仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

5G関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える5G関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【6754】アンリツ

(5G関連銘柄)

5/7はいよいよ令和相場がスタートとなる。
昨日はトランプ米大統領が対中国製品への関税を現在の10%から25%に引き上げる事を表明した事で、世界的に波乱の様相とはなっているが、こういう時こそ本命のテーマ株から攻めるべきだろう。

今日は次世代通信規格5G関連からアンリツに注目したい。
アンリツは連休前の4/25に発表した決算で想定外となる2ケタ減益見通しを発表した事で失望売りが集中、大きく株価を落としていた。連休明けの大本命テーマ株として注目の集まる5G関連株の象徴的な存在であるアンリツだけに、買い場となる可能性もありそうだ。

同社は2016年にチャネル・エミュレータ(無線伝搬環境機器)を手掛ける米アジマシステムを子会社化しており、マルチキャリア信号の一括解析を行う機器や、チップセットや端末などの開発用テスタなどを発売、これらが今後集積化する段階を迎える見込みとなっている。

また通信計測器を手掛けるアンリツは早くから5G関連需要への対応を進めている企業で、これから訪れるIoT時代、自動運転時代を踏まえても、同社への注目が集まるのは必至の様相だ。決算で失望売りが進んだのなら絶好の買い場かもしれない。

5G関連銘柄は令和相場初期を支える大本命テーマ株となるだけに他の銘柄と併せてチェックしておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8226】理経

(5G関連銘柄)

次世代通信規格である5Gの商用化へ向けて、現在は世界中の通信業者や通信機器メーカーが一斉に前倒し的な取り組みを見せている。ビッグデータやIoT社会を大きく担う事となる5G、株式市場でも熱視線が送られる本命のテーマ株だ。

米国、韓国の一部では2019年4月より5Gの商用サービスがスタート、両国が「世界初」を巡ってメディアへアピール合戦を行ったのも大きな注目を集めた。2019年中にはスイスや南アフリカ共和国などで5G商用化がスタートする。日本は少し出遅れているが、いよいよ5G時代の幕開けを予感されている方も多いと思う。

この5Gに関連する経済効果は、総務省の試算では日本国内だけでも47兆円の経済波及効果があるそうだ。間違い無く株式市場においても大きな影響を与えるテーマ性だと思う。

5Gの周波数振り分けが4月上旬に大手キャリア4社に割り当てられた。株式市場でも今後は思惑買いから、現実買いへのステージへ向かう事になりそうだ。

5G関連株は裾野が広い。

まず最初に投資対象として有力視されるのは通信機器などを取り扱う企業だ。5G関連株の代表格として注目されるのが【6754】アンリツだが、そのアンリツと取引を行っている【8226】理経にも注目しておきたい。情報機器の輸入商社で、5G関連株の出遅れ株として期待しても良いかもしれない。

間もなく新元号「令和」の時代が始まるが、株式市場でも5Gバブルがスタートするかもしれない。特に幅広くチェックしておきたいところだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6754】アンリツ

(5G関連銘柄)

総務省は4/10に次世代通信規格「5G」の開設計画を提出したキャリア4社に対して免許を認定、周波数帯の発表も行った。これによりキャリア4社は2020年春に予定している5Gサービスに向けて全国各地で工事に着手する事になる。

いよいよ次世代通信規格「5G」が本格的に動き出すといったところか。尚、既に米国や韓国では「5G」の通信サービスを開始しており、日本でも5Gを前倒しする可能性もあるかもしれない。

何れにしろ、5Gサービス提供へ向けて一斉に通信機器工事が始まる事になりそうだ。5G関連では【6754】アンリツが製造する通信計測器が海外で高水準の需要を捉えており、日本国内でも基地局インフラが加速していく事が予想される。

アンリツは5G関連の中でも通信計測器の代表格ともいえる銘柄だけに、今後更に注目度を増して行く事だろう。2019年は株式市場でも5Gバブルとなるかもしれない。他の関連銘柄にもチェックを入れておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6754】アンリツ

(5G関連銘柄)

1/31(木)はアンリツが大きく上昇している。

1/30大引け後に第3四半期決算を発表し、累計営業利益が前年同期比で2.9倍、10-12月期も同2.0倍と収益の急拡大が続いている。更に通期予想は従来の70億円から110億円まで大幅な上方修正を発表し、併せて配当も5円増額するなど、好材料が次々と発表された。

アンリツはアジアを中心に次世代通信規格5Gのチップセットや携帯端末向け開発用計測器などを手掛けているが、半導体メーカーによる5G開発需要が想定以上に増加した事が業績に大きく寄与したようだ。また、5G用となるスマホメーカーの開発需要も立ちあがって来ているようで、次世代通信規格5Gへ向けた需要拡大は今後も続きそうな勢いだ。

5Gは商用化へ向けて米国や韓国など世界が一斉に動き出しており、日本も官民を挙げて注力する分野だ。グローバル規模でマーケットが創出される次世代通信規格への期待は相当大きい。IoT時代が本格的に到来する目前だが、それをインフラから支えるのが5Gであり、今後数年に渡って強力な存在感を示すテーマ株となる事が予想される。

アンリツは5Gのチップセットや計測器を企業向けに展開しており、BtoB需要の先駆けとして注目が集まる銘柄だ。本年は大きな飛躍とする可能性もある。引き続き注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6944】アイレックス

(5G関連銘柄)

2019年大発会は波乱の様相となっている。

米アップル社が中国経済の減速を理由に大幅な業績下方修正に踏み切った事で「アップルショック」が世界中の市場に大きな影響を与えており、3日米ニューヨーク市場は660ドルの大幅下落、また為替市場においても急激な円高が進み、3日に一時104円台を付けている。本日大発会となる東京株式市場でも、波乱の展開となりそうだ。

地合いの悪い中で大きく上昇しているのがアイレックス。

同社はNECグループやパナソニックを主要販売先とするシステム開発会社で、通信系コア技術に強みがある企業となる。19年3月期の経常利益は前期比2倍強、20年3月期も5割から6割増の利益増が見込まれるなど、業績は右肩上がりで、次世代通信規格「5G」関連で大きなビジネスチャンスを掴むのではないかといった思惑も集中しているようだ。

5G関連では、中国ファーウェイなどの中国製品排除の動きが強まる中で、今後は官需や防衛関連としても注目されるNECグループへの存在感が強まっている点から、関連銘柄としてアイレックスに物色人気が高まっているようだ。

世界的な経済減速感を払拭させる事が期待されるのが次世代通信規格「5G」。そこで大きなビジネスチャンスを掴むかもしれない銘柄の一つとして、アイレックスには大きな注目が集まる。2019年本命のテーマ株の一つとして「5G関連銘柄」はマークしておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【6655】東洋電機

(5G関連銘柄)

総務省の2030年代を想定した電波利用戦略案が明らかになった事が一部報道で報じられており、大きな注目を集めそうだ。

現在、普及へ向けて各分野で取り組んでいる超高速通信規格「5G」の次の世代の話となるが、総務省によると現在の携帯通信の1000倍以上の速度がある通信規格のヘルツ周波数帯域幅を新たに確保する方針との事。

2030年代に実現するといわれているこの電波システムでは、「5G」の100倍の速度があり、2時間の映画を僅か3秒でダウンロード可能になるらしい。自動運転の分野などにも応用される事が想定されているそうだ。電波関連の産業規模を2040年には現在の3倍にあたる112兆円まで拡大させる考えらしい。

この内容は2018年7月5日に開く有識者懇談会で示す方針のようで、懇談会が8月にもまとめる最終報告書に盛り込む予定と報じられている。

「5G」の次世代技術といえば、2018年6月下旬にNTTが「5Gの次」を見据えた新技術の開発に成功したと報じられた。他にも2018年5月下旬に東洋電機が「空間光伝送装置」の技術を発表している。この装置は電波ではなく「光」を利用した無線伝送技術となるが、「5Gを凌ぐ」次世代技術として期待されている。今回のニュースを機に再度物色人気が高まるかもしれない。

今回総務省が懇談会で示す内容は周波数の国際標準化などの議論を主導する狙いもあるそうだ。いずれにしろ関連銘柄は幅広くチェックしておいた方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【9702】アイ・エス・ビー

(5G関連銘柄)

アイ・エス・ビーに注目だ。アイ・エス・ビーは03/01(木)に全体軟調相場のなかで逆行高。これは5G関連銘柄としてのテーマ性に注目が集まった格好だ。

5G関連銘柄といえば、直近で急速に注目度が高まっているテーマ株。5G関連銘柄の刺激になったのはスペイン・バルセロナで行われた世界最大級の携帯電話関係の展示会イベント「モバイルワールドコングレス」の記者会見で、5Gの商用化目標を従来の2020年から1年前倒しで2019年にする方向が確認されたことだろう。

5G関連銘柄では、サイバーコムが直近で大きく株価を上げているが、人気がアイ・エス・ビーにも波及してきているのだろう。アイ・エス・ビーは通信制御ソフトが柱の銘柄で、モバイルインフラ分野で5G関連の開発業務の受注が拡大しているとのこと。5G普及で恩恵を受ける銘柄の一つといっていいだろう。

5Gは今後、IoT時代の到来や自動運転車の普及には欠かせない通信方式と言える。まだまだ今後注目を浴びそうなテーマ株と言えそうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ