仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【5008】東亜石油

(材料・IR TOB関連銘柄)

東亜石油は出光興産のグループ会社で石油精製を行う会社だ。出光が50%超を保有しており、親子上場の問題がある会社だ。

特に事業構造自体が主力の石油精製の全量を出光に出荷しており、上場しているだけで資本効率が悪い状態となっている。

そんな所から、出光興産がTOBをする事になり、この表明に関しては同社も賛同している。

TOB価格は2450円となり同価格にサヤ寄せする格好で株価は上昇した。

ところが、現在の株価は2450を超える水準となっている。背景にはコーンウォールが買い増しをしている事あがる。

多くは語らないが、TOB合戦の可能性も否めないだろう。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6420】フクシマガリレイ

(新型コロナ関連銘柄)

フクシマガリレイは冷蔵冷凍庫の大手企業。旧社名は福島工業。

飲食店関係の人なら知らない人はいない程。業務用なので一般では馴染みがないかもしれないが冷蔵庫や冷凍庫といえばホシザキかフクシマかというくらいの企業。その他、医療用機器事業も強化している。

ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチン輸送庫は超低温が必要となる。この輸送や管理に必要な資材の関連としてこれまでツインバード(6897)が買われてきた。

一過性の上昇にとどまらず高値圏を維持しているのはそれだけ市場の関心が高いという事だろう。そこに本日、パナソニック(6752)が新型コロナウイルスワクチン向けの真空断熱保冷ボックスを開発したと報道され5%の上昇となった。これに刺激され、関連株が買われている。

実際に業績に影響するかは正直影響はないと考えるが、このテーマが失速していない以上関連銘柄への物色は興味深いものがある。そこで今回注目するのが同社となる。

同社は超低温フリーザーを商品化している。このカタログによれば-80度まで対応している事からワクチン保管としては要件を満たすだろう。真空断熱材の技術は同社もノウハウがある為、パナソニックと同様の商品が作れるかもしれない。このような思惑から本日株価は上昇していると考えられる。

株価的には25日移動平均に沿った上昇をした後、高値圏を維持している。前回跳ね返された4600円を上限に下値は4300円と言ったところだ。ただ、本日終値ベースで上記の思惑から4600円を超えて引けてきた。単純にチャートだけを見るなら上抜けと見られ今後の上昇に期待が持てる。

需給面を見ると時価総額1000億円に対し、浮動株が5.4%と少ない。50億円程度で動く銘柄となる事や財務面が良好な事、PER16倍、PBR1.5倍と指標面から見るとパット見割高ではない事もあり、今後注目が集まるような事になれば思わぬ株価の上昇となってもおかしくはないだろう。今後の株価の動きに注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7868】廣済堂

(思惑銘柄)

政治絡みの銘柄には常に思惑がつきまとうものだ。

さて、廣済堂は印刷業を行う会社で桜井氏によって祖業された会社だ。祖業の印刷業は斜陽であり経営は低迷しているが、市場の関心が高い銘柄となっている。

これは子会社に東京博善社という滑走業を営む会社がある為だ。東京都内で6箇所の火葬場を運営しており、着実に利益を上げている会社となる。これは、火葬場の建設を新規に都内で行う為には近隣住民の反対も多く、実質不可能であり新規参入業者がない事実上の独占企業となっている為だ。親会社はもちろん、廣済堂だがその他株主は寺社仏閣がならぶ面白い株主構造。ただ、このその他株主も協議の結果廣済堂への売却を決め東京博善車は完全子会社化された。背景には政治の力があるのだろう。

そのところを説明する前に、ごく簡単にまとめておく。創業者が死去して以降、本業が経営不振となった事でメインバンクの三井住友とベインキャピタルでMBOが行われる。本業不振による株価低迷に対してプレミアがついていたものの、東京博善社の価値が正しく反映されていないとして村上ファンドが参入。MBO価格610円に対して村上ファンド側は750円を提示。これにてMBOは不成立となる。

創業者未亡人の大株主が一部を中国系資本に株式を売却する一方、村上ファンドの株を麻生グループが950円で買付を行い、麻生グループが筆頭株主についた。

ここまでの話は誰もが知るところだと思う。新たな動きがあったのは昨年末。未亡人桜井市が残る株式も羅氏に売却これで、R&Lグループが10%、系列のグローバルワーカーも株を買いすすめ15%を保有している。これで麻生グループを抜いて筆頭株主に躍り出ている。更に、羅氏の会社に貸付を行っている会社にSBIも名前を連ねている。麻生グループと蜜月であるならば問題ないが、そうでないならば主導権争いに発展しかねない。

原則火葬事業は公営となるが、それでも民間企業がここまで事業を行う事ができたのは多数の檀家を持ち「票」に影響がある寺院の影響だと考えている。いわば政治の力が働きやすかったからだろう。政治力でまさる会社が今度主導権を握ると私は個人的に考えており、麻生グループは950円で村上ファンド側から株式を買い付けた過去があるだけに、思惑が広がるだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3719】ジェクシード

(思惑銘柄・スガノミクス関連銘柄)

ジェクシードはアメリカ企業であるオラクル(最近Tik Tokの米事業買収をするとの事で話題)のERP導入コンサル企業だ。その他、人材育成やRPAの支援も行っている。

詳細に関しては過去の記事を見てほしい。

【3719】ジェクシード(思惑銘柄・スガノミクス関連銘柄)

記事掲載以降も順調に株価は伸びており、ゆっくりであはあるが確実に上昇していた。

ところが、本日は7%安と大幅に下落している。私のところにある怪しげな情報だけで推測を書く。

どうやら中の人たちはクレアホールディングスに力を入れたがっているという話。クレアホールディングス自体をうまく仕上げる事ができるのかはわからないが、かりにうまくいくような事があれば今後資金が戻ってくる可能性がある。

こんな与太話で投資を行うべきではないが面白話しとする分には良いだろう。以前の記事にも記載したが、25日線で買う。割れたら撤退。再度上抜けたら買うくらいの軽い気持ちでいてほしい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9514】エフオン

(再生可能エネルギー関連銘柄)

エフオンは日本で初めて省エネルギー支援を行う会社として発足した。発電機の設置、保守・運用まで一貫して行う企業だったが、2011年には日本テクノの傘下に入り、現在は木質バイオマス発電が主力となっている。

再生可能エネルギーが現在の市場のテーマとなっている事は度々伝えてきた。その主力はなんといっても洋上風力発電を目指すレノバとなる。国内外の大口の空売りを踏み上げつつ、大相場となっている。これは主に需給が要因だ。

一方でエフオンはさほど過熱感はない。将来性や成長性といって点ではレノバに劣るものの、PERは13倍台と過熱感はない。レノバは400倍と夢を追いかけている事を考えると、地に足がついていると言っても良いだろう。

同社の事業は先程述べたバイオマス発電事業、特に木質バイオマスとなる。木質バイオマスとはその名の通り木材を活用した発電だ。木を燃やして発電を行うという事はあまりイメージがよくないかもしれない。ただ、同社が目指すのは単に森林を伐採して薪を確保するのではなく、森林を綺麗にするために発生した間伐材や廃材といったものを利用している。これにより、森林の維持・育成と燃料利用をサステイナブルなものとする事を目指している。

もう一つの事業は省エネルギー支援事業となる。照明や空調などの効率を見直し節電を行う他、特に電力使用の大きい冷凍機やコンプレッサー、ボイラーなどの省エネ化、保守・運用を多なっている。

これらの事業はグリーンエネルギーを活用し脱炭素を目指す上でかかせない事業であり、事業事態は現在の市場のテーマである再生可能エネルギーの活用・脱炭素といったものの本命となっている。

実際、株価は右肩上がりの上昇を続けている。テクニカル的には25日移動平均線が綺麗なサポートとして機能しており、現在水準は押し目と捉えても良いだろう。割り込んだ場合に損切りとすれば損失が少なくなる水準というのも取り組みやすい状況だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2673】夢みつけ隊

(巣ごもり関連銘柄)

「夢みつけ隊」「せいかつ百科事典」などを発行するカタログ通販の会社だ。

限定品や趣味性の高い商品に特価する事で差別化を図っており、主な客層は中高年。その他、不動産事業や介護事業なども手掛けている。

介護事業は苦戦するも、売却前提としている不動産の賃貸が好調でなんとか収益を確保している。ただし、主力のカタログ通販が苦戦しており売上は厳しい。配当もない状態が続いている。

一方、本日緊急事態宣言が1都3県で発令された。事前に織り込まれていたとは言え、実際に発令された事で市場では新たな物色が始まるだろう。同社は上述の通り趣味性のたかい商品を扱っており、注目が集まりそうだ。

ここから先は勉強会「金の四方山話」にのせておくが、おそらく明日のは○○にという事が事前にリークされた事で本日高値132円まであったものと思われる。このような銘柄の場合、緊急事態宣言という時勢もありうまく注目が集まれば良いが、逆にしこりとなり上値が重くなる可能性もある為注意が必要だ。

その為、明日の9時中頃の動きを良くみて取り組みをして欲しい。特にデイトレなど短期で勝負する人はそのあたりから動きがないようであれば、手仕舞いも視野に。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2435】シダー

(小型貸借銘柄)

旧福岡メディカル販売。旧社名の通り福岡地盤の有料老人ホーム・デイサービス運営の会社だ。

デイサービスについては大型施設に特徴があり、リハビリに重点を置くことで差別化・高単価を目指している。一方で老人ホームについては相対的に安い入居金を売りにしている。

最近は積極的な全国展開を図っているが、入居率も高く功を奏している状態。これにより経常利益も過去最高を更新する予想を出している。一方で有利子負債の負担が思いのは留意点だろう。

PERは予想で10倍台とこれだけみるなら割安水準。時価総額は41億円。ジャスダックだが貸借銘柄であり、最近小型貸借銘柄に短期筋の資金が向かう事が多く同社も物色の対象になる可能性もある。

某大手ネット株情報サイトでは立て続けに同社の事が記載されており、煽りに使う材料は豊富となっている。

チャートを見るとコロナショック以降右肩上がりの株価となっており、12月には高値375円をつけた。その後は反落し、25日移動平均線を下抜けたものの盛り返しをみせている。昨日上髭となった高値を更新して現在362円。直近高値となっている375円を上抜けるような事になれば面白い動きとなる可能性があるだけに注目だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com