仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

5G関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える5G関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【6327】北川精機

( 5G関連銘柄)

北川精機はプリント基板プレス装置、新素材プレス装置、ソーラーパネル成形用ラミネータ装置、FA・搬送機械の製造および販売を行う会社だ。

プリント基板とは、スマートフォン、タブレット端末などの電子機器に内蔵されるもので電子製品には欠かせないものだ。このプリント基板を製造するのに用いられるのが真空プレス装置である。

余談だが、同社の真空プレス装置については炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)シート材の成形が可能な真空プレスが注目され、一時期株価が大幅に上昇した過去がある。

閑話休題。今回は5G関連として注目したい。次世代通信規格である「5G」の国内商用化が3月にスタート。5Gの経済効果は2035年までに最大で12兆3000億ドルに上り、2020~2035年に世界のGDPを3兆ドル押し上げ、2035年には5G関連のバリューチェーンで2200万人の雇用が創出されるとしている。もちろん、政府も5Gの利用を後押ししており、総務省は今月16日、2023年度末までに従来計画の3倍にあたる21万局に基地局を増やす計画を公表した他、現行4Gの周波数を5Gに転用できるようにする制度改正が今夏に決まる事になる。

5Gはこれまで市場のテーマとして大きく注目されてきたが、その恩恵がどこまで波及するのかを考えた時、同社株は出遅れ銘柄として意識される可能性がある。強まる電子機器需要に対してその製造装置まで需要が波及するのか、今後に注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4485】JTOWER

(5G関連銘柄)

通信インフラのシェアリングを行う会社だ。通信インフラの敷設には多額の資金を要するため、昨年末に上場した。同業他社がいない分野だけに期待感が大きく、上場後に株価は大きく上昇。その後は保ち合いを形成している。

現在は保ち合いを上場なれる動きを見せ始めている。本日も全体相場が軟調な中、下げ渋りを見せ25日移動平均線で株価は反発。直近高値を超えるとテクニカル的には大きく上昇してもおかしくない水準にいる。

ただし、現状は赤字となっている。日経新聞のインタビュー記事によれば、時期こそは名言しなかったものの黒字の見通しは既にたっていると社長は述べており、黒字化の発表があれば追い風となるだろう。

また、同社に関しては5Gという大きなテーマを内包している事も忘れてはならない。今後普及が確定的である5G、特にローカル5Gの普及に関しては大手キャリアもインフラ投資を抑えたいと思うのは自然の流れであり、今後同社のニーズが高まる可能性は高いといえるだろう。

相場つきが落ち着いてきたら真っ先に投資をしたい銘柄だ。

同社に関しては大手も注目している事が確認されている。今後大きく株価を上げる可能性が高いといえるだろう。繰り返しになるが、相場が落ち着いたら真っ先に同銘柄の事を思い出して欲しい。

 

株エヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9424】日本通信

(5G関連銘柄)

当サイトで何度か取り上げた事のある銘柄。日本通信はMVNOの先駆けの会社。先日は、デジタルバンキングの関連として注目を集め、株価は高騰した。その前も、5G関連としての注目や会社側の5000億円発言で株価が高騰した経緯がある。

さて、先日の高騰時に「情報元によると本格的な材料は2月との話」と当サイトが主催する勉強会「金の四方山話」で伝えたが、ここに来てにわかに株価は上昇傾向にある。25日移動平均線を超えるようであれば、そこを背に追随買いする水準まできている。

総務省での審議において、日本通信に有利な進展が見られるようであれば株価は大きく動く事になるだろう。今すぐに取り組めとは言わないが、監視銘柄に入れておく事を推奨しておく。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6569】日総工産

(5G関連銘柄)

以前の記事はコチラ

以前にブログで記載した銘柄だ。25日移動平均線を終値で超えてきた後、みずほ証券がレーティングを引き上げた。

それにより株価は急伸、高値1184円となった。短期で1割程の回転ができたと思う。おめでとう。

そして、10日移動平均線まで押し目を作った後、本日は終値ベースで75日移動平均線を超えてきた。短期にしろ、長期にしろ75日移動平均線割れを撤退とするならば下値不安が少ない状況だ。

目標株価は以前も記載した通り、7月高値の1672円。ここを超えるようであれば、長期のBOXを抜けるので更に大化けも期待できるだろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6569】日総工産

(5G関連銘柄)

製造業派遣や請負を行う会社だ。自動車や精密機器向けが主となる。日経新聞報道でもあったように、世界の電子機器生産額は3兆円に登る見通しだ。背景には次世代通信規格5Gの本格化がある。

同社は中国人エンジニアを採用し自社で研修を行い自動車や電機向けに5G需要を取り込む方策を示している。5G関連銘柄が本年のテーマとなり軒並み高騰している中、まだまだ割安な状態となっている同社は出遅れと見ても良いだろう。

5G以外にも人手不足関連や人材派遣関連としてのテーマがあるのも魅力的だ。

日総工産チャート画像

チャートを見ても、1000円がおおよその節目となりそうな動き。上値として意識される25日移動平均線や75日移動平均線を超えてくるようであれば7月高値も見えてくるだろう。

情報に左右されるような取引をお好みの方には向かないが、1日1回程度しか株価をチェックできないような人にはオススメしておきたい。

 

【6835】アライドテレシスホールディングス

(5G関連銘柄・教育×ICT関連銘柄)

アライドテレシスホールディングスは通信機器の大手会社だ。ネットワークプロダクト、ソリューション、サポートサービスの3事業が柱となっている。特にネットワークに関しては、ハード・ソフト両面の開発・製造を行っており、同社の主力となる。

5Gの活用など、今後ますます広がるIOTやクラウド社会において、同社の通信・ネットワーク機器は需要を増すだろう。

医療や教育、自治体向けへお機器が主力という事もあり、直近では赤字が続いている。ようやく復調の兆しが見えていたが、やはり今期は赤字予想となっており、株価は低迷している。

アライドテレシスホールディングス(6835)チャート画像

現在、株価は動意づいている。12月3日に特段の材料がなかったものの、出来高を伴って上昇しているのがわかる。

その後は、この上髭を食う動きを見せ、本日高値96円となった。個人的な思惑読みだが、このように上髭を食う動きを見せる場合だが、大口が入っている事が多いような気がする。

12月3日に一気に買い上がる事で、売り物がでるかどうかを確認しているのではないか?と考えるからだ。その後、出来高が減少しているにも関わらず、株価は下落していない。つまり、12月3日の上昇時に買い上がった人は売に転じていないという事だ。

売り物が降ってこない事を確認したあとは、株価は上昇に転じている。直近高値や8月高値を超えてきた現在でも12月3日の出来高を超えていない。

12月3日に買い上がった大口がいるのだとすると、もう少し出来高が膨らんでも良いと思う。となると、次の目標は7月高値の113円になるのだろうか?

株マイスターの登録はこちらから

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9424】日本通信

(5G関連銘柄)

MVNOの先駆けとして名を馳せた会社。しかし、その後はボロ株の代表とも言える状態となっている。

ここにきて、5Gの活用やFPOSの活用のIRを掲載して、株価が度々動意づくようになっている。

先日も「FP0Sの商用サービスへの採用に関する初の基本合意」を発表し、株価は急騰した。しかし、その後は買いの勢い続かず株価は下落している。

ただ、日柄が経過した事で25日移動平均線が接近。12月に入ってからも220円で下げ止まっている。空売りの買い戻しか、買い方が強いのか現在のところ不明だが「日本通信」だけに思惑を感じる展開といえるだろう。

日本通信(9424)チャート

今後の株価を占うならば、もちろん25日移動平均線われは撤退となるだろう。

一方で先週金曜の上髭を食う動きを見せたまま本日大引けを迎える事ができるようであれば、再度直近高値を奪還する動きを見せそうだ。

空売りも溜まっている事から、動意となれば早い動きを見せるだろう。

現在、市場では5G関連や国土強靭化関連、教育ICT関連などここまでテーマとなってきたものが再評価されている。

全体相場が高値更新できずもたついている状態なら、材料を求めて短期資金が向かってきてもおかしくはないだろう。

株マイスターの登録はこちらから

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com