仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

タグ ‘ テクノスジャパン

【3666】テクノスジャパン

(人工知能(AI)関連・ビッグデータ関連銘柄・フィンテック関連銘柄)

人工知能(AI)関連銘柄に注目。
ここ最近、メタップスを中心に人工知能(AI)関連銘柄が堅調に推移している。メタップスに関しては、人工知能関連のほかに仮想通貨関連の期待もあるようだが、人気継続となれば同じテーマ性を持つ銘柄に物色が波及する可能性も。

テクノスジャパンはビッグデータを人工知能で改正する「scorobo」展開する銘柄であり、またフィスコと子会社を通じてフィンテック分野で業務提携する銘柄。メタップスも人工知能関連銘柄であり、またフィンテック関連銘柄でもあり、テーマ性は近い。

テクノスジャパンは現状13週線と26週線のレンジで動いているが、上値抵抗線として意識されるラインを超えてくるか見ものだ。

【3666】テクノスジャパン

(人工知能(AI)関連・ビッグデータ関連銘柄・フィンテック関連銘柄)

テクノスジャパンに注目だ。

テクノスジャパンはビッグデータをAI(人工知能)を用いて解析する解析を「scorobo」を手掛ける人工知能(AI)関連であり、また子会社を通じてフィスコとフィンテック分野で業務提携していることからフィンテック関連銘柄としても注目される企業だ。

政府のGDP600兆円を目指す官民戦略プロジェクトではIoT、ビッグデータ、人工知能(AI)など次世代テクノロジーの分野で30兆円の経済効果を見込んでいる。テクノスジャパンの手掛ける次世代テクノロジー事業はこれらの中核ともいえよう。

チャートは今のところボックス相場だが、このまま上昇すればダブルボトムを描く可能性も。

【3666】テクノスジャパン

(AI人工知能・自動運転(ZMP)関連銘柄・株式分割・増配)

フィンテック・人工知能・自動運転などに資金が向かう流れ。
テクノスジャパン社は増配と株式分割を発表済みで、上記のテーマ株にも沿う事業内容のため買われている。
人工知能関連銘柄の中でも最新の人工知能技術である深層学習(ディープラーニング)は脚光を浴びており、株価は年初来高値を形成しているが、ここで落ちるようでは押し目買いをしてみたい。
個人的には中期ゴールデンクロスも発生しているので、一旦調整を挟んで再度バンドウォークして欲しいと思う。
材料株とテーマ株に短期資金が集中しているので、この流れが継続なら素直に順張りでも。

仕手株・国策銘柄

【9758】ジャパンシステム

(マイナンバー関連銘柄・先読み作戦司令室)
以前急騰したマイナンバー関連銘柄のジャパンシステムに再度注目してみたい。
同社はマイナンバー関連の本命と位置付けされる(株価的に)ITBook社と提携発表後、株価を急進させたが、
現在は調整して株価は丁度下値支持線あたりまで下落。

先週は先読み作戦司令室にも掲載されて仕手化したと。
冷ましが済んだ後、どのように株価が動くか見物である。
素直に25日線あたりで打診すればひょっとすると?

【3766】システムズ・デザイン

(人工知能(AI)関連銘柄・マイナンバー関連銘柄)

システムズデザイン社は上昇トレンド継続中の上記テーマに沿った国策銘柄のように思える。
では、このテーマ株に沿って関連銘柄を物色するとなると、
人工知能では【2158】UBIC【3666】テクノスジャパン
マイナンバーでは【3742】ITBookなどの目立った銘柄に比べて株価割安である。

PERやPBRが高すぎて今更入れない本命銘柄に入るなら、バリュー感のある同社に注目したくなる。
人工知能などの成長分野に資金供給するため、トヨタや三井住友銀等が投資ファンド設立と報道も。

仕手株・国策株

【3666】テクノスジャパン

(人工知能AI関連)

この銘柄は朝書いておけば良かったなと後悔。
ゴールデンウィーク中に出た材料で株価に反応がありそうだったのが「経済産業省が人工知能研究開発に予算を割り当てる」と発表したことだ。
東京オリンピックまでに10種類のロボット開発を目指すそうだ。
人工知能はロボットがサービス市場に進出するための必須技術。人間とロボットの対話や意味の理解、感情推定などに使われる。あらゆるモノがインターネットでつ ながる「IoT」時代には家電や情報機器にAIが搭載されて持ち主に合わせたサービスを提案するようになる。
そこで産総研にAIの研究環境を整え、 NEDOの15年度「次世代ロボット中核技術開発」事業の予算10億円の8割をAI開発に投じる。

本日は寄付はマイナスからスタートながらも後場ではストップ高で取引を終えている。
まさに材料相場なのでこういった好材料を見逃さないようにしなければ、だな。

【6506】安川電機

(ロボット関連)

ロボット関連と言えば、サイバーダインや菊池製作所をイメージする人が多いだろう。
大本命ではあるのは間違いないが、そのロボットに必需の部品などを製造している会社はどうだろう。
上の記事でも書いたが、人工知能開発は今後国策として予算が振られる。

安川電機は産業用ロボットにおいて累積台数世界首位。
今後成長していくであろうロボットや自動運転などAIを組入れる技術に、それを「制御する部品」は必須だ。
車の運転で言うところの「ブレーキ」などがそれにあたる。
そういう部品を作っている会社で独自制御技術やサーボモーターとインバーターも世界首位。
もし同社に国策のAIが絡めばドッカーンいきそうだな。
時価総額は大きいので値は軽くないが、PER 17倍で連続増収、配当も出る。

また、同社と親密な【8137】サンワテクノスはPER7倍。ロボット系の株価が動いている時は先回りも。
物色対象になれば…であるが。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ