仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:無人レジ関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える無人レジ関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3784】ヴィンクス

(セルフレジ関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

セルフレジ関連銘柄に注目が集まっている。

一部メディアで、コンビニ大手【2651】ローソンが2019年10月の消費税増税までに全1万4000店で利用出来るようにする事が報じられ事で、セルフレジ関連株への注目度が増しているようだ。

最近のコンビニ事情と言えば、人手不足が原因に拠る24時間営業の是非などが大きな話題となっている。特に東日本大震災以降は、24時間営業のコンビニは災害時における「社会インフラ」としての役目も担っている。「社会インフラ」としての役目を、個人商店であるコンビニオーナーに押しつけてしまっているのが現状であり、そのしわ寄せが人手不足にも繋がっているのだろう。

その点、セルフレジの導入はコンビニの人件費問題や社会インフラ問題を一挙に解決出来る可能性がある。セルフレジを導入すると商品の盗難などの懸念も増えるのは確かだが、大手スーパーなどで導入が進むセルフレジは人件費の削減効果の方が大きい事が実証されている状況だ。

コンビニ大手であるローソンが全店舗でセルフレジを導入する事になれば、競合の【3382】セブン&アイHDや【8028】ユニー・ファミリーマートHDも追従するだろうし、ドラッグストアなどの店舗でも計画を前倒しして導入されて行く可能性もあるだろう。

ヴィンクスはセルフレジ関連銘柄として人気の銘柄だ。この分野が注目されれば思惑買いが集まり易い傾向にある。2019年10月の消費税増税やキャッシュレス決済によるポイント還元施策などに併せて、セルフレジ関連銘柄は人気が再燃するかもしれない。改めて注目しておきたいテーマ株となるだろう。

 

【3996】サインポスト

(無人レジ関連銘柄)

2/22(金)はサインポストが大きく上昇している。

サインポストが手掛ける「スーパーワンダーレジ」は人工知能(AI)や可視光認証などの機能を有した無人型レジだ。現在拡大しているセルフレジの「次世代型」として注目を集める存在だろう。

2018年9月にはクレジットカード大手のJCBと共同で高田馬場社内オフィスで実証実験を開始し、また2018年10月にはJR東日本のJR赤羽駅やJR大宮駅ホーム内で実証実験を行っていた。

21日取引終了後にサインポストは【9020】JR東日本グループのベンチャーキャピタルであるJR東日本スタートアップ(JRES)と、「スーパーワンダーレジ」を利用した無人決済店舗の事業化へ向けて折半出資で合弁会社を設立する事を発表している。JR構内で行った実証実験で確かな手応えを得たという事だろうか。

今後は無人決済店舗の実用化に必要となるシステムやサービス開発などの改良を加速する為に、合弁会社を通じて両社の技術とノウハウを活用していく方針だ。近い将来、JR構内に在るキヨスクなどの売店は無人化する事になるかもしれない。サインポストにとっても大きなビジネスチャンスとなりそうだ。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3784】ヴィンクス

(消費税増税関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

10/16(火)はヴィンクスに注目が集まっている。

安部首相は15日の臨時閣議で、2019年10月に消費税率を予定通り引き上げる事を表明、それに付随して「あらゆる政策を総動員し、経済に影響を及ぼさないように対応する」と発言。

その具体的な案として中小小売店での商品購入時にキャッシュレス決済を使った消費者にポイントを還元する他、自動車や住居などの大型耐久消費財の購入負担を減らすような税制を講じる考えを示し、増税で得られる税収の半分を国民に還元する考えを言明した。

消費税の増税が予定通り行われる事が明言された事で、複雑化しそうなのが軽減税率。例えば外食は10%の消費税となるが、持ち帰りの場合は軽減税率が適用となり8%となる。またキャッシュレス決済の場合はポイントが還元されるなど、小売店や外食産業の決済は複雑化しそうだ。

またレジ関連だけではなく、会計ソフトなども大きな需要が起きそうだ。ヴィンクスはソフト・システム開発の他にも決済サービスやセルフレジなどの開発・販売を手掛ける企業だ。またパナソニックが手掛けている「レジロボ」にヴィンクスのソフトウェアを組み込む予定となっており、消費税増税関連銘柄としても注目を集めそうだ。

 

【3996】サインポスト

(無人レジ関連銘柄)

9/4(火)はサインポストに大きな注目が集まっている。
サインポストはクレジットカードなどでお馴染みのJCBと共同で、サインポストが開発した設置型AIレジ「ワンダーレジ」の実証実験を9月下旬から開始する事を発表した。

実証実験は東京都高田馬場にあるJCBオフィス内で、ワンダーレジをオフィス内の店舗に設置し、利便性や実用性を検証する事になる。サインポストが開発するワンダーレジは、世界初となる人工知能(AI)を搭載した無人レジで、センサーや電子タグを必要としない画像認識技術を用いた先進的な無人レジとなる。

大きなメリットとしてはレジスペースの節約や時間短縮を大幅に見込める。また人件費の節約にも大きく寄与出来る事が期待される、次世代型無人レジとなる。ワンダーレジの実証実験は他にも複数の企業で行われているが、今回は何と言ってもクレジットカード大手のJCBで実証実験を行われた事が大きな刺激材料となったようだ。

JCBは日本のクレジットカード最大手企業であり、会員数は1億1000万人、加盟店は世界190カ国、約3300万店と日本を代表する決済企業だ。現在、カードもスマホも必要無い「手ぶら決済」などの研究開発を進めており、サインポストが開発するワンダーレジは今後、JCB決済と連携するのではないか、といった思惑買いから買いが集中しているようだ。

無人レジは今後爆発的に普及する事が予想されているし、サインポストの今後の取り組みには引き続き注目する必要がありそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3996】サインポスト

(電子タグ(RFID)関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

無人レジ関連銘柄に注目だ。03/08に一部のメディアにより「国内大手ドラッグストアが2025年までにすべての店舗で無人レジを導入する」と報じたことにより、市場でも無人レジ関連銘柄に物色が広がった。

特に注目されたのは小売事業向けにソフト開発を手掛けるヴィンクスだろう。ヴィンクスは2018年2月にもパナソニックと無人レジ系のソリューション開発に向け業務提携をした銘柄だ。

ヴィンクスなどに引き続き注目が集まるようであれば、同じく無人レジ関連銘柄のサインポストにも注目したい。サインポストは金融機関や公共向けのシステム開発を手掛ける銘柄で、ワンダーレジという設置型のAIレジ(無人レジ)を手掛けている。すでにコンビニ業界、ドラッグストア業界が無人レジにむけて進みだしたが、今後さらに他の小売業界も無人レジ化に進んでいく可能性は高そうだ。引き続き注目しておきたいテーマ株と言える。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ