仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3753】フライトホールディングス

(アップルペイ・フィンテック関連銘柄・インバウンド関連銘柄)

08/17(水)はフライトホールディングスが後場で急騰しストップ高気配。

先日9日の決算で4-6月期(1Q)最終は赤字縮小で着地と発表したが、株価は大きく動かなかったが、ここにきて大幅上昇。

今回の買い材料は子会社のフライトシステムコンサルティングのタブレット向けマルチ決済装置Incredist PremiumがドコモのiD(アイディー)決済に対応したというもの。このフライトHDのIncredist Premiumは2016年3月より発売開始した端末で、アップルペイにも対応している決済端末だ。

アップルペイの日本上陸に先駆けてドコモのiD(アイディー)決済に対応したということでさらに国内の普及が進めば面白い。アップルペイが上陸するまでにどこまで普及させられるか。

17日の急騰でフライトのローソク足は陽の丸坊主を描いており、17日のPTS(20:27時点)では+8%の推移と上昇しているがどこまでいくか。

【4594】グリーンペプタイド

(バイオ関連銘柄・がん関連銘柄・国策銘柄)

ここ最近、お盆休みに入っている投資家が多いためかいつも以上に市場は閑散としている。

さらに為替市場も円高方向に傾いているため、主力株は手控え感からか物色されにくい展開となっており、相対的にバイオ関連銘柄が人気化しているようだ。バイオ関連銘柄は比較的、外部環境の影響を受けにくくまた、日銀のETF買いもほぼ関係ない。さらに値動きも軽いため、短期資金の逃げ場になっている格好だ。

グリーンペプタイドは直近でがんペプチドワクチンITK-1に関する特許出願が、日本に続き欧州にでも特許査定を受けたと発表しているため、注目も向きやすいだろう。引き続き、材料難の展開となればバイオ関連の人気が継続する可能性も。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3918】PCIホールディングス

(フィンテック関連銘柄・自動運転関連銘柄・IoT関連銘柄)

PCIホールディングスは組み込み系ソフトウェアの開発を手掛ける会社で、かねてより自動運転関連IoT関連として認識されている銘柄だ。

同社は08/10(木)にジャパンインベストメントアドバイザーとフィンテック領域における業務提携に関する覚書を締結したと発表。この協業により販売先を金融機関や機関投資家とする専用のソリューションやサービスの販売活動を共同で取り組むとのことだ。

IoT、自動運転に加えフィンテック関連と最先端のテーマに絡む銘柄だが、この材料はまだあまり注目されておらず株価にはほぼ反映していない様子だ。15日にはジャパンインベストメントアドバイザーが堅調に推移していたが、JIAが注目されれば改めてこの材料が評価される可能性もあるかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4321】ケネディクス

(日経225入れ替え候補・不動産・東京オリンピック)

ケネディクスが複数の材料で株価を上げている。10日大引け後に決算を発表し、同時に発行済株式数の4.5%にあたる1200万株の自社株買いを発表。また、同時に伊藤忠と商業施設開発での提携も発表している。主にこれらが買い材料視されたようで株価は窓を大きく開けて上昇。

また三菱UFJモルガンスタンレー証券が10日に日経平均株価の定期入れ替えの予想を発表し、ケネディクスを予備候補としたことも評価されているみたいだ。

ケネディクスは5月以降、下降傾向にあったが6月末を境に乱高下しつつも回復傾向のチャートを描いている。今回大きく窓を開けて上昇し上値抵抗線として意識されるラインを上抜けた。窓埋めの可能性には注意だが、この先の推移も気になる銘柄だ。

【2376】サイネックス

(国策銘柄・地方創生・ふるさと納税関連)

ふるさと納税一括業務代行を請負うサイネックス社に注目してみよう。
株価は、長らく下降トレンドであったが、ここ最近は底を打って反転してきているように見える。
第一四半期の決算も発表済みであり、増収減益という内容であったが株価はもう織り込むだろう。

最近ふるさと納税に関する話をしている人が都内ではかなり多く、地方自治体との親密な関係にある同社には好機に見える。
全共同発行自治体一覧を見れば、パートナーシップを結んでいる自治体の多さに驚く。
地域の魅力を全国に発信する“シティプロモーション”に関する包括的事業提携を【7912】大日本印刷とも結んでいる。地方創生関連銘柄で小型株を狙うのであればPER11倍、PBR0.8倍の同社には割安感と、同テーマ株物色なら急伸も期待できそうだ。
しかしながら出来高の少なさが目立つので、その点は割切らないとだな。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8830】住友不動産

(国策・オリンピック関連銘柄・決算発表)

デイトレ・スキャル銘柄としてアベノミクス相場では大きく取引されていた値嵩株の住友不動産社。
本日は第一四半期の決算を発表した訳だが、増収増益の達成。前年同期比で営業収益は2,665億円(前年同期比+51.3%)、営業利益は534億円(同+29.4%)とかなり良い数字になっている。
反面、全体相場の崩れから株価は下降トレンドとなっている。
リオ五輪が閉幕すると、いよいよ次は東京オリンピックの番で再注目される事もありそうな気がする。
大手ゼネコンが好業績なことから見直し買いが入って上昇トレンドを描いているものが多いのだが、不動産も全体的に好業績であれば見直しが入らないだろうか。
まあ、今は不動産セクター自体が下降トレンドなので、反転してきてからが良さそう。

【6879】イマジカ・ロボット ホールディングス

(VR関連・AR関連・教育×ICT関連銘柄)

本日引け後に材料を出したイマジカロボットHDを見てみよう。
世界初の4K HDR放送のオープニング番組をスカパーJSATと共同制作
世界初というタイトルは材料の大きさを期待させる訳だが、実際内容を見てみると大きな材料ではなさそうと窺える。

一週間前はポケモンのアニメ制作会社として爆発的な株価急騰を演じていて同社であるが、その後の急落によって現在の株価は急騰前の水準に近づいてきている。
ただしその前にVRへの参入を発表もしているので帳消しは無さそうな感じはするな。
チャートも急騰を演じたことによって移動平均線は上向き、売られすぎの指標も出始めている。

個人的に期待している点は、ポケモンGOによってARというものにみんなが触れて知った。
あれはまだまだ出始めのARな訳で、今後もっと発達していくだろう。
そうなってきた時に映像技術がもの凄く高いイマジカロボット社はVRだけでなくARでも急成長を迎えそうな気がする。
東京オリンピックでも活躍の場が沢山ありそうだ。
実際の建造物などに映像を投影するプロジェクションマッピングは同社の得意分野でオリンピックでも拡張現実の世界でも大活躍な予感がしてならない。
仮にVR=仮想現実・AR=拡張現実というものが流行したら、必ず至る処に広告が出てくるだろう。インターネットは流行っているって次元じゃなくなってきているが、広告の量は半端じゃないよな。
そんな広告をビル、建物全体に投影したら非常にマッチして面白いと思う。
VRもARも将来的にはウェアラブル端末のメガネになるって話だし、歩いているだけでIoTで色々ネットに繋がるだろう。広告は必ず広告主が予算上限を決める形になると思うので、出てくる広告もビックデータから個々にマッチしそうなものだけを配信するような仕組みだろうね。近未来を創造すると色々面白いな!

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ