仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

IPO/新規上場

IPO/新規上場銘柄に関しての記事を書いています。上場日の初値を予想したり、上場後のセカンダリー狙いに関してなど。 またIPOした後の株価が低調だと半年程度で株価急騰するアノマリーもあります。そういった仕掛けにも火付け役が居たりするので、その辺りの情報なども含めて書いていきます。

【4251】恵和

(IPO/新規上場・セカンダリー関連銘柄)

同社は高機能フィルムメーカーとなる。「紙やフィルム、合成樹脂の積層・シート成型、表面へのコート剤塗布等により新たな性質や機能を生み出し、様々な用途に用いられる製品を製造する」企業だ。

10月30日に上場したばかりだが、東証2部への上場という事や素材メーカーであり、いわゆるITと違い急激な売上の拡大や利益の積み増しが考えにくい事からあまり人気化しなかった。

実際、上場でえた資金も工場への設備投資へ使う予定であり新事業などに投資をして一気に売上を増やすというものではなかった。そのため、一種のご祝儀が終わった後は株価は下落。一時800円割れとなっている。

その後、11月14日に上場後初の四半期決算を発表。第3四半期累計で売上高114億円、経常利益8億2500万円、純利益6億円1200万円となっている。

既に会社想定を超える進捗を見せている事からも上方修正がでる可能性がある。さらい、PER11倍台と割安だった事もあり、先日より見直し買いが入っている。

既に戻り売りが多くネックとなる上場初日の終値880円を超えており、後は上場来高値1037円を目指す展開となっている。

上場来高値を抜けるような事があれば、割安性や上方修正の期待からも、本決算発表までは堅調な右肩上がりを続ける公算が高いといえるだろう。

なお、本銘柄は私が主催する「金の四方山話」にて事前に公開済みだ。

このような情報を事前に入手希望の場合はTwitterをフォローの上、連絡して頂きたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3998】すららネット

(eラーニング関連銘柄・IPO銘柄)

すららネットに注目だ。すららネットは02/07(水)の大引け後に決算を発表しており、17年12月期の経常利益(非連結)は前期比31.7%増の1億0800万円に伸び従来予想の8600万円を上回って着地。18年12月期も前期比43.5%増の1億5500万円に拡大を見込み3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったようだ。6期連続増収、3期連続増益になる模様。

すららネットはオンライン学習教材を手掛ける企業で、eラーニング関連銘柄としてのテーマ性も関心が高く、また最近上場したばかりのIPO銘柄であるため、時価総額規模も小粒。値動き妙味の観点からも注目だ。最近の全体相場の下落もあり現在株価は上場時の初値よりも低い水準だ。現在、日本株の乱高下が激しい状況だが、こういう時は素直に材料株に注目が集まる可能性に期待。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3979】うるる

(IPO銘柄・クラウドソーシング関連銘柄)

いまだ北朝鮮情勢による地政学リスクはさほど減退していないように思う。減退していないどころか、04/15、04/16で北朝鮮は軍事パレードは行うわ、ミサイルは発射するわ(失敗したらしいが)でやりたい放題にも見える。

地政学リスクの警戒感からか、積極的なトレードは控えられているようだが、そんな中で資金の逃げ場になっているのが直近IPO株のようだ。17日はうるるや力の源ホールディングス、ティーケーピー、オロといった直近の新規上場(IPO)株にリバウンド狙いの買いが入っていた。直近IPO株はここ最近で利確売り+リスクオフで売られていたところを狙われた格好か。

うるるは最近のIPO株のなかでも注目したい。同社はクラウドソーシング関連の事業を行う企業でテーマ性も面白く、ここ最近で大きく調整している。地合いが地合いなので、人気が長続きするかは微妙なところだが。

【3753】チェンジ

(IPO/新規上場・IoT関連銘柄・ビッグデータ関連銘柄)

米大統領選を目前にしていることから、様子見ムードの拡がる展開だ。結果がでるまで積極的な買いが手控えられている印象。そんな中、資金の逃げ場になっているのが串カツ田中・ユーザベース・チェンジなど直近のIPO銘柄だ。

直近IPO銘柄のなかでもチェンジに注目したい。チェンジは9月末にマザーズに上場したIPOで、ビッグデータやクラウドなどを活用し経営をサポートするサービスを展開。ビッグデータ関連、IoT関連など次世代テクノロジー分野の旬なテーマに絡んでいることから、短期的な物色だけでなく引き続き注目される可能性に期待したい。

チェンジは上場直後に大きく株価をあげ一時は7,000円以上の高値を付けたが、ここ最近で株価を大きく調整しており過熱感も少なそうだ。今後の推移がどうなるか見もの。

【9142】JR九州

(IPO/新規上場)

10/25(火)はいよいよ大型IPO JR九州の上場予定日だ。大型IPOなので注目しないわけにはいかない。

JR九州は政府が保有していた発行済株式すべてを売り出し、株式公開と同時に民営化する。大型のIPOは株価の急騰にはあまり期待できないが、知名度が高いのでそこまで売り込まれることはなさそうに思うが…。

大型IPOといえば2015年の日本郵政グループの上場が記憶に新しいが、これらも上場直後は割と堅調な推移をたどった気がする。日本郵政グループ上場の時にも関連銘柄が物色されたが、JR九州上場も知名度のある銘柄。話題性が高まり九州に地盤を置く企業などが関連銘柄として物色される可能性も。

ハウステンボスを運営するエイチ・アイ・エスや九州地盤の百貨店、井筒屋などにも注目。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6531】シルバーエッグ・テクノロジー

(IPO銘柄・人工知能(AI)関連銘柄)

先週の記事でも書いたが、最近は直近のIPO銘柄に短期資金が集まっている。先週まではチェンジやリファインバース、串カツ田中などに買いが入っていたが17日(月)はシルバーエッグ・テクノロジーが大幅に株価を伸ばしたようだ。先週に引き続き、材料難で様子見ムードの拡がる相場が継続中なので、しばらく直近IPO銘柄が資金の逃げ場となる可能性もあるかもしれない。

シルバーエッグテクノロジーは人工知能技術をベースにWEBマーケティングサービスを展開する企業で、2016年のテーマとしても注目の銘柄。この後の推移が気になる。

【6531】リファインバース

(IPO/新規上場・リサイクル関連銘柄)

ここ最近は直近IPOに短期資金がマネーゲーム化しているようだ。材料難からの手掛かり不足で直近IPOに短期資金が集まっている?!

リファインバースは7月末にマザーズ市場に上場したIPOでここ最近は連日上場来高値を更新している格好。チキンレースのような状態なので今から手を出すのはリスキーだが、串カツ田中やチェンジなどその他の直近IPOにも同じく株価を急騰させているので、まだ来ていない直近IPO銘柄に注目するのは面白そうだ。07/21にマザーズに上場したインソースはここ最近ジリジリきているようだが、リファインバースや串カツ田中に比べると出遅れ気味に見えるが…。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp