仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

タグ ‘ ニッポン高度紙工業

【3891】ニッポン高度紙工業

(グローバルニッチ関連銘柄)

ニッチとは隙間の意味となる。ニッチな産業というと、スキマ産業という事になり市場規模が小さい産業となる。そのため、売上を右肩上がりで伸ばしていくのは難しい事業だ。逆に言えば、ニッチな産業はその市場規模が小さい為参入企業も少なく、一定水準の技術力があればトップシェアを奪う事ができるというメリットがあり、利益率を高める事ができる。

グローバルニッチとは、スキマ産業でありながらも国際展開を行っている市場の事となる。国内事業だけではニッチ産業故に売上の上昇は見込めないが、市場を世界に広げる事でニッチながらも売上が伸ばせる。もちろん、その分国内水準で収まらない世界企業に打ち勝つ技術水準が必要となる。

さて、ニッポン高度紙工業は電気絶縁用のセパレータ専業となる。まさにニッチ事業に特化している。その分、アルミ電解コンデンサー向けはほぼ独占しており、世界市場でも6割のシェアと高水準となっている。またリチウムイオン電池向けの事業も行っており、こちらは昨今の脱炭素やEVの流れを受けて需要が旺盛となっている。ニッチな事業であるも、大元の電池需要が伸びれば当然同社の売上にも貢献する事になる。

2021年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

これは1月29日に発表した3Qの決算発表となる。前年同期比に比べて売上高は18%増の113億円、営業利益は172%増加の19億円、純利益は146%増加の13億円と大幅な増収増益となっている。これは先程述べた電池需要が旺盛な為だ。配当も2円増配としており、新型コロナの影響で減益予想だった市場からは好感をもって受け止められている。

今後EVや電池、脱炭素関連銘柄はその市場テーマ・期待で資金が入る段階から、実利に反映されるかの時期に入ると私は考えている。いくら国策と言えども実際の利益に反映されない企業はその期待感で資金が流入した分、株価は反落するであろうし、逆に利益に買えられる会社はその流出資金の受け皿として株高の恩恵を受けるだろう。

同社の株価の動きを見ると、決算発表後の動きはさほど大きくなかったもののその後に出来高を伴って3000円という節目を突破。直近高値を抜けた事で上昇波動入が考えられる。その後は、下値目処とかわった3000円を下抜ける場面では買われる動きとなり本日大幅高となっている。2月頭の出来高の推移はつまりはこの高値水準から買いを入れた大口がいると推察される。そこが利益確定に走れるだけの株高もしくは出来高増加とあるまでは期待が持てるだろう。今後の株価推移に期待したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3891】ニッポン高度紙工業

(リチウムイオン電池関連銘柄・EV関連銘柄)

来週の月・火で、決算ラッシュがひと段落するが、そうなればまた個別のテーマ株に物色が戻ってくるのではないだろうか。

週明けは直近ではやや調整をしていたリチウムイオン電池関連銘柄・EV関連銘柄が物色されるのではないかと密かに注目している。週明け月曜にはリチウムイオン電池関連の中核株 田中化学研究所が決算発表を予定しているが、ここの数字が良ければ再び人気再燃もあるのではないだろうか。

ニッポン高度紙工業もリチウムイオン電池関連の中核株だが、ここは既に11/02に決算発表を済ませているので決算絡みの急動意はなさそうだが、テーマ性が注目されれば面白いかもしれない。ここ最近の日経の乱高下もあり、下値支持線を少し下回っている点は気になるが。週明けの株価推移にも注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株&国策銘柄

【1822】大豊建設

久々登場の大豊建設。
同社の注目点はやはりトンネル関連プロジェクトに関してだろう。
リニア中央新幹線、三陸復興道路、外郭環状道路など同社が関わるであろう国策は多く、総額10兆円にも上るプロジェクトだとか。

但し株価は新高値を取りに行くかと思いきや短期一服ムードであり、信用買い残が減少していると共に、空売りが入ってきている。
貸借倍率3.81倍なので、一旦反発を繰り返してきた20日平均線あたりまで売り込まれるならば打診買いをし、
再度ボリンジャー+2σに沿う上昇基調になればいいかなと希望的観測。

【3891】ニッポン高度紙工業

トヨタが単独で保有する燃料電池車(FCV)関連の特許すべての無償提供と報道。
トヨタが特許をライバル会社に無償提供とは、異例中の異例のことであり、国と大企業が全力で水素社会をつくろうとしている。
水素関連と言えば、まず水素ステーションの 【8088】岩谷産業が出てくるが、時価総額2,151億円と株価は重そうだ。
ニッポン高度紙工業は時価総額127億円で浮動株10%と、本日のような水素系材料でグングン値を伸ばす可能性が高い。
それに、経済産業省の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、まだフェーズ1の段階で、今後次々に水素系材料が出ると予想される。
安値は積極的に拾っていきたい銘柄だ。

仕手株&国策銘柄

【4571】ナノキャリア

バイオ関連株であるナノキャリア。
バイオ株は嫌いだという人も多そうだがw
ナノキャリアは1月に株高になるというアノマリーがある。
チャートを見て頂ければ一目瞭然だが、来年も高値を付けてくるか見物である。
となれば、12月中の安値で拾っておくと、もしかしたら面白いかもしれない。

【3891】ニッポン高度紙工業

増し担保規制で急落のニッポン高度紙。
ここは空売りタイミングがバッチリできた銘柄だが、ちょっと売られ過ぎなのではないかと思う。

選挙報道の陰でトヨタの燃料電池自動車「MIRAI」が発売となった訳だが、ここ2日は10%程の下落が続いている。
もし明日も売り込まれるようなら、今度はドテン買いをナイスタイミングで決められそうな予感。
乱高下が激しい銘柄なので割り切りが必要だが、明日注目しておきたい。

無料仕手株情報

【3891】ニッポン高度紙工業

超乱高下のニッポン高度紙工業。
今日は一転ストップ高で、ここはやっぱり何か住んでるねw
ただその大口か何かがドカっと売るとこの前みたいなことになると思うんで、
来週も強く、新高値更新するようなことがあれば、
大き目の利確が出てくるタイミングで空売りを狙うかもしれない。

【4971】メック

出来高は割と大人しくなったメック。
3連続陽線だ。
誰かしらが触っているのはわかると思うが、今後どのような展開に仕上げるのか…。
謎である。戸田工業と一緒に見ておくと良いだろう。

無料仕手株情報

【6293】日精樹脂工業

某セミナーで取り上げられた銘柄の日精樹脂工業。
どうやら上方修正は必至なのでIRが出るまでに仕込みたい銘柄のようだ。情報の真偽はわからんので完全自己責任で!
そしてそれが漏れているのか岩井コスモ証券とSMBCが強気継続で目標株価1300円と本日出してきた。

どの程度の上方修正を予想しているのか気になるところだが、
ここ最近30%以上の値上がりしている為、そろそろ織り込み済みと言えなくもない。

明日の買い圧力などを見ておくと面白いかもしれない。

【3891】ニッポン高度紙工業

昨日デイトレ銘柄として書いた銘柄だ。
今日の買い注文多く、前場は20%以上の上げ幅をみせた。
昨日の記事で書いた通り、有力者の一言であってもこんな急騰は続くはずがない。
これは流石にやり過ぎと空売り注文を出した訳だが、予想は的中して高値から約30%程急落w
デイトレなら超が付く程うま味のある株となった。

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com