仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4952】ニックス

(ヒアリ関連銘柄・アカカミアリ関連銘柄・防虫関連銘柄)

引き続きヒアリ関連銘柄に注目だ。先日、東京都内で初めて確認されたヒアリだが、その後の報道はないものの、一度ヒアリが東京都内で確認されている以上、今後東京都内においてもヒアリの女王アリが確認される可能性もあるかもしれない。ヒアリ関連の報道があるたびにヒアリ関連銘柄は動意づく可能性もあるため、しばらくは注意深く監視したい。

ヒアリ関連銘柄の一つとしてニックスにも注目だ。ニックスはプラスチック製品を手掛ける化学銘柄。注目はニックスの製品である防虫忌避ARINIXというもの。ARINIXはプラスチックに薬剤を練りこんだ防虫製品でアリなどの虫を殺さずに遠ざけるというもの。

ヒアリは毒性をもち人間に対しても有害な外来種だが、建物や電子部品などに入り込み停電・火災の原因にもなる。ヒアリが国内でぞくぞくと発見されれば、企業や工場などは防虫対策を徹底する可能性がある。そうなれば防虫製品を手掛けるニックスには追い風と言えそうだ。ヒアリ関連銘柄のなかでも時価総額の規模が小さく値動きが軽いため注目しておいても良さそうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4952】 ビーマップ

(M2M2S関連銘柄)

今週はビーマップが爆発的に株価をあげたようだ。ビーマップは07/03(月)の大引け後にJR東日本企画およびY&N BrothersとM2M2S事業を行う新会社を07/25に設立すると発表しており、これが買い材料視されているようだ。

M2M2S事業とは、Media toMobile to Storeという意味で、スマートフォンを通じて、各種メディアの来訪者などを集中的に捉えて、強いコンテンツでスマホによる接触認証を行い、その認証をもって店舗への来店などを促し販促する。そして売上の実績などをデータで補足するという取り組みのようだ。

なかなか新しい取り組みと言えるかもしれない。市場でも非常にポジティブに捉えられかなり買われているようだ。すでに大分上がってしまっているのでこれからのINは考えものだが、今後の推移にも注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4952】エス・ディー・エス バイオテック

(ヒアリ関連銘柄・アカカミアリ関連銘柄・殺虫剤関連銘柄)

先日からニュースを賑わせているヒアリだが、ついに07/06(木)には東京都内で発見されたようだ。
品川区にある大井ふ頭のコンテナヤードでヒアリが1匹確認されたとのこと。遂にヒアリが関東圏で発見されたということは、すでに近隣で定着・繁殖している可能性もあるとみるべきだろうか。

まだ大阪港のように女王アリが発見されたわけではないが、それも時間の問題かもしれない。東京都内でヒアリが初確認されたことで、再びヒアリ関連銘柄に注目が集まるかもしれない。フマキラーやアース製薬など有名な防虫・殺虫剤関連銘柄も注目だが、エス・ディー・エス バイオテックにも注目。

エス・ディー・エス バイオテックは農薬などを手掛けるが、他にも殺虫剤なども手掛けているようだ。時価総額の規模も小さいため、値動き的にはこちらも面白いかもしれない。

【4998】フマキラー

(ヒアリ関連銘柄・アカカミアリ関連銘柄・殺虫剤関連銘柄)

ヒアリという毒性をもつ危険な外来種のアリが日本国内でぞくぞくと発見されているようだ。ヒアリはこれまで神戸市のコンテナヤードや名古屋港などで発見されている。さらに2017年07月04日にはヒアリの女王アリとみられる死骸を大阪港で発見したと環境省が発表している。

ヒアリの毒性は強く、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるほどとのことなので、これは問題だ。しかも女王アリがいたということは既に大阪港付近に定着し繁殖している可能性もある。

ヒアリは凄まじい繁殖力をもつアリで一度定着し繁殖してしまうと根絶は難しいということだ。つまり、今後さらに国内の各地で発見される可能性もあるかもしれない。ヒアリの駆除には、殺虫剤が有効ということなので、フマキラーをヒアリ関連銘柄の一角として注目したい。

フマキラーはヒアリが国内で初めて発見された5月以降、ヒアリ関連の報道があるたびに株価を上げてきている。今後もヒアリ関連のニュースが報じられればその都度動意づく可能性がありそうだ。

またヒアリだけでなく、アカカミアリという外来種も国内で発見されているらしい。アカカミアリはヒアリほど毒性は強くないらしいが、毒をもつ外来種には違いなく駆除対象だ。ヒアリ関連・アカカミアリ関連銘柄としてもフマキラーに注目したい。また、フマキラーの他にアリの巣コロリなどの殺虫剤を手掛けるアース製薬にも注目。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6171】土木管理総合試験所

(インフラ関連銘柄・ビッグデータ関連銘柄・人工知能(AI)関連銘柄)

土木管理総合試験所が大きく株価を上げている。

土木管理総合試験所は06/22に道路・軌道の路面下ビッグデータ共有システム「ロードス」というものを開発したと発表。これはAIとビッグデータを活用し地中情報の超高速診断を地図データと同期させて保存・共有するシステムとのこと。

ビッグデータとAIを活用しインフラ老朽化に対応できる手段を開発したというのはなかなか面白い材料ではある。ビッグデータ関連・AI関連とも言えるとすれば、個人投資家が群がるのもわかる気がする。ただ、すでに大幅に上がってしまっているため、今から入るのは怖いが。

【3140】イデアインターナショナル

(ライザップ関連銘柄)

ここ最近、再びライザップ関連銘柄に物色が集まっているようだ。ライザップグループ本体をはじめとし、ジーンズメイト、マルコ、夢展望などが著しく株価を上げている。

ジーンズメイト、マルコ、夢展望はライザップが注力するアパレル分野に相当する事業を行っているが、ライザップはアパレル分野の他に「住環境ライフスタイル事業」にも注力するとしている。この住環境ライフスタイル事業にあたる傘下企業がイデアインターナショナルだ。

イデアインターナショナルもライザップの傘下企業でライザップ関連銘柄といえるが、前述のアパレル分野を担う傘下企業に比べて株価の上昇幅は小さいようだ。今後、引き続きライザップ関連銘柄が物色されるとすれば、住環境ライフスタイル事業分野の銘柄にも注目が集まる可能性はあるかもしれない。

【3323】レカム

(人工知能(AI)関連銘柄・中国関連銘柄・Oakキャピタル関連銘柄)

06/27(火)はレカムが大幅に株価を上げ年初来高値を更新したようだ。これはレカムの中国子会社レカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司が会社形態を「有限公司」から「株式有限公司」へと変更することについて中国当局からの認可が得られたと発表したことが買い材料になったようだ。

中国では株式市場へ上場する時、会社形態を有限公司から株式有限公司へと変更するのが一般的のようで、今回の発表によりレカムビジネスソリューションズが中国の新興市場へと上場する準備が最終段階に入った見通しとされる。なかなか面白い材料だ。

ちなみにレカムはOakキャピタルの投資先であることから、Oakキャピタルも株価を上げているようだ。また、Oakキャピタル繋がりでその他のOakキャピタル投資先にも物色が向かう可能性もあるか?!引き続き注目したい。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ