仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

タグ ‘ M&Aキャピタルパートナーズ

【6080】M&Aキャピタルパートナーズ

(ポスト新型コロナ関連銘柄・思惑関連銘柄)

以前も言及した事のあるM&Aキャピタルパートナーズ。その名の通り、M&Aの仲介を行う会社だ。独立系で、事業継承案件に強みを持っている。特に後継者不足に悩む経営者への営業が強く、調剤薬局には特に強みを持っている。

前回は買いで紹介していたが、今回は売りである。前回決算発表で減収減益だったものの、案件事態は豊富であり後半の巻き返しは十分可能と会社側は説明している事や手持ち現金が130億円と豊富な事を評価しての買いでの紹介だった。

では、今回はなぜ売りか?それは後半の巻き返しが本当にできるのかどうかが判明するからだ。同社は決算説明資料において大型案件等が控えている事や手持ちの案件が多い事で見通しを下方せずにいる。

だが、新型コロナウイルスによる事業の停滞が想定以上に大きい中で、この商談を円滑に進められていたのだろうか?私としては、後半に控えていた案件が成約しない事も十分にありえると考える。最終的に成約するとしても、期ズレを起こしても不思議ではないだろう。

そうなると、見通しの維持及び金融緩和によって膨れた株価がしぼむ事になる。もちろん、決算内容自体は誰にもわかるものではない。決算またぎをしたくない短期投資家にはおすすめはしないが、今後の株価の推移を見てもらいたい銘柄の一つだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6080】M&Aキャピタルパートナーズ

(ポスト新型コロナ関連銘柄・思惑関連銘柄)

M&Aキャピタルパートナーズはその名の通り、M&Aの仲介を行う会社だ。独立系で、事業継承案件に強みを持っている。

後継者不足で事業が継続できないなどの課題に対処している。最近では高齢化や大資本進出が顕著な調剤薬局に強みをもっている。

先日発表した決算発表では減収減益となったものの、案件事態は豊富であり後半の巻き返しは十分可能と会社側は説明している。個人的には会社想定通りの進捗となるならば現在株価水準は割安と言えるだろう。同業の日本M&Aセンターなどと比べれば顕著だ。

更に、ポストコロナの銘柄として手持ち現金が多い会社を一貫して押しているが、同社も130億円程度の現金保有がありまた、有利子負債が0となっている点を評価している。

株価は10日線にそって上昇しており、4月30日の決算に向けて重く的な上昇をするようであれば利食いを入れつつ決算勝負にでたい銘柄だろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com