仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6173】アクアライン

(水ビジネス関連銘柄・不動産流動化関連銘柄)

5/11(金)は水ビジネス関連銘柄からアクアラインが大きく上昇している。

同社は水周りの緊急修理を主軸にしているが、2018年5月10日に【9531】東京ガスとの業務提携を発表。東京ガスが新しく提供する「ずっとも住まいサポート」サービスの水まわりトラブル対応を同社が担当する形となりそうだ。アクアラインにとって東京ガスとの業務提携は相当インパクトが大きい刺激材料になったようで買いが集中している。

また、アクアラインは水周りの緊急修理の他にもリフォーム事業にも参画している。今後需要が高まるであろう中古物件リノベーション業務にて事業拡大を狙う構えだ。不動産流動化関連銘柄が話題に挙がっているが、その中でも水周りのリノベーションは重要な要素の一つだろう。今後更に不動産流動化に注目が集まれば、時価総額も安い銘柄だけに物色人気が高まる可能性もある。今後も面白い銘柄となりそうだ。

 

【6531】リファインバース 

(原油高メリット関連銘柄)

トランプ米大統領がイランに対する経済制裁の再開とイラン核合意から離脱を発表した事で、国際原油価格が2014年11月以来の高値を更新、急騰している。

米国が行う実際の経済制裁再開まではまだ猶予はあるものの、早くも2018年5月10日未明にシリアに展開するイラン軍の部隊がイスラエル軍へ向けてミサイルを発射する等のニュースも飛び込んで来ており、一気にきな臭い状況となって来た。地政学リスクも高まり、更に原油高への懸念が拡がって来ている。

そこで注目したいのが「原油高にメリット」のありそうなテーマ株。その中でも「環境に負担をかけないクリーンな技術」を開発するリファインバースに注目したい。「原油高メリット関連銘柄」の中では出遅れ株として、チャート的にも魅力的な存在だ。

今後イラン産原油が制限される状況となれば、最大で日量100万バレルの原油供給が失われるという試算もある。原油の高騰が長引けば、原油高にメリットがありそうな関連銘柄には注目が必要となりそうだ。引き続き注視したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3753】フライトホールディングス

(キャッシュレス化関連銘柄・アップルペイ関連銘柄)

5/9(水)は昨日に引き続きフライトホールディングスが大きく上昇している。
フライトホールディングスの子会社であるフライトシステムコンサルティングはスマートデバイスでの決済に関連したアプリ開発を主軸にしているが、三井住友カードやクレジットカード、交通系電子マネーなどiDに関する包括加盟店契約を締結したと発表した。

その中でも特に三井住友カードの代行として加盟店の開拓や加盟店の管理などから決済金額に応じた手数料を得る事が出来るのは大きい。

他の先進国に比べ、キャッシュレス後進国といわれる日本だが、経済産業省の指針として2020年まで日本国内でEMV決済100%への実現へ向けた推進が始まっている。
既にイギリスやフランスでは商用化開始から5年以内にほぼ100%のEMV化を達成しており、観光立国を目指す日本においても今後キャッシュレス化への動きは加速する事が予想される。

フライトホールディングスはその中核を担う存在として、今後も注目したい銘柄となりそうだ。

 

【4502】武田薬品工業

(医薬品関連銘柄)

5/8(火)は武田薬品工業に大きな注目が集まっている。
武田薬品工業は国内製薬企業のトップだが、バイオ医薬品メーカーのシャイアーの買収で合意に近づいていると一部報道があった。

シャイアーはアイルランドのダブリンに本社を置く歴史の古い製薬会社で、武田製薬は買収が実現すれば希少疾患や腫瘍などの分野で世界的なトップリーダーが誕生する事となる。

もし買収合意となれば、武田薬品工業にとっては過去最大規模の買収となるらしい。その規模も一部報道によれば、6兆8100億円規模の構成内容となっており、武田薬品にとって大きなギャンブルになるのではないかと懸念する声も挙がっている。

また現段階では武田薬品工業は買収について協議中としており、合意された時点で公表すると発表している。今回の買収が吉と出るか凶と出るかは定かではないが、いずれにしても武田薬品工業の買収劇は大きな注目を集めそうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4743】アトラ

(介護関連銘柄)

連休明けとなる5/7(月)に接骨院のフランチャイズなどを展開するアトラが大きな上昇を見せている。

2018年5月2日取引終了後に決算を発表し、上半期計画に対する進捗率が68%超に達している事が判明、買いが集中しているようだ。

アトラが注力しているのが自費施術事業の拡大及び健康関連商品の販売。近年の健康に対する意識の高まりなども業績アップに繋がった。また鍼灸院・接骨院などは保険が適用となる為、その事務負担を代行するサービス「アトラ請求サービス」の会員が増加しているのも大きな材料。街に接骨院などがどんどん増えているのもアトラが一役買っているからかもしれない。

また同社が事業を展開する介護支援事業などは、鍼灸接骨院と介護デイサービスを併設する形で今後の高齢化社会への需要ニーズに応える方針。日本は2020年には女性2人に1人が高齢者となる時代に突入する。介護関連銘柄としても今後注目しておきたい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2427】アウトソーシング

(人材派遣関連銘柄・働き方改革関連銘柄)

5/2(水)はアウトソーシングが大きな上昇を見せている。
アウトソーシングは5/1取引終了後に第1四半期連結決算を発表、売上高が631億円超で前年同期比25.8%増だった。主に国内技術系アウトソーシング事業や国内製造系アウトソーシング事業において大幅に業績が伸ばしているようだ。

アウトソーシング事業とは、社内で行っていた業務の一部、または業務のすべてを外部に委託する業務形態の事だ。空前の人手不足と話題の時期だけに、ここの業績が伸びるのは当然の流れかもしれない。

国内の慢性的な人手不足は今後も続くと見られている。アウトソーシング事業や人材派遣の分野は今後も伸びしろを見込める可能性は高い。特に業務を外部に委託する分野は今後大企業などでも波及を続けそうな勢いだ。中長期的にも引き続き注目しておきたい銘柄だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2438】アスカネット

(空中ディスプレイ関連銘柄)

5/1(火)はアスカネットに注目が集まっている。
ゴールデンウィーク前の27日大引け後に、空中結像を可能にする樹脂製「ASKA3Dプレート」の量産型モデルの試作に成功し、6月からサンプル供給を開始すると発表した。

「ASKA3Dプレート」はSF映画などにも登場する空中ディスプレイを実現する技術で、触れる事も出来る。特殊なメガネなどの装着の必要もなく、従来のホログラムやインタラクティブフォトグラフィーなどとは全く異なる新しい空中結像技術となる。

非接触操作(触らないタッチパネル)が可能となる為、医療現場や飲食店のタッチパネルなど需要のニーズは様々。手袋操作も可能な為、スマートフォン端末などにも活用される可能性もある。そんな思惑もあってか、量産型モデルの試作に成功したアスカネットに注目が集まっている。

未来の技術と思われていた空中ディスプレイ分野の技術、その実現はもう目の前にまで迫っている。関連銘柄には今後の動向を注視した方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ