仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

国策銘柄

国策銘柄とは、株の格言に「国策に売りなし」とあるように、国を挙げて実行される政策によって恩恵を受けるであろう銘柄について書いていきます。日本が国家予算を組んでその分野を成長発達させていくので、株価もそれらを織り込もうとする流れから急速に株価を上昇させる流れがあります。マイナンバーや国土強靭化、オリンピック開催やインバウンド関連、サイバーセキュリティーなど多くの関連する銘柄が株価を上げています。

【3040】ソリトンシステムズ

(新型コロナ関連銘柄・サイバーセキュリティー関連銘柄)

ソリトンシステムズはインテル出身の鎌田信夫氏が起業、LSI設計や高速データ処理基板の開発を手掛け、技術力に定評のある会社だ。以前はレオパレス21、USENの集合住宅用ビデオオンデマンドのシステム構築で成長したが同分野は漸減傾向。現在はセキュリティソフト開発が収益源で認証分野に強みを持っている。特にスマホ利用のネットワーク拡大が追い風。サイバーセキュリティ分野の製品開発にも注力しており、携帯電話回線を使った画像簡易伝送は従来の消防署・警察ほか放送向けが成長。2016年開発の伝送器は世界最小・最軽量を実現しており多用途の新製品開発にも意欲的だ。

外出の自粛が続いており「ZOOM飲み」という言葉が生まれる現在だが、ZOOMはそのセキュリティに懸念が示されている。既に自動車大手のダイムラーやエリクソンなどの大手企業が使用禁止としている。これに対してZOOMもセキュリティを強化したアプリを配布予定だが、ビデオ通信におけるセキュリティーの重要性が周知される結果となった。

もともと、ソリトンシステムズは動画転送等で東京五輪の警備需要が注目されていたが、現在はこのセキュリティー面が注目されている。株価も順調に回復し、先日4月17日は年初来高値を更新した。

現在は10日線を下回り25日移動平均線付近まで株価は下落してきている。25日線をサポートに10日移動平均線を抜ける事ができるようであればさらなる株価上昇も期待できる為、注目しておきたい。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

この困難な相場環境の中、アドベンチャー(6030)を押してきたが本日ストップ高となった。

地合いが良ければどれだけの上昇が見込めた事か。

ただ、嘆いていても仕方ない。また、勝てる銘柄を探すだけだ。

そして、本日会員にはある銘柄を引け前に配信した。

今、会員になれば明日の買い付けい間に合うだろう。

勝ちたい人は行動に移すべきだ。

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4480】メドレー

(新型コロナ関連銘柄)

人材紹介を行う会社。主に医療ヘルスケアに特化する事で独自色を出している。その他、オンライン診療や電子カルテシステムに注力している。

主力の人材派遣においては、医療業界の人手不足を背景に業績を伸ばしている。顧客となる事業所数及び就職決定数が伸びている事から、成果報酬型人材紹介を採用している同社の売上に貢献。また、今後も高い就職決定数を維持する事ができれば順調な成長が見込めるだろう。

現在、新型コロナウイルスが猛威を奮っている。致死率は低く、継承患者の80%程は自然に回復すると見られている。しかしながら、感染したと不安になった人は診断が欲しく病院に通う傾向にある。実際、診断を早めるために韓国や欧州では積極的に診断を行った。

一方で、この通院自体が感染拡大を招き、医療リソースの逼迫を招いているという指摘もある。イタリアでは60歳以上の患者には挿管しないと一部メディアで報じられるなど医療現場は混乱している。

これらの事が追い風となっているのが同社の遠隔診断システムだ。オンラインで医師の診察を受ける事ができるシステムで、アプリとして提供されている。これにより、感染リスクのある病院・クリニックに通う事なく医師の助言を受ける事ができる。

結果として、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止しする事につながる可能性もあるだろう。また、今回の事が契機で同システムが広く普及する事になれば、今後遠隔地で交通手段のない高齢者の診察にも役立つなど、同社の成長を後押しする事にもなるだろう。

新型コロナウイルス関連として、ひいては遠隔診療や人手不足関連としてのテーマ性を持つ同社の株価の動きに注目が必要だ。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4485】JTOWER

(5G関連銘柄)

通信インフラのシェアリングを行う会社だ。通信インフラの敷設には多額の資金を要するため、昨年末に上場した。同業他社がいない分野だけに期待感が大きく、上場後に株価は大きく上昇。その後は保ち合いを形成している。

現在は保ち合いを上場なれる動きを見せ始めている。本日も全体相場が軟調な中、下げ渋りを見せ25日移動平均線で株価は反発。直近高値を超えるとテクニカル的には大きく上昇してもおかしくない水準にいる。

ただし、現状は赤字となっている。日経新聞のインタビュー記事によれば、時期こそは名言しなかったものの黒字の見通しは既にたっていると社長は述べており、黒字化の発表があれば追い風となるだろう。

また、同社に関しては5Gという大きなテーマを内包している事も忘れてはならない。今後普及が確定的である5G、特にローカル5Gの普及に関しては大手キャリアもインフラ投資を抑えたいと思うのは自然の流れであり、今後同社のニーズが高まる可能性は高いといえるだろう。

相場つきが落ち着いてきたら真っ先に投資をしたい銘柄だ。

同社に関しては大手も注目している事が確認されている。今後大きく株価を上げる可能性が高いといえるだろう。繰り返しになるが、相場が落ち着いたら真っ先に同銘柄の事を思い出して欲しい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7084】Kids Smile Holdings

(国策関連銘柄・新規IPO銘柄)

本日3月4日に東証マザーズに上場した銘柄だ。首都圏を中心に大都市圏に保育園を運営している。モンテッソーリ教育などを取り入れており他社との差別化を図るため、ハイレベルな幼児教育を提供している。国策としての幼児教育無償化の後押しもあり、右肩上がりで業績を伸ばしている会社だ。

ロックアップもガッチリついており、売り圧力が少ないのも特徴。保育所運営であり、業績は右肩上がりといってもIT企業のような急速な売上・利益の上昇が見込めない事からか、公募価格でPER6.8倍とマザーズ市場としては破格の金額設定となった。

とはいえ、上場後のセカンダリーを狙う場合には初値が高騰する事が予想され、セカンダリーでの投資妙味がでるかは微妙なところではあった。ところが、新型コロナショックがおきている現状の地合いもあり、初値は2732円とPER9倍での寄り付きとなった。

正直なところ、初値が本日つかなくてもおかしくないと思っていただけに、あわてて当方が主催する「金の四方山話」で推奨。これがその時の画像である。

ツイッターハイライト

寄り付いていた事を気づいて慌てての推奨となったが、無事にストップ高を達成した。

本日のストップ高3235円でもPERは11倍台とまだまだ割安である。地合いなどの環境面の悪材料があるものの、幼児教育無償化は国策である事からも環境が落ち着いたら大きく化ける可能性があるだろう。

もちろん、このような地合いである。全体が軟調な場合に行き場を失った資金が集まり、野中の一本杉となる可能性も否定はできない。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4694】ビー・エム・エル

(新型コロナ関連銘柄)

臨床検査国内第2位の会社である。営業所の数やラボの数は国内トップであり、生化学的検査に強みがある。特に中小病院や診療所に至るまで営業網が行き届いており、生化学検査・血液学検査などのルーチンから腫瘍マーカー・感染症・ホルモン等の検査・細胞性免疫検査・遺伝子・細菌検査などの特殊検査まで4,000項目を超える検査が可能です。全国の病院から毎日20万件以上の検査を受託している実績がある。

政府は新型コロナウイルスのPCR検査を保険適用とする方針を決定。公費で行う保健所の検査だけでなく、医師が必要と判断した場合には民間の受託検査会社を利用した検査も可能となる。つまり、新型コロナウイルスの検査は国策として認定されたと言って過言ではない。

同社は、受託検査において売上高国内2位だが、1位の株式会社エスアールエルは2005年に上場を廃止している。東証に上場している企業では第一位である。テーマ株や国策銘柄を扱う時、結局はそのド本命の銘柄を扱う事が投資効率としては最適だ。2番煎じは所詮、2番煎じの騰落しか産まないだろう。

その意味では、新型コロナウイルスの保険適用に関しての本命銘柄は同社であると考える。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4569】キョーリン製薬ホールディングス

(新型コロナ関連銘柄)

中堅の製薬会社で主力は喘息薬や痰を出しやすくする去痰剤など。医薬品以外にも、ウイルス検出器も手掛けている事から、市場の注目を集めている会社だ。

新型コロナウイルスに限らす、ウイルス検査や菌の検出・確定にはPCR法が用いられる。これまでのPCR法ではウイルスの検出に6時間程度を要していたが、同社の検出機器を利用する事で15分程度まで大幅に短縮する事ができる。

その他、短時間で検出する方法としては大阪大学発のベンチャー企業が簡易検査キットの開発を行っている。同社技術を用いれば簡単な試薬で新型コロナウイルスの検出ができるようになり、検査機器の導入できない小型クリニックでも扱いができるようになるが、製品化されるまで数年かかる可能性もあり、普及は現実的ではない。

今の所、キョーリン製薬製の機器が一歩秀でており、来週半ばから始まると見られる新型コロナウイルス検査の保険適用に対して、キョーリン製薬製の機器の普及が一段と期待される。それはつまり、同社の売り上げの後押しとなる可能性が大きいだろう。

また、安倍首相は簡易検査の確立を3月中の利用開始を目指すとしており、上述のような他社製の簡易キット・試薬が開発されない限り(開発されたとしても承認が降りない限り)同社の優位は変わらないだろう。

キョーリン製薬自体の売上に関しては、もちろん製薬の売上が大半のため、正味の売上増の影響は少ないかもしれないが、新型コロナウイルスの驚異・テーマはしばらく続くと考えられる事から、今後の動きを注視したい。

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com