仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6298】ワイエイシイ

(半導体関連銘柄,兜町情報通

東証プライム上場、各種自動化機器中堅。メカトロ、ディスプレイ、半導体製造装置など関連機器が主力とする企業だ。

半導体関連の小型株の同社だが、直近の決算では24年3月期の連結経常利益は前の期比34.6%増の20.7億円に伸び、25年3月期も前期比44.6%増の30億円に拡大する見通しとなった。3期連続増収、4期連続増益と業績はしっかり!

そんな同社は中期計画で「半導体・メカトロニクス関連」、「医療・ヘスケア関連」、「環境・社会インフラ関連」の3セグメントに改編しているが、2030年に売上1000億円企業、創立100周年にあたる2073年には売上3兆円企業へ成長すること を展望をだしている。

時価総額236億円の企業が3兆円とは物凄い目標の一言ではあるが、近いうちに大きな材料があると兜町情報通も噂している。今の株価位置を見ても狙い目と言えるだけに注目と見る。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5216】倉元製作所

(半導体関連銘柄,兜町情報通

東証スタンダード上場、液晶用ガラス基板加工。薄膜デバイスも。加工技術に定評。半導体加工も手掛ける企業だ。

直近の決算は、24年12月期第1四半期(1-3月)の経常損益(非連結)は200万円の黒字(前年同期は9700万円の赤字)に浮上し、通期計画の5000万円に対する進捗率は4.0%と黒字化が定着しつつあり、その内容を好感して決算通過から再び強い上昇に入りそうな動きとなっている同社だが、兜町関係者の噂ではまだこの先に材料がありそうとのことだ。

まあここまで上昇しているが月足を見ると伸びしろはある。月内までにあるかどうか…注目してもらえたらと思うぞ。

面白い噂有り!そろそろ強いリバウンドの可能性!【5216】倉元製作所

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1436】グリーンエナジー

(再生可能エネルギー関連銘柄,兜町情報通,材料

東証グロース上場、太陽光発電設備の戸建販売、クリーンエネルギー発電を主力とする企業だ。

社名をフィットからグリーンエナジーカンパニーに変更した同社だが、本日午後0時50分ごろ、株主優待制度を拡充すると発表したな。

この内容だが…現行では保有株数に応じて「QUOカードPay」を1000~3000円分贈呈していたが、変更後は300株以上の保有で一律3万円分を贈呈する。4月末と10月末時点で株式を保有する株主が対象となるという。新NISA組が喜ぶ非常にナイスな株主優待と言える。

これを受けて同社株はSTOP高となったが、僅か300株で3万円のQUOカードは超絶と言える優待だけにこれはまだまだ期待できそうだな。業績がさらに伴えば下手すると2000円も見えるだけに引き続き注目と見る。

記載後からSTOP高の【1436】フィットを「兜町情報通がまだここから期待と噂!」

兜町情報通の要監視銘柄!決算通過で下げたところは注目だ!【1436】フィット

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2127】日本M&A

(M&A関連銘柄,兜町情報通

東証プライム上場、会計・税理士が設立の中小企業向けM&A仲介企業だ。

兜町関係者からは直近でM&A関連が強い動きを見せているが、同社はその本明候補と位置付けているところが多いとの話。

直近の第3四半期決算では累計経常利益は117億円で前年同期比5.7%増と微増ではあるが、10-12月期は55.7億円で同81.2%増と拡大の予想。

M&Aが好調で過去最高の成約件数となり、利益率が大きく上昇しており、発行済み株式数の3.1%に当たる1000万株、70億円を上限とする自社株買いを(1月31日から3月31日)までを発表している。

チャートも非常に強いトレンドに入っているだけにここは見ておくとよいだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8938】グロームHD

(医療関連銘柄,医療支援関連銘柄,兜町情報通)

東証グロース上場、医療法人の経営支援を行う病院関連事業を展開。アライアンスを締結した病院から月額の業務委託報酬を受領などを主軸とする企業だ。

直近の材料を見ると、中国人向け医療関連サービスを展開する新会社グローム・インターナショナルを設立、中国圏に居住する人々に対して、オンライン診療やインバウンド向け医療ツーリズムの提供を行うことを目的としている。

医療用機械器具の販売を手掛ける福山医療器(広島県福山市)の全株式を9月29日の予定で取得、アライアンス先医療機関への経営支援コンサルティングに不可欠である医療機器を専門に扱う企業との提携やM&Aなどを模索しており、今回の子会社化によりアライアンス先の医療機器需要に対するシナジーが期待できることから子会社化すると発表している。

そんな同社の前回の8月14日発表の決算は、24年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は3400万円の赤字(前年同期は9700万円の黒字)に転落となっているが、業績、11月14日に決算を控えているが、業績は不透明だが中国向けのサービス含め展開しており材料の期待も高まる。

兜町情報通も大口投資家の資金が入っている動きがあるだけに注目しておくべき銘柄と噂されているだけに注目と見る。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4015】アララ

(サイバーセキュリティ関連銘柄,キャッシュレス関連銘柄)

東証グロース上場、スーパーや飲食店など小売店向けに自社専用のハウス電子マネー・ポイントサービスの「point+plus」提供、メッセージング、データセキュリティ、AR、QRコード関連を手掛ける企業だ。

同社は直近でNTTドコモが17日に独自の非接触ハウスマネー提供を可能とする「iDインハウス」を開始すると発表。

対応ソリューションを提供する企業としてアララと経営統合した子会社のバリューデザインが挙げられたことが材料視され急騰しているが、時価総額55億円の同社が超大手のNTTのマネーライセンスを取得というのは非常に魅力的な材料と言えるだけにここからの動き注目と言えるだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

【1885】東亜建設工業

(建築関連銘柄,割安株)

東証プライム上場、PER10.7倍、PBR0.8倍の割安、旧浅野系の海上土木大手。陸上土木や民間建築、海外ODAも積極展開する企業。

12日に前2023年3月期連結決算と今24年3月期業績予想、自己株式取得枠拡大と取得期間延長を発表している。

23年3月期の営業利益は65億5,500万円にとどまったようですが、24年3月期の営業利益は97億円とV字回復している。同社は得意とする物流施設等の分野で、活発な投資が今後も継続する模様とのことだが。又、自己株式の取得枠を従来の120万株から420万株、取得金額を同20億円から70億円拡大しているだけに安いところは狙い目と見る。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ ブログ村ランキングお願いします。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com