仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4251】恵和

(市場指定変更)

恵和は光学シートと機能製品の製造を手がける会社だ。昨年東証2部に上場した。東証2部という事で割安での上場となったが、その後見直し買いが入り株価は2697円まで上昇となった。

当時からIPOは活況だった中でPERも14倍程度と短期資金物色の流れがあった事も影響しているだろう。

同社に関しては上場資金は和歌山テクノセンターの設備投資の為としていたが、調達資金は15億弱とさほどおおきくない。業績も安定しており、低金利時代の現在なら上場せずとも資金の調達はできたのでは?と考えなくもないが、諸事情があったのだろう。

個人的には資金調達も上場の一つの目的であると考えるが、それ以上に上場による社会的地位の向上・信頼性の確保・知名度の向上が大きな理由なのではないかと考えている。

さて、私の推論でいくのであれば上場企業として所謂「箔をつける」ならば、東証1部に上場するのが一番良いと考える。某証券会社が予測する東証1部昇格銘柄にも名前を連ねている。

11月には上場一年を経過する。慣例として、上場1年経過は1部昇格の条件でもある。東証が定める1部昇格条件は満たしている為、発表があってもおかしくはないだろう。もし、東証1部に指定替えするとなるとTOPIX連動投信に代表するようなインデックスファンドへの組入需要が発生する事となる。時価総額130億円弱の同社であれば組入需要のインパクトは大きいだろう。

テクニカル的には25日移動平均線と75日移動平均線のミニゴールデンクロスを形成しており、短期的な上昇過程となっている。200日移動平均線が上値抵抗となっていたが本日大きく上抜けた事で抵抗線突破と見て良いだろう。東証1部昇格というものがなくても面白いチャート形状である。逆に同線割れを撤退とする事で取り組みの目安もつけやすい。今後に注目しておきたい銘柄といえるだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4251】恵和

(IPO/新規上場・セカンダリー関連銘柄)

同社は高機能フィルムメーカーとなる。「紙やフィルム、合成樹脂の積層・シート成型、表面へのコート剤塗布等により新たな性質や機能を生み出し、様々な用途に用いられる製品を製造する」企業だ。

10月30日に上場したばかりだが、東証2部への上場という事や素材メーカーであり、いわゆるITと違い急激な売上の拡大や利益の積み増しが考えにくい事からあまり人気化しなかった。

実際、上場でえた資金も工場への設備投資へ使う予定であり新事業などに投資をして一気に売上を増やすというものではなかった。そのため、一種のご祝儀が終わった後は株価は下落。一時800円割れとなっている。

その後、11月14日に上場後初の四半期決算を発表。第3四半期累計で売上高114億円、経常利益8億2500万円、純利益6億円1200万円となっている。

既に会社想定を超える進捗を見せている事からも上方修正がでる可能性がある。さらい、PER11倍台と割安だった事もあり、先日より見直し買いが入っている。

既に戻り売りが多くネックとなる上場初日の終値880円を超えており、後は上場来高値1037円を目指す展開となっている。

上場来高値を抜けるような事があれば、割安性や上方修正の期待からも、本決算発表までは堅調な右肩上がりを続ける公算が高いといえるだろう。

なお、本銘柄は私が主催する「金の四方山話」にて事前に公開済みだ。

このような情報を事前に入手希望の場合はTwitterをフォローの上、連絡して頂きたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com