仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

話題のテーマ株の一覧

【6182】ロゼッタ

(AI人工知能関連・インバウンド関連銘柄)

日経平均が崩れてインデックスに組み入れられているような大型株を買い向かう投資家は少ないのではないか。
小型や直近IPO、その中でも外部要因をあまり受けない銘柄が良いだろう。
ロゼッタは昨年上場した翻訳企業であるが、AIを用いた自動翻訳機の開発を行っているようだ。
上場時には初値5.3倍と関心が高かったが、市場吸収金額が2.8憶円だったこともあろう。

訪日外国人予想

訪日外国人はまだまだこれから急速に増加していくと予想されている。現在はまだ図の赤い印の所だ。
オリンピックまでには現在の2倍以上と試算されている。

今でさえ都心は外国人で溢れ返っているのに、これの2倍3倍と増えるのかと思うと観光産業は超成長産業な気がする。
翻訳の需要は増す一方だろうし間に合えばグイグイに乗っかるワンチャンあるのではないか。

オリンピック開催までにロボットやデジタルサイネージに採用されているかどうかは謎だが、
ロゼッタ社の株価も戻し始めており、3Q時点で通期予想をほぼクリアしている点は評価。

個人的にはロゼッタ社のコンテンツネーミングとデザインがダサいとも思う。。。

【2158】UBIC

(AI人工知能関連銘柄・材料株)

本日引け後の材料で官公庁向けに「ネット上の犯罪の予兆を発見する分析システム」を提供開始と発表された。
2chを始め、ツイッターなどのSNS内の書き込みから犯罪の予兆となりうる投稿を,同社の持つKIBIT(人工知能)が検知し通達するのだろう。
まだ調査官の経験による書き込み内容の独特の言い回し、隠語等もどんどん学習していくようだ。
そんなに大きな好材料という訳ではないと思うが、官公庁向けってのが明日の株価にどう影響するか見物である。
これまでの特許や訴訟に係るサポート知能だけでなく、人間ドック予約サイト「YOURドック」も運営開始され、着々と人工知能を応用して広げている感が評価できる。
その内UBIC社の人工知能開発技術が認められて、GOOGLEさんやマイクロソフトさんに買収されないかなー。なんて妄想も。

【4583】カイオム・バイオサイエンス

(特許・材料・創薬バイオ関連銘柄・がん関連銘柄)

本日材料を出したカイオムバイオサイエンス社。

「ヒト化抗 DLK抗体に関する米国特許付与決定についてのお知らせ」

四季報にも書いてある通り、財務状況は良くない。新規契約を取れなければ数字には反映してこない。今回のIRは契約云々等のものではないが、特許を取ったということは今後契約に繋がってきそうだ。ライセンス収入に繋がっていくのだろう。そうなればバイオ株や創薬ベンチャーは財務が真っ赤という状況も改善してくる。

日経平均は酷いし、個別株で強い銘柄勝負をしていくしか無い。
無理に買い向かうのではなく、休んだ方が良いとはわかっていながらも、俺みたいな株中毒者は相場を休めないw

そういう人って意外と多いんじゃないかな?

ではどんな株に乗れば良いかっていうと、テーマ株なども一巡し、新たな物色対象のない今はやはり個別材料株。
特にバイオ株は外部環境の影響を株価に受ける事が少ないとの意味合いもあって資金が流入するケースが最近多いようだ。

そこでカイオムの特許材料はお休み中の投資家さんもスキャルピングしたくなる。
後場の始まりからわずか4分5分でストップ高となってしまったが、俺は会議があったので500円でならと買い指しを入れておきました。結果会議が終わったらストップ高貼り付きに。勿論手仕舞い済みだ。

【IR最速取得システム】

前に適時開示に乗らないIR情報やプレスリリースを誰よりも早く手に入れるシステムを開発するぞ!なんて書いたことがあるが、それも着々と進んでいる。
流石に上場全銘柄は無理だが、材料によって値がビンビン動くまずは新興銘柄のみ超高速に取得する。

開発費がかなりかかってしまっているので、誰かカンパして!w

ちなみに昨日書いた3753】フライトホールディングスも本日ストップ高に。
下方修正で叩き売られたら…なんて書いたがPTSをしっかり見ていた人は居るかな?
完全に材料(アップルペイ関連)よりも下方修正だけ見て投げた投資家がいる。
PTSでは更に値を下げて250円で買えた株が今日350円以上売れたのだ。

材料相場は今後も継続していくだろう。

【3753】フライトホールディングス

(アップルペイ・フィンテック関連銘柄)

本日引け後に3Q決算を出したフライトホールディングスを見てみよう。
うん、下方修正である。というか相場が悲惨でフライトHDも場中に10%も株価を下げている。

当サイトから出たテンバガー銘柄として記憶している銘柄だが、一見下方修正は嫌気売りが出そうだ。
しかし決算発表と共にIRを出している。

ふむふむ…
アップルペイ!?
日本ではアップルペイはまだ利用出来なかったような…。
でも中国では2月中に始まるらしいし、日本でもこの決済装置使えばもういけるのかな?
その辺りは詳しく自分で調べて欲しいが、アップルペイは世界的に爆発的に利用者が増えているとか何とか。
今後も訪日外国人増加が見込めるし、世界中の殆どのクレジットカード会社が既にアップルとの提携をしている。
iphoneをこの端末にかざして指紋認証すればOK。
今流行りのブロックチェーンを取り入れて、更に本人が指紋認証しなければ使えないのでセキュリティー面も良さそう。

下方修正はホルダーに取っては痛いだろうけど、その修正の理由も本システム開発の遅れが大きそう。今の数百万の赤字は後に大きなことになるかも。だって今はアップルペイ使えないけど、使えるようになったら訪日外国人を始め、国内のiphoneユーザーは物凄い数だ。
チャートは悪いが、下方修正で大きく値を下げるようなら狙ってみたい。
JPモルガンは買い戻しをしているが、oxamという外資は売り持ち越しをしている点は少々気になるが…。

【2158】UBIC

(AI・人工知能関連銘柄・ロボット関連銘柄)

人工知能関連銘柄と言えばUBIC社と連想する人も多いだろう。
今までのUBIC社の持つAIと言えば、特許関連の調査や訴訟などのビックデータを高速調査するような仕事効率化的な意味合いが強い人工知能であったが、これに違和感を覚えた人はいないだろうか。俺には違和感があった。
人工知能といえば映画などで見るコミュニケーションがとれるロボットの脳みたいな、そんなイメージがあったからだ。
ロボットとAIという未来の世界を思い描いて関連銘柄の相場は大変な賑わいを見せたわけだが、
落ち着いてみれば5倍以上騰がった株価は2倍~3倍程度の水準まで下落している。

だがここに来て日本企業の唯一の人工知能関連銘柄とされていたUBICが人の思考や行動を解析する行動情報科学の研究を宣言。
UBIC とヴイストン、人工知能により、知識だけでなく、好みや感覚を理解する生活密着型ロボット「Kibiro」を開発。
短期的な投資家が想像した人工知能とはこういうモノではないだろうか。
インターネットを通じて様々な情報を吸収し、所有者の興味のあることに詳しくなっておいてくれる。
また普段のコミュニケーションから考え方など自動反復
学習。株のシステムトレードもインスコ!
そうなれば、今何の銘柄を買うべきか、自分でネットサーフィンしまくることもなくなるなw

近々で映画のようなAIやロボットを期待している訳ではないが、3年後5年後を楽しみにしたい。

【4528】小野薬品工業

(がん関連銘柄)

基本的に今の局面では単純に25日線をキープしている銘柄を狙っていきたい。
小野薬品工業は何度も記事にしているが、日経の暴落によって大きく株価を下げたが現在は25日線の上で推移している。
俺自身が信頼している有力筋も「小野は突っ込み買い」をお勧めしているし、この乱高下が激しい相場でも25日線を意識して押し目買いが入っているものを選びたい。
また某S師は「オプジーボは化け物だ」と番組で話しており、「いずれトヨタ自動車の時価総額も見える」ようなニュアンスを話したという。
バイオ関連銘柄が賑わっているようだが、真っ赤っかな超赤字会社を買うよりは、今後どんどん数字が伸びていく現実のある株が良いのではないだろうか。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9514】ファーストエスコ

(電力自由化関連)

旬なテーマ株が物色対象になるなか、電力小売り自由化に関連する銘柄も買われている。
以前取り上げた9517イーレックス【3150】グリムスなどがそれにあたり、戻り歩調を強める。
電力小売り自由化関連銘柄が株価を戻している中でファーストエスコ社は出来高も乏しく冴えない動き。
下降トレンド真っ只中といった形で底値を探っている。

また国策である省エネ関連銘柄として、バイオマス発電所を持つ同社は物色される可能性も。
ただしバイオマス発電関連での材料が一発欲しいところ。
コスト増などファンダメンタル的に今すぐに買いたい株という訳ではなく、発電所の稼働と採算が良くなってきている開示が出てからかな。

 

【4963】星光PMC

(セルロースナノファイバー関連銘柄)

何とか二日続伸した日経平均株価。
値上がり率ランキングをみると、やはり自動運転関連銘柄や、セルロースナノファイバー関連銘柄などのテーマ株の物色が強い。
短期筋の買いが非常に多いとみて良いと思う。なので中長期投資以外はできるだけ早めの手仕舞いが有効だろう。
星光PMC社はセルロースナノファイバー関連の中ではそこまで急騰していないし、大きく上げた後の大幅安だったのでどうだろうか。
材料系の【3896】阿波製紙8101】GSIクレオスはストップ高で取引を終えている。
同素材プレスに技術を持つ6327】北川精機も大幅高である。
星光PMCも株価上昇したが、他に比べればまだ上昇余地がありそうなチャート。
明日以降もこのセルロースナノファイバーに関連する銘柄が強いようなら面白いと思う。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ