仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4054】日本情報クリエイト

(IPO新規上場・思惑関連銘柄)

日本情報クリエイトは宮崎に本店をおく不動産テックの会社だ。全国の不動産会社に対して業者間の物件流通サービス「不動産BB」を無償展開している。更にその支援サービスを有料化するという、フリーミアムモデルのサービスだ。その他に、管理業務支援サービスも展開している。

マザーズ上場だが、25期連続増収となっており業績としては安定していると見て良いだろう。新型コロナの影響もあり、オンライン内見のサービスや非対面式の仲介サービスなどは市場のテーマとなりうる。

新規上場の銘柄にありがちな、ベンチャーキャピタルによる売りとうものもない会社だけに、最近の直近IPO銘柄への資金の集まりを考えると大きく花開く可能性もあるだろう。

現状のPERは39倍となっており、マザーズという点と今後の成長性を考えた場合には妥当な水準。8月12日に発表した2020年6月期決算も増収増益となっており、上場のための数字づくりということもなかったことも買い安心感があるだろう。

チャート的にはひとまず上場直後につけた高値2480円を試せるかが肝となる。長期的には不動産市況が冷え込むかが問題になるが、日銀の資金供給もあるためすぐすぐの不動産市況の下落のリスクは低下している。

また同社株の需給関してだが、これは勉強会で本日お伝えの通り。某新聞の影響がでれば買いが優勢になるだろう。その後のテレビなどの影響力のある媒体でも告知されれば勢いはつく。反面、告知がない場合は一旦売りが優勢になることも考えられるため、枚数管理と利食いは忘れずにいきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8704】トレイダーズホールディングス

(好決算・思惑関連銘柄)

トレイダーズホールディングスは「みんなのFX」を運営する会社だ。その他、バイオマス発電事業にも乗り出している。主力のFX業務では新型コロナウイルスによる影響で在宅勤務が広がり、「在宅トレーダー」が増えたことで好調。イメージギャラクターに鈴木奈々を起用するなど、顧客獲得の機とみて積極的な広告展開を行ったが、それでも増益となっている。

8月14日には第1四半期決算短信を発表。売上高にあたる営業収益は前年同月比62.8%増の16億6600万円円、営業利益は177.6%増の4億8800万円、純利益は300.7%増の4億9600万円となっている。通期見通しは据え置いており、PER8倍と割安な水準である。

ただ、同社株は決算発表後の初取引となる本日は小幅ながら反落。想定通りの好調な決算がでたことで出尽くしとなった格好だ。また、今後の不透明として足を引っ張っていたバイオマス発電事業の問題もあるのだろう。

同事業は、昨期3億円の赤字となるなど、足を引っ張ってきた。ただし、同社株式の51%を譲渡し、バイオマス発電の第一人者を招聘するなどして立て直しに着手している。この事業が起動にのるようなことになれば今後の見通しとしては明るくなるだろう。

チャート的には75日移動平均線や200日移動平均線といった主要線が90円前半にある。低位株故に1円の値動きの影響が大きい為注意が必要だが、現状の水準であれば乖離も少なく手を出しやすいだろう。当面は5月高値の127円奪還を目処に取り組みたい水準だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8893】新日本建物

(高配当)

新日本建物は関東中心で、主に首都圏でマンション販売や不動産流動化事業を行う会社だ。マンションはルネサンスブランドが主力。その他、新築戸建てのルネタウンや資産運用マンションのルネサンスコート、アパートのルネコートなどを手掛けている。新築以外にも、マンション管理やリノベーション、コンサルタントなども行っている。特徴的なのは不動産流動化や新築に特化しており、販売部隊を持たないことである。

先日決算を発表し、減収減益だったものの基本的には富裕層向けの販売が多く、都心で交通の便の良い物件などは引き合いが多いとのこと。流石に新型コロナでの営業活動の停滞が影響したものの、通期見通しは変更しなかったことから懸念払拭となり株価は反騰してきている。

また、同社は配当性向30%ほど目標にしており、配当を22円予想としている。配当利回りは6%を超えることから中長期的な投資対象としては魅力的だ。PER4倍台であり、値ごろ感もある。

チャート的には350円を超えてくるようであれば、ダブルボトム形成となりテクニカル体な買いサインが点灯することも好材料といえるだろう。短期投資としてもネックラインを割れたら撤退とすることで取り組みの目処を立てやすい。

また、複数の投資顧問が7月末からこぞって推奨しており、つい最近も新生ジャパンが推奨している。背景に何があるのかはわかりかねるが、投資顧問を通じて市場の注目があつまれば思わぬ値動きを見せる可能性もある為、今後の株価の動きには注目しておきたい。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9758】ジャパンシステム

(思惑銘柄)

ジャパンシステムはソフト開発の中堅会社だ。もともとはEDSの子会社として創業。その後はEDSがヒューレッドパッカードの傘下に入ったことで、HP系列の会社となった。現在はHPの分社などを経て、DXC Technology Companyが親会社となっている。ただ、事業に関してはほぼ独立系となる。

業務としてはNTTと親密でほぼ下請け業務となっているのが現状だ。現況から抜け出す為に、パッケージソフトの販売に力をいれている。6月18日にはオフィスや学校、家族などのグループ内各メンバーの「いま」の状況を、座席表や組織図など自由なレイアウト上に表示することで、メンバー全員の状況をひと目で把握できるコミュニケーションツール、ここにいるよ「rooseenow」(ルーシーナウ)の無償提供を開始したことで、テレワーク関連の銘柄としても注目を集めている。

時価総額128億円に対して、有利子負債は0。現金保有は33億円と好財務となっている。チャートを見ても、明後日8月13日には決算発表を迎える前に連騰している。25日移動平均線を超えての上昇となり、本日は一服しているが明日も高いことになり、5日移動平均線をキープできるようならば決算に向けての期待が高まることになるだろう。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

LIXILビ(3564)は見事にTOBが発表されてみんな利益になったと思う。

その後一貫して空売りとして推していたM&Aキャピタルパートナーズ(6080)は見事下落。決算も悪かった。

私の勉強会では、情報元別ごとに銘柄を提示しているが、次はLIXILビバ(3564)とM&Aキャピタルパートナーズ(6080)の同じところからの情報をお出しできると思う。

期待しておいて欲しい。

気になる方は必ず勉強会に参加しておいて欲しい。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」
QrCode

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2370】メディネット

(思惑銘柄)

メディネットは東京大学医科学研究所発のバイオベンチャーだ。免疫細胞療法支援で、医療機関に細胞培養装置提供などを行い、国立病院機構と共同で成人T細胞白血病を対象とした樹状細胞ワクチンなどの開発も手掛けている。

バイオベンチャーという事でご多分に漏れず費用先行の赤字企業であり、赤字を行う為に新株を発行する傾向にある。現在は第16回まで発行している。

この第16回新株予約権が昨日8月3日に大量行使された。87.88円で487万株の行使となっている。

前回の第15回新株予約権が大量行使された5月半ばには大相場を演じている事から思惑が発生している。大量行使された株券をさばく為に、また大相場を築くのではないか?というものだ。

一方で、新型コロナの影響でバイオ株が総じて高い事から新株発行の間隔がせまくなっている事には注意が必要だ。第15回から第16回の発行まで約1ヶ月となっている。万が一、第16回新株をさばくために相場を演じないという事になれば、下落が待っている事になるし、再度新株予約権が発行されるかもしれない。

とは言え、決算発表は8月7日予定となっている。この際に材料を発表し第16回新株をさばくのかどうか。ボロ株・バイオ株にて一発を狙う人にはたまらないものがあるだろう。株価が120円を超えるようならば、切り下がる上値抵抗を抜ける事になるので、その点は注目だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3191】ジョイフル本田

(巣ごもり関連銘柄)

ジョイフル本田はホームセンターを展開する大手だ。関東地盤で北関東中心に20店舗ほどを展開している。DIY用の商品や資材を中心に、日用品など40万点の品揃えを誇る。この品揃えを可能にしているのは、5万平方メートル以上の超大型店を展開しているという同社の特徴によるものだ。

8月3日に決算を発表。DIY関係の商品が巣ごもり需要の恩恵を受けて好調となっている。発表した内容は以下の通り。

2020年6月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)

2020年6月期 通期個別業績予想と実績値との差異に関するお知らせ

配当方針の変更及び剰余金の配当(増配)に関するお知らせ

増配も発表しており、かなりの好決算発表となった。ただ本日の株価は下落している。

直近25日移動平均線に沿った上昇となっており、昨日には1616円まで急伸した事から、決算にはかなりの期待が持たれていたようだ。いわば、材料出尽くしとして売られた。

ただし、下落は25日移動平均線上で終了。多少の乱高下はあったものの、本日の終値は25日移動平均線を10円上回っている。信用回転日数が7.2日であり買い残も多かった事から上記の通り決算期待の短期が投げたのだろう。

一方でもう少し長い目で見てみれば今回の下落は良い押し目に見える。25日移動平均線との乖離がなくなり過熱感がない。現時点でPERは11倍台と割安でもある。新型コロナの感染は続いており、今後も巣ごもり需要が続く事が考える事からこの下落は拾っておきたい水準だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com