仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

国策銘柄

国策銘柄とは、株の格言に「国策に売りなし」とあるように、国を挙げて実行される政策によって恩恵を受けるであろう銘柄について書いていきます。日本が国家予算を組んでその分野を成長発達させていくので、株価もそれらを織り込もうとする流れから急速に株価を上昇させる流れがあります。マイナンバーや国土強靭化、オリンピック開催やインバウンド関連、サイバーセキュリティーなど多くの関連する銘柄が株価を上げています。

【5449】大阪製鐵

(注目銘柄・鉄鋼関連銘柄・オールドエコノミー関連銘柄)

人の投資スタイルにガチャガチャという気はないが、IPO銘柄などが梯子が外れ、相場の注目を集めていた【3936】グローバルウェイも暴落となった。

マザーズ指数は底を打った様な動きにも見えるが、感染者拡大で個人投資家が好む銘柄は完全に勢いが失速している。戻すにしてもお盆明けからか?という感じではある。

前回記載した【5632】三菱製鋼は短期で急騰となったが、鉄鋼関連の上昇はまだ加速すると見る。

その鉄鋼関連銘柄では【5449】大阪製鐵が出遅れチャートで狙い目と見る。

大阪製鐵は、日本製鉄グループ、電気炉を持ち、鉄スクラップを原料に製鋼を行い鉄鋼製品を生産する、「電気炉メーカー」と呼ばれる鉄鋼メーカーの一つだ。

直近の決算は22年3月期第1四半期(21年4-6月)は連結営業利益が17.9億円(前年同期の2.4倍)に拡大した。今期の営業利益予想を19億円から32億円(前期の2.3倍)、第1四半期の進ちょく率は55.9%と高水準。

チャートも出遅れており、コロナショックでの急落から戻しもまだ半分にも満たない。業績面が改善されてきているが、アクティビストの保有銘柄という思惑もあり伸びしろは高い。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3423】エスイー

(明日の注目銘柄・国土強靭化銘柄)

明日の注目銘柄だが、ラジオでもお馴染みの「高山緑生氏率いる新生ジャパン」が連続で配信している【3423】エスイーだ!

推奨理由は豪雨・防災・国土強靭化計画関連かつ核融合プラズマ発電関連の、低位・低時価総額銘柄として買いと予想としているが。

今回の熱海での土石流もだが、台風シーズンも近づいてきており、国土強靭化関連銘柄は人気化する可能性は高い。新生ジャパンでは豪雨・防災・国土強靭化計画関連として短期的利確値目安を500円に設定している。

中長期的には核融合プラズマ発電関連銘柄として2013年10月に付けた上場来高値715円突破に向かう可能性秘める。との記載をしているぞ!

新生ジャパンの【3423】エスイーのレポートはコレだ!

【3826】トラストHD

(明日の注目銘柄・不動産関連銘柄)

昨日記載の【3286】トラストHDは本日もSTOP高となっているが、一体これは何が起こっているんだ?という程の強烈な買いが入っているな!

昨日501円STOP高張り付き、そして本日は601円でSTOP高張り付きと2連発となったが、明日は値幅制限が解除されるがどうなるのか!過去のトンピンが仕掛けた【9820】MTジェネックを彷彿させる暴騰!こういった大口が明らかに仕掛けている銘柄がどういう結果となるのか!さすがにここからはリスキーではあるが、明日の動きも注目したい。

さて、今回取り上げた理由は「金の四方山話」で先行して配信した理由以上の事はない。気になる方は、「金の四方山話」を見に来て欲しい。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7781】平山ホールディングス

(人材派遣銘柄)

1967年に日用品の卸売として起業。その後に製造請負に進出し現在に至る。製造請負・派遣を行う会社で、テルモと緊密。売上の3割はテルモ関連となっている。主な請負は精密機器・食品・住宅設備・自動車関連部品などとなり、教育・訓練を充実させる事で同業他社よりも定着率が高いのが強みとなっている。

現在はM&Aを活発化しており、また外国法人も設立。ベトナムやタイなどの人材を活用する他、製造請負で得たノウハウを基に製造現場の効率化を図るAI技術にも積極的に取り組んでいる。また、DXを推進し派遣業者のプラットフォームを標準化する為にウイルテック(7087)や日総工産(6569)などとともにクロスリンクに共同出資している。

さて株価の動きを見ていると、この所出来高を伴って上昇している。出来高を伴ってと言っても、もともと商いが薄い銘柄なのでそこまで出来高がある訳ではない。これはおそらく「金の四方山話」でリークした通り某アナリストの情報が出回った事が影響しているだろう。月曜の新聞にも掲載され、ラジオ日経にも出演した。追撃で何かと各所でしゃべる可能性があるだけに今後見ておいても良いだろう。ただ、商いが薄い。そこだけは2度言っておく。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【5284】ヤマウ

( 国土強靭化関連銘柄)

ヤマウは九州地盤のコンクリートメーカーとなる。主に土木工事用のコンクリート製品を扱っており、港湾・高速道路・水門などに使われる。その事業の性質上、売上の7割を官公庁需要が占める。主に福岡地盤だが、熊本地盤のヤマックスと業務提携し、物流や生産設備の相互利用を開始。これによりコスト低減を図っている。

上記の施策などにより、コスト改善が進み2月以降上方修正を繰り返している。直近では5月10日に決算を発表。

2021年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

2021 年3 月期配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

4月23日に再度上方修正をしていたが、更に普通配当で11増配に、持株会社に移行した事を記念する特別配当20円を決定した。これにより配当は42円と大幅増配を発表。記念配当が剥落する今期でも、普通配当は22円想定とすると配当利回りは3.2%と妙味ある水準だ。更にPER4倍台、PBR0.6倍と割安水準なのも魅力だろう。

さて、株価は一貫して右肩上がりを続けている。度重なる上方修正でか買いが入っているが、上述の通りまだまだ割安と言える状態。さらには、同社のガバナンスを巡って買い進めるものがおり、思惑が渦巻く状況となっている。

九州地盤の土木という事で麻生グループが出資しており、今回の配当も今夏の選挙に向けて資金が必要だったのでは?と妄想を繰り広げればきりがないが、すくなくとも株価の水準訂正が進むだけでも株高が望めるだろう。今後の動きに注目しておきたい銘柄だ。時価総額が40億程度なのに浮動株が10%しかないとう事もあり、思わぬ株価の急騰もあるだろう。

ただし、唯一にして最大の欠点は板が薄く出来高がない事だ。もちろん、急騰急落があれば板もでてこようが、流動性が低い事には留意しておいてほしい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4582】シンバイオ製薬

(バイオ関連銘柄)

シンバイオはいわゆるバイオベンチャーで2005年に設立された企業だ。がん・血液・疼痛管理といった領域に特化した企業として知られている。研究所を持たずに、他社から新薬候補品開発権を取得し、臨床試験を経て製品化するのが特徴となる。

現在の主力商品は抗悪性腫瘍剤のトレアキシンと、骨髄異形成症候群対象の抗がん剤となるリゴセルチブメイテックとなっている。

特に、アステラス・ドイツから導入しているトレアキシンについては下記の通り適応(ある症状に対して効果・効能が認められる事)が拡大しており、今後の販売増が見込める状況となっている。

 

先日発表した1Q決算は売上高157%増の14億2000万円、営業利益は2億1千万円の赤字、純利益は2億の赤字となっている。一方で、通期見通しは売上高91億5100万円、営業利益は13億6100万円、純利益は11億4900万円と黒字に転じる見通しを出している。先程記載した主力たんるトレアキシン製剤が利益に貢献する予定だ。

バイオで黒字というだけで、株価的にはインパクトがある。実際に株価は黒字の見通しがではじめた1月から右肩上がりに上昇。2月位末には1478円をつけて一服。その後押し目を経て、3月には1713円まである。その後は戻り高値を4月に試して1439円。

チャート的にはネックラインが1000円とする三尊の形になったが、本日高値1517円まであり三尊を否定いている。これで短期的には3月高値の1713円が目指せる格好となった。特に終値で1478円を超えてくるようであれば注目しておいたほうが良いだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【2471】エスプール

(人材派遣銘柄・障害者雇用関連銘柄)

同社はコールセンターなどへの人材派遣と障害者雇用支援が主力の会社となる。もともとは販促支援や物流代行の会社として設立したが、その後障害者雇用関連に進出。貸し農園「わーくはぴねす農園」での就労を提案している。

さて、最近では幼児教育の無償化で保育事業には多額の国費が流れ関連する企業が続々と上場した。これはまさに国策の流れといえるだろう。菅内閣も女性の社会進出などを後押しする構えを見せており、この流れは当分続く。世界的にみてもSDGsなど、多様性を意識する流れがあるので当然とも言えるだろう。

この流れのなかで注目しておきたいのが障害者の雇用だ。多様な人の社会進出を支援していく一つとして、障害者雇用率の引き上げが今年3月に行われた。詳細はこちら

また法令改正により、規定人数の障害者を雇用しない企業に対して行政指導や納付金が発生する事になる。最悪、企業名が公開されてしまう。こうなると、企業の信頼は落ちてしますので、より実行力を伴った規則になったと理解して欲しい。

とはいえ、企業側には障害者雇用を行うノウハウがない場合が多い。また、障害者の為に設備を整えたりするには投資が必要となる。そこで、同社の農園を活用する方法が生まれる事になる。

障害者雇用に対してのノウハウがある同社の農園を雇用した企業は同社の農園で就労してもらう。これにより顧客企業は障害者雇用法定基準を満たす事ができるようになる。

この事業に関しては国策であり硬い事業となるなだろう。同社の売上の3分の1を支える、ほぼ消えない売上があるというのは同社の強みとなる。現在は全体相場が軟調な事から落ち着きを見せないが、ここから更に一弾安となるような場合などは、同社の事業の強みを意識して注目すると面白いだろう。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6317】北川鉄工所

(ドローン関連銘柄・キャッシュリッチ関連銘柄)

北川鉄工所は広島に本社を構える自動車部品・工作機器大手の会社だ。

工作機器事業では旋盤用チャックなどを手掛け、パワーチャックでは国内シェアは6割に登る。その他、建設機器としてビル建設の際に用いられるタワークレーンやコンクリートプラント、立体駐車場などに用いられる産業機械などを展開している。

そもそもは鋳型・鋳物で祖業した経緯から金属鋳造→機械といった流れになっている。今回はキャッシュリッチな点やバリューという視点から注目するが、ヘリコプターのヒロボーと共同でドローンを開発しており、ドローンやロボット関連としても知られている。

さて、3Q決算を見てみると金属素形材事業は新型コロナウイルスの影響もさる事ながら半導体不足による自動車会社の生産停止の影響で減収減益。更に、産業機械では立体駐車場自体の稼働が悪い為、投資意欲も減退しており赤字転落。工作機械に関してもやはり設備投資意欲の減退で減収減益となっている。

ただし、いずれも3Qに入り回復の兆しがみえてきており、通期予想は上方修正となり、来期は一株益で96円まで回復すると予想している。現在株価で換算するとPER15倍台となる。現在のPBRは0.39倍。

先程述べた通り同社はキャッシュリッチな会社である。時価総額143億円にたいして現金等の保有は94億円となる。会社想定通りに業績が回復するなればバリュー銘柄としては妙味のある内容だろう。

株価の動きを見てみると、会社想定が当初保守的だった事や無配に転落する可能性があった事で低迷していた。ただ、上方修正の発表で安心感が広がった他20円配当を決めた事で株価は高騰。200日移動平均線を一気に超えてきた。その後は売りに押されたものの横ばいの推移となっており、日柄調整を経た事で25日移動平均線との乖離も埋めてきている。

現在の相場はグロースからバリューに資金がうつっており同社に見直し買いが入る事になれば今後も株高基調が続く可能性がある。今後の株価の動きに注目しておきたい。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com