仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【1835】東鉄工業

(ホームドア関連銘柄)

03/07(水)はホームドア関連銘柄に注目が集まったようだ。ホームドアとは、駅のホームで電車との接触事故を防止するためのドアのことだ。

03/06(火)にJR東日本がホームドアの整備対象を大幅に拡大し、今後15年で主要24路線のうち、東京からおおむね50キロ圏内の全243駅に設置を終えると発表したことが刺激材料になった格好だ。発表の翌日(7日)にホームドア関連銘柄のなかでも特に時価総額の小さい高見沢サイバネティックスがストップ高。高見沢サイバネティックスはホームドアを手掛けており、JR東日本にも納入実績のある会社でホームドア関連銘柄のなかでは本命視される見方もある銘柄。

引き続きホームドア関連銘柄に注目が集まるならホームドア設置工事などを手掛けている東鉄工業に注目するのも面白いかもしれない。ただし、東鉄工業は少し時価総額規模が大きいので短期的な値動き妙味では少し面白みに欠けるか。

 

【6861】キーエンス

(FA関連銘柄・値嵩株)

数年前に工場自動化関連銘柄が来るぞと書いたが、今はFA関連銘柄と呼ばれているようだ。
キーエンス社の株価は1株63000円の100株単位なので、最低投資金額600万円超えの超値嵩株。こういう株高の局面で資金のある富裕層ひいては機関投資家は貧弱投資家が群がっていない値嵩株に行くなんて聞く。チャート的には疑問もあるが、日経平均株価に左右されるところ。
またここ最近レーティング会社の格付け及び目標価格の評価上昇も目立つ。

日付      証券会社   レーティング  ターゲットプライス
2018-02-21 三菱UFJMS Overweight継続 73000円 → 77000円
2018-02-21 ドイツ   Buy継続    75000円 → 76000円
2018-02-20 みずほ   買い継続    70000円 → 73000円
2018-02-13 野村   Buy継続    77000円 → 80000円
2018-02-02 UBS   Buy継続    74000円 → 77000円

内容も良く、有利子負債ゼロ、FA関連が好調で4期連続増収増益かつ最高純益だと予想されている。
日経平均の騰落に依存する部分も大きいが、目先急落が無いと見るならば資金潤沢なETFに多く組み入れられる同社は非常に面白い投資対象になるのではないだろうか。ファクトリーオートメーション

【3083】シーズメン

(仮想通貨関連銘柄)

ここ数日、シーズメンと言う銘柄が急激に株価を上げているようだ。シーズメンはアパレル関連の銘柄でアメカジ店の「メソッド」を全国展開しているが、業績は低迷気味で不採算店舗の退店やリストラなどで経営の立て直しを図っている企業。いわば、ボロ株に近いような銘柄という印象だったが、ここにきて旬なテーマ株の仲間入りとなったようだ。

刺激材料になったのは02/23にカイカとカイカ子会社で仮想通貨関連事業を手掛けるCCCTと資本・業務提携することを発表した件だ。

これによりシーズメンは仮想通貨関連銘柄の仲間入り。この提携によりECサイトのシステム開発や仮想通貨での決済だったり、ブロックチェーンを活用した顧客管理などを検討し業績面へのメリットが期待されている。さらに、CCCTなどを引受先とする第三者割当増資に伴い経営面の不安定要素が取り除かれるという思惑もあるようだ。

いずれにせよ経営を立て直し中の銘柄が、いま最も旬な仮想通貨関連銘柄となったのだからサプライズ感も大きい。すでに5日連続のストップ高となっているため、短期的な過熱感はあるもののまだ時価総額規模は小さい。どこまであがるか見ものだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9702】アイ・エス・ビー

(5G関連銘柄)

アイ・エス・ビーに注目だ。アイ・エス・ビーは03/01(木)に全体軟調相場のなかで逆行高。これは5G関連銘柄としてのテーマ性に注目が集まった格好だ。

5G関連銘柄といえば、直近で急速に注目度が高まっているテーマ株。5G関連銘柄の刺激になったのはスペイン・バルセロナで行われた世界最大級の携帯電話関係の展示会イベント「モバイルワールドコングレス」の記者会見で、5Gの商用化目標を従来の2020年から1年前倒しで2019年にする方向が確認されたことだろう。

5G関連銘柄では、サイバーコムが直近で大きく株価を上げているが、人気がアイ・エス・ビーにも波及してきているのだろう。アイ・エス・ビーは通信制御ソフトが柱の銘柄で、モバイルインフラ分野で5G関連の開発業務の受注が拡大しているとのこと。5G普及で恩恵を受ける銘柄の一つといっていいだろう。

5Gは今後、IoT時代の到来や自動運転車の普及には欠かせない通信方式と言える。まだまだ今後注目を浴びそうなテーマ株と言えそうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3623】ビリングシステム

(モバイル決済関連銘柄・QRコード関連銘柄)

02/27(火)はビリングシステムが大幅に株価を上げストップ高に張り付いた。刺激材料になったのは日本経済新聞・電子版で「三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクがスマートフォンで手軽に支払いができるQRコード決済に参入する」と報じたことのようだ。

これはなかなか面白い材料に思える。QRコード決済はすでに中国で爆発的に利用者が増えているようだが、中国で流行っているのはアリペイやウィチャットペイがQRコード決済を導入したからだろう。日本のメガバンクが揃ってQRコード決済に参入するとなれば、日本でも利用者が大きく増える可能性はありそうだ。

ビリングシステムは、モバイル決済関連銘柄のなかでも中核的存在で、QRコードをベースにしたスマホ決済ツールを手掛けていることからQRコード関連銘柄でもある。引き続き注目したい銘柄だ。

【5310】東洋炭素

(パワー半導体関連銘柄)

東洋炭素に注目だ。東洋炭素はここ最近ジリジリ株価を上げているが、どうやらパワー半導体関連銘柄としてのテーマ性に注目が集まっているようだ。

パワー半導体とはさまざまな電子機器の省エネ化を可能にする電子部品であり、将来的にはEV(電気自動車)や、その他IoT機器へ搭載されることが期待され、大きな需要増を見込まれている電子部品である。

東洋炭素はパワー半導体の有力素材とされるSiC(炭素ケイ素)ウエハーの平坦表面技術などを開発するなど、SiC分野の技術力に定評のある銘柄として急速に注目を浴びているようだ。また、2020年にはSiCウエハーの量産を開始する方針であることも刺激となっている。

パワー半導体関連銘柄は今後、自動車のEV化の流れやIoT技術の発展によりさらに注目度が高まる可能性のあるテーマ株と言える。東洋炭素も引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6719】富士通コンポーネント

(EV関連銘柄)

02/22(木)は富士通コンポーネントが大きく反発し、後場でストップ高となったようだ。これはEV関連銘柄としてのテーマ性により再物色されたという見方が強いようだ。

富士通コンポーネントは電気回路をコントロールする「リレー」と呼ばれる部品を手掛ける大手メーカーで、富士通コンポーネントは自動車のEV化の流れにより大きく需要を伸ばす可能性が高いとされている。富士通コンポーネントは1月の下旬以降、全般相場の軟調さもあり大きく株価を調整していたが、ここにきて株価が1000円を割れたことで値ごろ感が意識され大きく反発。テクニカル面でも上値抵抗線として意識されるラインを大きく上抜けしている。1月下旬の高値水準まで株価を戻してくるか見ものだ。

また富士通コンポーネントが株価を戻す展開となれば、その他のEV関連銘柄にも物色が波及する可能性もあるかもしれない。引き続きEV関連銘柄には注目だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ