仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

AI人材育成関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるAI人材育成関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3666】テクノスジャパン

(AI関連銘柄・AI人材育成関連銘柄)

7/19に都内で開幕したSoftBank World 2019に登壇したソフトバンクグループの孫正義社長が、日本はAI分野で「完全な後進国になっている」と危機感を示した事が大きな話題になっている。

孫社長は「インドや東南アジアから次々とAI起業家が生まれている」とした上で、「日本はいつの間にかAI後進国になってしまった」と発言、日本におけるAI分野での出遅れに対する懸念を表明した形だ。

そもそも日本ではAIを取り扱う専門的技術を持つ「AI人材」の不足が懸念されている。経済産業省の推計によると先端IT人材は2020年に約5万人不足する見通しで、正に「AI人材育成」は政府にとっても喫緊の課題と言えるだろう。

そうした中でAIを扱うデータサイエンティストなど先端IT人材に対する企業のニーズが急拡大しており、これが株式市場でも新たな投資テーマとして注目を集めている。

注目はテクノスジャパンだ。
関連会社がAIデータサイエンス社内研修事業を手掛けるSTANDARDと業務提携を行うなど、AI人材育成に対して積極的に注力している企業となる。

AIは大化けの可能性を秘めたテーマ株として人気だが、それを支える事となる「AI人材育成関連銘柄」にも注目する必要があるだろう。今後も注目しておきたいテーマ株だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2335】キューブシステム

(AI人材育成関連銘柄)

5/20はキューブシステムが急騰している。

同社はシステム開発やデータベースの構築を手掛けており、金融業界や流通小売業界、通信キャリア向けなどで高い実績のある企業となる。

RPAやクラウドサービスを柱に事業を展開しているが、人工知能(AI)関連ビジネスへの業容拡大を図っており、2018年にはAIベンチャーで囲碁AI開発でも有名なトリプルアイズと資本・業務提携を締結している。

同社は人工知能(AI)に対応したデジタル人材の育成に注力しているが、これが最近注目のテーマ株でもある。

大量のデータから自動的に学習する「ディープラーニング」の発達により、AI関連技術は急速に進歩しているが、それに対応する人材の育成が間に合っていないのが現状だ。経済産業省の推計によると先端IT人材は2020年に約5万人不足する見通しで、世界のAI開発競争への出遅れが懸念されている。今後はAI人材育成は喫緊の課題となるだろう。

キューブシステムはこのAI人材育成に注力している企業だけに伸びシロにも期待出来そうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp