仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4393】バンク・オブ・イノベーション

(スマホゲーム関連銘柄)

3/18(月)はバンク・オブ・イノベーションが上昇している。

同社はスマホ向けゲームの開発や運営を手掛ける企業で、海外進出にも積極的だ。同社が手掛けるファンタジーRPG「幻獣契約クリプトラクト」の英語圏での配信を前提とした独占ライセンス契約を、ライオンズフィルム株式会社と締結した事を発表している。

尚、英語圏での配信開始時期は2019年9月期第4四半期以降を予定しているようだ。契約締結により、海外での配信や販売が拡大するとの期待が集まっている。

同タイトルは既に2018年6月に1000万ダウンロードを突破と日本国内では大ヒットを記録しているだけに期待が大きいのだろう。また90年代を彷彿とさせる王道コマンドバトルを採用している為、30代~40代をメインターゲットにした本格的なファンタジーRPGとなっている。この顧客年齢層は課金単価も高い為、今後更に業績に大きく寄与しそうな勢いだ。

また、会社四季報に同社がピックアップされた事も思惑買いが集中した要因のようだ。ゲームセクターはそれこそマネーゲーム感覚で投資を行う個人投資家が多い印象で、少しの材料でも急騰し易い傾向にある。引き続き注視しておきたい。

 

【3933】チエル

(教育ICT関連銘柄・エドテック(EdTech)関連銘柄・デジタル教科書関連銘柄)

2019年4月には「新元号の発表」や「働き方改革関連法」、「改正出入国管理法」が施行される為に、少し影の薄い存在となっているが、学校教育法の改正により「デジタル教科書」が小中学校で解禁される事をご存知だろうか。

義務教育に音声や動画といったコンテンツを交えながら教育を行う事が出来るようになる。最大のメリットとしては、文字の拡大や音声読み上げなどの機能も加えられる為に学習障害や視聴覚障害がある子供も学び易い環境を整える事が出来る点だろう。

2019年4月からのデジタル教科書の解禁に伴い、再度注目を集めそうなのは教育とテクノロジーを融合させる「エドテック(EdTech)」関連銘柄。

その中でもチエルは教育ICT事業を柱として展開しており、デジタル教科書を始めとしたデジタル対応教材を手掛けている。また、チエルは【3998】すららネットと学校向けデジタル教材を共同開発している点も強みとなりそうだ。

2019年4月からは様々な分野で新制度がスタートする事となるが、「デジタル教科書」の解禁は世間の関心も高いだろうし、テレビやニュースでも大きく取り上げられる事が予想される。先回りしておくのも面白いテーマ株かもしれない。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4572】カルナバイオサイエンス

(バイオテクノロジー関連銘柄・創薬関連銘柄)

カルナバイオサイエンスが4連騰と飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

同社は副作用が少ないながらも治療効果が高い、キナーゼ阻害薬に特化した創薬研究を行うバイオベンチャー企業だ。タンパク質解析の受託試験など創薬初期の支援ビジネス事業が堅調なようだ。

3/13(水)取引終了後には中国で新規関節リウマチ治療薬候補「BTK阻害薬」にかかわる特許査定を取得したことを発表した事で、更に大きな注目が集まっている。

関節リウマチなどの自己免疫疾患は、自身の組織に対する異常な免疫応答により引き起こされる炎症が原因と考えられているが、「BTK阻害薬」はこの炎症過程で活性化されるマクロファージや細胞のシグナル伝達を直接阻害する効果があり、既存薬とは全く異なる新規間接リウマチ治療薬として期待されている。

尚、日本では関節リウマチに発症する率が30歳以上では人口の1%にあたる人が疾患するとされている。今回、同社が中国における特許査定を取得した訳だが、中国の人口の多さを顧みれば、潜在的な需要は相当大きいというのは想像に難しくはないだろう。

同社は現在、2019年中の欧州でのCTA申請(臨床試験許認可)と、臨床試験開始へ向けたプログラムの前臨床試験を実施している。期待が大きいだけに市場の関心も大きそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2788】アップルインターナショナル

(電気自動車(EV)関連銘柄)

3/13(水)はアップルインターナショナルが上昇している。

同社は国内で中古車買い取り専門店「アップル」を展開しているが、3/12大引け後に中国のNJSEVM社が製造する電気自動車(EV)の日本国内における独占販売権を取得する契約を結んだ事を発表している。

独占販売権を取得した電気自動車(EV)の正式名称は「Jiayuan Electric Vehicles」で、ゴルフ場で見かけるような小型カートだ。乗員1名のコンパクトEVで、家庭用コンセントでバッテリーを充電出来る仕様となっている。尚、1回の充電で100km走行が可能らしく、近場への移動で気軽に電気自動車(EV)を利用する事が出来そうだ。

尚、日本では「原付登録」で公道が走れる為に、維持費が格安なのが注目ポイントとなりそう。勿論、四輪なのでヘルメットも不要となる。何より、電気自動車(EV)を身近なモノとして多くの人に認知して貰う機会としては、コンパクトな方が向いているとも言えるだろう。

国内の販売開始は2019年4月から開始予定で、同社は業績への影響については軽微の見通しとしているが、気軽に乗れる電気自動車(EV)としてメディアなどで大きく取り上げられる事となれば、思わぬヒットとなるかもしれない。注目はしておきたいところだ。

 

【3765】ガンホー・オンライン・エンターテイメント

(スマホゲーム関連銘柄)

3/12(火)はガンホーが上昇している。

同社は2018年10月~12月期の連結営業利益で前年同期比50%増と業績好調だったようで、株価は約10か月ぶりの高水準となっている。ガンホーといえばスマホゲーム「パズル&ドラゴン」を連想する方が多いだろうが、実は今業績を牽引しているのが「ラグナロクM」のタイトルだ。

「ラグナロクM」は2017年3月に中国市場へ投入し、香港や韓国、続いて2018年には東南アジアでサービスを開始し、全世界で2200万ダウンロードを超え、インドネシアやラオスなど12地域で売上1位を獲得している。

ラグナロクシリーズはガンホーが買収したグラビティが2002年に開発したPCゲームが第1作目となるタイトルで、PCゲーム文化が根強い東南アジアで大ヒットとなる素養があったと言える。現在、グラビティの売上高は111億円とガンホー全体の37%を占めている。ラグナロクMの貢献度は相当高いようだ。

日本のスマホゲーム業界は勢いに陰りが見え始めているのは確かだが、その中でガンホーの孤軍奮闘ぶりが目立っている。18年12月期の連結売上高は921億円で、パズドラが絶好調だった2014年12月期の半分強まで盛り返して来た。「ラグナロクM」は年内に日本でも投入予定となっており、次の覇権ゲームとして大きな注目を集めている。期待したいところだ。

 

【8889】APAMAN

(働き方改革関連銘柄・シェアオフィス関連銘柄)

3/11(月)はAPAMANが上昇しているようだ。

2019年4月1日から施行される「働き方改革関連法」が近付くにつれ、オフィスの多様性にも注目が集まって来ている。今、株式市場で熱視線を集めるのが「シェアオフィス」の分野だ。

シェアオフィスとは、個人や複数の法人会員が共同で利用するオフィスの事だ。レンタルオフィスとの大きな違いは、専有空間などが無い図書館のような施設を共用オフィスとして利用する形態となる。利用者同士が交流を図ったり、協業を促進したりする場として、【8002】丸紅や【7012】川崎重工業なども積極的に利用しているそうだ。

シェアオフィスは世界的に拡大している市場で、今後首都圏を中心に日本でも大きな注目を集めそうな分野となる。APAMANは子会社を通じて、シェアオフィスのコワーキングスペース事業を手掛けており、現在23ヵ所の直営数を、今後更に拡大する計画としている。

同社は昨年12月に子会社アパマンショップリーシング北海道が運営するアパマンショップ平岸駅前店で発生した爆発事故の影響もあり、現在は安値圏だけに狙ってみるのも面白いかもしれない。

 

【5952】アマテイ

(住宅関連銘柄・レオパレス関連銘柄)

3/8(金)はアマテイが上昇している。

同社は建築用の釘などを手掛ける企業だが、【8848】レオパレス21の施工不良問題で、石井啓一国土交通相が建築基準法違反が確認された全棟の改修を今夏までに終えるよう指示したことを明らかにしており、特需発生の期待が集まっているようだ。

また一部報道では、国土交通省はレオパレス21以外のアパート建設を手掛ける大手同業他社においても、違法建築物がないか確認するサンプル調査に乗り出す方針を固めたそうだ。耐震性や防火性能を重点的に調べ、アパート賃貸業界の品質管理体制を検証する事になる。

国交省では3月中旬をめどに、施工不良問題の再発防止策を検討する有識者会議を開き、同業他社の調査項目やサンプル規模を固める方針となる。アパート賃貸物件をメインに手掛ける企業にとっては戦々恐々の状況となるかもしれない。

もしレオパレス21以外の同業他社においても、違法建築や施工不良が見つかった場合は、建築用の釘などを手掛けるアマテイには再度注目が集まる事になりそうだ。株価的にもまだまだ伸びシロに期待出来るかもしれない。

 

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ