仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

国策銘柄

国策銘柄とは、株の格言に「国策に売りなし」とあるように、国を挙げて実行される政策によって恩恵を受けるであろう銘柄について書いていきます。日本が国家予算を組んでその分野を成長発達させていくので、株価もそれらを織り込もうとする流れから急速に株価を上昇させる流れがあります。マイナンバーや国土強靭化、オリンピック開催やインバウンド関連、サイバーセキュリティーなど多くの関連する銘柄が株価を上げています。

【3799】キーウェアソリューションズ

(健康×ICT関連銘柄・思惑銘柄・国策銘柄)

キーウェアソリューションズ(3799)のチャート画像

キーウェアソリューションズ(3799)は官公庁向けや通信、金融、医療、流通などの多種多様な分野において情報システムを構築している会社だ。NECと密接な関係にある事から官公庁向けは特に強みがあり、好調が続いている。

一般社団法人環境共創イニシアチブがIoT家電・機器から得られる生活データを活用した新たなサービスの創出・普及のために、消費者に対してポイント・ディスカウント等の特典を付与する販促活動費用の一部を補助する通称「LIFE UP プロモーション」を行っているが、同社はこれに参加している。KDDIなどの大手も参加するプロモーションであり、経済産業省の補助がでる国策の一環だ。

同社はこのプロモーションには健康情報管理ソリューション「健康からだコンパス LifeRoute」を使用。「健康からだコンパス LifeRoute」は日々の健康管理に必要なバイタルデータ(体重、血圧、血糖値など)を記録しながら、より健康に生活するための健康管理サポートサービスで、ICTと呼ばれるものだ。

さらに、同社は7月にNECが持つ株式をHBA社とテクノスデータサイエンス社に580円で売却する事で資本業務提携を行う事を決めている。これによりAIやIOT分野への業容拡大が図られる事になり、現在強みを持つ官公庁向けやインフラ関連以外にも新たな成長分野を持つことになる。

当サイトがこの銘柄に対して思惑を感じる一番の理由は何よりもこのチャートの形状だ。ご覧のように2019年に入り株価は何度か上昇局面に転じてきた。しかしその度に600円の壁に阻まれてきたのだ。

ところが、本日出来高を伴って上昇。これまでと違い一気に出来高を伴って600円を抜けてきた。特段の材料がない状態でこのような動きを見せる事こそ、何かあるのではないか?といった思惑を感じるのだ。

テクニカル的にも5日移動平均線・25日移動平均線・75日移動平均線といったすべての線が上向きに転じている事や、600円といった上値抵抗を抜けてきた事から短期的な株価上昇に期待がもてる。今後、終値ベースで600円を超えてくるような事があれば更に期待が高まる。

テーマとしても国策関連であり、はやりのAIやIOTを網羅している。PERも15倍台と割高感はなく、更に時価総額54億円ほどと値動きが軽そうな事も追い風に感じる。

決算発表予定は10月31日を予定。上方修正などがでれば4桁回復もありそうだが、さて。

【7953】菊水化学工業

(水害対策関連銘柄・思惑銘柄)

菊水化学工業(7953)のチャート画像

建築物の下地材から仕上材までを一貫して製造・販売する会社だ。今年で創業60年を迎える老舗企業であり、現在は改修工事のみならず塗料分野に進出。塗料では、耐水性のシリコン塗料や断熱塗料などが好調となっている。

同社が注力している塗料「水系ファインコートシリコン」は建物の外観を長期に渡って維持できる。一般的なシリコン樹脂塗料の場合の耐用年数は10年前後だが、同社の場合の耐用年数は12年から16年だ。つまり、現在問題になりつつある大型マンションにおける大規模修繕において、費用削減効果の高い同社製品が採用される事が今後増えるだろう。

また、同社は水害対策や復興関連としても注目されるポテンシャルを秘めている。塗料以外はそもそも建築材の下地材や仕上げ材を製造販売している。つまり、台風19号による甚大な被害が同社にとって追い風になるのだ。

今回の台風では、地震被害と違い直接的な建物の倒壊という事は少なかった。一方で堤防の決壊による河川の氾濫で広範囲に渡って浸水被害が発生している。床上浸水ともなれば板材が痛む・腐食の可能性もある為張り替える必要がでてくるであろう。この点、同社商品は水害の復旧のために必要な建材を提供する会社である事から今後の売上増加が期待される。

水害に関係なく業績は回復傾向にある。第1四半期決算は好調な推移となっており、11月7日の中間決算発表では上方修正の期待も高まる。ただ、この段階では水害での特需が仮に起こっていたとしても数字には反映されない可能性があることには注意が必要だ。

株価を見てみると、年初より何度か吹き上がる場面があるものの、概ね400円前後での揉み合いとなっている。だがここにきて本年一番の出来高を伴った上昇がある。前回までの吹き値場面では、すぐに行って来いとなり株価はもとの水準に戻ったが、今回は高値をキープしている。

この動きには当サイトとしては思惑を感じる。このまま高値圏を維持できるようであれば、5日移動平均線の接近まで日柄を待ち安いところを拾っていけば妙味がうまれるのではなかろうか。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1382】ホーブ

(農業銘柄・震災復興関連銘柄・思惑銘柄)

花卉や食用ユリを中心としたバイオ苗を提供する事業を祖業とし、その後は四季成性イチゴ(ベチカ・セリーヌなどの品種で発芽できる条件に日照時間の長短や低温などが必要ないもの)を中心に品種の育成や卸を行っている会社だ。

台風19号が各地に甚大な被害を及ぼしている、特にハウス栽培が主流のイチゴ生産ではハウスの倒壊や浸水による被害が深刻だ。「農業被害39億8千万円 イチゴ深刻、全体の5割 栃木県内」この記事によると栃木県のイチゴの被害は約20億円となっている。

栃木といえば「とちおとめ」の品種が有名で、その生産量は24,900トン。産出額は271億円と日本一を誇る。その栃木のイチゴ被害が深刻だという事で、台風の影響がなかった北海道にイチゴ農園をもつホーブに思惑が広がっている。

本日は300円高の1326円、ストップ高比例配分での大引けとなっている。買数量70万株オーバーとなっており、明日以降も買いが優勢になる可能性が高い。

ただ、本日のストップ高水準でもPER12倍台と割高感が強い訳ではない。現状の買い向かう資金は連想ゲームによるマネーゲームとして一過性のものになる可能性も否めないが、復興関連としてのテーマにのり思わぬ大化けをする可能性も秘めているものだろう。

なお、昨日の段階でテーマを見極め、独自の視点からホーブを推奨していた株マイスターの情報提供には敬意を表する。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6233】極東産機

(リフォーム関連銘柄・震災復興関連銘柄)

同社は畳施工・壁紙施工の省力化機器、厨房機器・各種メカトロ機器を製造販売する総合FAメーカーだ。

警戒されていた猛烈な台風19号は通過したが、日本各地の広い範囲に渡って大きな被害を及ぼしている。

NHKによれぱ58人が死亡、15人が行方不明、211人がケガ、そして全国で少なくても1万棟以上の住宅が水につかり、およそ900棟の全半壊や一部損害とのことだ。

他にも土砂災害や断水、停電など、完全復旧までには長期的な見方が必要となるだろう。

決して喜ぶべき出来事ではないが、関連企業の特需が期待できることも事実である。

今回は復興に壁紙施工機器、床施工機器、カーテン製造機器、畳製造機器、襖製造機器、厨房機器など、必要なものを多数扱う極東産機に注目だ。

先週もダスキンと契約締結で「畳張替サービス」開始と報じられ人気を集めたが、これはダスキン及びダスキンフランチャイズチェーン加盟店が一般家庭の畳新調・張替え工事を受注し、極東産機が持つ全国の畳店ネットワークを活用して工事を請け負うものである。

またPER19倍、PBR1.4倍、時価総額は37億円と一度注目を集めれば一気に値を飛ばす可能性は高く、話題性を考えてもここは抑えておくべきだ。

台風通過前には電線地中化関連が注目されていたが、今回は浸水被害の大きな同関連に注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3423】エスイー

(国土強靭化関連銘柄・震災復興関連銘柄)

同社はアンカーや落橋防止装置、橋梁材など建設用資材・機材の製造販売を手掛けている企業だ。

国土強靭化関連銘柄・震災復興関連銘柄としてのテーマ性を持ち、堅調な業績面の推移も評価できるところだろう。

20年3月期第1四半期の連結経常利益は、前年同期比46.1倍の3.23億円に拡大し、通期計画11.5億円に対する進捗率は28.1%に達している。PER13倍台、PBR1.1倍台、配当利回り3%台と指標面での妙味もありそうだ。

同社は株主優待制度も設けており、2,000株以上の保有で1,000円相当の商品を防災用品・一般用品等から選択が可能だ。また、社会貢献団体への寄付という選択肢もあり実に興味深い企業である。

新興市場の値動きが軽い銘柄であるため、株価には度々の急騰場面が見られているが、ここ1年間は330円付近の壁に何度か跳ね返されている。

今回の商いを伴った上昇でここを突破できればインパクトは大きいだろう。

3連休に合わせて大型の台風が向かってきているのも思惑を呼びそうである。業績面・テーマ性と面白そうな銘柄だけに注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8111】ゴールドウィン

(オリンピック関連銘柄・ラグビーワールドカップ関連銘柄)

同社はスポーツアパレルの総合メーカー。複数ブランドを展開する事に強みを持つ。現在展開しているブランドは、祖業であるスキーブランドとして始まった「ゴールドウィン」、高速水着として一斉を風靡した「スピード」、洗練されたデザインでその地位を築いた「エレッセ」、ニュージーランド発のラグビーウェアブランド「カンタベリー」、世界最高のアウトドアブランドの一つ「ザ・ノースフェイス」など多岐に渡る。

現在日本ではラグビーワールドカップが開催されている。10月5日(土)に行われた対サモア戦も38-19で勝利。ラグビーワールドカップの場合は、ただ勝つだけではなく、4本以上のトライを決めればボーナスポイントがつくのだが、これも獲得しての勝利となった。

これで日本は次のスコットランド戦で引き分け以上でグループリーグ突破がきます。もし突破となれば、日本ラグビー史上初の快挙となる。

ここまでの活躍を見せれば列島も熱狂するわけで、日本対サモア戦の視聴率は32.8%。瞬間最高視聴率は46.1%を記録した。実に半数近くの日本人が、日本代表の桜のジャージを見た事になる。

そして、その桜のジャージ(日本代表のユニフォーム)こそ、カンタベリーのものだ。カンタベリーは日本代表以外にも、ニュージーランド代表など多くの国のサプライヤーとなっている。日本では多くの人がラグビーを観戦しレプリカユニフォームの売上も好調と聞く。日本ではゴールドウィンの子会社であるカンタベリーオブニュージーランドジャパンが販売を手掛けているため同社の売上に貢献している事だろう。

更に、ラグビーワールドカップが終われば、今度は東京オリンピックが開催される。ラグビーだけではなく様々なスポーツに注目が集まる事になり同社の売上に継続的に影響していく事だろう。

株価の推移を見てみよう。現在株価は上昇基調にあると見られる。25・75・200日移動平均線はすべて上向きである。全体相場の下落もあった事から25日移動平均線との乖離はない。一方で株価はやや割高と見られる事から信用売残が40万株超と積み上がっている。信用倍率は0.42倍となり逆日歩もついている事から今後踏み上げが見られる可能性もある。

確かにPERは38倍台、PBRは9.7倍台と東証1部の銘柄としては割高に映る。ただしROEが24%と資本効率の良さから機関投資家等の資金が断続的に入ってくる事も考えられる事から今後の値動きに期待したい。

【4978】リプロセル

(バイオ関連銘柄・低位株ボロ株)

ノーベル賞の受賞発表を前にしてバイオ関連銘柄の一角が盛り上がりを見せている。

バイオ関連銘柄にとって最も注目が集まるのが、10月7日(月)の生理学・医学賞の発表であるが、これを皮切りに物理学賞(8日)、化学賞(9日)と続く。

バイオ関連銘柄の急騰が相次ぎ、「バイオ株バブル」が起きたのは山中教授がノーベル賞を受賞した2012年後半から2013年半ばにかけての事だが、同社が上場した2013年6月は丁度バイオ株バブルが崩壊した頃で、上場後に下落の一途を辿る事になった悲惨なバイオ関連銘柄でもある。

しかし、それは過去の話であり近年では底堅さを見せているのも事実であろう。

2019年2月にはiPS細胞を使って脊髄損傷の回復をはかる臨床試験計画も厚生労働省から認可されており、iPS細胞関連の研究試薬を手掛ける同社にとっても追い風となるようなニュースではなかろうか。

他にも9月9日には世界的な細胞機能測定システムの開発・販売企業の米アクシオン・バイオシステムズと、国内における販売代理店契約を締結、9月11日には上海拜力生物科技と、中国における販売業務提携を開始したと発表している。

立て続けに発表される材料が好感される形で株価にも反応が出ており、ノーベル賞の受賞発表を前に更なる注目が集まってきても不思議ではないだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp