテック関連のシステム開発を手掛ける企業だが、親会社【3807】フィスコは仮想通貨交換事業「Zaif」を譲り受けている。またカイカは12月19日大引け後に決算を発表し、19年10月期は6億3000万円に急浮上する見通しとなっている。

少し中長期的な視点とはなるが、2019年は仮想通貨業界に大きな変革が起きるかもしれないし、関連銘柄をチェックしておく事が肝要かもしれない。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3953】アイフリークモバイル

(仮想通貨関連銘柄)

11/1(木)はアイフリークモバイルが大きく上昇している。

同社は10月31日に仮想通貨のトークンウォレットにチャット機能を搭載した新型トークンウォレット「ミライッポ CHALLET」の開発と11月中のリリースを発表した事で買いが集中しているようだ。

仮想通貨におけるウォレットとは「財布」のようなもので、仮想通貨を保管しておく役目を担うものとなる。従来のウォレットは殆どがサーバーで管理されていたが、同社が開発した新型ウォレットはサーバーに依存せず、ユーザーのスマホ上で管理されるシステムとなっている。

他にも仮想通貨のチャートを細かく確認出来る機能や、チャット機能も充実しており、同社がこれまで手掛けた25万点に及ぶスタンプなどのデジタルコンテンツを送受信する機能も搭載予定となっている。またこのチャット機能にはQRコードの送受信を利用する事で、仮想通貨イーサリアム(ETH)をフレンドへ送ったり受け取ったりする機能も搭載されるそうだ。

尚、このウォレットは日本語、英語、中国語の仮想通貨関連メディア情報にアクセス可能となっており、仮想通貨先進国の中国語圏をマーケット市場として捉えている点に注目したい。日本国内で仮想通貨の浸透はまだ時間が掛かりそうだが、中国は仮想通貨先進国として利用者も多い事が予想される。

アイフリークモバイルは現在、この新型トークンウォレットを浸透させる為に、多数の海外の仮想通貨発行会社と交渉を進めているそうだ。現時点でイーサリアム(ETH)しか取り扱いがない点は少し気になるが、今後ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)などの取り扱い通貨拡張をするようなら、仮想通貨ウォレットの便利ツールとして、世界中に普及する可能性もある。引き続き動向に注視しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3807】フィスコ

(仮想通貨関連銘柄)

10/11(木)はフィスコに大きな注目が集まっている。

2018年9月に巨額の仮想通貨が流出した仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営していたテックビューロは、フィスコ仮想通貨取引所に「Zaif(ザイフ)」の事業を譲渡する事を発表している。

当初はフィスコが50億円の金融支援を行う予定だったが、両社協議の結果、事業を譲渡する事が決定したようだ。尚、テックビューロは事業譲渡完了後に仮想通貨交換業の登録を廃止し、解散される予定となる。事業譲渡は11月22日となる。

仮想通貨流出事件と言えば、マネックスが買収したコインチェックが思い出されるが、マネックスに比べてフィスコは時価総額も低い小型株だ。仮想通貨関連は投機的な資金が集中し易い銘柄でもあるし、何より値動きが軽い分、「Zaif(ザイフ)」の事業譲渡は相当大きな刺激材料になるだろう。

マネーゲームの様相を呈しているが、フィスコの動向には注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ